2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008/12/31

2008年を忘れない

大晦日です。いつの間にか大晦日です。
最近の忙しさは曜日の感覚どころか、今日が一体何日なのかさえ忘れさせてくれました。まぁ充実といえば充実の日々。
今年も最後だから、ちょっと振り返ってみましょう。

毎年恒例、今年の最初に設定した目標がありました。
それはコレ
そう、今年の目標は恋をすることだったのです。
そして、その目標は見事実現しました。
今、私は確実に恋をしています。
会社でたまたま見かけ、一発で一目惚れしてしまった女性に。
その人とはほんの一言しかまだ喋ったこともありません。
今の私には果てしなく遠い存在。
心苦しい日々も続きますが、彼女との出会いは確実に人生を明るくしてくれました。いやぁ、恋って凄い!

オプション目標では、LIVE参戦とハッスル観戦を設定。
前者は達成。9月にB'zの20周年LIVEに参加できました。
これもまたよき思い出として心に残っています。
ハッスルの方は、小川離脱、インリン様卒業と、相次いで興味を薄れさせてくれる事態になり、今では感心は低くなってしまっています。好きだった頃に見に行くべきだったのでしょうね。

人生目標を持つのは良いこと。来年はどんな目標にしようか。
今年の目標が目標だけに、それはもう決まったようなものですけどね。まぁ、新年そうそう発表するのでお楽しみに。

あと、今年はいろいろ旅に出たなぁ、と。
春に大阪に、夏には北海道に行きました。
どちらも本当に楽しかったなぁ。特に夏の北海道は長年の目標だった北斗星乗車を実現できた、今年最高の思い出でした。ススキノの夜で私の中の何かが変わったのも、またひとつの今年を象徴する事(笑)。

こんな2008年だったけど、実生活で一番変わったのは復職したことに他ならないでしょう。もう病気の心配をする必要はなくなりました。働く喜びに打ち震えましょう。忙しい今に乾杯。

私の人生で大きな動きがあった2008年。
この年を忘れない。ありがとう2008年。さようなら2008年。
来年はもっと良い年になりますように・・・。

2008/12/30

今年読んだ本

新世界より・上 貴志祐介
新世界より・下 貴志祐介
狐火の家 貴志祐介
インストール 綿矢りさ
蹴りたい背中 綿矢りさ
少女には向かない職業 桜庭一樹
ゲームの名は誘拐 東野圭吾
自由死刑 島田雅彦
リアル鬼ごっこ 山田祐介
改訂版 密閉教室 法月綸太郎
ラッシュライフ 伊坂孝太郎
ナラタージュ 島本理生
ブルーもしくはブルー 山本文緒
ボクナナ! 岡田慎一
イニシエーション・ラブ 乾くるみ
彼女が服を脱ぐ相手 小野一光
マジシャン 完全版 松岡圭介
てるてるあした 加納朋子
さまよう刃 東野圭吾
生首に聞いてみろ 法月綸太郎
償い 矢口敦子
アクセス 誉田哲也
火天風神 若竹七海
切断 黒田博行
そして扉が閉ざされた 岡嶋二人
星降り山荘の殺人 倉知淳
霧越邸殺人事件 綾辻行人
探偵ガリレオ 東野圭吾
予知夢 東野圭吾
容疑者Xの献身 東野圭吾
四つの嘘 大石静
翼はいつまでも 川上健一
天使のナイフ 薬丸岳
夜の果てまで 盛田隆二
水の迷宮 石持浅海
世界の終わり、あるいは始まり 歌野晶午
神様のパズル 機本伸司
象の背中 秋元康
死亡推定時刻 朔立木
大江戸温泉殺人事件 吉村達也
乱調 藤田宜永
聖女の救済 東野圭吾
ガリレオの苦悩 東野圭吾
手紙 東野圭吾
秘密 東野圭吾
グラスホッパー 伊坂孝太郎
白夜行 東野圭吾
(読んだ順)

太字は特に面白かった、オススメの作品。
ちょっとでも気になったら是非読んでみて欲しいなぁ。

全部で47冊か。忙しい日常の中で暇を見つけては読んでいただけにまぁまぁの数字かな。50冊は行きたかったけど。
ちなみに最後の白夜行はまだ途中。
年内に読みきってしまいたかったけど、まだ3分の1ほどだから、まぁ無理ですね。大作っぽいなぁ。
今年は東野圭吾に出会ってしまった年、ということでしょうか。出会うべくして出会ったって感じですね。
量産タイプの作家さんなのに、クオリティが落ちないってのが驚異的です。今バカ売れしているのも当然でしょうね。

2008/12/29

東京行っちゃいました

エアポケットのように急遽出来た休日。
1日寝ているのも魅力的だったけど、昨日有馬記念を見に行けず悔しかったので、その分を取り返そうと出かけた。
目指すは大井競馬場。東京大賞典があるのだ。
一人で東京に出かけるのは久々。
大井競馬場はかつて一度だけ来た事があるだけのほぼ未開の地。やっぱりいいものだね、この雰囲気は。
ちゃんと1年の終わりは一番の趣味で締めないと。
競馬には負けて、疲労を抜くことも出来なかったけど、納得しないまま1年を終えるよりはマシだった。

2008/12/28

ついに働きすぎが問題に

今月の休みがほとんどなかった私。
疲労もピークに。
見かねた主任がついに課長に直談判。そして事態を重く見た課長がサボりまくりジジイに最後通告を伝えた。
すなわち、私を明日休ませるからお前が必ず出てこいと。
もし出てこなければクビ。
ジジイもさすがに観念したらしく、ようやく出社する気になった。
これでようやく私に休日が与えられたのだった。
考えてみればなんでもっと早くこうしてくれなかったのだろう。
そうしてれば今日の有馬記念も見にいけたかもしれないのに。

この私の奮闘ぶりは社内でも結構有名になっていて皆同情してくれている。予想外の展開で注目を集める存在になってしまって、どこか居心地が悪いけれど、みんなして私のことを考えてくれたのは少し嬉しくもあったのだった。
さ、明日の休みはどうしようかな。

2008/12/27

些細な事がこんなに幸せや・・・

余所見をしていた私。
ある人にぶつかってしまった。
んでその人が愛しのSさんだったりするから人生は驚きだ。
そりゃもうめっちゃドキってしましたよ。
Sさん、「いった~い」と笑いながら睨んで来ましたわ。
それがもう、なんというか・・・激萌え。
可愛すぎる。
慌てて、「すみません、ごめんね」と謝る私。
Sさんは不敵で素敵な笑みを残して去っていきました。
これがなんと、記念すべき私と彼女が交わした初めての会話だったのです。会話にもならない、一言過ぎるものですが。
それでも、当初の目標だった「年内に会話」を達成できた喜びは爆発です。もう無理だなと思っていたので。

ってゆーか、こんなに些細で小さな事がなんでこんなに嬉しく幸せに思えるのだろう。
改めて私はSさんに惚れているんだなと思いましたわ。
いや~、恋って奴は凄い。
最近の忙しさで課長はじめ役職者がイラついていてそのトバッチリにあったりもしたけど、普段ならむかつくそんな事もほんとどうでもいいぐらい、今日は浮かれモードな1日なのでした。
あの笑顔思い出すだけで1ヶ月はもつな(何が?)。

2008/12/26

忙しすぎて今年を振り返る暇がない

まさにタイトルどおり。
今日も超残業。
んぁ~、疲れた!
いろいろな変化があった今年。
だからいろいろと振り返ってみたいんだけど、疲れ果てちゃっててなかなか本腰でブログを書く余裕がない。
だから今日もこれでカンベン。
でも何かしら振り返るべきだよね。
ま、時間がある日に(そんな日あるの?)。

2008/12/25

揺れる想い

年末の糞忙しい時期。
でもどうやら29日だけは休みにしてくれるようだ。
んで、その29日は東京大賞典という地方競馬の最大レースがある日。その前日の有馬記念に行けない事は決定している。だからその代わりにこの東京大賞典に行くという代替案がある。
しかし、だ。
この貴重な休みを、文字通り休みの日にするべきじゃないか。それが身体のためにいいのではないか。
でももう一回競馬もしたい。
このふたつの思いに揺れる男心なのでした。
どうすっぺかなぁ・・・。

2008/12/24

やる気がないと実に滑稽

クリスマスイブですな。
見事に予定なし。ケッ。
仕事を終え、さっさと帰ってきた。

途中コンビニに寄ったのだが、店員はクリスマスのコスチューム、すなわちサンタ帽をかぶり赤い服を纏っていた。
だけど、バイトにありがちな、見事に仏頂面。
愛想のかけらもない。
この格好でブスっと接客されると、相手が物凄く間抜けに見えるのは気のせいだろうか。こんなしょーもない格好でさ。
どうせやるなら自分を捨ててハジけろよ。

2008/12/23

貴重な休み

今日はようやくの普通の休日。
国民の祝日万歳!こんな日じゃないと休めないんだからねぇ。
昼近くまで寝ていました。
その後はずっと見れずに録り溜めしておいたドラマを見てました。知らないうちにいっぱい最終回を迎えてたのね。
久しぶりに身体を休めることが出来た。これで失われていた体力や、崩していた体調もかなり回復したことでしょう。
明日から再び頑張れます。
一気に年明けまで突っ走ろう!

2008/12/22

寂しい話

我らが千葉マリーンズのボビー・バレンタイン監督が来期限りで退任することが決まったそうな。
まだ年が明けてもいないのに、すでにそんな事が決まっているとはかなり異例なんじゃないか。
寂しい球団だなぁ。
そんなことでちゃんとモチベーションの維持が出来るんだろうかね。どんなに好成績を残しても辞めなきゃなんだからさ。
ロッテがプレーオフ争いを出来るようになったのはボビーの手腕のおかげ。まぁ確かにその分ギャラは高いけど、それまでの日の目を見ない時代から比べれば全然御の字だったはずなのに。

ボビーがいなくなったとして次に誰が監督を務めるのだろう。
初芝マリーンズ来ちゃう?

2008/12/21

東京への思い

東京へ行くたびに思う。
またここに戻りたい、と。
不完全燃焼で終わりを告げた私の東京生活。
あの時の悔しさは忘れていない。忘れちゃいけない。
だけど、だけど。
現実ってのは否応なしに、私から東京へ戻る事を遠ざけていく。
すっかり群馬での暮らし、仕事に慣れてしまった今、リスクを犯してまでここに戻ることは難しい。
ひとつの信念を通すには、大きなリスクが伴う。
それを敢行できないのならば、そんな夢物語はさっさと捨ててしまえということなのだろうか。
頭ではわかっているつもりだ。
だけど、心のどこかで何か釈然としない思いは常にあるのだ。
冒険のできる年じゃなくなってきた昨今、夢物語に完全にケリをつけなければならないのだろうか。
それが現実を生きるって事なのか?

2008/12/20

人は成長する

前日の日記から一転、体調が好転してきたので思い切って東京遠征を敢行した。
疲れはあるし風邪も治りきっていないけれど、仕事仕事でストレスも溜まっているし、たまには解消も必要と判断した。

ということで行ってきましたよ、久々に篠崎の「らーめん勝」へ。
2月以来実に久々。
ようやく味覚障害も完治したので、あの味を堪能できた。
ところで今回行って一番印象的だったのは、ラーメンの美味しさではなく、お弟子さんの成長ぶり。
入りたての頃は、正直ダメダメだったけど(前のお弟子さんがパーフェクトすぎた)、今回行った時は、人ってこんなに変わるものなの?と驚くほど成長していた。
自信がそうさせるのだろう、一つ一つの動きが生き生きしている。そしてサービスに対する姿勢にも大きな成長が。
うーん、人間ってすげえ!

このお弟子さんの姿を見て、今はまだ仕事で助けてもらうことの多い私も、いつか一人前になれる日が来るのだろうか、そんな事を考えたりしたのでした。大丈夫だよね。

2008/12/19

決断

予定では明日は休みだった。
しかし先日と同じ理由で出勤せねばならなくなった。
だけど早く終われそうなので、終ったらその足で東京に行くつもりだったのだが、今度はここに来て風邪をひいてしまった。
ここのところの無理が祟っているなぁ。
身体はだるいし、熱は出るし。
それでも仕事は休めない。辛い立場です。
大人になると風邪ごときでは休めないんだよねぇ。
だからこそ貴重な日曜日は静養したいのです。
これからさらに忙しくなる年末年始のことを考えればきっとその方が良い。そう判断して中止しました。
一緒に行くはずだった友人には悪いことしちゃったなぁ。
でも当日だと100%なホテルキャンセル料が今日のうちなら20%で済むんだよね。それも後押ししたというか。
苦渋の決断だった、その辺の心情を察してください。
さて、クスリ飲んで寝よう。明日午前中だけの頑張りだ。

2008/12/18

クリスマスか

そう言えばクリスマスまであと1週間なんですねぇ。
なんて、らしくないセリフでしたか。
ふむ。
確かに例年ならクリスマスなんて眼中にありませんでした。
しかし片思い中の身にとって、この時期は心が苦しいのです。
まぁ、今年はもう焦る必要なんてないと自分を納得させていますが、それでもどこか空しいのは否めません。
この忙しさだけが現実に浸っている暇を与えずに済む救いなのかもしれませんねぇ。

2008/12/17

“でんこ”に怒られちゃう

大ボケをかましてしまった。
なんと、暖房を入れたまま出かけてしまったのだ。
あーあ、電気代が勿体無い。
これが暖房だったからまだいいようなものの、コタツだったら最悪の事態が起きても不思議じゃなかったよ。

そう言えばコタツのつけっぱなしは火事の元というまことしやかな説があるけど、あれって実際どうなのかね。
だって1日中コタツに入りっぱなしの日だってあるけど火事にならないでしょ。何故ほったらかしの場合のみ火事になるの?
空気の入れ替えがないから?
でも空気入れ替えない方が酸素が入らなくて火は燃え上がらないような気もするけど・・・。
まぁいいか、どっちにしろ出かける時は電化製品のスイッチを消すのは当たり前なのだからね。
でんこちゃん、ゴメン!

2008/12/16

携帯は空気読みません

エレベータで愛しのSさんと2人きりになった。
これは話しかける大チャンス!
4階までのわずかな道のりで、たった一言だっていいんだ。
それ行け!
・・・と、その時だったのです。

プルルルルル

鳴りやがったのだよ、携帯が。
ハァ、誰だ誰だ、空気読まない奴は。
応対している間にエレベータは4階に着き、Sさんはさっさと降りていってしまった。2人きりになるチャンスなんて滅多にないのになぁ。今年最後かもしれないチャンスだったわ。
とっとと話しかければよかった。
私に足りないのは押しと積極性なのでしょう。
あーあ、純情地獄!

人生を味わい深く したいなら諦めちゃダメ

2008/12/15

厚手のコート

さすがに寒さが限界を超えたので、薄めのジャンパーはやめて厚手のコートを出した。
するとポケットに膨らみが。
手袋が入っていた。どこに行ったか探してたんだよ。
入れっぱなしのまましまっちゃったんだね。
なくなったと思って新しいの買っちゃいました。

さすがにこれを着ればこの程度の寒さは十分しのげた。
しかし・・・チャックが壊れかけているではないか!
下の方がすぐに外れるようになってしまっている。
そう言えば去年ぶっ壊したのを忘れていたわい。
これも3~4年は着たし、そろそろ買い換えろってことかな。
厚手のコートなしで群馬の冬は越せないしなぁ。

2008/12/14

モチベーションを上げなきゃね・・・

私の最大の趣味といえばやはり競馬なのだ。
その競馬の1年の総決算が有馬記念。
ダービーと有馬記念だけは現地で観戦したい、というのが私の信念のひとつ。病気で入院していて見に行けなかった年もあったけど、五体満足ならどんなことがあっても参加してきた。
それなのに・・・。
今年はその日曜日に休日出勤かよ・・・。
なんとなく嫌な予感はしていたんだけどさぁ。
そりゃ年末年始は異常に忙しいんだろうけど・・・。
私の楽しみを奪ってくれるなんて酷い話だよ。
仕事に対するモチベーションがしばらく上がりそうもないなぁ。
そうも言ってられないんだけどさ・・・。ハァ、つまんねーの。

2008/12/13

悲痛

猫が(我が家のじゃないよ)道端で轢かれていた。
幸い内臓が飛び出すような惨事ではなかったけれど、頭から血を流して絶命していた。
嫌なものを見てしまった。可哀想に・・・。
通る車はみなその遺骸を避けて通り、道行く人々は呻き声を上げてささっと通り過ぎていく。
私も仕事があったのでずっと関心を持っているわけにも行かず、その場を離れた。
後でまた戻ってきてみたら、遺骸はなくなっており、血で汚れた道路も掃除されていた。
近所の住民がやったのだろうか。そういうことの出来る人を私は凄いと思うし、人として尊敬できる。

うちの猫さんもそういう悲劇にあわせないように、ちょっと可哀想だけど絶対外には出さないようにしなくちゃ。

2008/12/12

今年の世相を表す漢字は「変」だそうな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000083-jij-soci
オバマ氏が言ってた「チェンジ」に触発されたか。
変革というのが主な意味合いなのだろうけど、そのまんま変、つまりおかしな1年だったという見方も出来なくもない?

個人的には今年を表す漢字1文字は何だろう。
考えるもなく、それは「」だろうな。
およそ7年ぶりに恋しちゃったからなぁ。
それは今も継続中。モロ片思い。ハァ辛い辛い。
来年は、「愛」な1年になるといいな。
間違えてもこっちの「哀(アイ)」にはなりませんように・・・。

2008/12/11

期待されちゃうと頑張っちゃう私

今日はお休みのはずだったのだが・・・。
朝まだ寝ていたのに会社から電話で叩き起こされた。
例の無断欠勤ジジイが、今度は家庭の事情とかで出社できなくなったというのだ。またしても奴に振り回された。
せっかくの休みが潰れちゃった。昨日買ったDVD鑑賞をゆっくりとするはずだったのになぁ。
でも、「お前しかいないだろうが」と言われては行かざるを得ないって。私とジジイが主に担当の仕事だから。
期待されちゃうと頑張ってしまう私なのです。
ん?でも、私の運命はジジイにかかっているってこと?
それはさすがに困るなぁ。
今日は平日休みだからどうせ暇だったしいいけど、これが週末の土曜日休みとかだったらブチキレですよ。
ちょうど来週は土曜日が休みなんだよなぁ。もう予定立てちゃってるし。ほんと、お願いしますよ。
もう、ジジイ様は御役御免でいいんじゃないっすか。
新しい人材を育成しようよ。
出来れば若くて可愛い婦女子を(笑)。

2008/12/10

行ったツアー行けなかったツアー

「B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure Typhoon No.20」購入。
LIVE DVDだね。
今まで映像化されてなかったツアーの選りすぐりの中から30曲が収録されている超豪華版になっている。
私が行ったツアー、行けずに臍をかんだツアーも収録。
ファンにはまさに待望のDVD化だよ。
それでもどうせならフルで全ツアー出して欲しいってのが偽らざる心境なんだろうなぁ。
でも膨大な資金が必要そうだが(笑)。
今回のには収録されていない、今年のツアー映像は完全版で是非出して欲しいね。まぁでも出すか。
さすがに20周年の記念LIVEは映像化しとかないとね。

明日休みだからゆっくり鑑賞しよう。

2008/12/09

賞与キター

ボーナスが支給された。
今年最初からずっといたわけではないので、額はまぁ微々たるものだけど、くれないよりはくれるだけ全然マシ。
定額給付金も一緒。
ないよりはあった方が良いに決まっているのさ。文句言っている人たちは代わりに貰ってやるから私にクレ。
っていうかまだ支給の目処はたたないのか。

2008/12/08

この英語力のなさよ

仕事で外国人のお客さんの相手をしたわけだが、私のつたない英語力では意志の疎通がうまく取れずに四苦八苦だった。
これでも学生時代英語は得意だった。
中高と成績はほとんど5。
大学入試でも英語の得点が合格の鍵を握っていたほど。
そんな得意な英語だったはずなのに、使わなければすぐにさび付いてしまった。続けて勉強していかなければ語学なんてモノにはならないってことだね。
紙の上では出来ても、実践で使えなければまるで意味がない。これって日本人最大の弱点だよね。
日本で暮らしている外国人のなんと日本語のうまいことよ。
日本人は書きは出来ても、喋りはてんでダメなんだから。
高校の入試の面接の時に、「将来の夢は通訳になることです!」なんて調子の良いことを言っていたあの時の私を笑おう。

2008/12/07

意地を通すこと

本日私はとんでもない親不孝をしました。
詳しいことは書きたくもありません。
でも人間、絶対に譲れないことってあるものでしょう。
ここはその意地を通すしかなかったのです。
後悔はしていません。してはいけないのです。
もしかしたら大切なものを失ったのかもしれないけれど、今回の結論は正しかったと自分に言い聞かせるしかありません。
俺は間違っていない、間違っていないんだ。
我侭を通したのに、この晴れない気持ちはなんなのだろう。

2008/12/06

行き詰る感情が破裂しそう

はぁ、何なんだろう。
ミタサレナイ・・・。
こんなに順風満帆なのに。
どうしてもミタサレナイ。
やっぱりアレか。アレが原因なのか。
近いようで、果てしなく遠い人Sさん。
人生において、あなたと交わえる日はやってくるのでしょうか。
チャンスを待つだけじゃダメなんでしょうか。
でもどうやったらチャンスを作れるのでしょうか。
お願いします、教えてください。
人3人分の距離感、今の私とあなたとの現実です。

I feel the distance with you...

2008/12/05

学校で携帯は必要?否

大阪の某H知事が、小中学生の学校への携帯電話の持込を原則禁止にしたいと発言したことが波紋を呼んでいるとか呼んでいないとか。今時、小学生でも携帯電話を持っているのは当たり前。それだけに反発の声も多いのは仕方がない。
また父兄からも、イザという時に連絡を取りたいから必要という声も多いそうな。

でも、果たしてそうなんだろうか。
実際、携帯電話などない時代に小~高校まで過ごした私だけど、それで困ったことなど一度もない。
そんなものがあることすら想像もしない時代だけに当たり前なのかもしれないが、なくても平気だったという事は事実。
携帯なんかなくたって友達は出来るし、緊急の連絡だって職員室から先生に言付けてもらえれば良いのだから。
だいたい、学校に行っている時に連絡をしなければならないほど緊急の事態って、一体年間何回あるというのか。

携帯を持っていることで、授業に集中できない、試験時の不正、いじめの温床など、悪い点の方が多く思いつく。
そもそもハッキリ言っちゃえば、小中学生の分際で携帯電話なんか持つなんて生意気、ってのが基本的な考え。
今の教師はたいへんだと思うよ。
私の時代にも糞悪ガキはたくさんいたけど、そいつらが携帯を所持していたとしたら、収拾がつかずに授業どころじゃなかっただろうな。良い時代だったんだな、考えてみれば。

2008/12/04

味覚障害その後

何日か前に、味覚がなくなったと騒いでいた私であるが、その後どうなったか報告してないので、書いてみようと思う。
実はまだ完璧には戻っていない。
完調時を100%とすると、現在は60%ぐらい。
微妙に薄く感じる程度だ。
しょっぱい食べ物、飲み物は80%ほどになった。
しかしまだ甘味は50%ほど。全体でだいたい60%ってとこ。
それでも多少でも甘みをわかるようになったのは喜ばしい。
あの状態の時、コーラなどを飲むと酷く気持ち悪かったからね。
原因が不明な以上、急激に良くなることは期待していなかったけど、少しずつもとに戻りつつあると信じて、気にしないようにしよう。といっても味のことだけに、食事のたびにため息が出るのは抑えられないのだが・・・。

2008/12/03

魔球ナックル

史上初の女性プロ野球選手が誕生したとかで、吉田えりさんが話題になっている。
彼女は投手。そして秘密兵器はナックルだと言う。
ナックルと言う変化球は、プロでもあまり投げる人はいない。
いたとしても、本格的なナックルは、少なくとも日本人で投げると言う人は、すぐには思い浮かばない。
そんな唯一無二の魔球を持っているからこそ、女性なのにプロになれたのだ。

でもナックルってハタから見てると、なんであんなユルユルの球打てないんだろうって思うよね。
例えば広島カープにいたフェルナンデスだっけ?彼が登板すると打てそうでワクワクしたもの(苦笑)。
まぁフェルナンデスの場合は防御率からして実際打ち込まれたわけだけど、大リーグではウェークフィールドというとんでもないナックル使いがいて、あの松井秀喜の天敵として有名だ。
極めれば最強の武器、それがナックルと言う球なのだろう。
吉田さんのナックルがどの程度なのかは知らないけど、果たして通用するのか楽しみだね。

もしかしてナックルってプロよりも、むしろズブの素人の方が取っ付きやすく打てたりして!?

2008/12/02

流行語

今年の流行語が発表された。
大賞は、「グ~」と「アラフォー」だそうな。
まぁ、どっちも結構よく耳にしたし、いいんじゃないかな。
その他には前首相の「あなたとは違うんです」とかね。
ほんの一時だけどネットで大ブームを巻き起こしていたようで。

世間ではそんな感じだったみたいだけど、私の周りで流行ったのは、DAIGO言葉だったりする。
モノマネをよくしまういっしゅ。
「ガチで~」ってのもよく使ったね。まぁ、去年のKYみたいに、来年の今頃は絶対使ってないだろうけど。

2008/12/01

私も走る師走

12月に入った。今年もあと1ヶ月。
やっぱり12月は忙しい。
1年の締めだけに、どんな業種でもラストスパートの時期だ。
今日は3時間ほど残業。こんなに残ったの初めて。
無駄な残業はしない主義だけど、やることが多いのだから仕方がない。しっかり残業代稼ぎましょう。

ボーナス、今日貰えるのかな、と思っていたけど違った。
今日は基準日だった。すなわち今日の日付に在籍していた人が、支給される対象だそうな。
気になる支給日は10日ごろだともっぱらの噂。
楽しみです。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »