2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の記事

2007/08/31

今日は絶望の日

8月31日である。
全国の小学生が絶望に苛まれる日である。
しかし、今年は金曜日がその日。
まだ休みは2日続くのだ。
こういうのってすごく得した気分になるんだろうな。

ところでそんな事書いたわけだが、実は私は小学校の時は夏休みが終わるのは嬉しかった。学校が好きだったからね。
中学の時もまぁ学校も楽しいからいいかと言った感じ。
好きな子にも会えるしね。
しかし高校の頃になると、欝で欝でどうしようもなくなった。
9月1日は毎年死んだ顔で登校したもんだ。
大学の時は毎日が夏休みみたいなものだから別に何とも思わなかった。むしろ長すぎる休みにうんざりして気が引き締まったもの。

全国の学童、学生の人達は、この日に何を思うんだろう。

2007/08/30

潰されるな

朝青龍もいつの間にか帰国できてたようだね。
軟禁してても改善は難しいんだから良かったのではないか。
しかしモンゴルまで追っかけていくかね、日本のマスコミは。
とことん叩き潰したいみたいだね。
一人の人間を破滅に追い込みたいのか。メディアの影響力を最大限に使えばそんなの簡単だからね。
まるで犯罪者を扱ってるかのよう。
空恐ろしさを感じるのは私だけではあるまい。
潰されるなよ、ドルジ。

2007/08/29

一発芸だけでは苦しい

最近話題の芸人と言えば小島よしお。
そんなの関係ねぇ、はいろんな場面でよく聞く。
これから人気もうなぎ登りだろう。
しかしこの人にもすぐ消えるタイプの芸人と同じ匂いがするのは気のせいだろうか。
ゲッツだの、なんでだろうだの、残念!だの、切れてないですよだの、フォーだの、あれだけ一世を風靡した人達もほとんど見なくなった。
共通するのは一発芸しか出来なかったこと。
それが強烈な一発芸だったこともあって、飽きちゃうとあっという間に需要がなくなっちゃうのだろうな。
生き残っている芸人って一発芸だけじゃないもん。
みんなトークも出来てアドリブも利いて、演技もソコソコできる。
やっぱりマルチタレントじゃないと難しいんだろうなぁ、お笑いが芸能界で長年生き続けるためには。
あと、上記の消えた芸人に共通するのはCDを出した時が終息への合図だったこと。
小島よしおもCDを出しちゃったらやばいかも知れない。

2007/08/28

歯痛だけは絶対耐えられない

突然歯が痛み出した。
約1年前抜いた親知らずの隣の歯。
あの時の猛烈な痛みは親知らずが原因だと思っていたけどどうやらそうじゃなかったようだ。隣が原因なのに親知らずと思っていた。
抜いたことで安心していたけど、時々うずく事があった。
気のせいだと、気にしないようにしていたけど、今回突然襲ってきた痛みはまさに1年前のアレ。
人間、どんなに我慢強くても歯痛だけは絶えられないものがある。
人生で様々な痛みを経験してきたが、歯痛を超える苦しみにはそうは出会うチャンスはない。
あまりに響いて今度は頭まで痛くなってきた。
ダブルパンチの苦痛で明け方まで眠れず。
幸い目が覚めたら何故か傷みはひいていたが、またいつ暴走するかわからない。
この際だからさっさと歯医者に行って診てもらえばいいのだが、人間喉元過ぎれば暑さを忘れる。
痛くないのにわざわざ歯医者には足を運ばないものだ。
そうしているうちに忘れちゃって、また痛み出してから後悔するんだろうな、きっと。学習能力がありませんな。

2007/08/27

過酷だねぇ

世界陸上見ていて一番これはやりたくねぇなぁと思うのは1万メートル。これはきつすぎる。
同じところをグルグル何周もするなんて気が狂いそう。
それなら景色が変わる分まだハーフマラソン走った方がましだと思える。そりゃ途中でリタイアが続出するはずだよ。
そうでなくても糞蒸し暑い日本でやってるんだからさぁ。
ラストスパートにあれだけ余力を残していた優勝した選手はどえらい。私だったら3周でリタイアするね。
見ているだけで疲れる競技です。
自分の種目にこれをチョイスするなんてよほど物好きか体力自慢なんだろうねぇ。
マラソン嫌いの率直な感想でした。

2007/08/26

今昔物語

90年代の音楽と2000年以降のそれとでいろいろ編集していたわけだが、よく言われるように90年代邦楽全盛時に比べ最近はダメという事を聞くけど果たしてそうかなと思った。
2000年以降にだって名曲と言われるものは意外と多かった。
サウンド面ではむしろだいぶ進歩しているように思える。
確かに誰でも知っている曲が減っていることは確かだが、
誰でも知っている=名曲、そうじゃない=駄曲の図式は必ずしも当てはまらないのだな。
90年代賛辞派はその時代を生きたからそうだと言うのだ。
取りも直さず自分の感受性全盛時代だったのだから。
そう、今はもう現役世代じゃないのだ。
私がまさにそう。
これから10年もしたら00年代の音楽はああだった、こうだった、でも最近は・・・。90年代?そんなの懐メロじゃん・・・なんて言われる日が来る。
回る回るよ時代は回る~って言うこっちゃ。

2007/08/25

サガ

世界陸上を見ながら、

差せ!

とか言っちゃう私はつくづく競馬ファン。

2007/08/24

破壊神

メガネを思い切り尻で踏んづけてしまった。
哀れメガネさん、グニャっと曲がってしまいました。
なんとか元に戻そうとしたのだが、微妙に狂っている。
力を入れたら割れてしまいそうだ。
スペアのメガネはあるけれど、どうも合わないので出来ればこれを使い続けたいのだが。

しかし携帯といい最近よく物を壊すなぁ。
ホント破壊王ですよ。いや、もはや破壊神かも。
愛着ある物はぶっ壊れるまでぶっ壊れてもどうにか直して使い続ける主義の私だけど、次々に破壊し続ける有り余ったパワー、これを何か別のことに使えたら有意義なのだがと、わけのわからないことを考えつつ今日はこの辺でお開き。おやすみなさい。

2007/08/23

魘される

寝ている最中暑くて無意識のうちにエアコンをつけてしまう場合がある。そして今度は寒くなって目覚めるのだ。
それならまだいい。
何を間違えたか、冷房、除湿じゃなくて、暖房のボタンをおしてしまったらしい。しばらくは気づかず眠っていたのだが、途中から物凄いうなされた気がする。そして気づいたら汗びっしょり。
部屋は朦々たる暑さ。
真夏に暖房とか洒落になりませんよ。
ああ、早くエアコンいらなくなる季節にならないかなぁ。
夏が終わっちゃうのは寂しいことは寂しいんですけどね。

2007/08/22

筋書きなさすぎ

高校野球は筋書きのないドラマと言う陳腐な言葉があるが、
本日の甲子園決勝戦も壮絶な逆転劇だったなぁ。
8回まで行って優勝予想の広陵がほぼ勝ったと思っていたら逆転満塁ホームランだもんなぁ。
高校野球で逆転満塁アーチとかありかよ。
広陵の投手は優勝がすぐ目の前まで来てたことを意識しすぎていたのかな。急に崩れてしまった。
まぁ若干審判の判定に泣いた嫌いもあるが。

ドラマがあるなぁ、高校野球。
プロ野球とかだとある程度試合の流れが読めちゃうんだけど、高校野球はそれがない。だから面白いんだろう。
佐賀北優勝おめでとうございます。

2007/08/21

汚い話で恐縮ですが

先日酷い下痢にかかったとき、真夏の下痢は著しく体力を奪って大変だみたいなことを書いたが、逆にカタすぎてもしんどい。
さすがにトイレにはエアコンなんかついてないからね。
腹が痛いのになかなか出ずに力いっぱい気張っていると、尋常じゃないくらい汗が出てくる。
暑さプラス脂汗。
Tシャツがグッショリ、髪は額にベットリ。
便所の中で熱中症で倒れたら洒落にならない。
実際途中でボーっとしてきてやばかったし。
これなら下痢のほうが早く済む分何ぼかマシ?

2007/08/20

甲子園ベスト4が出揃いましたが

優勝は広陵と予想しておきます。
緒戦で駒苫を下した時点でそう予想しました。
別に高校野球トトカルチョには参加してないので勝ち負けはどうでもいいんですが、これと目をつけたところが優勝したら気持ちいいじゃないですか。

広陵高校出身のプロ野球選手は、

金本知憲(阪神タイガース)
二岡智宏(読売ジャイアンツ)
福原忍(阪神タイガース)
西村健太朗(読売ジャイアンツ)

あたりが有名。いわゆる名門校です。
それでも40年ぶりのベスト4だとか。
甲子園を制するのはとてつもなく大変なことなのです。

2007/08/19

私はいわゆるハリコ板をよく見ている。
面白ネタ画像を探すのだ。
中にはテレビの映像をキャプチャして貼っている人もいる。
それはいいのだが、ここ最近多いのが甲子園大会のアルプススタンドの客をキャプったもの。
自分の学校を応援している女子高生たちの画像だ。
可愛い子を厳選して貼られている。
懸命に青春の1ページを応援している彼女たちは、果たして自分が知らないところでオカズにされているって知っているのだろうか。
下手にテレビにも映れない時代ってことかな。

2007/08/18

また24時間テレビやってるの

また意味不明のマラソン放送したり、

障害者を全国ネットで晒し者にして

健常者が上から目線で偽善を押し付けたり、

それ見て毒光が嘘泣きしたりしてるの?

2007/08/17

日本野球の文化

この前高校野球の応援歌はワンパターンだと書いたが、こんなCDが出てたのか。


おなじみの応援歌がいっぱい。
野球の応援歌ってのは日本独特の文化ですからね。
外国のすべてを知るわけではないけれどこういう応援の仕方は日本だけでしょう。
時にはうるさく感じる応援歌も、いざないとなると寂しい。
甲子園の阪神戦でビジターのチームの応援の声が小さいと、それだけで劣勢な気がしてくるからね。


そう言えば群馬代表前橋商業は甲子園を敗れ去りました。
実力が相手チームの方がだいぶ上だったなぁ。

2007/08/16

灼熱地獄

暑い。とにかく暑い。もうどうしようもなく暑い。
各地で40℃超え。ここ群馬は特に暑いようだ。
誰だ、今年は猛暑にはならないと言った奴は!
その暑さたるや、家の中に居ても熱中症で病院行きになるレベルだと言う。外出しようものなら本当にどうにかなるかもしれない。
猫もエアコンの風が当たるベストポジションから動こうとしない。
あいつら暑いのは得意じゃなかったっけ。
それも限度があるということかい。
今日などは外は結構風が吹いていた。
だけど暑い。誰かが言っていたけれど、ドライヤーの風を浴びているみたい。言い得て妙だ。
この酷暑の中、甲子園でプレーしている球児はすごい。若さはすごい。グランドの体感温度は50℃近いんじゃないか?
ここまで暑いとなると逆に滅茶苦茶暑くして我慢大会とかやりたくなるね。

2007/08/15

天命をまっとう

我がボロ携帯がついに壊れた。
これまで壊れかけのところを幾度となく持ち直してきていたけれど、今度ばかりは完全に壊れた。
初代携帯にしてこれが最後ぐらいの勢いで使い込んできたのだが、契約以来足掛け64ヶ月。激戦を潜り抜けてきた代償は大きく回復は不可能となったようだ。
どこぞから来たメールを受信した瞬間に事切れた。
一体なんのメールだったのか気になるけれど読めない。
携帯なんてなけりゃないでいいと思っていたけれど、今の社会がそれを許してはくれそうもない。
2代目を買う時がとうとう来たのかな。

2007/08/14

定番すぎて

甲子園大会、我が群馬代表の前橋商業は無事勝ち進むことが出来ました。まぁどこまで行けるかはわからないけれど頑張ってくれ。
ところで甲子園と言えばアルプススタンドの応援。
各学校、多少の違いはあれど、やっぱり応援歌は何年経っても変わらず同じものを使っている。
同じ曲がいろいろな学校で使いまわされている。
少しは別なものを取り入れてもいいんじゃないか。

狙い撃ち
タッチ

宇宙戦艦ヤマト
アルプス一万尺
ルパン三世

この辺は定番。
もっともよく耳にするのは、どかんと一発!テテテテ やってみよ~ぉぉ~♪・・・ってやつかな。
定番曲だけでなく独自の応援をしている高校を見かけるとオッと思い応援してみたくなる。

2007/08/13

気まずいシチュエーション

某本屋で小中学と同級だった人と出会った。
向こうは店員、こっちは客として。
中学卒業以来10年以上会ってなかったので、
その人だと確証は出来なかったけれど、どことなく当時の面影が残ってたのでたぶんそう。
だけれど絶対とは言い切れないし、何より向こうは店員。
そして同級だったとは言えそこまで仲が良かったわけではない。
それ故に気軽に声をかけるのも躊躇われた。
向こうも私に気づいたかどうか微妙なところ。
基本的に私はあまり変わってないと思うが、当時はしていなかったメガネはかけているし、積極的に目も合わさなかったからね。
ただジーっと言う視線を感じないでもなかった。
お互いなんとなく気づきながらもどちらも声をかけることなく、商品を受け取り別れた。

昔の知り合いにあった時、声をかけたもんだか迷うときってあると思う。あまり親交がなかった場合はなおさらだ。
今回のケースも、感想としては同期の昔の知り合いでまだ地元に残っている人はどのくらいいるのだろう・・・それぐらいだ。

2007/08/12

携帯がなくてよかった

今、ライフと言うドラマが面白い。
酷烈ないじめを扱ったドラマなのだが、シュールと言うより、むしろドン引きさえする酷いいじめの内容に見ていて心が痛む。
だけど見逃せない、そんなドラマ。
いじめられ役の北乃きいさんも、いじめ役の福田沙紀さんも大変だろうな、演技とは言えよく大丈夫だなと思っちゃう。

我々の時代にも確かにいじめはあった。
だけどこういう陰湿なものは果たしてあっただろうか。
今の子供たちのするいじめは、ドラマのアレは極端にしても、近いものがあったりするのだろうか。
我々の時代とでさえ違う世代に突入しているのか。
ハッキリ言えるのは我々の時代にはなかったものがいじめの小道具になっていると言うこと。
それは携帯電話。
ドラマでも度々登場するこのツール。これが一人一台の時代になって、いじめを行うものにとって格好のアイテムになっている。
一例を挙げるなら、一人をはぶるために、昔なら手紙を回したものだが今はメールでバレずに送れる。
手紙を回していると教師にも見つかりやすいのだが、メールともなるとプライベートなものなので教師はノータッチ。
それ以外にもいろいろ活用方法はある。
便利ゆえに、誤った使い方をされてしまう。

我々が現役学生だった頃、携帯電話は一人一台なんてことはまずなかった。あれが必需品になったのは大学にようやく入る頃かな。
高校の頃は持っていてもクラスに数人だったと思う。
もし自分の時代に携帯電話があったらどうだったのだろう。
きっといろいろ余計な嫌なことが多かったんだろうな。
もしかしたら自分がそれを使って嫌がらせをしていた立場だったかもしれない。多感な時期が携帯のない時代で本当によかった。

2007/08/11

あの頃は何もかもがネタだった

昨日今日と特別ドラマではだしのゲンをやっている。
前編の昨日は、思ったよりもドラマの出来がよくて面白かった。
ついつい目頭が熱くなる場面も多かったしね。
爆発シーンのCGは頑張ってたなぁ。
しかし改めて今の日本からすると考えられないことばかりだよね。
考え方とかゾッとするものがある。
戦争は悲惨だったけどそれを乗り越えていい国になって良かったよ。

ところではだしのゲンといえば何と言っても原作本。
あの漫画は小学校の図書室にも必ずあった。
どの学校にもあったと思う。今はどうなのかは知らないけれど。
でも当時の小学生にとってあの漫画は戦争の悲惨さを思い知ると言うより、漫画の表現をネタとして楽しんでいた気がする。
作者の意図とはまったく違ったところで、当時の小学生にはウケていた。爆笑のネタにされていたからねぇ。
漫画だからギャグ要素を多分に含んでいた面もあるが。
今も家に1冊だけ残っている。
今読むと、やっぱりあの頃とは全然違う感想になる。やっぱり小学生当時では戦争の本当の悲惨さは計り知ることは難しいようだ。
実を言えば今だって本当にはわかってないのかもしれないが。
つくづく平和ボケできる時代に生まれてよかったと思う。

2007/08/10

貧乏性

昨日今日の暑さはちょっと来たねぇ・・・。
そうでなくても下痢がおさまりかけだからあまり冷たいものも飲めないし、エアコンにまともに当たれないのに。
そうはいっても昨日の暑さにはさすがにエアコンなしじゃ耐えられなかった。
なんかもうずっとつけてた気がする。
連続稼動10時間は行っただろう。
学生時代にはとても出来なかった芸当だね。
それでも今でも電気代のことが頭の片隅から離れない私は貧乏性。

実は冷房<<<<暖房なんだよね、電気代高いのは。
イメージ的には逆なんだけど。
冷やすより暖めるほうがエネルギーが必要ってことか。

2007/08/09

ダルビッシュは男だなぁ

朝青竜じゃなくて、親方の方が鬱病になりそうな今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。

ダルビッシュ投手、男だねぇ。
ヒーローインタビューで結婚報告か。
前代未聞だよねぇ。
キッチリ照準定めた試合に勝ってのものだから余計男気を上げた風に感じる。
しかし20そこそこでもう結婚か。
プロ野球選手は内助の功があったほうが活躍できると聞くけど、ダルビッシュにこれ以上隙がなくなったら他球団は脅威だなぁ。

2007/08/08

世界一の記録

ジャイアンツのバリー・ボンズ選手が本塁打のメジャーリーグ記録をついに塗り替えたみたいですね。
756本か・・・とてつもない数字だ。
だけど、マグワイアの年間最多本塁打数を更新した時も、今回のハンクアーロン越えにしても、どちらもとてつもなく凄いことなのに、何故かマグワイアやアーロンのような伝説の英雄っぽく感じないのは何故でしょう。
彼のキャラクターなのかそれともドーピング疑惑があるからか。
果たしてボンズはサダハル・オーの記録も抜いて世界一になれるのか。もしそうなった場合に初めてそういう存在になるのかも。

もっとも現在32歳で500本塁打を記録したA.ロッドが何もかも塗り替えてしまうのかもしれませんが。
しかし王さんの868本はどえらい数字だ。
超えられない、超えちゃいけない、超えて欲しくない数字って奴ですね。
引退した年も30本打ってたし、まだ余力を残したまま引退したわけだけど、もしボンズなりロドリゲスがその数字に近づいた時、もう少しやっておけば良かったか?なんて後悔したりするのだろうか。

2007/08/07

海とは疎遠です

夏である。夏と言えば海なのである。
しかしここ何年も私は海から遠ざかっている。
最後に海を見たのはまだ東京に住んでいた頃。
自転車に乗り荒川をひたすら下って東京湾に出た時以来だ。
まぁ季節は冬だったが・・・。
まともに泳ぎに行ったのはいつの事だか忘れた。

なぜ海に行かないか。答えは一つ、お腹が弱いからである。
ここ数日下痢に悩まされているわけだが、もともと私はしょっちゅう腹を壊すタイプだった。高校以来の持病だ。
水につかるのは避けたい。ポンポンが冷えるのは嫌。
同じ理由でプールも中3の夏以来行っていない。
だからかつてはスイミングスクールで1級まで行った泳ぎの技術も相当劣化してしまったことだろう。
行くとしたら泳ぎと言うよりも、もっぱら目の保養の方に重点を置くことになるであろう。
もっとも、手術で刻まれた傷口を晒すのもナンなので、もはや二度と泳ぎに行くことなんかないんだろうな。

2007/08/06

ガレる

今日は廣島に原爆が落ちた日なんだねぇ・・・。
62年前か。
未だに後遺症で悩んでいる人もいるらしいから気の毒だ。
どこぞの国が核実験をやったとかいうニュースを聞くたび、そういった苦しんでいる人達に会わせてどう思うのか聞いてみたいわ。


ちなみに強烈な腹下しに見舞われている私。
尻の穴から投下された原爆は、私の体重を3キロも減らしましたとさ。

2007/08/05

ミイラに

ここ何年かないくらい激しく腹を下している。
一体何回トイレに駆け込んだことか。
その勢いたるや凄まじく、パンツをおろし便座に座るか座らないかのうちにもう放出されてしまうと言う凄まじさ。
何度も何度も出すものだから菊の門がヒリヒリ。
さらに真夏のこの時期だけに水分を大量に消費してしまいフラフラ。そのうちミイラになるんじゃないか!?
そこで水分補強をする。
するとまた腹を下す。悪循環である。
ううう、こうしている間にも腹がゴロゴロなっている・・・。

2007/08/04

ネット全盛時代の弊害

大人のネットいじめ、その現状とは?
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200708021104


直接顔が見えない故に、より閉鎖的になっていじめが露見しづらくなっているのだろう。今の子供達の陰湿さからすればおあつらえ向きの小道具だね、インターネットってのは。
子供だけならさもありなんなのだけど、これが大人にも当てはまったりするから嫌な世の中だよなぁ。
某巨大掲示板群に初めて行った人ならまず最初にその異常さに気づくはず。だけど慣れるうちにいつの間にか何も感じなくなっちゃったり、自分がそっちの立場になっちゃう。
あの中にはいい大人も大多数含まれているはずだ。
そこで覚えたノリを、某掲示板群以外で使い始めたらこれはまずい。実生活でも使い出したらさらにまずい。
ネットは顔が見えないから勢いがついちゃって歯止めが利かなくなる。人間は誰でも何かしら我慢して生きている。
その我慢が出来なくなってしまったら、世の中大変なことになる。ウジウジと陰湿なことするくらいなら、昔のケンカのように1対1でタイマンはった戦いのほうがよっぽど清々しくて良い。

2007/08/03

飽き飽き

最近ホカ弁を利用することが多いのだが、メニューが多いようであって、買うものは限られてくるから飽きが来ている。
しかし学生時代はほぼ毎日のようにホカ弁を食べていたことを思えば、贅沢になったものである。
あの頃はノリ弁200円セールなんかがあると昼夜ともそれだけを食い続けていたもの。
それもこれも少ない懐事情でどうにかやり繰りをしなければならなかったわけだが、そういった状況がないと人間すぐ嫌になってしまう。
ホカ弁だけに限らない話である。
例えば一人身時代は女性の温もりに飢えて仕方がないのに、いざ彼女が出来るとすぐ冷めてしまうパターン。
そうでなくとも飽きっぽい私は常に変化を求めている。年を取ってくると我慢すると言うことがたまらなく苦痛になってくる。
人生現状維持・・・がモットーの割には矛盾しているのである。

2007/08/02

ドルジよ待ってるぞ

首相と横綱、奇しくも同時期に進退問題が降りかかっております。
朝青竜のとった軽率な行為は確かに残念なことだが、
2場所出場停止に自宅完全謹慎ってのは少し厳しすぎると思う。
病院に通う以外は食事に行く事すら禁止ってんだからねぇ。
よく知らないけどサッカーやったってのもチャリティーの一環なんでしょ?
祖国に帰って政府から要請されたら無下に断れんよ。
最初からこれが目的で帰国していたのなら問題だけどね。

ここまでガタガタ文句言われたら私ならサッサと辞めてやるね。
今まで一人横綱で頑張ってきたのに、ぽっと出の新横綱新大関が出たもんだから安心して不満分子が現れてきた感じか。
もう君は用済みですよ、我慢はしませんよって言われてるようなもんじゃん。
でもドルジには耐えてもらいたい。
憎らしいくらい強い相撲をまた見せて欲しいね。
2場所分のブランクは大きいけど、他の力士との実力差ならむしろいいハンデかもよ。来年初場所でその姿を見られる日を待ちたい。

2007/08/01

心理・・・真理

8月になりましたなぁ。
しかし8月になってようやく梅雨明けなんだからねぇ。
だんだん季節がずれてきてるんじゃないか。

閑話休題。
コンビニで混んでいて列に並んだとき。
店員は一方はムサイヒゲ面の男。
片や夏休みでバイトしている可愛い女子高生。
この時可愛い女子高生の方に並ぶのが人情と言うものだが、
そういう時に限ってムサイヒゲ面の方のレジがサクサク進んで、
歓迎しない一言が飛んでくる。

「お待ちの方こちらへどうぞ~」

空気読めよ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »