2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018/07/21

要注意夏休み

そういえば世間はお子様は夏休みに入ったんだってね。
羨ましいなぁ。
でもこの暑さで出歩き禁止令でも出ているのか、外で遊んでいる子供は見かけなかったな。

夏休みで困惑するのは、撮影現場で子供が多くなること。
いや別に同じ趣味を共有する仲間どうし年齢は関係ないんだけど、空気を読めない行動をとられたりすると萎える。
直前にやってきて、無言で人の前に立たれたりね。
それはまだ許せても、いつぞやのヒガハスじゃないけど、狂った行動に出られるのが一番困るんだ。
今のSNSで目立ちたい精神が強い時代背景が、そういう奇行、蛮行を助長させるのかもしれないが。
なるべく平和に趣味を楽しみたいね。

2018/07/20

夏は金がかかる

職場から、1時間に1本はスポーツドリンクを飲めとか無茶ぶりが・・・。
そりゃ熱中症をおこさせたくないのもわかるけど、1時間ごとにそんなの買ってたら1日でお金いくらかかるのよ。
夏季だけドリンク手当でも出してから言いなさいよ・・・。

TVでは熱中症対策にエアコンを1日中かけっぱなしにしなさいとか言っていた。
それこそ電気代どうすんの?って感じです。
昨日はさすがにタイマーにすらせずにエアコンかけっぱで寝ましたけどね。

夏はお金がかかる。
本当にかかる!

2018/07/19

今一番暑い県

今日は今シーズンで一番汗を掻いた。
それほど暑かった。
今年初めて暑さで心が折れかけた。
日本列島はどうなってしまったんじゃい。

我が県は暑さで有名な舘林を筆頭に暑いところだらけだけど、今年の夏は中部地方の暑さがとくに話題になっている。
多治見とかそのへん。
実は再来週末、そのあたりに撮影で出かける予定なんだよね・・・。
その頃には異常事態は多少は緩和されているかな・・・。
仕事で熱中症は避けられているけど、趣味で熱中症になっていたら意味ないからねぇ。

2018/07/18

大量の夏

新ドラマもすべて初回を見終えた。
今期のラインナップは以下です。


月 絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~(フジ)

火 健康で文化的な最低限度の生活(フジ)
   義母と娘のブルース(TBS)

水 高嶺の花(日テレ)

木 グッド・ドクター(フジ)

金 チア☆ダン(TBS)

土 サバイバル・ウェディング(日テレ)

日 この世界の片隅に(TBS)
   ゼロ 一獲千金ゲーム(日テレ)


合計9本。今期はめちゃくちゃ多いですね(汗)。
例年夏季ドラマは不作といわれますが、今期に関しては好きな女優さんが多数出演しているので自ずと数も増えます。
飛びぬけて面白いものもないけれど、どれも及第点で完走はできそうな感じ。
ほぼ録画視聴なので、9本もあるとおっかけが大変だな(笑)。


注目「この世界の片隅に」は、映画版が映画版なので、実写化は結構きついかなと思ったけどなかなか良かった。
見た印象としては朝ドラチックだなという感じだったけど、実際朝ドラを意識して製作されていたらしい。
出演者も「ひよっこ」あたりでよく見た顔が多いし。ひよっこ好きとしてはうれしい限り。
そりゃ、すず役はのんちゃんがいいに決まっているけど、松本穂香ちゃんなら全然アリだと思います。
役のイメージにまだ染まりきってない感じがいい。
あんまり間延びさせるような脚本にならなければ良作になると思いますがどうでしょうかね。

2018/07/17

命にかかわる暑さ

いやぁ暑い。
38℃を超えた今日。
連休明けだから当然仕事量は多く、それでこの暑さが加わっては捗るはずもない。
しかも社内は空調をケチっている嫌いがある。
以前、東日本大震災が起きた年の電気代節約で味をしめて以来、未だにそれが続いているんだからなぁ。
この暑さじゃ外に出ている時ももちろん、室内にいたって熱中症の危険性はある。
エコもいいけど、体調を崩してちゃ本末転倒だ。
38℃なんて風邪で寝込んでいる時の暑さ。我慢しちゃいけない暑さなんだ。

2018/07/16

北海道、行きたかったな

4連休もあっという間におわっちゃいましたね。
結局最初の2日間を撮影に充て、3日目は買い物、4日目はじっくり休養という連休になりました。
凄まじい猛暑になっていたので休息も必要ってことですね。

でも本当なら北海道に行っていたわけだから、それを思うとやっぱり残念な気持ちになります。
折りしも今月号のダイヤ情報の特集は「行こうよ北海道」。
むご過ぎます・・・。
ああ、行きたかったともさ!

今年は6月くらいからこの連休まで、北海道はずっと天気が悪かった。
まるで短すぎた関東の梅雨の分まで、本来梅雨のない北海道が梅雨だったかのよう。
そんな長い悪天続きもどうやら明日あたりから収まりそうで、ようやく北の大地にも夏が訪れそうです。
ただでさえ短い北の夏なのに、今年はもう一月くらいしかありませんね。
8月下旬じゃもう涼しい風も吹いているでしょうから。

果たして私は夏の間にもう一度行く機会を得られるのだろうか。
申請している夏休みはどうやら結構な日数が確保できそうな感じ。
あとはそれ以外の用事との兼ね合いで、どうにかスケジュール調整できないかなと思っています。
行きたいぜ、北海道。

2018/07/15

遠回りしながらたどり着いたハスキー4段

池袋のビックカメラで久々にカメラ機材を購入。
北海道行きがおじゃんになってボーナスを未使用だったからね、せっかく東京にいたのだからとこのタイミングで。
買ったのは三脚。ハスキーの4段だ。


今まで三脚は軽量のSLIK ライトカーボンE73をメインに、勝負用にManfrotto 055、旅行用に折り畳み式のSLIK エアリーカーボン 644 LEDなどを使用してきた。
ただし一番大型のManfrotto 055でも全高183センチと、高さの面ではやや弱いものばかりで、たくさん人が集まるシーンではマルヨや邪道の置きゲバを余儀なくされていた。
そんな時いつも羨ましかったのは直前でやってきて、陣取る人々の後ろからハイアングルで抜いてくるハスキー使用者。
エレベーター全開でマックス246センチのその巨大な三脚にいつも圧倒されて、いつかは自分もユーザーになりたいと思っていた。


ネックなのは重さ。
Manfrotto 055でおよそ3.5キロ。雲台を軽量化しても3キロ弱。
それにフルサイズカメラ、望遠レンズなどをバッグに詰め込み担いで撮影に出向くと、次の日などはいつも身体がバキバキになった。
欲しいと思うハスキー4段の重量は4.2キロ。
体への負担が増すばかりでなく、ちょっとやそっとのリュックには収納できないサイズがどうしてもネックだった。
何しろ2メートル超えのスペックを最大限活かすにはその他に脚立も必須だからね。
それらすべて担いで移動するのは苦行そのもので、楽しい撮影どころではない。
でも大きな三脚は今後のネタのシーンでどうしても欲しい。

導き出した答えはこれでした。



キャリーカートを使ってみては?と思いついたのです。
実際撮影現場でキャリーカートを転がして登場した人を目撃したことがありました。
試したところ、写真のように三脚と脚立を無事に括り付けることができ、それを牽いて歩けば重さ問題が解決することがわかったのです。
むろん悪路や階段などはキャリーを転がすのが困難な場合があるかもしれないけれど、終始担いで移動するよりはなんぼかマシなので、そういったところに行くときだけ観念して担げばいいのかなと思います。


こうして撮り鉄ご用達のハスキー4段、ハイボーイのオーナーに遠回りしながらもなりました。
次回のネタ撮影の時からさっそく使ってみたいと思います。

2018/07/14

カシオペア紀行撮影@シーズンオフの蒲須坂

連休2日目はカシオペア紀行の撮影に出向きました。
本来なら今日はカシを撮る予定じゃなかったので、せっかく巡ってきた機会だと、6月の終わりに悔しい思いをした蒲須坂に再びやってきました。通算4度目、今度こその思いです。
先日お会いした同業の方が数名おられ、みんな考えることはいっしょなのだなと感じました。

それにしても今日はすさまじい暑さでした。
ギラギラの太陽に「夕方までその調子で頼むよ」と祈っておきます。
貨物ちゃんねるやTwitterなどで今日は久々に95号機が入るんじゃないかと噂されており、久々の対面を期待したわけですが、結局釡は81号機。
雲を呼ぶ釡が登板したことで、この先に不安な気持ちしかよぎりません。
案の定15時くらいから西の空は鉛色の雲で覆われてしまいました。
涼しくはなったけれど、予想を裏切らない展開にガッカリです。
それでもどうにか隙間から日差しが届かないかなと淡い期待を持って本番を迎えましたが・・・。


EF81-81牽引カシオペア紀行@蒲須坂築堤
EF81-81牽引カシオペア紀行@蒲須坂築堤 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


結局今日は残照すらない薄暗い中での本番となってしまいました。
前回はヒガハスでの人身事故、今回は浦和駅での急病人の影響で10数分の遅れでしたが、今回に関しては遅れ云々関係ないくらいの完敗の空模様でした・・・。


カシオペア紀行盛岡行き


20人くらい集まった同業者たちもみな一様に苦笑いの中の解散となりました。
夕方の蒲須坂でのカシ撮りもぼちぼちシーズンオフ。
また来年への宿題が残りましたが、撮りたいものが残っているって事は幸せなことだと自分に言い聞かせ、家路につきました。

2018/07/13

信州遠征~「189系」おはようライナー撮影&しな鉄に115系を追え!

松本より始発列車に乗って聖高原を目指した。
今朝はまずおはようライナーを撮る。
撮ろう撮ろう言いながらなかなか撮りにこれずにいたおはようライナー。
現存する唯一の189系が日常的に使われている今のうちに撮っておきたいものなんですがね。


聖高原のインカーブ地点と言えば、過去2度信州カシオペア紀行の時に撮影にきていた。
だけどいずれも被りつきアングルは激パで割り込めず、広角サイドからの撮影を余儀なくされていた。
今日はさすがに平日だけあって同業者は他に1人だけ。
被りつきポジションも余裕でした。
一度このアングルで撮ってみたかったんだ。


189系おはようライナー@坂北~聖高原
189系おはようライナー@坂北~聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/坂北-聖高原


わけあってちょいトリミング。
日差しは当たっているものの、残念ながらバックの山々にはまだ雲がかかってしまっていた。
まぁ光線があっただけマシだけど、景観のいい場所だし、もっといい具合の時にまた撮りたいですね。
ケツカツだし・・・。


篠ノ井線、そして聖高原には夕方再びやってきて、今度はムーンライト信州の送り込みを撮りました。
今度は冠着寄りの有名ストレート地点。
以前よりも柵の範囲が広がっているようでしたが、とくに問題ありませんでした。


189系N102編成 ムーンライト信州送り込み@冠着~聖高原
189系N102編成 ムーンライト信州送り込み@冠着~聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/冠着-聖高原


問題あったのはレンズの方?
この写真、なんか後ピン過ぎる・・・。
そういえば朝の写真がケツカツになったのも、ベストの位置で切ったものがピンを外していたせい。
何かがおかしい・・・。
原因は帰ってきてからわかりました。
なんとレンズの撮影距離範囲スイッチが知らない間に3m~∞の方に切り替わってしまっていたのです。
そりゃ引き付けた写真がみんなフォーカス外すはずですわ。
久々にレフ機で撮りたくなって稼働させた7D2および70-200 F4レンズ。
結果的にいつも通りα99 IIで撮ってりゃよかったですね・・・。
まぁ気づいてよかったですよ。次回また同じ過ちを犯さないようにしないと。


189系撮影の合間にはしなの鉄道へ転戦し、久しぶりに115系の撮影をしました。


115系湘南色@黒姫~古間
115系湘南色@黒姫~古間 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
しなの鉄道線/黒姫-古間


黒姫の有名お立ち台にて。
ちなみにここでは別のレンズを使ったので撮影結果になんら問題はありませんでした。
このポイント、完全に晴れ渡っていれば素晴らしい景観なんですが、列車に日差しこそ当たったものの、全体的にはスッキリしない曇り空でした。
それでも久々の115系湘南色。
来るときは乗車もできたし、地元から完全に姿を消したこの列車がまだまだ元気に走っていることがうれしかったです。


115系長野色@古間~黒姫
115系長野色@古間~黒姫 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
しなの鉄道線/古間-黒姫


駅に戻る途中にあった踏切から下りも1枚。
長野色でしたね。ちなみに初撮影でした。
115系天国のしなの鉄道はちょっと滞在しただけでも楽しかったですね。
いつかまた撮影にこよう。その時はスカ色が撮りたいな。


こうして暑い暑い1日がかりの信州遠征を終えました。
うーん、もっと落ち着いてカメラの状態、撮影結果を確認しないといけないなぁ。

2018/07/12

4連休の代替は

仕事終わりに松本へ。
本当なら北海道に飛んでいたはずなんだがねぇ。
天候の問題で断念したので、明日は晴れてほしい。
久々に篠ノ井線で撮影する明日のメインターゲットはおはようライナー。
平日限定ながら、189系N102編成が日常的に走っている今だからこそ撮っておきたい。
そう思いながらもなかなか来れないものなんですよね。
長野は近いけれど、とても遠いところ・・・。

2018/07/11

暑いと体が動く不思議

今日は今シーズンで一番暑かったんじゃないか?
かいた汗の量がそれを物語っていた。
でも普通これだけ暑いとだらけちゃうもんだけど、私の場合逆に体調がよくなるんだよねぇ。
やっぱ新陳代謝がいいってことなのかな。
水を大量に飲んで、それを汗で流す。
体の老廃物が処理されていくんでしょうかね。

そんな体調のいい私は明日の仕事終わりから4連休です。
残念ながら北海道行きは中止になっちゃったけど、まぁ大いに楽しもうじゃないの。

2018/07/10

8月の夏休み、忖度してくれないだろうか

今回の連休での北海道行きは諦めたが、夏の間にもう1回は行きたいんだよねぇ。
でもこれからは同僚もそれぞれ夏休みを取得してくる時期。
なかなか長期休暇がとりにくい。
今のところ私は夏休みは8月の最終週に申請するつもりでいるんだけど、果たして何日休めるか。
1週間休めればいいんだけどなぁ。
実は8月の最終週はすでに別の予定を入れており、それは北海道行きではないんだけど、1週間休暇が取れれば前半と後半で分けて、前半3日間北海道、そのあとは別件・・・って両方楽しめちゃうんだけど。
まぁあくまで理想の流れはそうなんですけどね。
果たして忖度してもらえるかな。

2018/07/09

悲しい決断

今週、残り3日頑張って木曜の仕事終わりから北海道入りするつもりだった。
だけど、当初は晴れ予報だったのが、案の定直前で変わり、曇りと雨マークばかりになってしまった。
前回6月の北海道遠征時にほとんど晴れずに雨ばかりの中撮影をしてきたばかり。
今回も再び天候に見放されてしまったわけだ。
悲しくてやりきれないけれど、もうさすがにここから劇的に予報が変わることもないだろう。

悩みに悩んだ。
もう一度、悪天の中遠征を強行するべきか・・・。
だけど、今回撮影したいのはやっぱり晴天の下で雄大な北海道の景色の中を走る列車の写真。
それがかなわないのなら、わざわざ行くだけの意味はない、そう判断した。

もう時間がなく、今日の夕方の予報を見て変わってなかったら決断しようと思っていた。
はい、今回は行くのをやめます。諦めました。
航空券の払い戻し、およびホテルキャンセルの手続きは済ませた。
虚しい作業だった。
キャンセル料は引かれたけど、それでも大部分は戻ってくるのが救いだった。
浮いた分で新しいカメラ機材買ったろうかい!

北海道行きは取りやめたけど、さすがに4連休を無駄にするつもりはないので、別の撮影予定を急遽考えてみた。
関東甲信は晴れ続きみたいなので、日差しを求めて撮りたいものを撮りに行くことにしよう。

«水が引いてからが大変だ