2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« カバーでも | トップページ | 女心と秋の空 »

2004/10/17

日本選手権第一戦

日本シリーズ第一戦はのっけから波乱の展開に。
審判の誤審を巡っての49分間の中断。
せっかくの晴れの舞台であのような誤審はキツイ。
伊東監督がぶち切れるのも無理はない。
審判がミスを認め謝罪したのは伊東監督をなだめる意味もあったのだろう。
そんな嫌な流れもキッチリ絶ち切ったのが西武先発の石井。
正直もう終わってるとおもってたので、この好投は驚き。
気迫もすごかったし、タマも切れていた。
・・・わけなのだが、石井もたしかに良かったのだけれど、
それ以上に中日の貧打が酷かったような気も・・・。
2安打って・・・。川上も救われんワナ。
西武はダイエーとのPOで4番松中を完璧に封じた。
同じように昨日も中日のキーマンの1,2番を出さなかった。
これが大きく、この先も1,2番を抑えられるようだと一気の優勝もあるかも。
なんにせよ、川上相手に松坂を温存して勝てたのは非常に大きい。
中日有利と見ていた私だが、昨日の感じでは西武、結構行けるんちゃうん?と思えてきた。

« カバーでも | トップページ | 女心と秋の空 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権第一戦:

« カバーでも | トップページ | 女心と秋の空 »