2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

2008/01/31

いい事言うじゃない

定期健診で病院へ。
そこでの先生のある一言に感銘を受けた。
曰く、『死ぬのは誰にだって出来る。だけど生きるのは本当に難しいことなんだ。だから毎日を精一杯生きるべきだ。』
医療の現場で人の生死に数多く遭遇してきた人の台詞だけあって重いなぁ。助からない患者とかだって多いんだものなぁ。
私は助かったこの命で精一杯生きなきゃなんだな。

2008/01/30

レビューを書くと言うこと

『新世界より』読了。面白かった。

Mixiでレビューを書いてみたのだが、レビューっていざ書こうとしてみると意外と難しいことに気づいた。
書き上がったものを読み返してみたけど、これでいいのかな?という疑問が沸く。
せっかく書いたので載せはしたけど、上手く書くことは出来なかったと思う。

そもそもレビューってなんだ?
どう書けばいいんだ?
辞書でレビューを引いてみる。
出て来たのは批評、評論。
批評・・・ねぇ。

Amazonなどでは商品を検索するとそれを買った人のレビューが乗っている。買う時これを参考にするのだろうか。
そこに書かれているのはレビューと言うより個人の感想。感想など人それぞれなのだからまったく参考にならん気がする。
思うにレビューと言うのは、いかにその商品の中身を簡潔かつ興味深く紹介説明できるか・・・って事じゃ。
個人の感想ってのは少し違う気がする。
そんなものは自分のブログにでも書けばいいのだし。
ちょっとしたニュアンスの違いなんだけどね。
そういう意味じゃ本当のレビューを書けている人は、私含めほとんどいない。
そう考えるとプロのライターってのはさすがにプロを名乗るだけあって凄いって事ですね。
それで飯を食っているだけあって、素人のそれとは明らかに違う。雰囲気を真似してもなかなか上手くはいかないものだ。

2008/01/29

惹きつけてくれて

例の『新世界より』をずっと読んでいる。
もう下巻の終盤に差し掛かった。
途中から物語は一気に盛り上がり始め、読むのをやめるにやめられない状況になっていった。
そして久々に読書で夜更かしをしてしまった。
午前3時まで読んでいたらさすがに目がショボショボ。
しかし相変わらず惹きつけて離さない創作能力は素晴らしいね。やっぱ天才だね、貴志さん。
ネズミ怖いよ、ネズミ。

さぁもう佳境。
今晩中に読了しちゃうぞ~。

2008/01/28

エコだか知らないけど

本を買いにいった。
レジで金を払う。
そしてカバーをしてもらう。
そのまま手渡された。
あれ?袋には入れてくれないの?

最近エコだかなんかで、レジの袋はなるべく使わない運動があるということは知っている。
だけどさぁ、本の場合剥き出しのままってどうなのよ。
文庫本とかならまだわかるよ。
上着のポケットに入れればいいからさ。
でもハードカバーとかだと剥き出しのままじゃつらいよ。
袋に入れてもらおうかと思ったけど、レジは人が並んでいて店員も忙しそうだったので仕方なく空気読んでやめておいた。
今日はたまたま鞄も持ってなかったし、仕方なく自転車の籠にそのまま入れて帰った。

家に着いて見てみると、籠の止め釘でこすれてカバーに穴が開いてしまっていた。
せっかくの新品を買ったのに、さっそく傷物になってしまってゲンナリ。一体どうしてくれるんだ。
エコもいいけど、商品を考慮して欲しいよ。
そういうのは臨機応変でさ。

2008/01/27

大相撲

今場所は久々に相撲が面白かった。
こういうのを大相撲って言うんだよ。
大関陣が一人も二桁勝てなくても、強い横綱が二人いればこれだけ盛り上がるんだな。
勝てはしなかったけど朝青龍、この盛り上がりはこの人の功績だろうね。いるといないとではやっぱり違うわ。
最後は休場明けのスタミナ不足で敗れた。
下半身の粘りが白鵬の方が上だった。
来場所はしっかり稽古を積んで、また盛り上げてもらいたい。
しかし緊張感のある、良い千秋楽だった。

2008/01/26

素敵な奇跡

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000165-mai-soci
15年前の手紙がカレイから届けられた・・・。
世の中、こんな素敵な奇跡って起きるんだね。

風船に手紙をつけて飛ばすって行為は、子供の頃なら誰でも一度はやったことがあるはず。
私も小学生の頃に2,3回やったと思う。
今でこそ風船の飛べる限界距離は察しがつくものの、あの頃は風船は遠い国へ飛んでいくものだと思っていた。
そんな空想をするのも楽しかった。

結果、9割の風船は誰にも気づかれないまま終わるのだろう。限られた幸運の持ち主だけが、誰かに見つけてもらえる。
今回のケースはそんな幸運の中でも、桁違いの幸運だ。
だって、海に落ちたものが、そのまま魚に引っ付いて15年も漂っていたなんて、天文学的確立の奇跡だろう。
すごすぎるよ・・・。手紙の主は幸せ者だね。
久しぶりに心温まるニュースを見た。

2008/01/25

待望の新作

貴志祐介先生の待望の新作『新世界より』ゲット!
いやぁ、3年半ぶりか、待ったなぁ。
前作の硝子のハンマーは本格推理。
今作は、レビューを見る限りSFっぽい。
新たなジャンルで貴志クオリティがどう炸裂するのか、今から読むのが楽しみだよ。
上下巻で合わせて1000ページ超。
こうして手元に持ってみるとすごいボリュームだ。
きっとまた滅茶苦茶楽しませてくれるんだろうなぁ。
読み終わったらまた感想書きますね。

 

2008/01/24

門外不出

久々にWindows98のPCを起動してみた。
XPに使い慣れるとやっぱりショボく感じるね。

今のパソコンにはフロッピードライブがついていないので、部屋にありながら中身の確認がとれてないFDを見てみた。
その中にレポートと書かれたディスクがあった。
なんだろう・・・もしかしたら、と開いてみると。

それは大学時代に課せられたレポートの原稿を記録したものだった。我が青春の記録。うわー、懐かしい。
まだ世紀が変わる前の課題とかあるよ~。
一体どんな講義でどんな課題が出てたんだっけ。
見てみると、覚えているようで覚えてないのばかりだ。
中身を読んでみる。
・・・稚拙だ。あまりにショボっちぃ。
おいおい、こんなの書いて出してたのかよ。
そりゃ留年にもなるわな。
でもこんなものでもその当時は必死に作成して、それなりの満足感に浸っていたのだろうな。
読まされた教授先生はご愁傷様としか言いようがない。

と、レポート以外にも別のファイルがある。
タイトルは手紙・・・と。
まっ、まさか・・・。
中身は大学に合格して上京したての私が、故郷で浪人生活を送っている旧友に宛てた手紙の原稿だった。
うぎゃああああ、こんなの残してたのか。
自分の書いた手紙って、後から読み返すと恥ずかしくて死にそうになるよね。とてもじゃないが正視に堪えない。
顔から火が出た。
なんでこんなの残してたんだかね。
まぁラブレターじゃなかっただけマシだが。
削除しようかと思ったけど、これも思い出と残しておく。
きっと10代の頃にしか書けない文章ってやつだから。
そのかわりこのフロッピーディスクは門外不出。
絶対に他人の手が届く場所には置く事は出来ない。
もし見られたら、死にますYO!

2008/01/23

ブログパーツ

あんまり派手にしてもあれかなと思っていたので、これまでブログパーツの類は自重していたが、一つつけてみた。
国盗りカウンターというもの。
これは、ブログにアクセスして来てくれた人はどこ県人が一番多いのかってのを調べてくれるもの。
なかなか面白いし、これならいいかなと。

見てみると、すでに我がブログはすべての県を制していたようだ。そりゃね、キャリアが長いですから。
正規のカウンタと数字が違うのは、プロクシ経由や携帯、自分のアクセスなどは反映されないからだろう。
その中での今現在のベスト10は、

01位 東京 4839 count
02位 神奈川 2486 count
03位 大阪 2303 count
04位 愛知 2012 count
05位 埼玉 1851 count
06位 千葉 1534 count
07位 北海道 1439 count
08位 兵庫 1374 count
09位 静岡 1300 count
10位 福岡 1016 count

となっていた。
うーん、どこも主要都市ばかりで、当たり前の結果だ。
あんまり面白みはなかったかな~。
まぁいいや、邪魔に思うまでしばらく設置していてみよう。

2008/01/22

この味は

パソコン君の機嫌は、システムの復元をしたら戻りました。
一体何が原因だったのだろう。くそったれ。

CMでよく目にする、マックのシャカシャカチキンを買ってみた。
なんか・・・うまい棒みたいな味だな。
安っぽい味だ。
でも100円だから別にいいや。
ケンタッキーは美味いけど高いからなぁ。

2008/01/21

パソコンがご機嫌ナナメ

昨日あたりからパソコンの調子が悪くなった。
ものすごく重くなってしまった。
ブラウザを開くのにも一苦労。
読み込みも異常に遅い。
一体どうしてしまったのか。
何かおかしなウイルスでも貰っちゃったかなぁ。
しかし昨日スキャンした時は何も出なかったよなぁ。
だけどシステム全スキャン終えるまで2時間近くかかっている時点で、やっぱりおかしいよ。
もともとそんなにスムースに動くパソコンじゃないけど、今の状態はあんまりだ。
うーん、どうするかなぁ。
システムの復元でも試してみるかなぁ。
それがダメだったらリカバリしかないよな。
でもそれは面倒なので避けたい。
昨年末にやったばかりだし・・・。
ご機嫌直してよパソコンちゃん!

2008/01/20

雪はまだですか

ここのところの寒さは強烈だなぁ。
とうとう部屋着でも3枚重ねをするまでになった。
相変わらず暖房は嫌いなので、コタツで凌いでます。

しかしどうせ寒いのならいっそ雪が降ってくれればと思う。
ここ群馬は東京あたりよりはずっと寒いはずなのに、
この冬はまだ雪は見ていない。
もちろん山沿いのほうは降っているかもしれないけど、
市街地ではその気配すらない。

雪が降ると後始末が大変だが、積もった時のシーンとなる空気感が好きなんです。

2008/01/19

受験生時代の秘策

今日からセンター試験が始まったようだ。
私が受験生だったのは一体何年前なのだろうな。

先日とあるラジオを聴いていたら、受験生らしき人が、

『本屋で参考書を買うくらいなら、記憶術とかの本を買った方が受験に有効だ』

と言うような内容のメールを送っていた。
実はコレ、何を隠そう私が受験生時代に使った技。
もっとも私は記憶術の本などは読まなかったが。

日本のお受験で重要なのは、いかに大事なポイントを記憶できるかにかかっている。
特に文系。
歴史系は言うに及ばず、英語もどれだけ単語やイディオムを頭に詰め込めるかが勝負。
国語は、日本国語なんだから古文漢文は仕方ないにしても、
現代文が出来なくては論外なので省く。
理数系は私の専門じゃないので無視。

答えを導く過程や、その答えにある背景、さらには文法・・・そんなものはどうだっていい。
とにかく、コレと問われたらコレ!と即決で答えられる状態に持っていけるか。
ある意味条件反射になるようにする。

そんなことは可能なのか。
受験でいきなり試すほど大胆じゃない私は、学校の期末考査で記憶術式学習を試した。
すなわち、英語の教科書の出題範囲すべての英文を丸ごと暗記したのである。
頭の血管が詰まりそうになりながら必死に記憶した。
その結果は99点という成果として現れた。

ここに記憶術式学習法が完成した。
記憶術系の本に書いてあるやり方がどうなのかは知らないが、
私は私なりの記憶の方法を身につけた。
やり方さえ掴めれば、暗記は難しいことではない。
暗記は根気。
英語イディオムの参考書を丸ごと暗記することも可能だ。


そして無事にH大学に納まった私。
受験生時代の反動か、法律の記憶はまったく出来なかったのだが、それは別の話。
この秘策が使えるのは頭が柔らかく何でも吸収できる10代の頃だけなのだろう。
そして、日本の受験にありがちな詰め込み式学習は、
大学に入れば何の役にもたちゃしなかったという事も付け加えておかねばなるまい。

ちなみに去年センター試験を試しにやってみた事があった。
その結果は、
英語 68点(200点中)
日本史B 32点(100点中)
という無残な結果に終わったのだった。

受験にはきわめて有効だが、
詰め込み式学習がもたらす結末なんてこんなものなのだ。
受験生の皆さん、今がよければそれでいい的な学習は必ず後でツケが回ってきますぞ。
人間、無理やり覚えたことなんて、すぐに忘れてしまうのだから。

2008/01/18

対策してるんだね

コンビニでパンを買おうとしたら、ブーっとブザーが鳴った。
なんやねん、と思ったら、賞味期限切れなのでお売りできません・・・だって。
昨今のコンビニ問題への対策かな。
コンビニ側もいろいろやってんだねぇ。
そんなことよりも、賞味期限切れの商品をまったく気づかず買おうとしていた私のほうに問題はありそうだ。
だけど、いちいち確認するの面倒だよな。
信頼の薄い世の中で、100%信用しきっちゃってるってのは無謀なんだろうなぁ。
実は1日や2日の期限切れくらいはまったく気にならんのだがね。学生時代のサバイバル生活の時なんてそんなこと言ってたら暮らしていけなかったよ。普通に3日くらい期限切れた納豆食ってたよ。

2008/01/17

小粒

今期の連ドラもだいたい1話が放送されたね。
今期とりあえず私が見たのは、

月 薔薇のない花屋 (フジ)
火 ハチミツとクローバー (フジ)
  あしたの、喜多善男 (フジ)
金 エジソンの母 (TBS)

このうちエジソンの母は1回目で早くも脱落。
と言うことで今期は3つ。いつもより少ないほうだ。
ハチミツとクローバーも、思ったよりもいまいちな感じで、いつ脱落してもおかしくない。中身がないんだよねぇ。
薔薇のない花屋は初回は、まぁ普通かな、いろいろ謎も多いしとりあえず見続けるかな、と言った感じ。
竹内結子は好きなのでたぶん最後まで見るだろう。
この中で一番面白いのはあしたの、喜多善男かな。
今期では一番ストーリーに惹かれるものがある。
吉高由里子ちゃんがチョイ役で出てるのも良い。
主役の小日向さんも嫌いじゃないし、良い味出してると思う。

というわけで全体的には小粒かな。
これからどう展開するかわからないけど、山椒は小粒でもピリリと辛い・・・ってな具合になっていくといいね。

2008/01/16

妥協

妥協なしの人生を送っている人などいないだろう。
みんな心の底に不満をかかえつつ、それでもなんとか前向きに生きている。
それが出来ない、したくない自分は、やっぱり中途半端で大人になりきれないということなのか。
体の底から沸々と湧き上がってくる衝動を抑えてまで、妥協して生きなければならないと言うのか。
そろそろ暴発しそうだ。
動き出してしまったら止められない。
だから必死に妥協して抑える。
いつまで歯止めがきくかな・・・。

ここ2日意味不明の日記が続いてますが、
いろいろ悩んでいると言うことです。
ただの独白。
人生、そんな時期もあるのでしょう、きっと。

昔見た、とあるドラマにこんな台詞があった。
ふと思い出しました。

どこに行きたいんだ?
向かうべき道は見えるのか?
このまま逃げることに何の意味がある?
向かうべき道も見えないまま、
このまま敗北者として生きることに何の意味がある?
何の意味がある?

2008/01/15

葛藤

最近今の生活について悩んでいる。
今の境遇には何の不満もない。
しかし、面白みもまったくない。
本来、私がやりたかった事、望みはなんだったのかを考えると、無性に虚しくなるのである。
ここのところ昔のことばかりよく考える。
その時その時の転機になっていたであろう場面が、頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消え。
あの時の選択をちょっと変えていたら、まったく違う人生が開けていたのではないかってね。
覆水盆に返らず。
過ぎてしまったことはあきらめて、今をどう生きるかを考えるべきなのは承知だが、理屈と理想の狭間で葛藤している。
どうしたいのか、本当はそれはよぉ~くわかっているんだと思う。そしてそれに踏み切れない自分の性格も。
まったく、損な人生だ。
このままじゃどこにも進めそうもない。
半端、半端、中途半端だ何もかも。

2008/01/14

成人

今日は成人の日か。
成人と言ったら何を連想するだろう。

酒、タバコが飲めるようになる
馬券が買えるようになる

だいたいこの辺かな。
成人になれたことで、健康への害悪やギャンブルに対して、自己責任能力が発生することになる。
犯罪への罰も厳しい。
自由が増す一方、甘えが一切通用しなくなる年齢ってわけだ。
そのことをしっかり認識しなければいけない。

こういう区切りって18歳でもある。
いわゆる18禁ってやつだ。
Hビデオを借りられるようになるのは18から。

ではH関係だけなぜ2歳若くて大丈夫なのか。
それは男は18歳から結婚できるから。18で結婚出来るのに、Hはオアズケってわけにはいかないからだ。
知ってましたか!?

ちなみに私の場合は、
初めて酒を飲んだのは21歳。
タバコは未経験。
馬券を買ったのは20歳。
Hビデオは19歳だ。

立派に法律を守っていたんだな。えらいえらい。
ちなみに当時は20歳でも学生は馬券は買っちゃいけなかったのだけど・・・。まっ、まぁ時効ってことで!

2008/01/13

精神的外傷

この時期になると思い出す悪夢。
このブログの創成期にはよく話題になっていた留年地獄。
いまだに進級、卒業試験で失敗する悪夢を見るのだ。
よっぽどトラウマになっているのだろう。

試験勉強をまったくやっていない夢。
知らないうちに試験が終わっちゃってた夢。
何も書けない夢。

これがまたまったくの創作じゃないから困る。
実際に体験してきた思い出したくもない記憶が、夢の中の世界で再生される。これは怖いよ。
二度と味わいたくない思いを、何年も経った今でも再び味わなければならないなんて。
この寒いのに冷や汗で背中を濡らす。
いつになったら記憶から抹消されるのだろうか。
思うに人生に後悔があるうちは忘れることなんか出来ないんじゃないかと思う。
ネガティブな思考はネガティブな記憶を呼び起こすのだ。

2008/01/12

週末になると

ネタがなくなるのだよねぇ。
今日は雨。
寒いしテレビもつまらないので、久しぶりに読書。
また読み返し。
早く新作でないかな~。

2008/01/11

生きた化石

警察24時によると、近年暴走族は少なくなっているそうな。
そう言えばこのあたりでも、とんと見かけなくなったな。
私が子供の頃は、真夜中でもお構いなしにパラリラパラリラとゴッドファーザーのテーマなんかかき鳴らしながら爆走してた。
しかし東京から戻ってきてからは、意識してないせいもあるが、そういった騒音はまったく聞かない。
この辺ではすでに絶滅したのだろうか。
前に東京に行った時には見かけて、走行を邪魔されたりもしたけど、もはや勢力は風前の灯火っぽかった。

そう言えば毎年恒例とか言われていた初日の出暴走とかも、テレビで報道されなくなったなぁ。
暴走族界隈でも少子化の波が来ているのだろうか。
今活動している連中はもはや生きた化石。もし見かけたら温かい目で見守りつつ、大いに馬鹿にしてやってください。

2008/01/10

まとめ更新

今日もいつもどおり巡回コースを回っていたら、とあるブログで、ブログのまとめ更新は是か非かと言う話題になっていた。
まとめ更新とは、つまり書けなかった日の分も含めて、一日に何日分も一気に更新してしまうこと。
私も時たま使う手法である。
そこでは、まとめ更新は読者の都合を無視した怠慢であると注意されていた。そんな何日分も読めないよと。
毎日更新を謳うのなら、きっちり毎日更新しなさいよと。

それはまことに正しい意見である。
しかしブログをやっている方としては、たまには更新できない日もあったりする。
家にいなかったり、PCが不具合だったり、書くネタがまったくなかったり、忙しかったり。
それでもきっちりと書けなかった分の日についても後でフォローしているのだから特に問題はないと思うのだが。
そこまで指示される謂れはないよ。
ここのようなひっそりと運営している場所はあまり影響はないが、大手ではブログ主様も苦労が多いんだな。

ここは私のやりたいようにスタンスは変えずに、このままひっそりとやっていきますので、お見守りください。

2008/01/09

いつだって都合よく考える

ここ最近の暖かさは1月とは思えなかった。
よく地球温暖化だなんだと聞くけど、あんまりピンと来てはいなかったが、本当に温暖化しているのかもな。
でも冬の寒いのは嫌だから、温暖化万歳!じゃないか。
ま、これが逆に夏だと、温暖化止めてくれ~って思うのだろうが。人間はいつだって勝手な生き物。

2008/01/08

また故障か

DVDドライブの調子が芳しくない。
それも、よくわからない壊れ方をしている。
まず、普通にCDやDVDは聴けたり、見れる。
それなのに、CDやDVDに焼いておいたデータに関しては完全に見られなくなってしまったのだ。
DVDに焼いたデータが破損しているわけではない。
他のパソコンではちゃんと見れる。
それなのに、中身が見れないどころか、データの存在そのものも認識してくれなくなっちゃった。

これってやっぱり故障なのだろうなぁ。
でも音楽CDや映画DVDはOKなんだから本当に故障してるのかが怪しいんだよねぇ。
ドライブが故障した場合、何もかも読み込まなくなるのが普通だと思うからなぁ。
見たところ別段ホコリも被ってないし。
よーわからん。
保障期間は過ぎちゃったから修理にも出しにくいし。

内臓ドライブなので、新しいものと交換したくても、不器用な私には出来そうもない
外付け買うのが一番いいんだけど、それだとノートパソコンの意味があんまりなくなるからね。
DVDに焼いたデータはもう手に入れることは難しいものばかりなので、諦めるわけにはいかないんだけどねぇ。

2008/01/07

悪い世代交代

フジテレビでがんばった大賞とか言うのをやっていて、平成の20年間を振り返っていた。
そこで、平成期に放送されたフジテレビのドラマも特集されていた。ドラマニアの私はもちろんほとんど見ている。
たとえ放送当時は見ていなかった作品も、名作の誉れ高いものは再放送やらレンタルやらを駆使して見てきた。
こうして見ると90年代前半は我が尊敬する江口洋介様、
中後半は木村拓哉の時代だったよなぁと改めて思う。

しかし2000年以降になると、混迷気味。
何年経っても心に残るってドラマは少なくなっていく。
そして演じる俳優も、どこか薄くなっていく。
時代は変わったのだ。
今やドラマで高視聴率を取るのは相当難しい。
キムタクを出しとけば30%取れる時代は終わったのだ。

思うのは、俳優の世代交代による薄味化もそうだけど、
制作陣の移り変わりも、最近のドラマがパッとしない理由のひとつなんじゃないかな。
本当のところはわからないけど、昔のセンスのあった制作陣はもう現場を離れてしまって、その後の世代の時代になっちゃってるんだと思う。そして彼らは昔の制作陣に劣る・・・と。
キャスティングひとつにしても、センスねーなーって思うことが多々あるからなぁ。
ジャニタレを出しとけば間違いないという風潮はね・・・。
再放送も最近のばっかりで、ドラマがつまらんよね。
今クールのドラマも、見たいと思うものがなくて困った。

2008/01/06

ぶり返した

風邪がぶり返した。更にきつくなって。
朝から異様な悪寒。そして腹痛。
体が震えてコタツに入ったまま動けなくなった。
そのうちに熱がグングン上がって、最終的には39.4℃まで到達。久々の39度台はさすがに堪えたねぇ。
その後解熱剤を飲んだら、1時間で平熱まで下がった。
一時はどうなるかと思ったよ。
うーん、こりゃどうもインフルエンザなのかも知れん。

2008/01/05

炭は良いよ

風邪は薬を飲んだらかなり良くなりました。
新年早々寝込んでもいられないから良かったわ。

ところで最近部屋の消臭剤に炭の香りの物を使用してます。
炭は・・・エエよ。落ち着く和の香りだ。
お試しあれ。

2008/01/04

やっぱり幸先悪い

どうも新年早々風邪を引いたようだ。
まだ熱は出ていないが、鼻水がひどく、寒気がすごい。
低血圧・・・って感じでクラクラだ。
おみくじの健康欄はいきなりハズレかよ・・・。
幸先悪いことで。

実は昨年末の大掃除の時に窓を開けて掃除していたのが原因じゃないかと思っている。
あの時は寒かったものなぁ。
あんまりはりきり過ぎると痛い目にあうってことですなぁ。

ところで今年の風邪って長引くのかな。
長引かない風邪ってのもあんまり聞かないな。
むしろ毎年今年の風邪は長引くと言っている。
ああ、何言ってんだ。まだ今年になったばかりではないか。

2008/01/03

久々行ったよ初詣

久しぶりに初詣ってやつに行ってみた。
どこに行こうかと思ったが、適度な近場の群馬県護国神社へ。

ここは子供の頃はよく初詣でに行っていた。
記憶が定かではないが、たぶん七五三もここに来たと思う。
しかしその後はまったく行く機会がなくなり、受験の願掛けにすら行くことはなかった。
そうだとすれば、実に20年近く行ってなかったのか!?


砂利道を歩いていく。
確か七五三で来た時は喘息を患っていて、この道を咳き込みながら歩いた記憶があるなぁ。


参拝客は意外と少ない。
来る時に通ってきた高崎神社はめっちゃ混んでいたのに。
まぁあんまりゴチャゴチャしているよりはいいさ。


さっそく願をかける。
放ったのは当然5円。御縁がありますように。
願い事は、
病気が再発しませんように
良い出会いがありますように
万馬券がいっぱい取れますように
よくばりすぎか・・・。

おみくじを引いてみる。何が出るかな~。

キター。おいおいこりゃ新年から縁起がいいわい。
しかしここで大凶とかが出た方がネタにはなったな(笑)

さて、気になる内容は・・・と。

ふむふむ、全体的には今年後半が勝負のようだね。
そしてやっぱり気になるのは
気にすることはない・・・か、良かった良かった。
そして恋愛。今年の目標が目標だからね。
ええと・・・誠意にこたえよ?うーん、どういうことだろう。
つまり向こうからやって来るから、ちゃんと気づけってことかな。そんなに都合よく行くのだろうかねぇ・・・。
待ち人・・・遅いが来る。
はい、いつも待ち合わせに遅れる友人がいます(^-^;;)

まぁ全体的に幸先良いスタートってやつですな。

ちゃんと縛って・・・と。
近くでは絵馬の奉納が行われている。が、見てみると受験生の願掛けばっかりだったので遠慮しておいた。
空気読んだってヤツですな。

やることはやったので寒いし帰ることにしよう。
でもよく考えるとそもそも護国神社ってのは、その県出身の戦死者とかを、日本国に殉じた英霊として祀る神社のことだよな。

初詣やら七五三やら結婚式やらってイメージがわかないなぁ。まぁ冠婚葬祭すべて兼ねるってことかしらね。
まぁ何事も都合よく解釈しちゃうのが日本人の美徳ですからな。いいんじゃないでしょうか。
と言うわけで久々の初詣を終えて、大吉も引けて、良い気分で三が日を終えました。

2008/01/02

2008年に目指すのは

今年の目標制定の時期が来ましたよ。
去年はダメだったので今年こそはしっかり達成を目指したい。
さて、今年は何を目的に生きていこうか。

ふと自分の人生を振り返ってみた時、ある事に気がついた。
ん?俺っていったい何年間恋愛をしてないんだ?って。
このブログの過去の記事で人生を遡ってみた。
すると、2003年2月からの記録しかないので正確なことはわからないが、最後に付き合った女と別れたのは03年3月らしい。
しかし記憶が確かならその人とは後半2年近くに渡ってグダグダ。ほとんど会ってなかった気がする。
という事は、ざっと見積もっても丸6、7年は彼女がいない。
それどころか、好きな人すら出来ていない。
まるっきり恋をしていないのだ。
これは正常な生活をしている20代の人間として異常じゃないの・・・。まぁ正常な生活してない時期も長かったけど。
何かが見えてきたね。
よし、決まった。今年の目標は・・・。


恋をする


これで行きたいと思います。
もちろん、恋なんて無理やりするものではないし、6、7年もしていないように元来面倒くさがりや。
こればっかりは巡りあわせなので、目標を目指して目をギラギラ・・・なんてわけには行きません。
しかし自分からすべてを拒否する空気だけはなくすように努力したいと思います。
これには人間付き合いの悪さの改善、と言う目標も含まれることになります。一石二鳥でいいじゃないですか。
さて2008年、どんな出会いがあるのかな。

その他のオプション目標。
・2003年末より絶えて久しいLIVE参戦
・1回くらいハッスルを生で見に行ってみたい
このくらいは軽く達成したいものですが・・・。

2008/01/01

2008年の幕開けだ

ハッスルは面白いなぁ。
ケロロ軍曹腹が出すぎだろ(笑)。
それにつけてもミルコ様は勿体無い・・・。


どうも、明けてしまいまして。
2008年も幕を明けてしまいました。
今年の大晦日は、K-1でヒョードルが出てくるのを待ちつつ、浅尾美和ビーチバレー→無人島よゐこへの流れをメインに、すべて終わって年が明けた後、録画したハッスルを見て眠りにつきました。
紅白はまったく見てません。
何か見所ってあったんでしょうか。ないでしょーね。
NHKはゆく年くる年だけ見ました。やっぱり年越しはこの番組を見ながらが一番厳粛な気持ちになれます。

というわけで今年もテレビっ子でした。
新年が明ける瞬間に初詣に行った最後の年は小学生時代かな。今年は初詣はどうしよう。
まぁ2008年もボチボチやっていきます。
どうぞ生暖かい目でお付き合いの程を!

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »