2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« スローリー | トップページ | 忌まわしい記憶 »

2006/06/22

開かずの踏み切り

我が町にも一丁前にあったりする。
と言ってもテレビで取り上げられるような、30分も1時間も開かないというほどではないけど。
そうだな、長くて15~20分くらいかな。
それでも十分長いよね。
駅の近くの踏み切りだから、駅から出て行く列車と入ってくる列車が重なり合ってしまうと発生する。
これ、夏場の直射日光ギラギラの時に嵌ると相当きついよ。
乗ってる連中はクーラー利いて涼しそうなのが余計腹立つ。
中には車で待っているドライバーがイラついて車から降りて警報機を蹴飛ばしたり、書いてある連絡先に電話し出す人もいる。
気持ちはわかる。
だいたいなかなか来ないのに早くから降ろし過ぎなんだよ。

« スローリー | トップページ | 忌まわしい記憶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開かずの踏み切り:

« スローリー | トップページ | 忌まわしい記憶 »