2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 昔のロッテを思い出すような | トップページ | 思い出ポロポロその2 »

2006/08/16

思い出ポロポロその1

昨日今日と東京に行ってきたわけだが、目的は野球観戦ではあったものの、オプションとして思い出を辿る旅もつけた。
それはかつて学生時代私が住んでいた街に久々に行って見る事。
昨日。まずは初めて上京してきた綾瀬の街へ。
懐かしの千代田線を降りるとそこには。
あの頃とあまり変わってない綾瀬があった。
東京は酷く蒸し暑く、汗もダラダラ出てきたが少し歩いてみることに。
自分が住んでいたアパート。今は誰か知らない人の城だ。
隣の部屋。悪魔が住んでいたあの部屋にも今は見知らぬ人。
景色は変わっていなくても時間は確実に動いている。

野球を見た後は再び千葉から東京に戻ってレンタカーを走らす。
今度向かうのは次なる街、篠崎。
ここは悪魔から逃れるために引っ越してきた第2の思い出の地。
千葉街道から小岩に入るところは同行Kさんも思い出の場所
そんな青春の記憶を辿りつつ、この街の名物のラーメン屋「勝」に行って見たけど残念ながらやっていなかった。
仕方がないので今度は瑞江に。
ここにも行きつけだった定食屋がある。
3年ぶりに食べたがあの頃と変わってなくて嬉しかった。
大将も変わりない様で何より。

そろそろ夜も更けてきた。
今更ホテルも見つからないし、汗を掻いて気持ち悪いので風呂にも入りたい。が、銭湯はとうに終わっている。
と言うことでLaQuaに行くことにする。
途中今度は2人の共通の思い出の地、法政大学の前も通ってみる。二人に共通の思いは唯一つ、もう一度学生時代に帰りたい。
LaQuaで風呂に入ってこの日は就寝。

« 昔のロッテを思い出すような | トップページ | 思い出ポロポロその2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出ポロポロその1:

« 昔のロッテを思い出すような | トップページ | 思い出ポロポロその2 »