2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2020/08/07

5年前の鮮明な記憶

8月7日、盛夏。
今から5年前、私が北斗星に乗った最後の日。
とにかく楽しくて仕方がなかった。
いっしょに乗車した友も、今では家庭に入った。
もう一緒に旅行することは難しいだろう。
ロビーカーでいい歳こいてはしゃぎまくっていたな。
5年経っても色褪せぬ記憶。
もう、こんな思いをさせてもらう事はないのだろうな。
5年一区切り、改めて大きな財産を失ったなと思うばかりです・・・。

Dsc00154

2020/08/06

全身冷感装備っす

いやぁ、8月になったとたんに忘れてたかのように暑くなりましたね。
冷夏、冷夏って言われながらもいざ暑くなり出すといつも通りの夏ってことだね。
そんな今年の夏、例年と違って積極的に利用しているものがあります。
それは冷感素材を使っているインナーを着ている事。
今までは普通にドライメッシュのインナーだったけど、夏に汗を掻きはじめるとドライ機能が追っつかないほどの汗を掻いてしまいびしょ濡れになっていた。その都度着替えるので面倒でもあった。
今年は上も下もボディスーツのように冷感素材のインナーを着用してみたところ、実に快適に夏を過ごすことが出来ている。
着た状態で普通にしていれば暑く感じるけれど、これ着てバイクで走ろうものなら一気に涼しくなる。
汗もあまりかかないので着替える必要もないし荷物も少なくて済む。
また、今年の夏は暑くてもマスクを着用せねばならずしんどいけど、マスクも冷感フェイスマスクを使えば外での行動も苦ではない。
それにこれらの素材は99%UVカットでもあるので日焼けの心配もないという。
何でもっと早く使わなかったんだろうって感じです。
今年の夏はこれで乗り切れちゃいそうです。

2020/08/05

独自の緊急事態

愛知県は独自の緊急事態宣言か・・・。
国がもうやすやすと出せないから、今後はこれに続く自治体も増えていくかもしれないね。
だけど国が発令したものでなくて皆守れるのだろうか。
今年の初め北海道が出した時は結構頑張ってたみたいだけど、それは北海道という土地柄が大きい。
だって向こうに暮らしていたら内地にはやすやすと出て行かないだろうからね。
愛知とか東京とか大都会、主要都市とかだとやっぱり国を挙げて要請しないと難しいんじゃないかね。
まぁ経済のダメージを考えると、今後国が出すにはそれこそ首相や都知事が感染して重症化するくらいの緊急事態じゃないと無理だろうが。嵐が過ぎるのをじっと耐え忍ぶしかないのだよ、もう。
でもいちいち情報に踊らされてうがい薬を買いだめに走っているようじゃこの先まだまだ長いな・・・。

2020/08/04

【カスタム第八弾】Ninja400ツアラー化計画その5~ナンバープレートフック&サイドバッグ装着

愛車Ninja400をもっと快適なツアラーバイクにしよう企画。
今回手を付けたのは積載面の安定感の増大です。
先日の長野遠征でもテスト走行してきました。

まず着手したのは荷掛けゾーンの増設。
Ninja400最大の弱点ともいうべき積載面のなさを補うためには荷物を固定するための荷掛けフックが必要なんだけど、デフォルトでついている計4か所は位置がなかなかに悪く使い勝手が悪かった。
そこですでにフェンダー部分のボルトに2つフックを増設していた。
だけどそれも設置位置的にはシートの前よりの場所にあるので、固定したと思ってもスポーツバイク特有のシートの傾斜で荷物が前にずり落ちてきてしまい、走っていてストレスを感じることが多かった。
そこで後方側に荷掛けゾーンを作れないかと模索していたところ、ナンバープレートに取り付けるのがポピュラーな方法だと知った。
しかしただナンバープレートの装着ボルト部分を太くしただけでは安定感がないので、こちらのアイテムを導入。
TANAXのプレートフック3という商品。
荷掛け穴のついている鉄板にナンバープレートを被せて使用する。
さっそく取り付けてみる。ナンバーは10mmレンチがあれば容易に外すことができた。


Img_5070


このサイドの穴が開いた部分に、ヒモなりネットなりフックなりを掛けて使う。


Img_5071


見た目も重苦しさはないので違和感なく使える。
重心が下にあることで、荷物が前にずり落ちて来るのを防ぐのに効果的だ。


これで荷物を固定する箇所が増えたので、実際に積んでみて固定してみることにする。
そこで今後のロンツーのために用意したのがサイドバッグである。
今まではシートバッグのみ使ってきたが、スポーツバイクはどうしてもリアシートが小さくて見た目が不格好で安定感がない。
そこでシートバッグのサイド部分の安定度を増させるためにサイドバッグを取りつけてみようと考えた。
積載容量もアップして安定度も上がるのなら一石二鳥だ。


買ったのは同じくTANAX MotoFizzのマルチフィットサイドバッグMという商品。
中型バイクにベストフィットする大きさで、メインシートにもマフラーにもウインカーにも干渉しないジャストサイズ感がいい。


Img_5069


固定ベルトがたくさんあるので設置が面倒だけど、先に付けたプレートフックがここで大活躍する。
サイドバッグを着けたことでリア部分の積載面積が増えて、大きなシートバッグが楽に載せられるようになるはず。


Img_5068


後ろから見るとこんな具合で、ソフトなパニアケースって感じ。
出っ張りすぎないので狭い道でも気を使わなくていいだろう。


この状態でフィールドシートバッグを載せてみるとこんな具合になる。


Img_5067


非常に安定して載せる事が出来た。
これが現在の私のフル積載モードである(シートバッグの上にネットで固定すればさらに行ける!)。
この状態で長野を走ってきたわけだけど、一切ズレることなくストレスフリーで走ることができた。
今まで後ろが気になって仕方なくて余計疲れていたけど、これでその問題は解決だ。
ちなみに、昨年秋に福島へ行ったときはシートバッグのみで重たい荷物を積載したわけだけど、直しても直しても前にずり落ちてきてしまい、最終的には諦めてそのまま乗る羽目になった。
↓がその時の画像。よく見るとだいぶ前にずり落ちている・・・。

Img_4393


これだと背中に当たってウザいんですよねぇ・・・。


安定感だけでなくて見た目もツアラー感が増していい具合になりました!


Img_5065

2020/08/03

北海道リハーサルライド!裏ビーナスtoビーナス信州ツーリング

黒姫高原での撮影を終え、ここから先は信州ツーリングを楽しむ。
なお今回は来る北海道ツーリングのリハーサル的な走りにしたいと思い、積載、装備とも本番さながらのスタイルで走った。
もちろん、荷物は見た目は派手でも中身はスカスカですがね。
今回は積んでみて走った時にズレてこないかの確認が大切だった。
そして服装は、梅雨が明けてメッシュジャケットで走りたいところを我慢して3シーズンやや夏よりなジャケットで走った。
もっとも朝の高速や、この先走る高原地帯を思えばきっとメッシュジャケットでは寒かったのは間違いない。
・・・日中の街中はやはり暑かったですがね。


新潟と長野の県境から松本方面へ向けて走り出した。
今回の最大の目的は美ヶ原高原道路、通称「裏ビーナス」を走ること。
ビーナスラインといえば東日本を代表するツーリングスポットだが、すぐ脇に裏の名が付くビーナスがあることは知っていた。
前回のツーリングではビーナスラインを走り切ったころはもう夕方になっていたので裏ビーナスには寄れてなかったのだ。
区間こそ短いが、その景観は本家ビーナスラインをも超えると聞くので楽しみだった。


松本までは30℃を超えて暑くて仕方がなかったが、美ヶ原スカイラインに入って標高がみるみる上がっていくと一気に快適に。
ただしその道はなかなかの酷道であり、石ころが転がり穴ぼこだらけの強烈なワインディングの連続で快適走りには程遠かったのだが。そんな道を抜け出るとついに裏ビーナスに到達する。


Img_5061


遠くまで、まるで天まで続くかのような爽快な道。
なるほど、これは気持ちがイイ。視界が良ければなおの事いいのだろう。
残念ながら今日は雲に覆われた面積が大きく、麓の眺めも良くはなかった。
かなり標高が高いので気温は低く、天然クーラーで心地よかった。
こうなると3シーズンジャケットでもややヒンヤリするくらいですかね。
北海道のリハーサルとしては上々の経験値を得られた。


裏ビーナスは車両で行けるのは美ヶ原自然保護センターまで。


Img_5055


この先へはハイカーのみが進んでいける。
私はここまでとし、休憩がてら昼飯を食すことにする。


Img_5053


去年見た美ヶ原高原美術館からの眺めに勝るとも劣らない素晴らしい眺望だ。


Img_5054


水彩画みたい。
空気の澄んだ時期ならさらにきれいなんだろうな。


さて時刻は正午過ぎ。
帰るまでにもう少し走りを楽しみたい。
ということで、せっかくここまで来たのだからと事のついでに本家のビーナスラインも走っていくことにした。
ただし、現在県道62号美ヶ原高原沖線は先般の台風被害で未だ不通になっている区間があって、裏ビーナスからは遠回りでしか向かえない。
来た道を戻り、大きく迂回して扉峠経由でビーナスに入った。
前回とは逆向きに走って蓼科方面へ抜けることになる。


Img_5063


和田峠からの眺め。
ビーナスに入っても雲は多いが、日差しは降り注ぐ区間は多くて実に気持ちがイイ。
久しぶりだけどやっぱり最高の道だね、ここは。
前回は走りに夢中でどこにも立ち寄らなかったけど、今回はゆとりがあったので霧ヶ峰では名物の牛乳ソフトクリームを頂いた。


Img_5064


甘すぎず、牛乳そのものの味が濃いソフトクリームでした。
本当は涼しすぎてソフトクリームを食べるような気候じゃなかったんだけどね。
だったら和田峠できのこ汁食べようかなと思ったんだけど、昼めし食った直後でおなかが空いてなかったのでスイーツにしておいた。


ところで、霧ヶ峰を出る頃になると急に空が暗くなって雨が降り出したじゃないか。
降水確率は低かったはずだし、まさかの展開にゲンナリ。
洗車したばかりなんですけど・・・。
山の天気は変わりやすいって事かな。
急いで麓に向けて走るとすぐに雨の区間は抜けてまた日差しが注ぎ出したので事なきを得たが。
ジャケットがオールウェザーなのも助かりました。


Img_5066


御覧の通りフル積載でいろんな険しい道を走ってもいっさい荷物はズレず。
良いリハーサルとなりました。
今回は視界こそあまり良くはなかったけど、相変わらずビーナスラインは心躍る素敵な道でした。
終日11時間くらい走り続けてかなり疲れたけど、長時間ライドもいい経験となったんじゃないでしょうかね。
しかし長野はツーリング天国だなぁとしみじみ思いました。
ライダーさんも滅茶苦茶多くて、珍しく私も自らヤエー連発させてもらいました(笑)。

2020/08/02

夏本番の北しなの線で115系を撮影

関東甲信もようやく梅雨明けしたので久しぶりに撮影に赴きました。
今年は梅雨が長かったので、撮影は6月初旬の只見線以来実にしばらくぶりになります。
今日撮りに行ったのは久々となるしなの鉄道北しなの線。
「しな鉄」を撮るのはあの189系のラストラン以来ですね。
もう189系がここを走ることはありませんが、まだ115系は健在です。
でもそれもいつまで持つか怪しい。
機会を見つけては撮影に訪れたい路線の一つでもあります。


まずやって来たのは黒姫の伝統のお立ち台。
ここは2018年に一度来たことがあります。
しかしその時は夏特有の空模様で、この地のシンボル的な黒姫山はスッポリ雲で覆われており、風景写真は諦めてアップで撮らざるを得ない満足からは程遠い結果しか残りませんでした。

115系湘南色@黒姫~古間
115系湘南色@黒姫~古間 posted by (C)Tylor
2018年7月撮影


今日はそのリベンジと燃えてきました。
季節は同じ夏ですが、梅雨が明けたばかりで夏本番来る!の快晴を期待して・・・。
しかし、結果的に前回同様に山は雲で覆われて姿を拝むことはできませんでした(:_;)
ただし、前回のような真っ黒な雲でなかっただけマシかもしれません。
気を取り直してとりあえず1枚。今回は山は見えなくてもアップでは撮りません。

115系台鉄色@黒姫~古間
115系台鉄色@黒姫~古間 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD しなの鉄道線/黒姫-古間


この通りバリバリの夏光線。
だからまだ絵になってくれます。
よく見りゃ雲が多いとはいえ、これこそまさに夏空っぽいじゃないですか。
山などハナからなかったことにして、夏っぽい風景写真を撮ることを念頭に入れて撮影を続けました。

 

115系初代長野色@黒姫~古間
115系初代長野色@黒姫~古間 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD しなの鉄道線/黒姫-古間


初代長野色は初めて撮りましたかね。
湘南色かスカ色を期待してましたが、今朝の運用はこれか台鉄色の2択だったようです。
これで一定の満足を得られたので別の場所へ移ることにします。
ここには今度は夏以外に来てみることにしましょう。


続いてやって来たのは妙高高原側。
18号線上にかかる信越大橋から俯瞰撮影する有名ポイントです。
国道沿いとはいえ大きな歩道があるので安全に撮影できます。
ただしここからは逆光でしか撮れないので、それを嫌う人は曇りの日に来るべきでしょうね。
私は逆に逆光でこそ燃える性質でして(^-^;

 

115系台鉄色@妙高高原~黒姫
115系台鉄色@妙高高原~黒姫 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD しなの鉄道線/妙高高原-黒姫


山深い谷間を駆ける列車。
良いシーンですね。
有名なアングル以外にも線路が見渡せる位置があったので今回はそっちで撮ってみました。

 

北しなの線115系@妙高高原~黒姫


やっぱり逆光だと画にメリハリが出ていいですねぇ。
潰れがちなので明るい台鉄色で良かったです。
こんな時に限ってスカ色だったらきっとパッとしなかったに違いない。


こうして久しぶりのしな鉄撮影を終えました。
意外に撮れてない塗装が多いので、機会を見てまた訪れたいと思います。
しかし、やっぱり晴れてる中で撮影すると楽しいなぁ。

2020/08/01

祝・梅雨明け!2か月ぶりの洗車で愛車をピカピカに

ついに8月、私の大好きなサマーだ。
そして関東地方もようやくの梅雨明け。
ここから夏本番だ!と思いきや、ここ群馬県はそれまでと変わらない相変わらずの曇天で拍子抜け。
天気予報は晴れマークを出してるのに、青いところが見当たらない始末・・・。
まだこれでは夏気分になれませーん。

しかし気温は高く雨も降る気配がなかったので、予定通りバイクの洗車を始めた。
なんせ2か月ぶり。
梅雨期間は雨でもバイク通勤をすると決めてから、どうせ洗ってもすぐに汚れるから・・・と梅雨明けまで洗車を封印した。
その結果6月末に福島遠征した次の日に洗って以来、かれこれ2か月以上が経過してしまった。
それまで月1必ず洗ってきたのにこれだけ放置したのだから、足回りなどは見るも無残な姿に・・・。
この前の秩父ツーリングで石灰を含んだ水を跳ね飛ばした際の汚れダメージがとにかくデカかった(*_*)
もう今日は徹底的に洗いまっせ!

というわけでホイールは特に念入りに洗車して、タンクやスクリーンに撥水コーティングして、カウルにワックス塗って、蚊に喰われまくりながら2時間タップリかけて愛車を磨き上げた。
元通りの輝きを取り戻してようやく気持ちが落ち着いた。
やっぱね、汚れたまま走り続けるのって気持ち的にシンドイんですよ・・・。
これでまた雨の日は乗れなくなっちゃう!?

そんな磨き上げた愛車を駆って、明日は長野に行くつもり。
撮影&久々のあの道へ?
とにかく晴れて欲しい。アテにならない予報は見るのはもうやめたわい。

2020/07/31

梅雨やっと明けたか

明け方は物凄い雨が降っていたがそれも通勤時間帯までだった。
異例に長引いた梅雨の最後の抵抗だったのだろうか。
昼前からは一気に青空が広がりだして久しぶりの夏空となった。
まだ今日は宣言こそ出されなかったけど、明日からの予報が晴れマークがズラリと並んでいるところを見るとようやくの梅雨明けか。
いやぁ長かった。待ちかねたよ。明日からもう8月なのに、全然夏って気がしてなかったものなぁ。
夏大好き人間としては、理想で言えば7月上旬、せめて中旬には梅雨が終わっているのが望ましい。
今年はまさに8月から夏スタートといった具合で、ただでさえ短くも儚い夏がすぐに終わっちゃう。
大好きな季節を思いきり駆け抜けるためにも、早々に明けて欲しかったんだがなぁ。
まぁ個人的には明日から3連休なのでタイミングとしてはバッチリだったわけですが。
とりあえず明日は2か月ぶりの洗車じゃ!
長梅雨でこびりついた雨汚れをすべて取り除いて、久々に愛車をピカピカにするぞ!

2020/07/30

えっ、誤報!?

朝、仕事をしていたら突如スマホが「ムイ!ムイ!ムイ!」とけたたましく鳴り出した。
緊急地震速報だ。
久々に聞く心臓に悪い音・・・。
さっと身構えたが、いつまでたっても揺れる気配がない。
なんだ、また震度2くらいで大げさに鳴らしやがったな・・・と思っていたら、後から知ったんだけど揺れは観測されなかったんだってね。
つまり・・・誤報!?
そんなのありなの?だって緊急地震速報なんてよほどの事がなければ発令しないだろうに。
そんな精度の低いことやられては困るなぁ。
なんせあれだけ五月蠅いアラームなんだから。
あの時間だからまだよかったけど、これが未明とかに鳴り出して、結果「間違いでしたてへぺろ~」じゃ済まないよ、まったく。
しかし職場みんなのスマホが一斉に鳴り出す様はある意味爽快だったな(-_-;)

2020/07/29

α7s III登場

ようやくα7s IIIが発表となりましたね。
スペックはおおむね予想通り。
ソニーの一眼カメラとしては初めての4K 60p撮影が可能になったカメラですかね。
それも1時間以上連続録画ができるらしく、4K動画のかかえる熱問題にも素晴らしい回答を示した感じ。
スチル撮影でも12MPの超高感度機と言った感じでマニア心をくすぐるものがあるね。
ただ今私が欲しいのはあくまで動画機としてのミラーレスなので、売り出し45万円前後というのはキヤノンのR6と比べるとやや高い。
しかもレンズキットでもないのでボディのみで45万円、適当なレンズで20万~となれば、必要なマネーはとんでもなくなる。
となると照準はやっぱりレンズキットで30万円台のR6の方かなぁ・・・。
まぁいずれにしてももうしばらく待って値段がこなれてからのお話なので、レビューが出そろってからでも遅くはあるまい。

2020/07/28

8月7日まで

梅雨明けが8月にずれ込むのが確実となった関東地方。
個人的に3連休の今週末からの土日月の予報も梅雨空に変わってしまいすっかりやる気をなくしております。
ところで、8月梅雨明けって13年ぶりらしいんだけど、13年前の記憶ってないよなぁ。
2007年?どんな年だったっけ?
そんな時すぐチェックできるのが当ブログ。
なんせ2003年からの記録が記されてますからね。
2007年の7月のトピックと言えば、新潟柏崎市で大地震があったり、選挙で自民党が歴史的大敗を喫したりしてたらしい。
うーん、まだ今の仕事に就いてない頃か。だとすると無益な毎日を過ごしてたんだろうなぁ。
大病を克服して2年目の頃だから、きっと梅雨が長引いて体調悪かったんだろうなという事は推測できます。

さて、そんな長梅雨ですが、仮に8月7日までに明けなければ今年の梅雨明けはないことになります。
というのも7日は立秋なんだけど、梅雨明け宣言ってのは立秋前までのみ宣言され、もし過ぎてしまったらスルーされてしまうのです。
週間予報を見るとまさにギリギリ6日あたりから晴れマークが登場するけど、果たしてどうなるんでしょうか。
もうね、今からでも遅くはない、激変しちゃってくださいよ。
暑い日々よ、カモンナ!

2020/07/27

日本の気候は変わってしまったのか

あー、今日もそぼ降る雨でムシムシ、身体ダルダルでしかも大残業。
月曜からスタミナを奪われる最悪な1日でした・・・。
なんか結局関東の梅雨明けは8月に持ち越しっぽいし、次に晴れるのも8月3日らしいじゃないか。
マジで最悪の夏だな、2020年は。
コロナもそうだけど、梅雨による蓄積ダメージは相当でかい。
最近朝起きた時の絶望的な疲れの残りがやばいんです・・・。

梅雨もそうだけど、この7月は一切台風が発生しなかった異例の月にもなりそうだね。
台風なんて百害あって一利なしだから発生しないに越したことはないけど、こうも静かだと逆に不気味だね。
8月から9月にかけて帳尻合わせに乱発したりして。
それこそ私の夏休みに合わせて発生する毎年のパターンが大いに予想されるのが怖いんだが💦

異常に長い梅雨と言い、不気味に発生しない台風と言い、この国の気候は明らかに私が子供のころと比べて変わってしまったね。

2020/07/26

必要なものはだいたい揃った

今日は雨のやみ間にナップスまで買い出しに。
北海道ツーリングに向けて主にネットでいろいろ揃えてきたけど、最後にショップに行って直接商品を見て買っておこうと。
メインで買ったのはサイドバッグだけど、帰りに雨に降られてしまい、除湿を利かせた部屋で乾かしているので取り付けた様子は後程。
サイドバッグがあることによって、シートバッグだけではやや不安定だった積載が落ち着くんじゃないかと期待。
本当ならパニアケースならカッコいいんだけど、パニアケースってのは大型車両でこそだし何よりお高い。
用途的にはポリエステル製のサイドバッグで十分だし、見た目も悪くないのでこれで十分。
それから積載面で安定性を増すことのできるアイテムも買っておいたので、梅雨が明けて洗車をしてから装着してみたいと思う。
これでだいたい必要なものはそろったかな。
あとはこの後気づいた細々したものをその都度用意していこう。

«来週は激務なので