« 手術初体験 | トップページ | 環境の変化 »

2005/07/16

拷問のような苦しみ

手術は無事終了。初めての経験なので麻酔が効くまでは震えっぱなし。やってる間の記憶も生々しく覚えている。人生何事も経験がモットーな私ではあるが、もう沢山というのが素直な感想。しかしもっと大変なのは術後麻酔が切れてからだった。もう痛いの苦しいのって。体が痛くて動けないのでずっと同じ姿勢でいなければならず、苦しみに輪をかける。そして一番の苦しみは尿道に通された管。チン○の先から入れるアレですよ。想像するだけで痛いでしょ?。生き地獄とはあれだね。傷口、床ずれ、チン○カテーテルの3重苦。拷問のような時間は19時間に渡った。もう死にそ…。

« 手術初体験 | トップページ | 環境の変化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拷問のような苦しみ:

« 手術初体験 | トップページ | 環境の変化 »