2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 神戸にリベンジ | トップページ | 大阪はイラチの街 »

2009/11/14

有馬温泉(兵庫県)

三宮よりレンタカーを飛ばして一路有馬温泉へ。
有馬温泉は山の中にある。雰囲気がよさげだ。
有名な温泉だし、一度は行っておきたい温泉だったが、どんなかな。

今回目指したのは日帰り入浴が可能な、太閤の湯という場所。
温泉テーマパークっぽい場所らしい。
いろんな湯船が楽しめるとの事。さぁ疲れを癒そう!

受付に行き館内着に着替える。まずは岩盤浴で汗をかくことにした。
岩盤浴と言えば、かつて秋田の玉川温泉で味わった経験があるが、あれは天然モノの岩盤浴。
ここのはちゃんとした施設だ。30分無料で楽しめる。
さっそく横たわる。適度の蒸し加減が心地よい。
K氏などはさっそくうたた寝。
私は蒸し風呂にも挑戦してみることにした。
まぁサウナみたいなものかな。こちらは何もしないで座ってるだけでも、汗が止まらないほど暑い。が、それが気持ち良い。
まぁ5分が限界でしたけどね・・・。
蒸し風呂は全部で4つあった。最初に試したのは「ねねの蒸し風呂」というところだ。次は金泉蒸し風呂を試す。時間が勿体無いので5分間隔で次は銀泉蒸し風呂。もう汗だく。そろそろ脱水症状起こすんじゃない?ってくらい。

ここで時間が来たので、かいた汗を湯風呂で流すことにした。
大浴場にも様々な種類の湯がある。
金泉、銀泉、炭酸泉。足湯もあるし至れり尽くせり。
それぞれ成分も違うようで、その全てに入って果たしてどんな効果が得られるかわからないが、こういうのはようは気持ちの問題なんだよね。気持ちよかったし、効いたと思えば効いたことになるんだ!

気に入ったのは金泉。褐色の湯だ。いかにも効能が強そう。純粋な金泉は湯あたりを起こす危険性もあるぐらい効くらしい。

さてサッパリしたところでもう夕方。
暗くなる前に有馬温泉街を歩いてみることにした。
太閤殿下のご用達の温泉だけあって、付近には、ねね像や太閤像が立っている。

 

有馬温泉名物と言えば、炭酸煎餅や、サイダーが挙げられる。
おみやげに炭酸煎餅を購入したので、自分ではサイダーを飲んでみた。

まぁ普通のサイダーじゃない?ってか量が多いよ!

ここらで大阪へ帰る時間になった。
名残惜しいような気もするが、十分リフレッシュできたのではないか。
最近温泉に入るのが楽しみで、楽しみで・・・。年だわね。
今度はどこの温泉に行ってみようかなぁ。


有馬温泉データ
金泉
温度:82.4℃
泉質:含鉄-ナトリウム-塩化物泉 
効能:やけど、切り傷、リウマチ、冷え性、慢性皮膚病、慢性婦人病など
銀泉
温度:29.4℃
泉質:二酸化炭素泉、放射能泉
効能:神経痛、慢性消化器病、高血圧症、動脈硬化症など

« 神戸にリベンジ | トップページ | 大阪はイラチの街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有馬温泉(兵庫県):

« 神戸にリベンジ | トップページ | 大阪はイラチの街 »