2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の記事

2007/10/31

あの苦痛が再び

先日のCT検査の結果で気になるところがあると言われていたので、今日改めて病院に行ってきた。
どうやら大腸炎を起こしているっぽい。
そう言えばここ最近やたら下痢になりやすかったな。
もともとお腹が弱い私。
下痢症とは高校以来の付き合いだ。
いつかはこんなことになると思っていた。
アイドルが大腸炎なんてなると、妊娠?堕胎?なんて黒い噂が流れるが、私の場合はもちろん純粋な?大腸炎。
詳しく状況を見るため大腸ファイバーの検査をすることになった。
この時以来2度目の大腸ファイバー。
その時の感触はよぉ~く覚えており、出来れば二度と経験したくないものだったが、やらんわけにはいかんし仕方ないなぁ。
ハァ、ピー・・・ゴロゴロゴロ。

2007/10/30

高校生に戻してくれよ

床屋に行った。
このブログでも何度も書いて来たと思うが、床屋に行くたび毎回毎回高校生に間違われるのはいかがなものか。
今は馴染みの店がないので行く場所はさまざま。毎回料金を払う時は、高校生?の一言が飛んでくるのだ。
今回行った場所はまさに高校時代によく利用していた場所。
10年ぶりくらいに行ったわけだから無理もないけど、10年近く経っても相変わらず高校生扱いされるのは良いことなのか。
まぁ老けて見られるよりはマシだけどね。
でもなんだか締まらないなぁ。
そんなに高校生に見えるなら高校生に戻してくれよ。

2007/10/29

他人のうんこほど臭いものはない

昨日は競馬に行っていたわけだが、競馬場のトイレでの話。
催して来たのでトイレに向かったのだが、とにかく人がいっぱいで個室は全部埋まってしまっている。
その場所は諦めて別のところへ向かう。
この時点ではまだ余裕はあった。
2つ目の場所。そこも満員。おまけに列作って並んでいる。
そろそろ焦り始める。
走って3箇所目に。
ご想像通りそこも満員。
もう限界が近い。
尻を押さえながら4箇所目へダッシュ。
そろそろ脂汗が垂れ流れ始める。
4つ目は比較的空いているところだった。
ところが個室だけは全部埋まっていた。
もう移動する余裕はなくなってしまったので、そこで出てくるのを待つことにする。5分後ようやく開いた。
小太りのオッサンが出てくる。
嫌な予感。
個室へ入る。
予感的中。くっせーーーー!!!

他人の糞ってなんであんなに臭いんだろう。
尻じゃなくて口から出そうになった。
ハンカチで抑え涙目になりながらどうにか用を足した。
汚い話で申し訳。

2007/10/28

夏が戻ったかのような

一日競馬場にいたわけだが、昨日の台風が過ぎ去った影響で、天候は思いっきり晴れ。
秋晴れ、って感じなら良いのだが、ちょっと暑すぎる。
スタンドのちょうど日が隠れない場所にいたので、1日中直射日光を浴びてしまった。
まぁたまには日光浴するのも良いだろうけど、限度がある。
久々に焼けちゃったかもなぁ。
馬券が当たらなかったのもそれでボーっとしちゃったからであろう。
そうに違いあるまい。

2007/10/27

雨の西府中

競馬のために東京遠征。
当初は経費節減のために安いカプセルホテルを利用しようと思っていたのだが、日本シリーズもやってることだしTVで見たいと言うことで、普通のビジネスホテルを探してみることにした。
事前にネットで検索した時はどこにもみつからなかったのだが、番号案内で紹介してもらったところがひとつあいていた。
ホテルグランドール府中というところでツインで1.2k。
マンションタイプのホテルで、誰か人の家に遊びに来ているような感じがした。綺麗でこざっぱりしたところだった。
一人暮らし時代を思い出したよ。

テレビで日本シリーズ観戦。
本当ならロッテが出場できていれば今日から決戦だったんだな。
これでシリーズは3年連続でテレビ観戦のみか。
まぁ台風じゃどの道中止になってたろうから、今年は最初から見ることはかなわなかったのであろう。

それにしてもダルビッシュは素晴らしい投手になったね。去年の日本シリーズの時とでさえ比べ物にならないほど成長していた。
9回。セリーグの投手が震え上がった中日ウッズに対して、オール直球でかすりもさせなかった時は鳥肌たった。
今日本であれ以上の直球投げられるのは藤川くらいでしょ。
いやぁ、天晴れ。

2007/10/26

すごすぎ

明日は予定通り東京遠征です。
が、例によってまた天候は愚図ついております。
ここまで来ると奇跡ですよね。
究極の雨男K氏のおかげで今回も濡れ鼠になりそうです。
風邪引かないように気をつけないと!

2007/10/25

試練再び!?

先日撮ったCTスキャンの結果が出たのだが、気になるところがあるといわれ、再検査を行うことになった。
前の病気とは関係ないのだが、今回の定期健診でたまたま見つかったらしい。果たして何なのだろうか。
また厄介な病気じゃないと良いけどね・・・。
体調面で言えばさほど問題はないと思っているのだが。
まぁ前回以上の苦境はないと思えば少しは気が楽になるけど、やっぱり不安だね。
当面は検査の日まであまり気にせずに過ごそう。
しかし加齢とともにどんどんヤワになっていくね、この身体も。

2007/10/24

過渡期

野球が終わると慣れるまで夜が暇ですな。
さて、この時期になると日本シリーズに関係のない球団の話題はFAを初めとする移籍問題ばかり。
私の応援する千葉ロッテマリーンズでもご多分に漏れない様で、何人かがFA資格を有し、そして何人かは行使する構えだ。
新しく権利を取得したのは、
小林雅、高木、藤田、薮田の投手陣たち。
去年行使しなかったのが福浦、サブローら。

この内、小林雅、薮田は行使がほぼ確実視されていると言う。
福浦も微妙だ。
このFA権保持者達は2005年日本一の立役者ばかり。
いわばロッテの顔。
最悪彼らが次々と移籍してしまった場合、チームはまったくの別物になってしまう恐れがある。
外国人でもベニーは今期で契約が切れる。
今のチーム力は、毎年プレーオフ争いを確実に出来るほど安定していると思う。それだけに内部分裂は怖い。
しかし若手が育ちつつあるのもまた事実。
チームの若返りに成功できれば、更なる発展も見込める。
今が過渡期なのかもしれない。ピンチはチャンスってね。
果たしてどれだけのメンバーが去り、どれだけ残るのだろうか。

2007/10/23

昔好きでしたけど

X JAPANが再結成するって噂本当だったんだねぇ。
プロモーションビデオを撮影したとか。
解散したのはいつだったっけ。97年か。
10年ぶりの再結成ってわけだね。
よく音楽関連のアンケートで、復活してほしいバンドというのがあれば必ず1位になってたくらいだからなぁ。

かく言う私もかつてはファンだった。音楽に興味を持ち出したのはX JAPANからと言っても過言じゃない。
中学生の時の林間学校のレクリエーションでのクラスの出し物がX JAPANのRusty Nailって曲だった。
クラスのお調子者が勝手に決めて嫌々練習させられてたのだが、気がつくと嵌っていたと言うエピソードだ。
それ以来全曲を集めてよく聴くようになった。今でもMP3プレイヤーには主だった曲が入っており時々聴いている。

ただ再結成となると、嬉しいと言う気持ちより、どうなんだろうと懐疑的な気持ちのほうが大きい。
まずToshiは大丈夫なのかと。いろいろあったことは今更振り返りはしないけど、これだけブランクあいてちゃんと歌えるのか?
全盛期の透き通るハイトーンヴォイスは望むべくもないんじゃ。
それからHideの存在だよなぁ。彼なしでXと言えるのか。
彼の代わりのギタリストって入ったの?だとしたら微妙。
まぁ代わりはいてもいなくても微妙だな。
楽しみではあるけど、曲を聴いてみるのが怖かったりもするのでした。

2007/10/22

ぜんぜん格安じゃない

今週末に東京遠征予定なので、宿泊地をいろいろ探してみた。
ところがこの週末は何故かどこも大変混雑。
ぜんぜん手ごろなホテルが見つからない。
たかだか東京遠征なので、格安のビジネスホテルを探しているのだけど、格安で検索してるのに出てくるのはどこも7千円だ8千円だの。あのねぇ、格安って言うからには5千円以下が常識でしょうよ。
素泊まりにそんな高級なとこ必要ねーよ。
だからと言ってカプセルホテルやスパでは絶対に安眠が期待できないだけに、ぼろくて狭くても良いからきちんとした場所がいい。
ようやく3500円で見つかったのは、立地場所が目的地から相当離れている場所。安いのは良いけど遠すぎるって。

値段をとって安眠を確保するか、安眠は期待できないが近場をチョイスするか・・・究極の選択だ。
同行K氏と相談してみるか。ノロノロしてるとその3500円のところも予約埋まっちゃうかもしれないし。

2007/10/21

有難い事ぢゃ

そういえばいつの間にか6万アクセス突破してましたねぇ。
ありがたい事です。
5万到達が去年暮れだから良いペースですよ。
だいたい年に10,000~16,000くらいがアベレージなので、大台到達まではあと2年半くらいかな?
そこまで続けていられるよう精進します。

2007/10/20

発売延期残念

楽しみにしていた貴志祐介先生の新作「新世界より」だけど、どうやら発売が延期になってしまったらしい。
18日に出るとか言われていたのに、一向にそんな雰囲気はなかったからなぁ。待ちかねていただけに肩透かしをくらったよ。
そもそも18日に出るという情報を持ってきた通販サイトは2つだけだった。大手はどこも取り合っていなかった。
この時点で怪しかったんだよなぁ。
その2つのサイトの勇み足だったな。
まぁこの先生の場合、待たされることはデフォだから、このあと少しくらいの延期なら我慢できるさ。
でも年内にはなんとかお願いしますよ。

2007/10/19

同意だなぁ

今日の太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中のマニフェストの一つに、『教師は10年以上の社会経験がないと採用しません』というものがあった。
これは私も基本的に同意だと思った。
何故なら大学を卒業してすぐの若造になんか教えられたくないと思うからだ。自分の事を思えば、その年代の社会経験の足りない若造に、人生の大切な時期の指導なんか出来るのか?と懐疑的にならざるを得ないからだ。

以前太田氏がラジオのカーボーイでこんな事を言っていたと記憶している。教師が勉強だけを教えるだけならいい。お前ら(社会経験のない若造)に人生まで指導されたくはない。出来るはずもない。そんな奴に教わるのだったら学校なんかいらない。塾だけで学力は十分つく、と(昔のおぼろげな記憶につき細部は異なると思われる)。

確かにそのとおりだ。そのとおりなのだが、学校が勉強だけならつまらなすぎるし、人間形成の部分で不足してしまうと思う。
だからこそ、社会経験を十分につんで、余裕のある、文字通り人生の喜怒哀楽、森羅万象(!?)、酸いも甘いも、修羅場も潜って来た人、そんな人を求めたいと思う。信頼感が違うと思う。

実際私も新卒1年目の教師が担任になった経験がある。
小学生ながら、明らかに経験不足の露呈を感じていた。
父母達の信頼も薄く、肝心の生徒にも完全に舐められて、クラスはほぼ崩壊していたと思う。
そしてとうとうその教師は教室で泣いてしまった。
私は教師は子供達にやり込められても、決して教室で生徒の前では泣いちゃダメだと思っている。
もっと教師としての自信とプライドを持って欲しいからだ。
だって自分に自信のない人に教えられる方の身にもなって見なさいよ。絶対嫌でしょ。

このマニフェストの最大の難点は、新卒を弾いちゃったら教師のなり手は足りるのか?という疑問だけど、大方の部分で賛成なのは間違いない。

2007/10/18

また来年出直しだ

負けたあああああぁぁぁああ。
千葉ロッテマリーンズの今シーズンが終了しました。
結局日本ハムにコテンパンにやられちゃったなぁ。
まさかの成瀬の4失点。
今シーズンパリーグ相手に負けたことのなかった男が、シーズン最後のここに来てついに黒星がついちゃった。
彼のこの1年の成績を思えばどうしても期待しちゃうけど、若干22歳の若い投手に、すべてを委ねちゃうのはさすがに酷。
まぁハムはさらに1歳若いダルビッシュが大活躍したけどさ。
強いよ、日本ハムは。
ホームアドバンテージもあったかもしれないけど、シリーズ通してずっと押されていた気がしたよ。
シーズン1位通過のチームが日本シリーズに出るのが筋だと思ってはいたけど、この強さを見せられたら納得するしかない。
素直に賞賛の言葉を送るしかない。
完敗だ、おめでとさん。

でもま、寂しいし、残念だよなぁ。
これで今シーズンは野球はもう見に行けないねぇ。
日本シリーズ見に行きたかったのに。

2007/10/17

秋のドラマはこれを見る

今期始まったドラマで見ているのは、

月 ガリレオ(フジ)
火 暴れん坊ママ(フジ)
  スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~(フジ)
木 3年B組金八先生(TBS)
日 ハタチの恋人(TBS)

いつもよりは少ないほうかな。
だけどどれも1話を見た限りなかなか面白いと思う。
特に良かったのはガリレオ
月9っぽい内容じゃないけど、そこがいい。
最近の月9のラブストーリーはマンネリ化が激しかったので、たまにはこういう物をやってくれると嬉しい。
この作品って、東野圭吾氏の原作なんだねぇ。
東野氏の本は何か読んで見たいと思っていながら、未だに実現していなかったけど、これを期に何か読んでみようかな。
さまよう刃って本が面白いって前に聞いたことがあるんだけど。

2007/10/16

まさにクライマックス

パリーグクライマックスSは2勝2敗で最終戦を迎えることになった。
この前昨日今日どちらか一つでも負けたらハムの優勝と書いたけど、ロッテが今日成瀬を温存して小野で勝てた事で状況は変わった。これで最終戦には一番信頼がある成瀬を使える。
相手もダルビッシュだろうが、ここを打ち破れなければどの道日本一にはなれないだろう。

成瀬対ダルビッシュ。
今年のパリーグ最強の投手同士の投げ合い。
勝敗以前に、純粋な野球ファンとして非常に楽しみだ。

2007/10/15

納得行かない

携帯電話の利用料金請求書が来た。
先月機種変更した私。
手数料を取られて4000円くらいかなと思っていたら・・・。

なんと請求額は7000円!!
機種変したのが先月26日だから4日間しか使用してないのに(それ以前は壊れてたのでまったく使ってない)この額は何だ。
よく見てみるとパケット通信料が4500円とある。
はぁ?なにそれ。何故だ、ホワイ。
そんなに使った覚えはないぞ。
そりゃ新しく買ったからいろいろ試したけど、無駄使いはしていない。私の感覚では500円程度。行ってもせいぜい1000円。
だって着メロをいくつかダウンロードしただけなのだから。
それだけでこんなにかかるはずがないじゃないか。
少なくとも以前使用していた携帯では確実に無料通話内だった。

思い当たるとしたら、PCサイトビューアーって機能しかない。
携帯からPCサイトを見るサービスだけど、情報量が多いページだと思わぬ請求額になると書いてあったような。
もしかするとコレなのかなぁ。
だとしてもそんなには使ってないのになぁ。それで4500円なんてかかっちゃうんじゃ怖くてもう使えないよなぁ。
必要なしと見てパケット定額サービスは申し込まなかったし。

うーん、納得行かないなぁ。
授業料として諦めるしかないのかな。
でも、そうだとしてもハッキリそれが原因だとわからないと、今後が不安だよ。auに問い合わせてみるかなぁ。
auのWIN使っている人からも情報求む。
しかし4日で7000円はねーよなぁ・・・ブツブツ。

2007/10/14

この2戦が勝負

パリーグクライマックスSは2戦終えて1勝1敗。
2試合とも勝ったほうの一方的な展開だった。
まさかロッテがホームラン攻勢で勝つとは(^^;;。
やっぱり短期決戦は先発の出来次第。
そういう意味では我らがマリーンズは、渡辺俊、成瀬が投げるであろう明日明後日の試合が非常に大事。
この2試合で一気に連勝して決めたい。
一つでも負ければ日本ハムが優勝すると思う。
さぁ、左右のエース、頼みましたぞ!

2007/10/13

順応力

あれだけ違和感があった新しいメガネも、2日もかけていればもうだいぶ慣れてしまった。
だが、合わなかったものに慣れてしまったということは、確実に視力は減退したことであろう。
いつか回復手術受けてやる・・・。

しかし人間の順応力は凄い。
人間は違った環境になっても努力と忍耐と時間で必ずその場(物)に慣れることが出来るはずだ。
誰にでも生来備わった能力。
それを使いもしないで、初めから何事も投げだしてはいけない。
やれば大抵のことは出来るのだから。
もっとも、私のように体の不調に対する順応力が高すぎても、病気を見過ごしてしまって大変なのだが。

2007/10/12

時代は変わった

金八、また始まりましたね。
このシリーズすべて見続けているだけに、今回も期待が大きい。
画面に映る懐かしい街。
それでも私が住んでいた頃とは少しづつ変わりつつあるのだな。ついに金八にもネットカフェなんかが登場する時代になっちゃった。
私が住んでいた頃は千住の町にネットカフェなんて果たしてどれだけあっただろうか。せいぜい1軒あったかどうか。
ほとんど記憶にもない。
私が去った数年の間にも時代はどんどん変わっていく。
そう言えば、桜中のロケ先の学校も変わっちゃったんだよね。
堀切駅の下にあったあの学校は廃校になっちゃったらしいけど、今はあの辺はどうなっているのだろうな。

2007/10/11

The Last Straw

メガネが割れた。
汚れを拭いていたら真ん中からポッキリ折れた。

支点、力点、作用点~って感じ。
もうだいぶ長いこと使用していたので、鼻の頭から出る脂を吸収して、徐々に侵食されていたのだろうな。
ラクダの背に藁を1本1本乗せて行ったとき、いかに軽い藁でもいつかは臨界点が来てラクダの背骨が破壊されてしまうという諺の如く。
寿命だったのだろう。呆気ないほど脆かった。

しかし困ったことになった。
スペアのメガネはあるけれど、どうも違和感がぬぐいきれない。
眩暈がする。視覚がおかしい。気持ちが悪い。頭が痛い。
やっぱ慣れ親しんだものじゃないとダメだ。
この文章を入力してるのも大変だ。
新しいのを作るにしても日にちがかかるだろうし、まったくろくでもないことになってしまったわい。

2007/10/10

第1ステージ勝ち抜け

我らがマリーンズやってくれました。
ボビーさん、最高ですよ。
1勝1敗で勝ったほうが次に進める大事な一戦。
ソフトバンク相手に見事な完封勝ち。
しかし成瀬投手は本当に凄いね!
直球はほとんどが135キロ以下なのに、相手バッターが振り遅れること振り遅れること。
ピッチャーはフォームが命っていう代表の例だよ。
それにしても勝利の瞬間はすごい紙吹雪だったね(^^;;。
まるで優勝したかのようだったよ・・・。

次は札幌へ行って日本ハム戦。
今度は更なる強敵で死闘が予想される。
ハムが日本シリーズに出るのが一番正しいとは承知しつつも、ここまで来たらやっぱり贔屓のほうを応援せざるを得ない。
私を日シリへ連れてって!

2007/10/09

順位予想セ編結果&回顧

セリーグは本日全日程が終了しました。
パはクライマックスやってるってのに、いつまで消化試合やってるんだ。
こう日程の消化に差があるとなんだかね。特にタイトル争いをしていた場合、消化が遅い方が戦略的に有利だよ。
それはともかくシーズン前に私が予想した順位はコレ

1 ドラゴンズ
2 スワローズ
3 ジャイアンツ
4 タイガース
5 ベイスターズ
6 カープ

これまたてんで見当ハズレでした。
何しろ2位予想チームは最下位ですからねぇ。

結果は
1位 読売ジャイアンツ
2位 中日ドラゴンズ
3位 阪神タイガース
4位 横浜ベイスターズ
5位 広島東洋カープ
6位 ヤクルトスワローズ


優勝は巨人。今シーズンは小笠原と谷の加入が大きかった。特に谷。巨人にいないタイプの勝負強さが光った。
そして何と言っても1番高橋由、ストッパー上原の配置を行った原監督の大ファインプレーだろう。
2位中日はシーズン通して安定感があったけど、後半福留が欠けたのは痛かった。彼がいたら優勝争いはわからなかった。
3位の阪神は途中で物凄い追い上げを見せたけど、スパートをかけるのが早すぎて最後は失速した感じ。
4位横浜は今シーズンは台風の目で盛り上げたと思う。
5位広島は戦力的に致し方ない。
そして最下位はヤクルト。まさか最下位まで落ちるとはね。打線はあれだけいいのに何故ここまで負けるのか不思議だった。

さてパは一足早く始まったクライマックスS。
シリーズ否定派の私だが、セントラルもやるからには注目せざるを得ないなぁ。初の試みがどうなるかな。

2007/10/08

ハッピーマンデーについて

ハッピーマンデー
日本において国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させる制度を指す。週休2日制が定着した今日、月曜日を休日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休にし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された。


今日は体育の日。
体育の日といえば10月10日が常識だった。
8日が体育の日といわれてもピンと来ない。

それはさておきこの制度の是非。
確かに月曜日に休みを移動させることで3連休になれば予定も立てやすいし、その点では良いかもしれない。
しかし私は、3連休よりも、土日休み、月火学校行って(働いて)、次の日また休み・・・このサイクルのほうがありがたく感じる。
こっちの方が1週間が短く感じられないかい?
休みが終わっても2日頑張ればまた休める。その後2日頑張ればまた休みが来る。こっちの方が精神的に嬉しい気がするのだ。
少なくとも学生時代、高校へ行くのが何かとしんどかった私は、当時ハッピーマンデー制度なんてのはなかったので、こんなイレギュラーな休みがありがたかった。
私のようなのは少数派だろうか。

2007/10/07

古田引退試合

神宮球場があれだけ満員になるのは次はいつだろうな・・・。

2007/10/06

順位予想パ編結果&回顧

プロ野球パリーグの最終順位が確定した。
私が開幕前に予想した順位はこちら

1 ソフトバンク
2 日ハム
3 ロッテ
4 西武
5 楽天
6 オリックス


そして結果は、
1位 日本ハム
2位 千葉ロッテ
3位 ソフトバンク
4位 楽天
5位 西武
6位 オリックス

だった。当たったのはオリックスの順位だけか。
Aクラスに入った3チームは当たったけど、順位は違った。

なんと言っても連覇を果たしたハムがすごい。
無難な2位に予想したのが恥ずかしい。
我らがロッテは予想以上に頑張ったが、まだシーズン1位通過できるだけの底力には欠ける印象。
案外だったのがソフバン。戦力的には1番のはずなのだが、野球の難しいところだな。
躍進したのは楽天。マー君効果なのか、ノムさんの教えが浸透しつつあるのか、ようやく最下位から脱出した。
とくにソフトバンク戦での強さが印象的だった。来年はノムさん勝負の年。果たしてプレーオフ争いは出来るか。
ガッカリなのは西武。
予想でもAクラス割れにしたけど、まさか26年間守り通したAクラスを本当に陥落しちゃうとは。
最下位のオリックスはそう簡単には這い上がるのは難しそう。

2007/10/05

ガラガラの店で啜るラーメン

近所のラーメン屋はいつ行ってもガラガラだ。
よく通りがかるところにあるのだが、チラッと覗いても混んでいたためしがない。シャレにならないほど閑古鳥が鳴いている。
にもかかわらず、店じまいをするでもない。
もしかしたら夜中とかの方が混んでいたりするのかな。
一応明け方の4時までやっている店だが。

今日そこにラーメンを食べに行った。
客はなんと私以外はゼロ。
一人もいやしない。
広めの店内にポツンと座ってラーメンを啜る私。
かなり寂しいことになっている。間が持たないというか。
これだけ人がいないからみんな入りづらいんじゃないのか。
店員は暇をもてあましてやたら掃除しているし。

ガラガラだからといって、決してマズイわけじゃない。
むしろクセある味は時々無性に食べにきたくなる。
ここのラーメンはにんにく命だからかな。
人と会う用事のある人は利用しづらいかな。
でもよくこんなんで潰れないで何年ももっているよなぁ。

2007/10/04

脅しはよくないよ

久々に定期健診で病院へ。
相変わらず混んでます。商売繁盛で結構なこった。
結局予約時間から1時間半押しで順番が来た。
予約の意味などまるでないのである。

ところで先生との会話の中で、私の後に、私と近い症状で入院した患者がいたという話題になる。
へぇ、じゃあもうそろそろ治る頃ですか?と聞くと・・・。
なんと亡くなっちゃったんだって。
私、しばし絶句。
先生曰く、君は運が良かったんだよだって。
確かにそう思う。その人がどんな状況だったのかはしらないけど、半年ほったらかしの私が助かったのは運以外の何物でもない。
こんな強運使っちゃったから競馬がサッパリあたらないんだな。
いやいや、人生最高の場面で運を使えたのは嬉しく思うが。

しかし先生よぉ、そんなこと言う物だから少し怖くなったじゃないか。
患者を脅しちゃいけないよ。
ってゆーか守秘義務ってのは・・・?

やっぱり病気はどんなものでも早期に治せってことなんだな。
例え軽いものだったとしても、ほったらかすと溜まりに溜まっていつか大きなツケを払わされることになるのだから。

2007/10/03

超恋唄

B'zの新曲SUPER LOVE SONGゲット。
購入前にプロモとHEY×3で聴いていたので、どんな曲かは知っていたけど、CD音質をヘッドフォンで聴くとやっぱ違う。

初聴きでは★★だったけど、1ランクアップして★★★。

今回は3曲編成で、残り2曲は、

ここから ★★
FRICTION ★★★★

ここからは、珍しく間奏のない曲。
ヴォーカルがカッコイイ。
FRICTIONはバーンアウトドミネーターとかいうゲームのタイアップでCMとかでも耳にする機会が多いと思う。
これは発売以前にiTuneかなんかで配信されてたので、すでにチェック済みだったが、最高にかっこいい曲。
全歌詞英詞なのだが、サビの「Shouting out my name」が「シャリが旨いねえ」って聞こえるとネットで話題になっている。
そう言われちゃうと、もはやそうとしか聞こえなくなってしまうので迷惑なので困ってるのだが(苦笑)。
3分弱と短い曲なのだが、スピード感やサビのノリが気持ち良いので、もっかこの曲がもっともヘビロテ中である。

2007/10/02

奪回・・・そしてその裏では

読売巨人軍、セリーグ5年ぶり制覇おめでとさん。
前回が2002年。あの時も原監督だったね。
まさしく奪回と言えるんじゃないだろうか。
豪快な打棒が魅力のチームだけど、9回裏はみんな泥臭い高校野球をやってたね。
1アウトからの送りバント、死に物狂いのヘッドスライディング。
勝ちたいという気持ちは理屈じゃないんだな。
あの必死さがあったからこそ、名手宮本がらしくない判断をしてしまったのだろう。あそこは投げてもセーフ。投げなければ同点どまりだった。ついでにその前の矢野選手の内野安打もピッチャーが触れなければただの2ゴロで試合終了だった。ヤクルトも負けたくないから手が出たんだろう。
さて、日ハムともども、理不尽なクライマックスシリーズを勝ちあがれるか注目ですな。

ところで、そんな華やかな優勝の裏では、各チームから今シーズン限りで戦力外通告を受けた選手が発表された。
その中にはロッテのジョニー黒木の名前もあった。
暗黒時代のロッテを支えた名投手。故障がちに泣いた近年。
さびしいけれど、やっぱり仕方がないことなのだろう。
現役にこだわりがあるみたいだし、どこかの球団に拾ってもらえると良いけど。もう一度ジョニーを見たいぞ。

2007/10/01

思う壺

沢尻某の不機嫌会見が話題になっている。
私もためしに動画を見てみたのだが、アレは確かに酷い。
社会人として常軌を逸しているとしか思えない。
アレじゃ共演者が可哀想、監督が可哀想、原作者が、スタッフが本当に哀れすぎる。
理由はどうあれ、芸能界という世界で仕事をしている人間にあるまじき愚行だ。
しかし、である。
マスコミが、そしてそれを見たものが騒げば騒ぐほど、この小娘の思う壺だという気がしてならないのは間違いだろうか。
こんな非常識者は相手にしないのが懸命な対応だと思うのだが。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »