2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の記事

2006/01/31

涙の夜

ハードディスクの中身って人それぞれだろうな。
保持しているファイルの内容も千差万別でしょう。
でも共通しているのはそれを消されたらガックリ来るって事だ。今日はそんな大切なハードディスクの中身を全消去されちゃった男の話。

そう、それは突如やってきた。
落としたファイルをウイルススキャンして解凍。
脅威は見つかりませんの表示に男はホッとする。
思えばこの時点で油断してしまっていたのだろう。
中身が出てくる・・・しかし目的のものとは違うぞ。
なんだ、捏造ファイルか・・・とゴミ箱行きしかけたその時。
フォルダの中にもう一つフォルダがあるのを発見。
名前は・・・目的のものだ。
なんだ捏造はおまけでこっちに本物があるのかと男はそれを無防備にクリック。ここから地獄が始まった。運命の分かれ道その1ってとこ。

結局目的ファイルは見つからずに終わる。
パソコンの動きが緩慢になってきたので、男はいったん再起動することにした。これが運命の分かれ道その2。
さて作業を続けるか・・・と男がパソコンが起動するのを待っているにもかかわらず、まったく立ち上がらない。
いや、正確には立ち上がっているのだが、画面に何も出てこない。男は混乱する。
もう一度電源を落としやり直したが結果は同じ。
男の脳裏に嫌な予感がよぎる。
・・・これはもしやハードディスクをOSごと消された?。
男の記憶の中にある言葉がよみがえる。
『・・・の中には再起動した途端ハードディスクを全消去しちゃう悪魔のようなプログラムファイルがあるので要注意云々・・・。』
男の嫌な予感は確信に変わった。

哀れ、大切なデータをOSごと消されてしまった男。
途方にくれ、絶望に苛まれ、再インスコし直す気力を取り戻したのは、それからずいぶん先の話であった。完。


・・・ええ、男ってのはもちろん私のことです。
本当に酷い目にあいましたよ。
むやみやたらにクリックしたらこうなるって事は知ってるつもりだったのですが。こんなトラップに引っかかった自分が情けないです。
パソコンの復旧には成功しましたが、無くした物は決して取り戻せないんですよ、うふふ・・・。

2006/01/30

どういう組み合わせ?

KAT-TUN、結成5年目ファン待望のCDデビュー!(サンスポ)

これ自体は別に( ´_ゝ`)フーンって感じなのだが、

B’zの松本孝弘(44)が作曲

この文字に目が点。
あの松本さんが・・・?ジャニーズに・・・?曲提供?
ハァ?
実は昨日の内から2ちゃんでそんな書き込みを目撃していたのだが、あり得ないと一笑に付していた。
それだけに朝のニュースで見た時は驚いてしまった。
まさか本当だったとは。
その時ちょっと流れていた曲なのかね。
松本氏の曲提供といえば、
宇都宮隆、七緒香、Misiaに過去行われてきたが、
これだけニュースになるのは今回が初めて。
カツンとかよく知らないけど今すごく人気なんだって?。
そんなデビュー曲によく起用されたよなぁ。いったいどういう経緯で、どんな繋がりでこのような事になったんだろう。
しかし松本さんの曲ってハッキリ言って歌うの難しいと思うよ。
B’zの稲葉浩志だからこそ歌えているってのがあると思う。
ジャニーズに合う曲なんか作れるのか?。
まぁ、どんな曲かわからないんだけどさ。
ジャニとかまったく興味ないけど、チェックしちゃうんだろうなぁ。

2006/01/29

不幸に順位などないが

盲目になるのと、耳が聞こえなくなるのと、喋れなくなるのと、一体どれが一番苦痛なのだろうか。
まぁ耳が聞こえなくなったら必然的に喋りもきつくなるんだけど。いや、盲目の人が主人公の本を読んでいて思ったんだけどさ。
やっぱ目が見えないのが一番きついかな。
後の二つも不自由には違いないけど、光を失ってしまったらどうしていいかわからなくなると思う。
どんな絶望的な世界なんだろう。
そんな状況でも頑張れる人はすごいと思うし尊敬できる。
目で情報を仕入れる事に慣れすぎているからな、人間は。

2006/01/28

自分の知らない世界

まだ自分が踏み出していないアンダーグラウンドな世界。
・・・もちろんネットの事ですよ。
実生活でアンダーグランドに行く気はないですから。
数え切れないほど、ネット上にはそんな世界が存在するのだろう。ほんのわずかな好奇心と、同じくらいの嫌悪感、そして自分を安全な世界においておきたいと思う保身。結局いつも踏み出さない。今日もまたこうしてブログを更新して平凡な一日が終わる。

2006/01/27

めっちゃ可愛く力いっぱい色っぽく

“ムスメ”から「オトナ」に、モー娘。高橋愛ソロ写真集発売(サンスポ)
モー娘・高橋愛 大胆ビキニを披露 (スポニチ)

たまらなく可愛く、そしてちょっぴり色っぽくなった愛たんが満載です。感動です。涙モノです。
ますます私好みに成長して行きますねぇ(´д`*)。
やっぱりこの子が一番の好みですね!


ラブリー愛たん

2006/01/26

ボビー違い

ボビー暴れるの一報を見た時、てっきり私はロッテのバレンタイン監督が監督会議で暴れたのかと思っちゃったよ(^^;。
オロゴンの方は曙戦後の消息が不明って話だったので。
地上最強の素人が暴れたのだからそりゃ大変だったろうけど、それを取り押さえたムルアカ氏もやるな(笑)。
しかし実際は7歳もサバをよんでいたとは驚き。
アイドルじゃないんだから別にそんなことせんでもいいのに。

2006/01/25

衝動、結晶どっちが好き

B'zの新曲「衝動」購入。
アニメ名探偵コナンのオープニング曲だ。
前作「OCEAN」は爽やかなバラードだったが、今作はタイトルどおり疾走感溢れるロックナンバー。
「愛のバクダン」の流れを受け継いだ感じ。
3分ほどの短い曲であっという間に終わってしまうが何度もリピートしたくなる。ライヴで聴きたい1曲。
カラオケで歌えたらさぞ気持ちいいだろうね。
ギターソロ後のキーンコーンカーンコーンが気になる(笑)。
2nd beatに収録されている「結晶」はドラマ喰いタンの主題歌。
主題歌だったって知っている人は多いのかな?。微妙なところ。
ドラマではシリアスな場面でインストバージョンも流れている。
こっちは中華っぽいミディアムバラード。
雰囲気的に「FRIENDS」に収録されてても違和感ないような曲。
好きな人なら即気に入るはずの衝動に対し、こちらはファン以外にはスルメ的な要素が含まれていると思われる。
聴けば聴くほど味が出て、私も5回ほどリピートして聴いてすっかり嵌ってしまった。
ギターソロがまた切ない感じでいいんだ。
衝動にも言えるけどもっと弾き倒してもいいくらい。
今作、個人的には両曲とも5段階で★4つ進呈したい良曲です。
現在は衝動の方がやや好きかな。
あなたはどっちが好みですか?。


2006/01/24

獄窓記

ホリエモンも独房行きかぁ。
スーフリ和田の隣に入ったって本当かよ(笑)。
小菅の拘置所って前住んでた近くだよ。
あの周りを通った事も何度もある。
あそこに、ついこの前まで超有名人だった人物が拘留されてるなんてなんだか不思議。
拘置所に入る時は素っ裸にされて、ケツの穴の中まで調べられるそうだ。セレブだった人には屈辱だろう。
そして独房は狭く汚く埃っぽく寒いと来たもんだ。
奈落の底に落ちたホリエモンよ何を思う。
獄窓記として社長ブログに公開してもらいたいものだ。

最後に社長にこの曲を贈ります。

もう誰もいなくなり 初めて身に沁みる
脇目もふらず追いかけたのは
なんて儚いダイヤモンド
どうしようもない インチキのライフ

B'z:儚いダイヤモンド

2006/01/23

逮捕祭り

ホリエモン逮捕も想定内だったのかい?ホリエモン。
お金持ちだから保釈金払ってすぐ出てくるのかい。
次の手は考えてあるのかい。
次は何で楽しませてくれるんだい。
テレビ局も挙って大きく報道。
どれだけ嫌われてるかがよくわかる。
2ちゃんねるは板、スレ関わらずに祭りになっている。
田代、大ちゃん、お塩先生らに次ぐ神になってる。
社長ブログは2割の応援と8割の荒しでとんでもないコメント数。よく他人のブログであれだけ暴れられるもんだ。

ん?私はどう感じたかって?。
どーでもいいですよ♪(だいた結婚おめ)。
まぁ、観客はいつだって無責任なもんさ。

2006/01/22

乞食かよ

毎日送られてくる迷惑メール。
こんなもん送ってくるやつの気も知れないが、中身の文章を考えるのもよくやるよなと思う。
この前など滅茶苦茶長文のメールを送ってきた馬鹿がいた。最後まで読まれるとでも思ったのか。
そんな中一風変わった迷惑メールが。
その内容はこんな感じ。

バイトで稼いだお金は生活費で消えてしまい、借金も返さなければならずアップアップしています。もう何日もろくに食べていません。どうか、おにぎりの1個だけでいいので奢って頂けませんか?。おにぎり1個でいいんです。もし奢ってくれたらフェ○で御奉仕させていただきます。それ以上をお望みならばそう致します。ですからどうか私を助けてください・・・。

乞食かと。
もし、いいよってメール送ったらどうなったのだろう。
どういう風にこっちから金を毟り取る作戦なんだろう。
ちょっと興味はあったが、5秒後には削除していた。

2006/01/21

もう一回受験したいな

今日はセンター試験か?。雪なのに大変だ。
私もセ試は受けたことあるけど私立志望なので緊張感なかったっけな。腕試しでね。
あの頃は受験なんて嫌で嫌で仕方なかったけど、
大学卒業して1年経ってみるともう一度受験してみたいなって思う。もちろん受験勉強はやりたくないが。
法政に行っていた訳だが、第一志望は違ってたしね。
レベルは数段落ちても神大に行きたかったんだ。
東京もいいけど横浜に住みたかったんだ。
もし違う大学行ってたら人生も結構違ってたんだろうな。
まぁ、そんなこと言い出したらキリがないんだけれど。
もっとも受験で落ちる(禁句)哀しさってのは味わいたくないけどね。10個近く落ちたのも良い思い出ではあるが。

2006/01/20

捻くれ者

私と言う人間は少し捻くれた部分があって、例えば恋愛ドラマで3角関係な設定があったとする。

多くの場合男二人に女一人。
で、最終的には男Aと女がくっ付く。
男Bに対しても女は好印象を持っているが、最終的に選ぶのはAになってしまう。

・・・とこんな感じのドラマは5万とあるが(そんなにはない)、その場合かませ犬のBの方に感情移入して見てしまうのだ。
主演男優と主演女優がくっ付くのが一番美しく、視聴者が一番求めている結末なんだろうけれど、私には引き立て役の男の方が悲しくも切なく、応援してしまうのだ。もしかしたら自分を投影しているのかもしれない。
私も主役になるタイプの人間ではないからね。

2006/01/19

音楽の才能皆無

ギターを弾ける人はカッコいいと思う。
男でピアノを弾ける人もカッコいいと思う。
私にはどちらも弾けない。
まったくと言うわけでもないが、聴けたもんじゃない。
ギターは高校の頃音楽の授業でやったが、初心者最初の課題曲「禁じられた遊び(愛のロマンス)」で早くも挫折。
試験の時はギター以外の課題楽器の笛に変更したくらいだ。
クラスメイトの中で、「アルハンブラの思い出」とか、流行のバンドの曲とか弾いてる人を見てスゲーと感心したもの。
まぁ流行り曲をやっちゃうのは目立ちたがり屋だなとも思ったが(実際ナルだったしね)。
バリバリのギターサウンドが好きなくせに自分じゃからっきしなんだからなぁ。もし自分がある程度弾けてたとしたら、また違った風に聴こえるのだろうなぁ。
エアーギターなら得意なのだが(^^;。
ピアノを弾ける男もカッコいいと思う。
何故なら絵になるから。
私は人差し指一本でしか弾けない。
初心者がパソコンを指一本で操作するがごとく。
ギターにしてもピアノにしても、弾けないのは手先が不器用すぎると言うのが問題なのだ。そう小学校の工作の授業が苦手だったもん。

2006/01/18

その発想はどこから来るの?

ヤクザの親分の舎弟になる夢を見た。
すげぇおっかないの。
親分は白髪でタッパがあって。
八名信夫をさらに強面にした様な人。
その人の身の回りの世話をする役目が私だった・・・。
夢の中なのにものすごい緊張感があって。
組どうしの抗争とかにも巻き込まれて。
終いにゃヤッパで刺されてしまうという・・・。
で、なんとか足を洗おうと、逃亡を企てて見つかりそうになった時眼が覚めた。
そんなハラハラして怖い夢なのに、なんだか映画を見ているような気分で楽しんでいた(^^;。

しかしなんでまたこんな夢を見たのか。
夢には潜在意識が大きく影響すると思うのだが、それじゃ何?、私の意識下にはヤクザになりたいと言う願望があるとでも?。
そっちの方が夢の内容よりもさらに恐ろしい事だよ。

2006/01/17

最近見ないもの

最近ネットの世界であまり見かけなくなったものシリーズ。

その1 音楽が流れてるホームページ
つい数年前までは自分のホームページにMIDI音楽流している人が多かった。ふと入ると突然大音量で流れ出してビビッた事もしばしば。でも最近じゃそういうページにはほとんど出くわさない。
著作権問題が大きくクローズアップされてきたのが原因のひとつかな。あと、何よりうるさくてウザイってのもあるだろうけど。
かく言う私も昔はやってました(^^;。

その2 出会い系ホームページ(純粋)
私がネットの世界に入ってまず最初にやったのがメル友募集。
いろんな出会い系ページに行って掲示板に書き込んだりした。
あの頃は純粋な出会いを求める人が多かった。
しかし今じゃ売春、買春の温床となってしまった。
下手にメルアド晒すと業者からのスパムが大量に送られてくるしね。かつて晒した私のメルアド(もう使用していない)にも引っ切り無しに糞メールが届いているようですよ。

その3 NOT FOUNDって表示
ホームページがなくなったりすると、ページが見つかりませんって意味でNOT FOUNDって出るのがデフォだった気がする。
今は404なんとかって出るよね。
昔はただNOT FOUNDだけだった記憶がある。
ミスチルの歌にも同タイトルがあったよね。

その4 ウェブ日記
今はブログ全盛期。厳密な意味ではブログとウェブ日記は違う。
Gaiax系とか無料ウェブ日記が全盛だったのは今や昔。


ネットの世界も私が最初に足を踏み入れた6~7年前から比べると、だいぶ雰囲気が変わったね。

2006/01/16

デジャヴュ見すぎ

既視感を覚えた事のある人は結構多いのだろうか。
私はこの感じを事あるごとに経験する。
ああ、この場面どこかで見た事あるよって思うことが多い。
本当に、怖いくらいに多い。
予知能力があるのか・・・ってくらい多い。
不思議だ・・・。
デジャヴュのメカニズムってどうなってるの?。
一度も経験した事のない場面が出てくるわけだから、潜在意識ってこともないよね。だとしたら・・・。
もしかして死期が近いのか?w。

2006/01/15

穿り返してぇ!

ひょんなことから目の中に結構大きなゴミが入ってしまい取れなくなってしまった。昨日からかれこれ12時間は入りっぱなし。
目薬注しても、( ‘д‘)<ハゲチャウデアイボン使っても取れない。
ならば泣けばいいと思ったが、いざとなると泣けない。
仕方なく欠伸連発してみたのだが取れない。
その内眠くなってしまい、いったん寝たのだが、
起きてもまだ取れていなかった。
人間、身体の中に異物が入った時の気持ち悪さは我慢できないもの。何度も目ん玉かっぽじって穿り返したくなったが、目は人間の身体でも特にデリケートなところ。そうはいかずに困っている。
何か良い方法ないですかねぇ・・・(´・ω・`)。

2006/01/14

伝説ベスト10~妖怪ウンコじじい

ネタの何もない本日はこの地域の都市伝説について書いてみる。シリーズ化したりして・・・。

あれは私が小学校低学年の頃だった。
どこの小学生もそうだとは思うが、この年代の子供の間には実に様々な噂話があると思う。
実際に見たわけではなくとも、~君から、~ちゃんから、あるいは友達がその友達から聞いたなど、出所のわからない無責任な噂話で盛り上がったりするもの。この伝説も最初はそんな出鱈目な噂話のひとつにすぎないはずだったのだが・・。

妖怪ウンコじじい・・・あるいはウンコおじさんだったか(なにぶん15年以上前のことなので記憶が曖昧)、そんな通称で呼ばれる人物がいた。ウンコじじいと言っても、嫌いな人に向かって放つウンコ(クソジジイとか)と言う意味じゃなく、まさしくウンコそのものの意味。なぜそのような呼び方がされていたかと言えば答えは簡単。それはこう言う噂話が元。

『野球部の練習中に、校庭の隅でそれを見ながらウンコしているオジサンがいるらしいよ』

子供の噂話のレベルなんてこんなもの。私も友達から聞いたこの噂を一応ノリながらも眉唾物と認識していた。ところが・・・。友達のA君に実際にその人物を見せてあげると言われたのだ。眉唾だとは思ったものの、そこは子供の好奇心。さっそくその日の放課後その人物を探しに行った。それはアッサリ見つかった。なんと学校のすぐ隣の家に住んでいるという。こっそり覗くと庭にその人物はいた。なるほど、ウンコじじいと言われればそう見えなくもない。確かに薄気味悪い(失礼)男だった。でも確かにその男はいたが、実際にウンコをしている現場を見なければ噂が本当かはわからない。

後日。あれから何度もその男を目撃したが肝心の場面には遭遇できていなかった。やはり噂は噂、そう思いかけていたある日。A君が血相を変えて飛んで来た。なんとあの男が野球部の練習を見に来ていると言う。ついに真実を知るチャンス。さっそく学校へ行ってみる。すると確かに男はいた。野球の練習を見ている。噂は本当だったのか・・・じゃあウンコは?。それから数十分、待てど暮らせどしゃがみ込む様子はない。そしてとうとう男は帰っていってしまった。なんだ結局は出鱈目な噂だったのか・・・ガッカリしながら男のいた場所に行ってみると・・・。

ウンコ発見!

なんと、ウンコがあったのだ。噂は本当だった。妖怪ウンコじじいは存在した。喚起の声を上げる私たち。次の日、その衝撃の事実は私とA君からクラスメイトに、クラスメイトから違う組の子に、違う組の子から違う学年にと芋蔓式に広がって行った事は言うまでもない。


後日談。
今にして思えばなんて失礼なガキだったのかと思う。
冷静に考えればあのウンコは犬のウンコだったのだろう。
人間のものにしては小さかったはずだ。
だが当時はあの男のいた付近に実際ウンコがあった興奮が冷静な考えを呼び起こさなかったのだ。
それ以降その男がウンコをしている現場を目撃した人は現れなかったし、いつしか我々の記憶からその話題は消えていった。
そしてあの人物もいつの間にかいなくなってしまった。
亡くなったのか、引っ越したのかはわからないが、噂とともにひっそりと子供たちの間から消えていったのである。
もしかしたら本当に妖怪だったのかも・・・。

2006/01/13

その後その2~2時間待ちとか

退院後最初の外来受診。
3週間ぶりの病院は相変わらず混んでいた。
・・・ってゆーか混みすぎだっつーの。
順番予約してるのに2時間待ちとかマジですか?。
しかもそれだけ待たされたのに特に何もせず雑談だけで終了ってマジですか?。検査しよーよ、検査(´Д`;)。

2006/01/12

悪夢の原因は物持ちの良さ?

先日、高校の頃の体育の時間に体操着を忘れる夢を何度も見ると書いたが、どうもそれには原因があったようだ。
それはズバリその体操着そのものをいまだに寝巻きとして着用している事に他ならないんじゃないか。
そう、高校卒業から7~8年たった今も、体操着は健在なのである。上下ブルーのダサいジャージなのだが、寝巻きとして使うのには無問題。
前にも書いたと思うが、私はケチと言うか物持ちが言いというか、パンツ(猿股の事だぞ)以外の服をなかなか捨てられないタイプ。今、日常的に常用している服はもう何年も使いまわし。
だいぶ色あせたものもあるが、そこがまたいい。
何年も着込んで容姿にもジャストフィットだ。
ズボンなど買い足しても捨てられず10着以上はある。
たとえあまり穿かなくてもやっぱり捨てられない。
もったいないお化けが出なくて良いと思われるかもしれないが、ただひとつ難点があるとすれば、それはしまう場所がないことである(^^;。

2006/01/11

ナースは暫くいいっす(´Д`;)

Ns’あおいの石原さとみかわえええぇぇぇぇぇ!!!!。
あんな可愛い看護師さんがいたらヤバイっすよ。
ドラマ自体はよくある病院物って感じで、ナースのお仕事とたいして変わらないのだろうけど、石原さとみのナースルックを見るだけでも価値ありそうだ。

でもねぇ・・・制服プレーなら何を差し置いてもナース!と公言して憚らなかったのは今や昔。
去年半年間長期入院して、嫌ってほど看護師と接してきましたからねぇ・・・ちょっと食傷気味ですわ(´A`)。
看護師と言う仕事の大変さを目の当たりにしてきた身にとって、ドラマの世界は甘い。
そして本当の白衣の天使って奴にはそう簡単にはお目にかかれないって事だね。
ちなみに私があった本当の白衣の天使、某F看護師は、石原さとみのそれをさらに上回る可愛さでしたよ(´Д`*)。
でも、看護師には暫く・・・と言うかもう金輪際会いたくないです。
趣向が変わってしまうほど辛かった体験を思い出すのでね。

2006/01/10

西遊記って懐かしいな

ドラマ西遊記、期待してたけどあんまりだったなぁ。
セットだと丸わかりだとなんだか興ざめなんだよね。
コントに見えてしまった・・・。
かと言ってオールロケってわけにはいかんし。
この手のものの実写版って辛いワナ。

西遊記のストーリーって細部は忘れちゃったけど、
牛魔王ってラスボスじゃなかったっけ?。
私の覚えている西遊記って、

悟空石から産まれる→大暴れ→お釈迦様ブチキレ→筋斗雲でどこまでも飛んで行けると言う→実際飛んだのはお釈迦様の手のひら→石の牢獄に閉じ込められる→三蔵が助けお供になる→猪八戒と対決、勝利、仲間入り→沙悟浄(以下同文)→4人パーティで天竺へ向かう→様々な困難(牛魔王等)を経て天竺到着→4人にあり難い位が授かる→悟空の頭のワッカが外れる→めでたしめでたし

こんな感じじゃなかったっけ?
幼稚園だか小学校低学年だかの頃によく読んでいたのに忘れちゃったよ。本があったはずだけどどこかへ行っちゃったな。
イラストとかが妙にリアルで笑えた記憶があるのだが。
あと、ドラえもんで西遊記っぽいのやってた気がする(笑)。

2006/01/09

いまだによく見る悪夢

私は結構夢を見る方なのだが(と言っても夢と言うのは誰でも毎回必ず見ているらしい・・・覚えていないだけで)、同じような内容の夢繰り返し見る事があるのだ。どんな内容かと言えば、体育のある日に体操着を持っていくのを忘れて焦る夢と、数学の時間に当てられてわからなくて予習をしなかった事を悔やむ夢。
どちらも舞台は高校生。
なんで今更そんな昔を舞台にした夢を見るのか不思議だ。
よっぽどその2つが印象に残っているのだろうか。
確かに数学は私にとって天敵で(ハッキリ言ってまったくついて行けなかった)、いつも授業が速く終われ~と思っていた。
絶対に指名されたくなかったし。
だから教科書の問題の答えが書いてある参考書をノートに丸写しして乗り切っていたのだ。
いつバレルか冷や冷やしたものだったよ。
数学の教師も普段は温厚なのに突然キレる特殊な人だったのでね、余計にハラハラ。
また体操着の方は、時効だから書くが実際に忘れた事があって、困った挙句某部室に放置されていたものをパk(ryたことがあったり(笑)。
その時の事をいまだに懺悔しているのだろうかね(笑)。
夢の中でまで冷や冷やしたくねーYO。

2006/01/08

I・O DATA頼むよ・・・

去年の11月に買って、実質1ヶ月くらいしか使用していない外付けHDDが早くもクラッシュ寸前だ。
別に暑い夏場じゃないんだし、つけっ放しだったわけでもない。
なのにもう調子悪くなるなんてモロ過ぎるわ。
容量だって全体の4分の1未満しか使ってなかったのに。
動画は見れなくなったり移動できなくなったものが多数。
フォルダそのものが開かなくなりmp3は壊滅。
かと思ったら大事な動画がなぜかmp3ファイルに変化しているの。しかもおなじファイル。さらに他のフォルダにも同じ現象が。
これ一体どういうこと?。
しかも大容量動画が糞容量のmp3ファイルに変わったはずなのに使用領域は変わらないまま。ファイル削除も出来やしない。
せっかく集めても何にもなりゃしないよ。
DVDにバックアップは必ず取れって教訓なのかな?。

2006/01/07

達人

某所で世界一速いスーパーマリオ全クリの動画を見たのだが、本当に速い事速い事。なんと5分15秒でクリアしちまった。
スーパーマリオってそんなに早くクリアできるソフトだったんだね。
小学生低学年だったかな、私もずいぶん嵌まったものだった。
無限アップとか懐かしいなぁ・・・。
あのBGMも最高だったな。
そう言えば去年パロった曲だした人がいたっけ。

2006/01/06

その後その1~瘡蓋が剥がれた

手術から2ヶ月あまり。あの日の事が遠い昔の事に思えるほど平穏な日々が続いております。
手術跡はまぁくっきりと残っており、永遠に消えることはない。傷口周辺の感覚もなくなったまま。
底冷えのする日はピリピリと痛む事があります。
しかしそれ以外は体調が悪いとか、フラフラするとかそういったことは一切ありません。
まぁ、体力的には空白の半年を埋めるのはなかなか難しく、まだ精力的に動き回るのは厳しかったりしますが。
ところで手術跡とは別に、ドレーン(手術後体内に溜まった出血や体液などを出す管)が刺さっていた場所は最近までずっと瘡蓋に覆われていたわけですが、それがポロっと取れました。
よく見ると微細な糸が見えます。
傷口を縫ったものなのでしょう。
どうりでなかなか瘡蓋が剥がれないと思った。
その瘡蓋も剥がれ、表面的には完全復活へ向けて進み出しているようです。内面的には・・・よーわからん。
次回外来は来週。まぁこの分なら余裕で通過でしょう。

2006/01/05

放出につぐ放出

昨日のイチロー出演の古畑任三郎の視聴率は27%だったそうな。もっと行くかとも思ったが裏番組等考えればこんなものか。
肝心の演技も結構やれてたしね。
台詞回しはともかく表情は秀逸だった。

ところで野球といえばGの江藤が西武に放出されましたねぇ。FA豊田の人的保障だとか。
プロテクトしてなかったんだねぇ。
去年は結局350号出なかったしもう使えないと踏んだのか。
江藤も巨人にいても出番はないから移籍は良かったのかも。
しかしセリーグ・・・とうか巨人のロートル長距離砲はみんなパリーグに行ったな。
オリックスなんて酷いもんだよ。清原、中村にローズまで取ろうとか。なんだか巨人が崩壊した道を進んでいるような気が・・・。
時代に逆行しているという懸念もあるが、あそこは長距離砲がいないからねぇ・・・。
逆に巨人はずいぶんスマートになったな。
長嶋政権の負の遺産を一斉在庫整理して新しい出発をしようってか。こうなると次のターゲットは原さんと不仲の仁志かね。

2006/01/04

イチローは大根なの?

古畑任三郎最終シリーズ第2夜、今日はイチローが本人役で出演だ。あのイチローがドラマ出演なんて考えられないが、イチロー自身古畑ファンと言う事で出演を快諾したらしいね。
果たしてどんな演技をするのか。
やっぱりセリフ棒読みの大根なのか。
それとも意外な才能見せちゃうのか。
興味を持っている人は多いと思う。
視聴率も30%近く行くんじゃないかな。

それにしてもドラマ出演といい、WBC意欲満々出場といい、なんかイチローのキャラじゃないな。
そういう風に見えるだけで実際は違うのかもしれないけど。
WBCなんて断るのがイチローで、出場に意欲なのが松井って方が、なんかそれっぽくない?。

2006/01/03

普段どおり普段どおり

今日で三箇日もお終い。正月気分もこれまでだ。
と言っても、テレビ以外はまったく正月と言う気がせん。
餅食ってないし。
雑煮食ってないし。
御節食ってないし。
初詣行ってないし。
新年の挨拶、誰にもしてないし。
凧揚げ、羽根突き、独楽回ししてないし。
百人一首、歌留多取りしてないし。
お年玉貰ってないし、あげてないし。
うん、普段どおりだ。

2006/01/02

2006年の目標

今年も恒例の目標を掲げます。
ここにあげる目標って例年達成できないのがオチだけれど、去年は達成できました。
掲げるからには達成したいっすよね。
今年の目標はもうコレしかないと思うんです。
それは・・・、

『1年間健康に過ごす』

もうこれに尽きるんじゃないかと。
去年の二の舞はごめんですからね。

このブログの目標は、去年はおよそ10000HITだったので、今年は15000HITを目指しましょうか。

2006/01/01

賀正

2006年が明けました。
今年の年明けは2ちゃんで実況しながら迎えてしまいました。
なんか去年もそうだったような・・・。

何を実況していたかと言えば格闘技。
今年は紅白完全無視でフジとTBSを梯子。
ほとんどPRIDEだけだが。
マケボノ-ボビー戦と、小川-吉田戦が被るとは何て言う事。と言うか、生放送じゃないから、結果をネタばれするヤツとかがいて最悪興ざめだった。
小川はしょっぱ過ぎだろw。
どっちが勝者かわからんかったね(笑。
観客も吉田のマイクパフォーマンス無視してハッスルハッスルだもんなぁ( ´,_ゝ`)。
その他は、ヒョードル強すぎ!。
ズール見かけ倒し過ぎ。
ミルコ様スタミナなさ過ぎ、と言うかハント打たれ強過ぎ。
放送時間有り余ってたのに、シウバ-アローナの2Rカットするなよ。昔の映像ばっか流したりさぁ。
K-1はボビーのしか見なかったけど、タレントの癖に2連勝とはやるな。金子賢とは違った。
マケボノは押していたように見えたけれど、なんで押している方が先にバテてるんだよw。

格闘技の後は、行く年来る年→CDTV→井の中のカワズ君→吉本№1伝説と移行。
テレ東は元日からあんなエロいの放送して流石だわ。
その後は録画しておいた日テレのネタ番組見ながら落ちた。
次の日は14時まで目覚めんかったw。
だけどテレビ見つつ実況するのは面白いが、ブラインドタッチが完璧でないため画面とキーボード両方見なきゃだから、肝心の内容があまり頭の中に入ってこなかったような・・・。

そんなこんなでテレビに噛り付いて迎えた平成18年、今年もひとつよろしく。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »