2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 競馬新聞のない島へ | トップページ | めんそ~れ沖縄・2日目① »

2007/11/22

めんそ~れ沖縄・1日目

群馬から沖縄への旅立ち。
羽田から発ったのは16時前。
実に6年ぶりの飛行機搭乗。ハッキリ言って私は飛行機が苦手である。つまり恐ろしいのだ。
あんな鉄の塊が空中に浮くなんて考えられない!
絶対に落ちない保障がないんだからさ。
しかしまぁ、全ての事に保障つきの人生はつまらん。
さぁ、冒険の始まりだ。

動き始めてはるか上空目指して高度を上げて行く時の気持ち悪さはやっぱりダメ。ああ、こんな感じだったっけなぁ。
緊張で手のひらが汗で滲んだ。
しかし安定飛行に入っちゃうともう問題はない。
真ん中の座席で、トイレに立ちづらいという苦しさはあったが。

18時半過ぎに那覇空港に到着。
所要時間はだいたい2時間半強ってとこかな。
前に北海道から乗ってきた時よりは明らかに長かった。
やはり沖縄は遠いのだ。

空港内に降り立ったとたん、ムワッとした暑さを感じだ。
無理もない。気温差は関東とでは10度の開きがある。
来る時の防寒対策バッチリの格好そのままだったしね。
何はともあれ服を脱いで身軽になる。


話に聞いていたとおり、めんそーれ沖縄の看板があった。
めんそーれは琉球語で『ようこそ』『いらっしゃい』の意。
よく、旅人が現地人に向かって「めんそーれ!」なんて挨拶をする間違いが見られるが、地元の人からしたらなんて滑稽なんでしょう。

もう沖縄でもこの時間帯は暗くなってきているので、この日はさっさとホテルへ目指すことにする。
空港から沖縄都市モノレール線に乗って牧志で降りた。
牧志って名前には聞き覚えがある。大学時代に始めて出来た友達の名前が牧志だった。
沖縄には比較的多い苗字なのかな。
そう言えば彼は日本人にしてはかなり彫りの深い顔立ちをしてたなぁ。聞かなかったけど沖縄の人だったのかもな。

牧志で降り立ち、夕食にする。
メニューは石垣牛の1ポンドステーキ。
量が多すぎる。産まれてこの方、これだけの量の肉を食べたのは始めてだ。さすがに気持ち悪くなった。
ギャル曽根じゃないんだからさぁ。

重たい腹を抱えながら宿泊地沖縄ハーバービューホテルへ。
どこがハーバービューなのかよくわからなかったが、深く追求しないようにしよう。私の部屋がランクが低かっただけかもしれん。
明日は早朝から強行スケジュールが組まれているので、風呂に入ってさっさと寝た。

« 競馬新聞のない島へ | トップページ | めんそ~れ沖縄・2日目① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めんそ~れ沖縄・1日目:

« 競馬新聞のない島へ | トップページ | めんそ~れ沖縄・2日目① »