2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 脳細胞は衰えていないか | トップページ | カリスマの実力 »

2008/02/29

閏年の悪しき思い出

今日2月29日はいわゆる閏年。
4年に1度ある日だ。
前回のこの日の記憶は忘れがたいものがある。
あれから早くも4年経ったのだな。

4年という時間は人間の環境を大きく変える。
あの時パクられた友人は今では立派な社会人。
そして私はあの直後に発病することになる。
お互い、将来の事など思うに及ばず、ただ自分たちに襲い掛かったこの状況をどう切り抜けるかに必死だった。

今だからこそ笑って話せるこのエピソードも、実際に起きた当時はものすごく恐ろしかったものだ。
今でも時々その友人と当時の出来事について話すことがある。
大抵は一笑にふすのだけど、心の奥には色褪せずに恐怖と後悔は残っている。忘れたいけど忘れられない思い出なのだ。
付き添いのみだった私でさえそうなのだから、実際調書を取られた友人は尚更であろう。

年に2,3回、競馬場に行く時にその現場を車で通ることがある。しかし、あの時は相当運が悪かっただけじゃないのか、と思えるほど、まったく張り込みのパトカーは見ない。人間、悪いことは出来ないって事ですね。

次の閏年の年には、一体我々はどんな生活をし、どんな事を思っているのだろうな。
当時今のことをまったく想像できなかったように、4年後のことなんてわかるわけもないか。
願わくばまた4年経っても当時を笑って話していたいものだ。

« 脳細胞は衰えていないか | トップページ | カリスマの実力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閏年の悪しき思い出:

« 脳細胞は衰えていないか | トップページ | カリスマの実力 »