2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 関西旅行~3日目 | トップページ | 世界一だなんて »

2006/03/20

関西旅行~4日目

この日は大阪を離れて隣県の京都に向かう。
修学旅行以来実に10年ぶりだ。

最初に向かったのは寺田屋。

あの坂本竜馬敬が定宿にしていたことで有名。
竜馬敬が宿泊していた部屋や、幕軍に襲われた時おりょうさんがスッポンポンで駆け上がった階段など見学したかったのに月曜日は定休日だと言う。京都担当の人がちゃんとリサーチしないからこういう事になるのだ。

近くには鳥羽・伏見の戦いの弾痕が残る場所があった。

大好きな幕末から残る史跡たちを前に感慨深いものがあった。

次に向かったのはK氏のリクエスト豊国神社。
豊臣秀吉を祀った場所だ。
豊臣氏滅亡後は家康に取り壊されてしまい、
現在の建物 は明治13年に再建されたものだそうな。

近くには耳塚もあった。

敗軍の兵の耳や鼻を削ぐのが趣味だったと言う、歴史上に残る残虐人秀吉の餌食になった人を弔っている。

次に向かうは銀閣寺。
その前に近くのうどん屋おめんで昼食をとる。
銀閣寺は幼少の頃来た事があるらしい。
しかし記憶にはない。
と言うことは修学旅行ではスルーしたんだな。

幼年時代妹が壊してしまったと言う砂の山があった。

これを壊すとはなんとバチあたりな・・・。

ここで次の目的地に行くのに、疲れが限界に来たのでタクシーを使うことにした。目指すは坂本竜馬敬の墓。

私がもっとも尊敬する人の墓を前になんとも感慨深い気持ちになる。この方がいなかったら今の世はどうなっていたことやら。

盟友・中岡慎太郎とともに眠る・・・。

あなたのような人になりたい。心から思った。
大人物にはファンも多い。訪れた人々が書いたメッセージの載せられた石板が所狭しとあちこち置かれていた。

死してからもこれだけ多くの人に愛される竜馬敬。
さすがです。
近くには幕末3大人物の一人桂小五郎の墓もあった。

神道無念流塾頭の剣豪でありながら生涯人を切ったことがないのは坂本竜馬敬と同じ。彼が屈辱の中薩長同盟に頷かなかったら、
やはり日本は違う国になっていたかもしれない。

次に行ったのは御所。

これまた修学旅行でスルーした場所。
しかし広すぎ、開いてない、工事中の3大苦で情緒もへったくれもない。そうそうに立ち去る。

最後に向かったのは北野天満宮。

菅原道真公を奉っている事は有名。
学業成就のお祈りをするのが定番。
が、学生はとうに終わっているので、来世ではもっと良い大学に入れますようにとお祈りしておいた。

その後は新京極に行きお土産の八つ橋と宇治茶を購入。
これで全てのスケジュールを完了した。
再び地獄の夜行バスが待っていたけれど、疲れもピークだし今度は眠れるだろう(その考えは甘かった)。
さいならイラチの街。待っててね故郷関東。
最後に寿司を食って(回るところだけど)、撮影した写真をコンビニで焼いて、バスに乗り込み、東京へと戻って行った。
家に帰るまでが遠足ですよ。

« 関西旅行~3日目 | トップページ | 世界一だなんて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西旅行~4日目:

« 関西旅行~3日目 | トップページ | 世界一だなんて »