« 新井がセ界最強打者になってる件について | トップページ | ジジイに同意 »

2005/07/11

もう勘弁してちょ・・・

今日は恐れていた気管支鏡検査の日。
胃カメラの反対側、気管支にカメラを入れちゃおうバージョンだ。聞いただけで苦しくなりそうな検査。だってそうでしょ?。よく食べ物や飲み物を気管支に入れちゃってムセることがあるよね。あれは苦しいよね、すごく。この検査は食べ物じゃなく、カメラ&管が入っちゃうわけだ。その苦しみは想像を絶するよね。こんな検査出来ればやりたくないと思う気持ちわかるよね。でも、とうとうやることになっちゃったわけだ、コレが。
念入りに喉に麻酔をする。
もうこの時点で、オエー、オエー(;´Д`)状態。
そして検査台に寝かされ、目隠しをされる。
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル。
先生、おもむろにカメラを挿入。
オエー、グエエエ・・・悶えまくる私。
先生、「フム、麻酔が効きにくいようだね」。
それでもかまわずに挿入。その度、オエー。
何度も何度も繰り返す内(もうボロボロ)、ようやく喉に麻酔が効きはじめる。先生、「もう一番苦しいところは超えましたよ、念の為安定剤を打ちますか?」。私、必死にYESと伝える(喋れないので首を振る)。安定剤が打たれ、これで意識も朦朧としてくるはず・・・ところがあまり効果がない。
先生「おかしいなぁ、効きにくい体質なのかね」。
おいおい、頼むよ。
・・・とそんな事をやっているうちにいつのまにか気管支に達していたようで。まだ麻酔を流している段階だと思っていた私はキョトン。だって、まったくムセないんだもん。ムセにくくする点滴は効いたようだ。それでも次第に限界は近づいてきた。もう無理ですのジェスチャー、手をプルプル振る。先生にも通じたようで、これ以上は無理そうと言うことでここで終了となった。組織の採取もいつのまにか終わっていたようだ。そういや、苦しみの中で、肺の中で何かを削り取るモーター音が聞こえた様な気がした。管を抜かれた後もグッタリとしてしばらく動けなかった。今頃効いてきた安定剤のせいでクラクラする。車椅子に乗せられ病室えと戻った時は、検査開始から1時間と経っていなかった。とてつもなく長い時間に思えたのに。後で様子を見に来た先生に、その後も眠れなかった事を伝えると、「安定剤の効かない超人だね」と、笑われた。笑い事じゃないっつーの。しかしまぁ、何とか山場は越えたわけで、しばらくはもうそっとしておいて欲しい。もう検査はうんざりだー!!。

« 新井がセ界最強打者になってる件について | トップページ | ジジイに同意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう勘弁してちょ・・・:

« 新井がセ界最強打者になってる件について | トップページ | ジジイに同意 »