2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 怖い | トップページ | 決戦 »

2005/01/09

夜、近所(直線距離にして200mくらい)の家が火事になった。
何やらウーウーうるさいなと窓から外を覗けば、
夜だというのにハッキリそれとわかる白い気体が、
我が家の上空までモワモワと漂ってきた。
そしてその先は茜色。
まさしく火事だ。
人間、人の不幸は蜜の味とはよく言ったもの。
火事と喧嘩は江戸の華でい!ってことでちょっくら見物に。
夜だというのに野次馬の人だかりが物凄い。
おまいらも物好きだな(オマエモナー)。
不幸中の幸いか、それほど酷いものではなく、
2階部分が焼けただけで全焼はま逃れていた。
懸命に消火活動にあたる消防隊員を見ながら、
原因はなんだったのだろうと考える。
火の不注意?それとも放火?
まぁ2階だから前者かな。
放火だとしたらこの野次馬の中に犯人がいたりして。
しかし火ってのは人を異様に興奮させるね。
やっぱり人も動物の本能が備わってるんだね。
燃え盛る家を見ながらそんなのんきな事を考えていた。
しかし他人事じゃありませんよ。
今は乾燥の季節。
火の元には十分注意しないと。
そういや私もコタツつけっぱなしでってこと往々にしてあるな。
人の不幸を教訓に気をつけないとね。

« 怖い | トップページ | 決戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 怖い | トップページ | 決戦 »