« 名作に感謝 | トップページ | 昼間の方が・・・ »

2009/10/29

守備範囲の広がり

昼休み、食堂で飯を食いながら来年度のカレンダーのリストを見ながらなんやかんや喋っていた。
目が行くのはやはり女性タレントのところ。この子は~、あの子は~、なんでこれが推されてるんだ?などなど。
今では女性タレントカレンダーを買うこともまったくなくなってしまったが、かつては毎年一人、1年を共に過ごす人を選んでいたっけなぁ。毎年好みが変わって、連続して同じ人になったことはなかったという。まぁそれだけタレントも旬は短いってことだ。
この中で来年も生き残っている人はどれだけいるやら。

ところで、最近の私はこの子が一押し!って女性タレントがいない。
結構いいなと思う子が何人もいるという状態であり、のめり込むということは一切ないのだ。
これはSさん一筋になってしまったからだろうか。それもあるんだけど、どうも最近好みの守備範囲が広がった気がするのよ。
今までだったら絶対受け付けない!って思ってたようなタイプでも、まぁアリかなって思うように。
もはやなりふり構っていられない、選り好み出来ない・・・って感じなのかも知れませんね。
まぁカレンダーリストに載ってるどの女性よりも、Sさんははるかに可愛いってことだけは確かだ(聞いてないって)。

« 名作に感謝 | トップページ | 昼間の方が・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守備範囲の広がり:

« 名作に感謝 | トップページ | 昼間の方が・・・ »