2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コレだよ、コレ | トップページ | 大学生活の想い出その4~3年生(2回目)編 »

2005/03/08

大学生活の想い出その3~3年生(1回目)編

大学3年にもなると余裕が出てくるというか、
心に大きなスキが生じるというか。
1,2年とまがりなりにも真面目な大学生活を送ってきた私。
しかしこの年ついにキレたわけで。
自己抑制、摂生の出来ない人間が陥ったストーリー。
この年の大学出席日数は2本の掌の指で数えられるだけ。
つまり1年通して10回も行かなかったのだ。
大学に行かずに何をしていたかといえば、
遊び呆けていただけ。
とんでもない親不孝者だ。
だからこの年の大学生としての想い出はとくにない。
こんな状態だから単位もそれ相応に落としたし。
ただ、一度も受けたことのない講義でA評価を取っちゃったのは笑ったけど。
私ってもしかして真面目にやりさえすればそうとう天才!?ってね。
ただ放蕩の1年を過ごした報いは当然やってきた。
3年から4年へはある程度の単位に達しないと進級できない。
そうでなくとも1,2年時に少ない単位しか取ってこなかった私に進級の望みがあるわけない。
留年ですよ、留年。
自業自得という言葉がこれだけ当てはまるのも珍しい。
留年の判定を受けた時初めて思い知った自分の愚かさ。
情けなさと申し訳なさで泣けてきた私が向かったのは、今はなき堀切の定食屋「けいちゃん」。肩を落とす私とそれを慰める女将、そしてその娘。
酒に逃げたくなる人間の心境ってこんな時の事を言うんだろうなとぼんやり考えていた。
あの日の気持ち・・・これがこの年最大の思い出。

« コレだよ、コレ | トップページ | 大学生活の想い出その4~3年生(2回目)編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/3221090

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生活の想い出その3~3年生(1回目)編:

« コレだよ、コレ | トップページ | 大学生活の想い出その4~3年生(2回目)編 »