« 期待以上が多い | トップページ | 野球の要はキャッチャー »

2008/05/21

一獲千金?確率論?

ドリームジャンボ宝くじが発売されているが、今回はミリオンドリームなる企画があるという。
従来のドリームジャンボは1等2億円でまさにドリームだが、ミリオンドリームは100万円。
しかし当選しやすいと言う利点がある。
2億円はわずか32本なのに対して、100万円は3000本。
2等なら当選金は1万円だが12万本も当たりがあるという。
なんかこう数字を並べられるといかにも当たりそうな気がしてくるのは何故だろう・・・。
もちろんそんなことはなく、外れる人は何枚買っても外れてしまうんだろうけど。

一獲千金を狙うか、確率的に高い方で堅実に狙うか。
競馬ファンな私は、競馬で100万馬券取る確率と、宝くじで3000本の100万円当選券を引ける確率はどっちが可能性が高いのだろう?とついつい考えてしまうのであった。

« 期待以上が多い | トップページ | 野球の要はキャッチャー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一獲千金?確率論?:

« 期待以上が多い | トップページ | 野球の要はキャッチャー »