2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の記事

2005/12/31

年末ツマンネ

年末ツマンネ・・・逆から読んでも、ネンマツつまんね。
テレビも特番ばっか。
しかも毎年同じだし。各局を見ていくと。
迷走NHKは紅白。
今年の内容じゃ30%台だな。
もはや見る価値ないでしょ、紅白なんて。
日テレはお笑いネタグランプリか。
お笑いブームがまだ終わらないから無難に来たな。
TBSはレコード大賞とK-1。
レコ大とか今時価値あるの?。
もらってもちっとも名誉じゃないでしょ。
K-1はボビーとマケボノだけ見ればよし。
フジはPRIDE男祭り。
目玉カードが吉田-小川戦か。
小川-高田の方が盛り上がるんじゃないか?。
テロ朝はドラえもんね。
視聴率的には苦しそうだな。
子供が見る番組が他にないから子供へサービス。
テレ東は年忘れにっぽんの歌。
年配の人にとっちゃ紅白よりよっぽど喜ばれそうな布陣だ。

しかし格闘技か歌謡番組か、そんなんばっかだな。
昔日テレでやってた野球拳とかは面白かったなぁ。
裏番組をぶっ飛ばせ!・・・だっけ?。
あれやってたのいつ頃だっけ。
確か94年くらいだよな。
一般人がオッパイまるだしで狂喜乱舞してたのは当時中坊だった私には衝撃だったな。
もうあんなバカな番組作れないだろうな。
規制の波に飲まれてテレビも本当つまんなくなったもんだ。昔はやりたいヤツがやりたい番組作ってたもん。

2005/12/30

今年の出来事

今年年頭、1月2日の日記より。

今年はおそらく自分の人生における一つの転機になるのではないかと。おそらく過去最大の試練が待っているはず。その予感がヒシヒシとします。去年も大変な苦労をした年だったけど、今年はそれを凌駕する試練の年になるかと。だから今年のテーマを挙げるとすればそれはズバリ、

「負けない」

これですね。どんな逆境にもめげない不屈の精神。 これこそが今年のテーマです。


もうすでにこの時点で、自分の身に降りかかる出来事について予感、というか確信があったわけです。
今年の目標は「負けない」でしたが、目標どおり負けなかった事を誇りに思いたいです。
今年の半分は闘病で消えてしまったので例年のように月ごとに今年を振り返るのはやめます。
その代わりに今年の出来事をベスト5で挙げて見ます。

第1位 奇病に冒され半年入院
今年最大の出来事は当然コレでしょう。
人生最大の試練でした。

第2位 大学卒業
今年前半の大きな出来事。
足掛け6年・・・ようやく大卒の肩書きを得ました。
病魔を誤魔化し誤魔化し通った甲斐があったってもんです。
大学生活の6年間は後悔8割、満足2割って感じですね。

第3位 郵便局で働いた事
わずか2ヶ月足らずでしたがゆうメイトになりました。
仕事は結構面白くいい経験させてもらいました。
2ヶ月足らずの間にいろんな事がおき、
まさに嵐のように去って行ったような気がします・・・。

第4位 自動車免許取得
前々から取れ取れ言われてましたがようやく取得。
合宿で新潟に行きました。
病気が発病しているアノ状態でよく取ったわ(^^;。

第5位 パソコン買った
このブログ(前身のさるさる日記時代も含め)創世期から買う買う、欲しい欲しい言ってましたが、ようやく買いました。
外付けHDDも買ったのですが・・・。
本日クラッシュしました_| ̄|○

番外編 ディープインパクトがPO馬だった事
皐月賞、ダービーを生観戦。めっさ興奮。
しかし後半菊花賞、有馬記念はTV観戦で(´・ω・`)ショボーン


とまぁ、今年の大きな出来事と言ったらこれくらいしかありません。それだけ今年1年は棒に振ってしまったと言うことです。
来年は少しは良い事ないかなぁ。

2005/12/29

2005年下半期検索ワードランキング

すっかり恒例となった検索ワードランキング。
今年はほとんどパソコンおよびブログをほったらかし・・・と言うかなかなか頻繁に覗ける環境になかったので、交流も出来ず更新オンリーとなってしまいましたが、それでも多くの人に来てもらいました。
今年後半はこんなワードがヒットしました。
1位は2位以下を大きく引き離し、まさに圧倒的指数でした。

1位 千葉ロッテ 応援歌 イスンヨプ 1158p
今年の野球界はロッテ一色。
交流戦、プレーオフ、日本シリーズ、アジアシリーズ、ファーム日本一の5冠を達成!。ロッテファンになってこれほど幸せな年はありませんでした。

2位 ゆうメイト 421p
わずか2ヶ月足らずでしたが郵便局での仕事は印象的でした。もし勤めに出ていなければ健康診断も受けず、病気も発覚せず、今頃私はこの世にいなかったことでしょう。そういう意味でも非常に大きな意味を持ちます。

3位 タシーロ 231p
もはやすっかり化石となった神ですが、
いまだ人気は高いようです。
スーフリの和田なんかよりよっぽど神の方が微笑ましい。

4位 WIN MX 226p
時代の流れと言いましょうか、規制の波に飲まれて消滅したかに思われましたが・・・今も別の接続先でしぶとく生き残っています。

5位 B’z 219p
先日のMステスーパーライヴは良かったですねぇ。
個人的には03年のBIG MACHINEツアー以来ライヴに行けてないのが残念です。

6位 長澤まさみ 190p
「タッチ」に続いて、来年は「ラフ」でも主演と、あだち充作品で映画出演。「ラフ」は名作なのでどんな映画になるか楽しみですねぇ。

7位 あずみ2 177p
劇場に見に行った作品ですが、改めてDVDで見直してみると・・・ビミョー。あの展開は納得いかん。
続編が製作される事は期待できそうもないししたくもない。

8位 Wonderful Days 103p
ブログのタイトル通り、素晴らしい日々を送りたかったのですが・・・今年は最低最悪の年になってしまいました。

9位 あやごま 78p
今年はこのCPネタが多かったようですね。
ぁゃゃのオールナイトに後藤さんがゲストで出た回が面白かった。

10位 藤沢 ぺリエ 確執 59p
かつての黄金コンビが解散。
ゼンノロブロイはぺリエを乗っけときゃどこか勝ってたはず。
デザーモはロブロイの乗り方がてんで下手っぴ。


と言うわけで来年もよろしく!

2005/12/28

数字で振り返る入院生活

無事退院いたしました。
久々の娑婆はとても寒くなっていました。
でもそんな風に季節を感じることが出来るのがたまらなく嬉しいです。入院中、夏~秋~冬と季節が移ろいできましたが、病院内にいる限りそんな事は感じられませんでしたから。
本当に、長い長い入院生活でした。
いろいろな事がありました。
今日はそれを数字で振り返ってみたいと思います。

入院日数 169日(一時退院時除く)
入院期間 6月27日~12月28日(6ヶ月と1日)
入院中受けた点滴数 350~400本(概算)
入院中受けた点滴量 150㍑以上(推定)
入院中使用したテレビカード 56枚(1枚1000円)
入院中見たテレビ時間 933時間(推定 1枚16時間40分)
入院中見た連続ドラマ数 11本
入院中読んだ本の数 47冊

・・・数字がすべてを物語ってるんじゃないですか?。
よく頑張ったわ。
入院生活を綴り続けた闘病記を読み返したら泣けてきた。

2005/12/27

闘いの終わり

明日、晴れて退院が決定した。
6ヶ月と1日。
本当に長かった。嫌だった。辛かった。
だが闘い切ったんだ。
忘れもしないあの日々。
健康診断で4項目も引っかかったこと。目の前が真っ暗になりながら向かった病院。そこで原因不明と診断され入院が決定した事。辛すぎる検査の日々。我が侭シジイにウンザリした事。思わず一目惚れするほど可愛いナースに癒された事。突如発覚した奇病。転棟、最初の手術、終わりの見えない点滴地獄。相部屋の人が死んだ事。二度目の手術。ひたすら耐えた日々・・・。
そのカイあって訳のわからん病気を克服できた。
お世話になった先生方にお礼に行く。
あの病気発覚で転棟して以来、最初入院した病棟にも足を運び退院の挨拶をしてきた。最初の主治医の先生には入院当初の不安な気持ちを和らげてもらった。残念ながら例の可愛いナースはいなかったが_| ̄|○、久々のこの病棟の綺麗さが懐かしかった。すべてはここから始まったんだな。
それから手術を担当してくれた外科の先生にも会いに行く。
当然現主治医の先生にも。
恩人がいっぱいいるわ。
それまで抱いていた病院のイメージが覆るほど優しく、親身になって頂いた。ありがとうございました。
もう二度と来ない事が恩返しだと思ってます。

2005/12/26

もうすぐお別れ

この病院、そして入院生活ともオサラバする日が近づいて来たようだ。恐らく一両日中には。
実は明日27日は入院丸6ヶ月目。
6月入院だったからマジで半年経ったわけだ。
長い闘いにも終止符。
どうせならキリよく明日退院でいいじゃん。
どうなのよ先生?。

2005/12/25

ボクらのカリスマ

有馬記念のパドック見てて気になった事。ディープと五十嵐騎手の横断幕に紛れてこんなのが。『ヨシトミ先生ガンガレ』。ぜってー2ちゃんねらーだろw。先生は彼らのカリスマですからな(藁)。

リベンジのチャンスがある事

今年のサイン馬券は私の心情馬券だったか。すなわちハーツ(心が)クライ(泣いている)。ぴったり表しているではないか。しかしまさかこの馬があんな競馬をするとは。完全にしてやられた感じ。またそれに応えられる好仕上がりだった。ついに黒星がついたディープインパクトだが、あんな姿は見たくなかったな。思えば中間はいろいろゴタゴタしすぎてた。あんなの本来の走りじゃない。それでも半馬身。馬鹿な解説者が得意げに古馬の壁とか言っていたが、そんな事はない。最高の状態で最高の競馬をした馬の半馬身。もう2完歩あれば変わっていた。ディープにとって幸いなのはリベンジのチャンスがあること。ゼンノロブロイやタップダンスシチーの去り行く馬に勝ち逃げされる、それだけは避けたかったのだから。カツラギエースに即リベンジしたシンボリルドルフのように来年キッチリ落とし前をつけよう。海外はそれまでお預けだ。この1年プレッシャーに耐え続けた陣営には負けたとは言え拍手を送りたいね。これで無敗の重圧からは開放されたし、来年はまた新たな気持ちで頑張ってもらいたい。お願いがあるとすれば頑張った馬に少し休養をあげて欲しいね。

2005/12/24

負け犬の有馬記念予想

性夜クリスマス。若い看護師はどいつもこいつもみんな夜勤から外れやがった。ケッ( ´ー`)。Xmasより有馬記念派な私だが、それすらも取り上げられてしまい、負け犬街道マッシグラ。せめて馬券外してオケラ街道歩きたかった。そんな負け犬だが予想だけは参戦させてもらう。1年の総決算有馬はよくその年の世相を反映すると言われる。あのテロの年、マンハッタンカフェ―アメリカンボスで決まったのはあまりにも有名。WCのあった02年は決勝の国のチームカラーどうしの枠帽の色で決まったし、03年はシンボリクリスエス(『和田』オーナー)―リンカーン(輪姦)でスーフリ馬券だった。こじつけにしては凄すぎる。では今年は何か。今年の世の中の大きな出来事を考える。まず自民党圧勝。それから千葉ロッテマリーンズ日本一。HG大人気。さらにディープインパクト三冠達成。ん?あれれ?。まぁ個人的にはロッテの優勝が最大の出来事だな。ちょうどサブローがプレゼンターで来場するし。サブローだから3枠6番の馬でいいや。キーワードは自民『圧勝』、ロッテ『サブ(3)ロー(6)』、そして芸能界HG大ブレイク『フォー(4冠)』だ。どれも当てはまるだろ。

2005/12/23

傷心の私には看護婦たんのブラチラも虚しく・・・。先生には一緒にクリスマスを祝いましょうと励まされたけど、何もかもが憂鬱。このまま世捨て人になるんだ・・・。

2005/12/22

俺の人生なんてこんなもの

人生は闇。愛は絶望。生きていても何もいいことありゃしない。・・・退院が来週に延びた。有馬記念には間に合わない。これを目標に懸命の我慢をしてきたが実らなかった。病気は治っている。しかしその治療による負担は見た目以上に身体にダメージを与えていた。悲鳴をあげた身体が回復するには時間が必要なようだ。有馬記念とダービーは毎年何があっても参戦し続けてきた。去年もすでに発病し熱があった状態でも強行した。身から出たサビとは言え、今年のグランプリをみすみす逃すのは痛恨の極み。正規では入場券が手に入らずわざわざ金券ショップで割高で入手してくれた馬友にも申し訳が立たない。連日スポーツ紙を賑わすディープインパクトの記事を読みながら一人涙を落としはべりぬ。

2005/12/21

日本人は平和

世間じゃX'masムード一色らしい。ここ病院でも御多分に漏れず、病棟にツリーが飾ってあったりする。今日はクリスマスコンサートと題打ったリサイタルが行われ、ピアノでAmazing Graceなどが演奏された。白い巨塔かと。財前教授はいませんから!。なんか泣いているオバチャンとかいたし(^^;。その後は看護学生達が各病室を回って、キャンドルサービスだと燭台片手にきよしこの夜を歌っていった。学生も大変だわ。残念ながら私はクリスマスには興味ないんだなぁ。シンボリクリスエス産駒の行方には興味あるが。しかし日本人もいい加減だよな。クリスマスだなんだと浮かれた一週間後には初詣だといい神社を巡る。オマイラの主張はなんなんだと。これだからイエローモンキーはと異国に嘲笑されるんだ。無宗教だと言うならそれに誇りを持てや。平和な国で良かったっすね。♪平和な国だねと友に語ればカタイ話はおよしと誰もがすり抜けた。文化は地に落ち歴史は教訓ならず世紀末の雨に頭のテッペンからひっかぶるのか。・・・そんな歌歌ったサムライがいたな。

2005/12/20

世渡り上手

阪神が優勝した時には阪神ファンだと言い、ロッテが優勝したらロッテファンになりました~とのたまう。と思ったら今度は満面の笑みでサッカーの応援ですか。上戸彩ってのも大したタマだな。長いモノには巻かれろ、そんな生き方が出来たら楽なんだろう。私には無理だが。自分、不器用な人間ですから。

2005/12/19

大ピンチ

退院を間近に控えたこの時期に、何という事か風邪をひいてしまった。かなりの高熱が出ている。こりゃ下手すると退院が伸びるぞ。先生も来週に伸ばすか?って方に傾きつつある。そんな殺生な。それじゃダメなんだよ。あぁ、頼むから早く熱下がってくれ・・・。

2005/12/18

指定席は外れたのか

阪神牝特で有終の美を見事飾ったアドマイヤグルーヴは美し過ぎた(´Д`*)。いいお母さんになって、その子供でまた楽しませて欲しいね。中山ではニューヒーロー誕生。初ダートを親父そっくりのレースぶりで圧勝したフラムドパシオン。クロフネは初年度から芝ダートで大物を出すなんて前途洋々だな。さぁいよいよ押し迫ってきた。来週はオーラス有馬記念。入場券も完売して当日は滅茶苦茶人が来るんだろうな。指定席を外したのは痛い(まったくなしのつぶてだし、外れたんだよね)。

2005/12/17

火事の季節

町中で結構な大火事があったようで、ひっきりなしに消防車の音が聞こえた。病室の窓からも煙や炎が立ち上る様子が見えた。発生から2時間以上も経った今も燃えている。場所がどこだかよくわからないが、尋常な被害じゃないようだ。火事は怖い。すべて焼き尽くす。しかも町中だ。ふと思った。もし病院が火事になったら。具合の悪い患者はイチコロだな。まぁ病院内で火なんか出るケースはまずないが。病室で隠れ煙草をやっている不届き者でもいないかぎり。

2005/12/16

寝台列車の魅力

トワイライトエクスプレスのコーヒー料金着服事件はまことに遺憾だが、だからといってイメージは悪くはなってない。一度乗ってみたいという思いは変わらずある。この列車は大阪―札幌間を走る寝台車。最後尾の個室が幻のスイートと呼ばれ、チケットの入手が極めて困難、というよりまず入手不可能と言われ、鉄道ファンなら喉から手が出る超プレミアな事で有名。その幻のスイートはともかく、これに乗って旅をしてみたいという思いは強い。4年前上野発札幌行きの寝台に乗って、寝台車の魅力に取り付かれた。関東人の私にとって、わざわざ一度大阪まで向かうのは無駄に他ならないわけだが、大阪から乗らなきゃ意味がないんだ。ロマンなんだ。時間がかかればかかるだけ良い。電車の旅はええよ。特に寝台車。シベリア特急とかも乗ってみたいなぁ。ミステリーファンお馴染みのオリエント急行とか。北海道方面だけじゃなく博多方面の寝台もいいな。そっちに行きたい所はないが(小倉競馬場?福岡スパイドーム?)乗るだけでもいい。でもやっぱトワイライトだな。北海道にはもう一度行きたいし。時刻表見てるだけでも楽しいんだ。ファンを悲しませる不祥事はアカンよ。

2005/12/15

他人と暮すのはもうウンザリ

入院当初は他の患者の人生模様を観察するのも暇つぶしになったものだが、時間が経つにつれてどんどんウンザリするようになって来た。共同生活などもともと苦手だったのに、こっちはひきつりながらも空気読んでいろいろ我慢しているにもかかわらず、まったく周りが見えないというか、唯我独尊といった連中のなんと多いことか。病院という場所をわきまえず下品なでかい声で爆笑する醜女(しこめ)、飯時とかそういったこともおもんばかれずに無遠慮に屁を垂れる爺、昼寝のし過ぎで夜眠れないからといって深夜に活動を始め、周りを不眠にさせる者。ただでさえ具合が悪いのに、こういう連中を我慢せねばならずストレスを溜めて余計な気遣いをする。入院しながら病気になりそうである。またこれは人間だから仕方ない事とは言え、どうしてどいつもこいつもデカイ鼾垂れるかね。寝付きの遅いタイプだけに、いつも苦労する。中には、ここは豚小屋かよっ!って言いたくなるようなすさまじい音を立てる奴とかいて。耳栓とかまったく役に立ちませんからね。他人と共同生活を送るのはもう疲れた。空気読める優良患者って本当に少ないですから。

2005/12/14

馬鹿の執念

なんにも治療のない1日っていいなぁ。まだ疲れは取れないけど。登山で例えるなら(この例えを使うのも最後かな?)、無事下山を終えて麓の休憩所で軽食を取っている・・・そんな感じかな。いろいろ思う事はある。ちょうど1年前はすでに発病した状態で、死ぬ思いで群馬-東京間を大学に通ってたんだな。限界を超えた状況で、卒業することだけに執念を燃やしながら。おかげで卒業は出来たわけだが、その代償はあまりにも大きくついたね・・・。人間、引くところは引かなきゃダメだ。もし去年卒業を諦めて早期治療をしていれば去年の内にカタがついてたかも。今年完全に棒に振ったわけだし、結局留年していても一緒だった?・・・切ないのでそうは考えない事にしよう(´Д`;)。

2005/12/13

俺はよく頑張った

全ての治療が終了した。半年の長きに渡って続けられてきた拷問にようやく終止符。だが達成感やホッとした気持ちがあまり沸かない。それほど消耗しきっているのだ。肉体面、精神面すべてボロボロ。気持ちの面でおかしくなりかけた時期もあったが、発狂してしまう事すら困難なほど疲弊していた。無事に乗り切れたのは奇跡に近い。忍耐力はある方だとは思っていたが、それにも限度はあるもの。よく耐えられたよなぁ。自分の中に眠っていた底力に感謝。さぁこれでいよいよ退院の二文字が見えて来た。もうあと一週間といったところだろう。今までから考えれば本当に近い未来にソレはあるんだ。もう焦る必要は何もない。今はその日までゆっくり眠らせて・・・。

2005/12/12

本当にあとひと辛抱

僕の我慢がいつか実を結び、果てない波がちゃんと止まりますように・・・。この歌詞が身に沁みる。明日我慢すれば治療が終わる。本当に終わる。もう一息。

2005/12/11

後2日

早く過ぎてくれ・・・。発狂しそうだ。

2005/12/10

第57回朝日杯FS

2歳四天王のうち2頭が顔をあわせた。まずは関東馬どうし雌雄を決しよう。モノが違う可能性のあるジャリスコライトから。スケールある勝ちっぷりは目を見張るものがある。もう一頭の雄ショウナンタキオンより、こと中山では脚質的に信頼性が高い。相手は他に内からダイアモンドヘッド、アポロノサトリ、スーパーホーネット、ディープエアー。フサイチリシャールは控えては味がないと思う。消し。

2005/12/09

もう二度と

こんな治療は耐えられません!。一生に一度、今だから何とかなってるんです。それももうリミットギリギリです。後少し、それがすごく長いんです。

2005/12/08

パトラッシュ・・・

僕もう疲れちゃったYO・・・なんだかとても眠いんだ。もう勘弁してくれ。もう薬浸けはたくさんだ。

2005/12/07

今も愛しい痛みがある

あの手術から1ヶ月経った事が信じられない。身体中が痛くてこの先どうなるんだと思ったりしたが、1週間もせずに退院しちゃって。自分の回復力が嬉しかった。手術の傷口は今でも痛みがある。底冷えする日はシクシク痛む。でもこの痛みは病気が治っている証し。愛しい痛みなのだ。

2005/12/06

見所

ドラマ鬼嫁日記で、何が面白いって、ゴリと観月ありさの顔のサイズが3倍は違うところである。同じ人間とは思えない(笑)。そこんとこに注目して見てみよう。

2005/12/05

下界は寒いらしい

病院内は24℃。しかし群馬で初雪?、窓から白い化粧を施した赤城山(国定忠治フォー)が見える。外との気温差は15℃くらいあるのか。医者の不養生ではないが、看護師さん達に風邪が流行ってるのもうなずける。頼むから私にはうつさないでね。コン。

2005/12/04

明日から最後の治療

長きに渡った治療もいよいよ最終段階に突入する。これさえ終われば念願の退院。あのキツサは二度と味わいたくないのが本音だが、これが最後だと思えばなんとか耐えられると思う。もうひと辛抱やよー。

2005/12/03

第57回阪神JF

阪神JF。JFとくればK。・・・コイウタ?。と、そんな短絡的な考えではないが、この馬が有力なのには違いない。前走見せた切れ味は一級品。むしろ勝ち馬より、2着馬や3着だったこの馬の終いの脚が印象に残った。イン付きの名人横山騎手でコース有利な内枠を引けたのもいい。でも鞍上的に2着っぽいような・・・。こういう時はボックスに限る。内からブラックチーター、エイシンアモーレ、アルーリングボイス、フサイチパンドラ。3連複で。我ながら味もソッケもありゃしない予想だなー。そろそろ本当にノリ騎手に勝ってもらいたい。

2005/12/02

流行語は

今年の流行語が発表されたが、流行語と言うからには、本当にみんなが使っているモノを選んで欲しいものだ。
去年、ハッスルハッスルが選ばれなかったのには納得行かないなー。今年のでは、『想定内』はよく使われた正真正銘の流行語だったと思う。その他『萌え』とかは、以前から使ってた身からすれば今更って感じで『萎え』。
ちなみに萌えの、さらに興奮した状況を表すのは『(;´Д`)ハァハァ』だって知ってましたか?。

2005/12/01

最後の一枚

病室のカレンダーもとうとう最後の一枚となった。最初ここに来た時は7月、まだ6枚あった。すなわち半年経ったという事。3つの季節をまたにかけちゃったよ。こんなに時間がかかるなんてなぁ。恒例の登山に例えると、今は下りで中腹まで来たら雨が降ってきたって感じかな。これが過ぎればいよいよゴールイン。後少し、後少し。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »