« もう勘弁してちょ・・・ | トップページ | 検査は続くよ、どこまでも »

2005/07/12

ジジイに同意

ウンコじーさん達ばかりの病室にウンザリ、
メランコリック鬱モードな環境。
おまけに意地悪ジジイがいて、夜中に鼾をかいていた他のじーさんをイジメたものだから、私の気分も実に不愉快。お互い様と言う言葉を知らんのかね。自分が一番騒々しいって事に気づけよ。実際その騒ぎで私の目が覚めちゃったわけだし。
そんなジジイだが、珍しく激しく同意!と思える事を言ったりしたわけで。じーさんどもで、看護師さん達の評判?、そんな話が展開されていた。あの人は注射が下手だ、あれはクールだ・・・などと勝手な事ばかり言っていたが、ふと私一目惚れの看護師について話題が移った。その人はとても良い人で、よく気がつき、患者への対応も丁寧、仕事もテキパキ、おまけに可愛いという白衣の天使。そんな人だからウンコじーさん達にもすこぶる評判が良かった。
じーさんA「あの娘は良い子だよね」
じーさんB「まったくだねぇ」
じーさんC「この前、深夜の見まわりの時、私のスリッパをきちんと揃えておいてくれたんですよ。」
じーさんA「そー言った細かい気遣いの出来る子なんだよね」
じーさんB「見えないところでもしっかり気配りが出来る子だね」
私「(心の中で)ウンウン、そうだろそうだろ」

うんこジジイでも良い子はちゃんと良い子に映るんだなと、妙に感心したのであった。

« もう勘弁してちょ・・・ | トップページ | 検査は続くよ、どこまでも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジジイに同意:

« もう勘弁してちょ・・・ | トップページ | 検査は続くよ、どこまでも »