2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 使わない記憶は色褪せていく | トップページ | ホテル選び »

2008/02/24

江戸っ子爺さん凄すぎ

今回の遠征で宿泊したのは、南千住にあるホテルアクセラ
シングルルームだったのだが、とにかく狭い。
なんだか座敷牢に入った気分だったよ・・・。

ところで、ここの大浴場は交代制で、出先から戻る時間帯は女性の時間に当たっていた。
ということで、下町の名物、銭湯に入ることにした。
我が懐かしの綾瀬の町の銭湯。
学生時代に数回利用したことがある場所だ。
まさかまたここを利用することがあろうとは。
ああ、懐かしい。

それにしてもこの銭湯、こんなにボロかったかな。
隙間風ピューピューでかなり寒いのだが・・・。
今の時代、銭湯事業は大変で、東京の下町からもどんどん姿を消していっているらしいが、何とか持ちこたえて欲しいね。

ところでこの銭湯には重大な問題が。
お湯が熱いのである。そりゃもう異様に。
私が普段入っている湯の温度は43℃。
それに対して、この銭湯は推定46~48℃。
もう、熱いったらありゃしない。とてもじゃないけど沈めない。
下半身だけ熱くて、上半身はガクガクブルブル。
思い切って肩まで浸かるのだが、気分が悪くなるほどの高温にたまらず飛び出した。

ところがこんな熱いお湯に余裕綽々でザブザブ入るおっちゃんが。うーん、江戸っ子の肌は不感症なのかい。

« 使わない記憶は色褪せていく | トップページ | ホテル選び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸っ子爺さん凄すぎ:

« 使わない記憶は色褪せていく | トップページ | ホテル選び »