2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007/06/30

注文の多い少年

とある弁当屋での出来事。
私の前の客に小学校2,3年生くらいの少年がいた。
その子が店のオヤジに注文している。

少年「え~とぉ・・・ハンバーグ弁当とぉ・・・ノリ弁」
オヤジ「へい、バーグにノリね!700円になりやす!」
少年「それとぉ・・・エビ天丼」
オヤジ「へい、エビ天丼・・・するってぇとぉ1280円ですね」
少年「はい、お金」
オヤジ「ありやすっ!」
少年「あとぉ・・・スタミナ弁当」
オヤジ「スタミナもですかい?するってぇと・・・」

少年よ、注文するのはいいけど一度に全部言ってあげないとオヤジさんも大変だぞ。終いにゃオヤジさん計算が出来なくなって奥さんを呼び出したからね。
奥さんが出てきて結局4個の弁当代を少年は払った。
するとお釣りを返そうとするオバサンにおもむろに差し出すオロナミンC。しかも4本!
オバチャン、さすがにブチ切れそうだった(笑)。

2007/06/29

ゾッとする

シャツの胸ポケットにmp3プレイヤーを入れて歩いていたのだが、
ふと解けた靴紐を結ぼうとかがんだら、ポケットからポロリ。
アスファルトの上に叩きつけられてしまった。
私のNW-A3000は結構重量があるのでその分ダメージは大きい。
ディスプレイに無数の傷がついてしまった。
潔癖症の私としてはそうした小さな傷が許せなかったりするわけだが、ふと、もしダメージを受けて中のデータが全部飛んでしまったら。
そんなことを思ったら傷ぐらいですんで良かった。
1300以上あるデータがすべて消えたと想像するとゾッとする。
カセット→MD→データ形式と進化して行っているが、目に見えない分データ破損の危うさは大きく思えて仕方がない。
パソコンの壊れやすさを思えば、小さな携帯プレイヤーなどすぐ壊れちゃう気がしてならないのだ。
ウォークマンというくらいだから、持ち歩き前提。
その割にはこの重量はいかがなものなんでしょうねぇ。
それを承知で買ったんだけどさ。

2007/06/28

何でもかんでもインターネッツってねぇ

祖母が旅行に行きたいということで、手ごろな温泉旅館をいくつか探して電話番号を教えて欲しいと言われた。
そこでネットで目ぼしいところを調べて電話番号を控え渡した。予約は自分で出来るという。
ところが問題が起きた。
いざ電話して予約を取ろうとしたところ、予約はホームページから行ってくださいとあしらわれたという。
齢70を超える祖母にそんなことできるわけがない。
私に代わりにやってくれるように頼まれたが・・・。

これってどうなんだろう。
予約はネットからって・・・そんなの相手がネットが使えると完全に決め付けてるってことでしょ?
まぁ確かに今やネットの普及率はすごいだろう。
しかし、中には使えない人だっているはずだ。ネット環境がない人、私の祖母のようにあっても使い方がわからない人。
そんなこと簡単にわかりそうなものなのに、わざわざ電話で問い合わせた客にネットからしてくださいってのはどういう了見だ。
そんなところに予約する必要はない、と別の場所にするように言っておいたけど・・・。
何でもかんでもインターネット、インターネットで済まされる世の中になってしまうのも、ある意味不便といえるのかもしれないなと思った。

2007/06/27

砕け散った思いやり

高校の時の修学旅行。
それは誰もが青春の思い出として胸の中にあるのだろう。
その修学旅行に私は行かなかった。
前日に、そう、計ったように前日に風邪をひいたのだ。
そして私を乗せない飛行機は沖縄へと旅立っていった。
私と行動を共にするはずだった班のメンバーのN氏に多大な迷惑をかけることになったのである。
まぁこのことは今更話題にするようなことではない。

問題はその修学旅行の後だ。
学校に行った私は、クラスの女子優等生組からお土産を頂いた。
修学旅行にいけなかった私にせめてものお慰みというわけ。
貰ったのはグラスだった。
思いがけないことだったので非常に嬉しかった記憶がある。
その後そのグラスは高校を卒業しても、大学へ行って東京に行ったときは実家に置いたまま、そして地元に戻ってきてからもずっと使っていた。そのグラスが割れた。不注意で落としてしまった。

思い出のグラス

防げた事故だった。
ケアレスミスで私は大切な思い出の詰まった物を破壊してしまった。
思いやりを踏みにじった。
ごめんなさい。

2007/06/26

優柔不断ここに極まれり

電気スタンドの電球を猫に破壊されたので、替えを探しにドンキホーテに行ってきたのだが・・・。

1080円の替え電球と
999円のお買い得商品クリップ型スタンド

どちらを買うか死ぬほど悩んだ私はかなりのドケチ。
だって500円くらいかと思ってたら意外と高いんですもの。
そして実に20分くらいウロウロして考えて、結局どちらも買えなかった私は相当の優柔不断。
まったく困った性格です。

だって、普通に替えの方買おうかと思ってたんだけど、1000円札1枚で済むスタンドの方がお得かなぁ・・・でもその分小さいからなぁ・・・しかし・・・・。まぁこんな具合ですわ(苦笑)。

2007/06/25

蚊が飛んで来たぞ蚊が飛んで来た

刺される前に 潰してしまえ
そらまた来たぞ 蚊が飛んで来た(・・・来た・・・来た・・・)


小学生の頃にずいぶん残酷で物騒な歌を教えられたものだ。
潰してしまえ・・・だからね。
殺生を推奨する歌を小学生に教えるなんて、よくよく考えたらどうなのって気がする今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
ええ、その歌に教えにそって今日もまた一匹の蚊を潰してしまいました。

ここでチョコマカうるさい蚊を確実にしとめる方法を伝授。
私もどこからか聞いたものでネタ元はわからないのですが、蚊を叩く前に蚊に向かって息を吹きかけるといいそうです。
蚊は風が来ると飛ばされないようにしがみ付く習性があるようで、それを利用して息を吹きかけ蚊を動かさなくして、そこをパチンと。
一度試してみては。
おっと、決して殺生を推奨しているわけではありませんよ。

2007/06/24

趣味に走る

オリコンの上半期CD売り上げが発表された。
そのランキングは以下のような感じ。

1位 千の風になって 秋川雅史 915,884
2位 Flavor Of Life 宇多田ヒカル 629,904
3位 Love so sweet 嵐 420,894
4位 蕾(つぼみ)コブクロ 408,404
5位 関風ファイティング 関ジャニ∞(エイト) 339,734
6位 フェイク Mr.Children 320,628
7位 星をめざして NEWS 310,093
8位 WINDING ROAD 絢香×コブクロ 307,951
9位 喜びの歌 KAT-TUN 300,396
10位 明日晴れるかな 桑田佳祐 283,842


これを見て、知っている曲が1位2位6位10位のみというのがすごい。
最近のヒットチャートは見ていても知らない連中の知らない曲ばかりだなぁと思うことはよくあるけど、上半期トップ10で、その半分以上がわからない曲というのは未だかつてなかったんじゃないかな。
それだけ私の関心が薄くなっているのか、音楽の消耗品化が進んでいるのかはわからないけど、心に残る名曲が減ったのは確かかな。
だから最近では趣味に走って、プレイヤーの履歴を見ても特定のものしか聴いていないことに気づく。
ミーハーになんでも聴く年齢は過ぎたということか。
そもそも高校や大学の頃に比べると音楽を聴く機会も本当に減ったよなと。昔は音楽を聴くためだけの時間とか普通に作ってたからね。
今じゃいわゆる「ながら」聴きがほとんどだなぁ。
曲や詩に移入して一人黄昏る・・・なんてことはもうないかもな。

2007/06/23

本って何回読み直す?

好きな作家の新作がなかなかでないので、仕方ないから一度読んだ本を読み返している。
まぁ前に読んでから2年くらい経ってるからそれなりに新鮮さも保ってていいかな。

ところで本って世間のみなさんは何度くらい読み返すのかな。
一度読んだらもう二度と読まないという人もいるかもしれない。
読んだら即ブックオフという人もいるかもしれない。
今回の私のようにある程度期間を置いたらまた読んでみようと思う人もいるかもしれない。
1回目のように真剣さはなくパラパラっと読む人もいるかもしれない。

私の場合、気に入った作品なら何度も読み返す場合がある。
1回読めばそれでいいかなという作品以外は、大抵2度3度と読む機会は出てくる。大好きと思える作品なら5回6回と・・・。
それが最初に読んだ時の印象と、時間を置いてもう一度読んだ時の印象が違く感じることが結構ある。
面白かったけど一度読んだからもういいやと思っているそこのキミ、早々に本棚にしまい込まないでもう一度手にとって御覧なさい。

2007/06/22

法則

梅雨入りするんだかしないんだかハッキリしない天候が続きますが、ジメジメして気持ち悪い季節ということに変わりはない。
この時期田植えを待つ田んぼが近くにあったりするんですが、そういうところに漏れなくついてくるカエルの大合唱。
まさにカエルの歌が聞こえてくるよ~状態です。それがまたうるさいの何ので、TVの音量を上げないと聞こえないほど。
ところでよくよくその鳴き声を聞いているとある法則性に気づく。
それは鳴き声がやむ時は一斉にピタリとやむ事。
これがまた見事にシーンと静けさが戻るわけですよ。
一体何匹のカエルが存在するのかわからないけど、それがすべて一緒に鳴き止むというのはなかなか不思議。
沈黙の時間は1分前後と短く、誰か一匹が再び鳴き出すとそれに釣られて他のカエルが一斉に鳴き出す。
うーん、面白い。
今宵はカエルの合唱を聞きながら眠るのもまた一興かな。

2007/06/21

潰える

マリーンズ交流戦3連覇ならず・・・。
昨日の巨人戦で惨敗して交流戦優勝の目が消えた。
まぁ今年に関しては日本ハムが反則的に勝ちまくっていたからある程度は仕方ないかと思っていたけど。
主力がゴッソリ抜けている割にはよく頑張ったよな。
セリーグファンからすればきっと知らない選手ばかりだったろうに。
でもまぁ相変わらずセリーグに強いところは見せられたのでよしとしよう。本当に優勝しなければならないのはペナントなのだから。

ところで早川だとか早坂だとか名前からして速そうな選手が本当に俊足だったりするから面白い。そんな今日この頃。

2007/06/20

他人事

シエスパ爆発のニュースを見ていて思う。
事故直後の現場の映像がよく映るけど、警察官が制しているのにゾロゾロ集まる野次馬。まぁそこまではよしとしよう。
気になるだろうからね。
だけど携帯片手に写真をパシャパシャってのはどうなんだ。
それもほとんどみんな撮りまくっているからね。
どういう神経しているのかと。
しょせん他人の不幸は蜜の味なのか。他人事だと心のどこかで思っているからこそそういう事が出来るんだろうな。
写真・・・撮るか?普通。きっとその後嬉々として友達に興奮してメール送信するんだろうな。すごいでしょ~、って。
そういうのを見てミスチルのなんかの曲じゃないけど、お前らの家が崩壊すればいいんだと思うのは自然な感情じゃないだろうか。

2007/06/19

スペランカー

クラッシュ!
mp3プレイヤーがベッドからポトリ。
たったそれだけで音量調節のつまみが凹んでしまった。

なんと言う虚弱さよ。

このプレイヤーは今や事業を撤退したRioの製品。
音質もあまりよくなく、何より使い勝手が悪いということでメインの音楽を聴くものは別に買い換えて、これはもっぱらラジオファイル、そして重いファイルを詰め込んだり、携帯型ハードディスクとして使用していた。
寝ながらラジオファイルを聴いていたら寝返りを打った時うっかり落としてしまったのだ。何とか直そうと頑張ったが、不器用な人間じゃけん益々悪化させてしまう始末。これ以上いじくって大切なファイルまで消去してしまったら大変ということで仕方がないからそのままにしておくしかない。
打ち所が悪かったとは言えこんなに簡単に壊れてしまうとはねぇ。もう音量調節ができないよ、トホホ。
まぁ、まだメインの方じゃなかっただけ不幸中の幸いか。

2007/06/18

相手にされていないのかそれとも

先日、悪徳詐欺や迷惑メール業者との対決エピソードを見るのが好きと書いたけど、私も悪徳詐欺の方には遭遇経験が豊富だが、迷惑メールの方はあまりというかまったく苦しめられていない。
というのは携帯メールの話ね。
パソコンの方には毎日のようにアホメールが届く。
だけど携帯の方にはここ2,3年まったく来ていない。
普通みんな頻繁に受信するもんなんでしょ?
それとも最近はそうでもない?
にしても、ゼロというのはなかなか珍しいと思う。
業者の攻撃を受け流すような素晴らしいアドレスなのだろうか。
それとも業者のリストにこいつは貧乏そうだから送っても無駄だとかチェックがされているのだろうか。
まぁそんなもの来ないにこしたことがないからいいんだけどさ。
あまりに相手にされていないってのも何でだか気になる。

2007/06/17

鮎食いねぇ

親戚のオッチャンが釣って来たとか言って鮎を大量に食うハメになった。もう飯食い終わってたんだけどなぁ。
でも私は魚の塩焼きは好き。
一番好きなのはニジマスかなぁ。
釣った直後にその場で焼いて食うのが一番美味いね。
そういえばそんなことももう何年もやってないなぁ。

鮎といえばいつだったか入院中に治療で気持ち悪い中、婆さんが空気読まずに鮎を差し入れに持ってきて、ゲロゲロ言いながら食べた忌まわしい記憶が・・・。病室が生臭くなって大変だったんだから。

2007/06/16

ラプタ

昨日は天空の城ラピュタの放送をやってたけど、
これって何度も何度も放送されているはずなんだけど、
まともに全部見たことがない気がする。
小学校の時、勉強の時間をやめてレクリエーションの時間を作ってくれる先生がいると思うけど、その時にビデオを見せてもらった、たぶんそれがまともに全部見た最後だと思う。
よって内容はサッパリ覚えていません。
ジブリ作品でもトトロとかはよく覚えているんだけどなあ。
そんでもって昨日の放送も、雑誌を読みながらチラ見してただけなのでまともに内容は入ってこなかった。

ラピュタと言われて真っ先に思い出すのが昔流行ったエロラピュタって言うFlashってのもなんだかなぁ(^^;。

シータァァァ!!!
パズゥゥゥ!!!
チャララーララーラーラー♪
ってのだけ、よぉ~く覚えている(笑)

2007/06/15

それぞれの暮らし

mixiで何気なく自分の母校のコミュを覗いていたら、私と同じ年度に卒業した人の集まるトピックがあった。
さっそく見てみると何人かの書き込みが。
その中にはどうもこの人よく知っている人っぽいなぁって感じの人がいて、よくよく見ると同じクラスだったようだ。
その人のページに行ってプロフィールを見てみると、本名こそ明かされていなかったけど、誕生日からほぼ確定できて誰だかわかった。
中学3年の時にさんざんつるんで悪さをしていたあの人だ。
日記を読むと、今ではスッカリ落ち着いている雰囲気。
10年以上経てば人も変わる。
卒業以来まったく会ってなかったけど、きっと様々な人生を送ってきたんだろうなぁ。今度メッセージ送ってみよう。
その他の知り合いっぽい人は結婚して子供のいる人もいた。そういうの見るとちょっと焦る。
しかしmixiはすごいね。mixiユーザ多い。だけど本当に会いたい、消息を知りたいという人はやっぱり見つからないものだ。
プロフィール登録にニックネームだけしか登録していなければ見つけようがないからね。そういう人も多いと思うし。

今までの人生で私とかかわってきた人たち。
彼らもきっとそれぞれの暮らしに追われながらも元気に暮らしているだろう。もしかしたら何らかの理由ですでにこの世にいない人もいるかもしれない。この自分がそうなっていた可能性も大いにあったし。人生何があるか分からない。
だからもし偶然どこかで出くわした時は、きっと嬉しくなると思う。
その時はあの頃とまったく変わらない気持ちで接したいものだね。
長い人生、いつまた接点が出来るかわからないよ。

2007/06/14

シコドルとな!?

先日書いた古いラジオを聴いたネタの続き。その宮川賢の誰おまのコーナーの中で興味深いものがあったのでちょっと紹介。
それはリスナーのシコドルを当てようと言うもの。
シコドルとは何ぞやと思われるだろうけど、まぁ品のない言い方をすればいわゆるズリネタですな(シコってるアイドルの意)。
このラジオのリスナーの平均年齢は16くらいだと思うんだけど、その当時の男性リスナーが股間を熱くさせたアイドルは誰だったのか。
それを募集し、なおかつ女性リスナーにそのシコドルが誰なのかを当てさせると言う、思いっきりセクハラなコーナー。
中には12歳の女の子が大真面目に答えてたりして、お嬢ちゃん意味わかってるのかい?って思ったものです。
まぁとりあえずそのランキングを見てみよう。

第1回 誰おまシコドルランキング

1位 安室奈美恵
2位 広末涼子
3位 相川七瀬
4位 菅野美穂
5位 榎本加奈子
6位 ともさかりえ
6位 雛形あきこ
8位 辺見えみり
8位 飯島直子
10位 華原朋美

(1996年11月05日調べ)


10年一昔と言おうか、時代を感じるランキングですね。
今も健在な方々ばかりですが、さすがに第一線にいる人はいない。
当時は人気絶頂だった彼女らがその後どんな人生をたどったかと言うと・・・。

1位 安室奈美恵←SAMと結婚そして離婚
2位 広末涼子←早稲田大学入学大騒ぎも奇行連発、その後結婚
3位 相川七瀬←結婚出産
4位 菅野美穂←ヘアヌード写真集
5位 榎本加奈子←大魔神を略奪愛
6位 ともさかりえ←一児の母
6位 雛形あきこ←結婚離婚
8位 辺見えみり←木村祐一と結婚
8位 飯島直子←TUBEと結婚離婚
10位 華原朋美←小室と破局し精神不安定

ほとんどの人が結婚し、様々な理由はありましょうが第一線からは消えていきました。
我々が高校の頃の№1アイドルは間違いなく広末だったんですが、まさかその後の凋落は当時は想像も出来ませんでしたね。
ちなみに私はこの中のどの人も特に興味はありませんでした。
あの当時は大人な女性が好きだったんだよなぁ。
だたこの時代を生きたものとして、確かにそれなりのランキングだなと思うのは確かです。
今ならさしずめ長沢まさみとか新垣結衣とか沢尻エリカあたりが入るんでしょうなぁ。よーわからんけど。
まぁ今こんなことやったらクレームが来そうだよなぁ。
シコドルって(^^;
ちなみに第1回とありますが、第2回をやったかは不明です。

2007/06/13

動物虐待許すまじ

ここ最近見かけるようになったのだが、私の家の周辺で、とある奇妙な猫をたびたび目撃する。
どんな猫かというと、首の周りにおかしなものがついているのだ。
どう説明したらいいか難しいのだが、穴の開いた洗面器のようなものに首を突っ込ませ取れなくしたような状態。
かわいそうに、そんなものを首に装着させたままその猫は町をさまよい歩いている。
立派な動物虐待だ。
昔話題になった矢ガモ。あれと同じだよ。

猫を飼っているものとして、そして動物大好き人間として吐き気を催すような状況に、どうにかして助けてやりたいと思うのだが、周知のように野良猫を捕獲することがどれだけ困難か。
そして捕まえたとしても、飼い猫にすら噛み付かれ引っ掛かれているのに、虐待を受け心に傷のついた猫に迂闊に触ろうものならどのようなことになるか・・・とつい恐れ二の足を踏んでしまう。
何しろ首だけがちょうど出るようなキツキツの状態なので、どう助けてやればいいのか困る。
こういうのって保健所かどこかに知らせてやったほうがいいのかねぇ。でも野良猫を保健所に通報したら捕まっちゃうしなぁ。
どうしようもないとは言え見かけるたびに心が痛むよ。
こういうことをする奴は自分で首枷でもつけてりゃいいんだよ。

2007/06/12

80年代青春

時は夕刻。
とある公園でなにやら乳繰り合う少年と少女。
制服姿から察するに高校生のようだ。
その二人の行動が見ていてなんとも気恥ずかしいというか。
それはまさに80年代の青春の一コマ。
ブランコに乗る彼女を、男が後ろから支えると言ったもの。
そしておもむろに彼女を押す。

『あはは~』 『ハハハハ、こいつぅ』

そんな声さえ聞こえてくる。
見ていてこっちが気恥ずかしいやら羨ましいやら憎らしいやらで、なんとも言えない気持ちになった。
私が高校生の頃にあんな青春があったかと。
毎日毎日家と学校を往復してあっという間に3年間を終えた私に!
それこそ偏差値に追われながら終えてしまった青春。その短い貴重な時間を謳歌している若者を見ると、とにかく悔しくてたまらないのだ。

でもまぁこのご時世、こんな可愛らしい青春を送っている高校生はほとんどいないと言っていいだろう。だからこそ今日見た二人には他のカップルにはない幸せを見てしまうのであった。

糞ったれ( ´ー`)y-~~

2007/06/11

対決モノ

対決モノの日記を書いているウェブログが好きである。
どんなものかと言えば、

悪徳業者と対決
悪徳宗教と対決
電話セールスと対決
オレオレ詐欺と対決
悪徳SPAMメールと対決

などと言ったようなものたち。実際にそれらと戦った記録をリポートしているホームページやウェブログのこと。
誰でも一度は遭遇したことがあると思われるこれら。
それに対して強い怒りと少しの恐怖を覚えながら、結局泣き寝入りするしかないのが一般人。
しかし彼らはそれら理不尽な悪に対して敢然と戦いを挑んでいるのである。
いかがわしい相手、カタギじゃない相手に知識と話術を盾に戦う。
実に痛快な話だ。
きっと勇気だけじゃなくて頭の回転のよさが必要不可欠なんだろう。
そして何より、ネタを求める心。
それらがあわさらなければ、まんまと脅しに落ちるのであろう。

具体的には、セールス電話がかかってきたらその相手を徹底的にからかってみたり、実験のために自ら迷惑メールのサイトに登録してどうなるかを検証してみたり、身に覚えのない当選ハガキの会場に行ってみたり、宗教勧誘されたら総本山に乗り込んで教祖相手に大暴れしたり・・・。
そんな興味深いリポートを書いてくれている対決モノサイト。
そんな面白いサイトを求めています。
知っていたら是非教えてください。

2007/06/10

昔のラジオを聴いてみた

今はラジオを聴くような機会がほとんどない。
たまに車に乗ったときとか、競馬の日にラジオNIKKEI聴くとかくらいかな。そもそも電波の入りが異常に悪い家に住んでいるから聴けないわけだけど。もともと群馬で受信できるのはNHKとTBSとFM群馬ぐらいだからなぁ。

それでも中高生の頃は一時ラジオに嵌っていた時期があった。
まだそう毎回CDを買ったり借りたりする余裕がない頃は、なるべく音質のいいFMからコツコツと曲をテープに溜めていたりした。
NHK-FMミュージックスクエアで中村貴子がパーソナリティやっていた頃の話だよ(わかる人にはわかる)。

その頃特に好きだった番組が誰おま
宮川賢の誰なんだお前はって言うTBSの番組だった。
95年~98年頃まで毎日夜10時から0時までだったかな。
それを聴きながら寝るのが日課になっていた。
夜中にクスクス笑っているのが婆ちゃんに気味悪がられたっけ。

今でもその頃録音したテープがあったりする。
今現在テープを再生できる機器がボロいウォークマン1台しかないのでかなり貴重といえよう。
ホコリを被ってはいるが今でもまずまずクリアに聴ける。
久々にそれを聴いてみた。
懐かしくて涙が出た。そしてあの頃何を思いどんな生活をしていたのかよく思い出せないことが悔しくなった。
高校に入って聴く機会が減っていくうちに終了してしまった番組だったけど、今聴いても十分面白い。
そうか・・・当時はリスナーと生のやり取りをする時はフリーダイヤルに電話だったんだなぁ。
今ならメールで手軽だけど、こういうのも良いね。

箱番組の椎名へきるのすっぴんすまいる
あったあった、こんな番組も。いやぁ懐かしい。
椎名へきるとか最近じゃとんと名前も聞かなくなったなぁ。
思えばあの人も今で言う萌えの走りだったのかな。わからんけど。

番組全体で流される音楽も微妙に古いんだよね。
当時流行ってたのはこんな曲調ばかりだったかって思い出す。
たまに昔のラジオを聴いてみるのも悪くない。
皆さんももしかしたら埃を被ったテープがあったりするかも知れないから探してみては。

2007/06/09

連勝止まる

日本ハムの連勝ようやく止まったか・・・。
これで我らがマリーンズの3年連続交流戦優勝のチャンスが・・・と思ったらこっちもシッカリ負けてるし(汗)。
まぁまだチャンスはある。

しかし14連勝はすごいよなぁ。
いかに2連戦続きという特殊な状況とは言え、普通ここまでは続いたりしないものだよ。
まぁ我らがマリーンズもかつて長期に渡って経験したことはあるがね。連敗を・・・。

それにしてもダルビッシュ当番の日にストップするとはわからないものだ。さすがヤクルトはセリーグで唯一パにアレルギーを持ってないだけある。あそこは日本シリーズまで行けばパには負けないからね。
問題は日本シリーズまではたどり着けそうもないことなのだが。

2007/06/08

ラーメンの味

最近このウェブログでラーメンの話題が多くなっているが、ラーメンの味で一番美味いのは何だろうか。
まずラーメンといったら、しょうゆ味、味噌味、塩味、とんこつ味、この4種類が王道と呼べるであろう。
その他にカレーやらチリトマトやらがあるわけだが、この4大風味を基本に好みが分かれるという感じか。
とりあえずラーメン好きでしょうゆ味が嫌いって人はいないと思うが。
ところが私はこの4大風味でどうも好きでない味がある。
それは味噌。
味噌ラーメンだけはあんまり積極的に食べようと思わない。
無論普通に完食できるわけだが、わざわざチョイスしないと言うか。
味噌ラーメンが好きじゃないって(『嫌い』ではなく『好きじゃない』)やっぱ珍しいよなぁ。札幌ラーメンには行けそうもない。
最近の好みはとんこつ味。
とんこつ>チリトマト>しょうゆ>以下・・・って感じかな。

2007/06/07

MD

ふと昔の曲を聴いてみたいと思っても、それらが入っているのはMDであり、現在のメインのMP3プレイヤーでは聴けなく、されとてMDウォークマンも壊れてて聴けないと言う状況は結構あると思う。
MDに収録されているものをどうにかMP3に変換できないかってね。

CDMDラジカセ(カセットは非対応だからラジカセとは言わないのか)は持っているけど、それは持ち運びが出来ない。
そういえばこのラジカセの使用頻度もグッと減ったよなぁ。
この辺は電波的にラジオもほとんど入らないのでラジオを聴くこともないし。MD全盛の頃は毎日使ってたのに今じゃ完全に置物。
最新の曲はすべてMP3になっちゃってるので、大きな音で聴こうと思ったらパソコンを使わなきゃならないし。

昔のは携帯プレイヤーで聴けない、今のはステレオで聴けない。
結構なジレンマですわ。

2007/06/06

情報源

ブログは個人の日記として使う方法と、情報の発信源として使う方法があると思う。大まかに分けてこの二つだ。
そんな中、アクセス解析を見ていて、こんな私の書いた情報が役に立ったかもしれないな~と思うと嬉しいものだ。
前にカプセルホテルの内部についてレポートしたんだけど、それを調べようとして来てくれた人がいた。
あのつたない文章と汚い写真でどこまでお伝えできたかわからないけど、何の予備知識もなしに行くよりはマシになったと思う。
これからも有意義かつマニアックな情報を発することが出来れば幸いだ・・・が、日常のつぶやきを書くのもブログをやる目的であるので、そこんところは気分しだいって感じでよろしく。


このブログに特に多く求められている情報
・プロ野球応援歌について(特にイスンヨプ)
・レオパレスについて
・ゆうメイトについて
・悪徳商法(コスモメディアインターナショナル)について


このあたりの情報ならネタもあるので随時更新は出来ます。
最近特に多いイスンヨプの応援歌について載せておこうか。
ロッテ時代の物は昔書いたので、巨人でのを。

『熱きアジアの大砲に 熱き魂を込めた この歌よ届け(YAH!) 
ホームラン李承燁 (イ・スン・ヨ イギョラ!)』

イギョラは「勝て」や「がんばれ」の意。

2007/06/05

ラーメン二郎

流行ってるらしいね。行ったことないけど。
まぁ私の住んでいる地域にはないから行きようがないんだけどさ。
東京に行かないと食べられないのか。
私が東京に行った時に行くラーメン屋といえば篠崎の勝のみ。
しかしラーメン二郎ってのもよく聞く名前だから1度行ってみたい。
調べてみるといろいろ他店とは違ったところがあるようだ。
なかでも注文する時の、通称呪文
必ず聞かれるという『にんにく入れますか?』
この時に客側が答える言葉が呪文と呼ばれるものらしい。
これを知らないでいきなり行って大丈夫なものなのか。
にんにくマシマシだの野菜マシマシだのって言うんだって?
よーわからんなぁ。

2007/06/04

神宮が満員か

早稲田の斎藤投手人気すごいっすねぇ。神宮はほぼ満員、テレビ視聴率も裏でやってたプロ野球より上と来たもんだ。
甲子園のアイドルが騒がれるのは時々ある現象だけど、一過性のものでここまで長続きするとは思ってなかった。
ただちょっと見てたけど、ピッチングは微妙に劣化してなかったか?
甲子園の時はもっとすごい球投げてたぞ。
まとまった投手という印象は受けるが、凄みは感じなかった。


そんなことより満員の神宮を見て思う。
ヤクルトスワローズじゃ死んでも神宮を満員に出来ないよなぁって。
シーズンであそこが満員になるとしたら阪神ファンに占拠される時くらいでしょ。いつの間にかセリーグで一番の不人気球団って言われるようになっちゃったものな。口の悪い記事には、ヤクルト-オリックス戦を東西きっての不人気球団同士の戦いなんて書かれてたし。2001年には日本シリーズを戦った両球団ですよ(当時は近鉄だけど)。
ヤクルトはこの状況をどうにかしようと、地域密着を掲げていろいろやっているみたいだけどいまいち成果は上がってこない。
だいたい東京で地域密着なんて無理な話なんだよな。
地方人の集まりで構成されているようなところで地域密着も何もあったもんじゃない。そんなことには無関心な連中ばかりだ。
そう考えると日本ハムはうまい事やったよな。
北海道でちゃんと根付いたもの。
ヤクルトも本当に地域密着球団になりたいのなら新潟でも静岡でもいいから移転しちゃえよ。

2007/06/03

流行語だったのか

最近よく聞く言葉。
『どんだけ~』
これって流行語になってたんだねぇ。
私もよく、『~だなんて、どんだけ~なんだよ!』って使ってた。
ただしこの語彙が流行語とはまったく認識していなかった。
まったく、何が流行りだすかわかったもんじゃない。
みっともないからもう使うのやめよっと。

2007/06/02

大食い

最近大食いブームなのかね。
テレビでもそんな企画よく見かけるね。
ギャル曽根とか。
これってもともと夕方のニュースの特集枠でよく取り上げられていたものだよね。それが高じてブームが来たって感じかな。

かく言う私もどちらかと言えば大食いの部類。
ただ私の場合は一度にはそんなに量は食べれません。
何回かに分けて食べるという感じ。
例えば夕飯はいつも茶碗1杯しか食べないし、基本おかわりもしない。
ただその後夜食という形でもう一食食べる。
こういう形のほうがむしろ健康には悪いかもしれない。

ただ大食いもいいけど、苦労してまでそんなことするなが自論だな。
食事は楽しく美味しくなければ意味がないからね。
ふーふー言いながら大食いしてどうするのって話です。

2007/06/01

消えた

世の中ってのはちょっと知らない間に目まぐるしく移り変わるようで。
以前は確かにそこにあった建物がスッカリ消え、更地になっていた・・・ってのもよくあること。
今日たまたまそこを通ってびっくりしたのだが、あれだけ大きかった建物が消え去っちゃってた。
そこは昔A to Zという店だった。
総合的本屋って感じかな。
本、CD、文房具、駄菓子、レンタルビデオなどを取り扱っていた。
小学生時代の我々の溜まり場。
中学時代にはエロ本をよく立ち読みしたものだ。
ただ立地条件の悪さからあまり流行ってはいなかったのかな。
いつの間にか潰れ、店舗は残したまましばらく放置されていた。
そういえば放置されていた時間もずいぶん長かった気がする。
よほど使い道がなかったのかな。
すっかり更地になってしまったそこに何が出来るのか。
何が出来ても長続きするとは思えないが。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »