« 凄い人ということは知っている | トップページ | サイズ問題 »

2009/06/27

朝が起きられなくなってきた

私はいつも朝は6時15分に目覚ましを鳴らしているのだが、最近どうもこの時間に起きるのが辛くなってきた。
別に夜更かしをしているわけではない。
遅くとも11時には寝る態勢に入って、日付が変わる前には眠りの世界に旅立っているはずなのだ。
それなのに起きられない。アラームを消した後また寝ちゃう。
これが冬の朝ならまだ話はわかる。
でも今の時期、これほど眠りへの執着が強くなってしまうのは困りものだ。よっぽど身体が疲弊しているのだろうか。
朝起きてまず思うことは、次の休みはいつかなと言うこと。
ちょっとマイナス思考すぎるね。
明日は日曜日。この前できなかった分しっかり寝溜めしたい。
でもどうせなんやかんやで起きてしまうのだろうな。
静寂を下さい、お願いします。

« 凄い人ということは知っている | トップページ | サイズ問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝が起きられなくなってきた:

« 凄い人ということは知っている | トップページ | サイズ問題 »