2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009/12/31

Thank you 2009

今日は大晦日。仕事仕事で曜日感覚がなくなっているせいか、なんだかそんな感じでもないけどね。
なにはともあれ、あと数時間で年が明ける。
2010年ですよ。ミレニアムだY2K問題だ言われてたあの頃からもう10年経っちゃったんですよ!嫌ですねぇ・・・。
今年はまぁいろいろあったけど、基本的に私生活は充実していたんじゃないかな。いわゆる逆境的なものはなにもなかった。
20代中盤は苦しいことばかりだったので、そろそろ凪の状態に入ってくれればいいんだけどね。
刺激がなければないでそれはそれで退屈なのかもしれないけど。
でもとにかく幸せになりたいね、来年は。

2009/12/30

数にこだわった1年

今年1年間で読んだ本は合計66冊でした。
ちなみに去年は47冊。
今年はとにかく去年の数字を越えて、ひたすら今の自分にはどれだけの読書量に耐えられるか挑戦してみたのだ。
その結果が66冊。まぁまぁかなと思う。
読書家の人達の中には軽く年間100冊超えちゃう人もいるんだろうけど、仕事や他に趣味の多い中、これだけの数字を残せたのは満足。
ただ、数打てば当たると言うものでもなく、去年ほど、これは素晴らしい!と打ち震える名作に出会えなかったのは残念。
来年は数にはもうこだわらず、質の高い作品にめぐり合えることを第一に考えて本選びをしていこうと思う。
でもとりあえずはここ数年で買った中から再読してみたいのがいくつかあるので、それ読んでからだな。

ちなみに、2009年のランキングです。

作家別読破数ベスト5
1位 東野圭吾 11冊
2位 誉田哲也 7冊
3位 伊坂幸太郎 4冊
4位 折原一 3冊
4位 佐々木譲 3冊

東野は去年も多かったけど、今年は何と言っても誉田の年。
姫川シリーズもいいけど、やっぱジウでしょうね。

これが面白かったベスト5
1位 陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
2位 最悪 奥田英朗
3位 週末のフール 伊坂幸太郎
4位 幻夜 東野圭吾
5位 火の粉 雫井脩介

まぁ今更って作品ばかりなんでしょうが・・・。
今年後半に読んだ陽気なギャング~シリーズには完璧にやられました。それまで伊坂作品も結構読んできたけど、この作品は突き抜けている。キャラクター達が面白すぎてやばい。この作家もまた天才の一人だね。


来年はどんな作家、どんな作品に出会えるかな。
とくに貴志祐介先生、新作お待ちしております(笑)。


今年のラスト66冊目

2009/12/29

厳しい目標でした・・・

今年も大詰め。ということで、恒例の年頭に立てた目標は達成できたのかを発表します。
今年1月に立てた目標は、

1、愛しのSさんに告白する!
2、レーシック手術をする

というものでした。
結論から言えば、どちらも達成は出来ませんでした。
ええ、ものの見事に、ザ・ゼロです(笑)。
どちらもちょっと目標が大きすぎたか・・・。
しかしどちらも自分の人生において、避けては通れないかもしれない重大な目標なことに変わりはないのです。
来年の目標はまた別に考えるかもしれないけど、今年の目標だったこれらも、引き続き継続していければと思います。
目標、達成できなくて、スマン!
まだ2日残ってるぞってツッコミはスルーってことで(笑)。

2009/12/28

目と目が合ったら迷うことはない

Sさんと時々目が合うのは何でだろう。それは私が常に視界の中にあの子を意識しているからだと思っていた。
だけど、今日は何の気なしに視線を動かしたら、向こうがこっちを見ていたような気がしたのだ。
勘違いかなぁ。
思わずドキッとしてしまい慌てて視線を外してしまった。
なんて純情なんでしょう。
まるで思春期のように悩んでしまいます。

2009/12/27

最後の勝負に勝ったった

苦労して行った有馬記念は3連単で万馬券をいただきました。
今年はいろいろな場所に遠征してきたけど、オーラスを最高の形で締めくくることが出来て幸せです。
なにしろ持っていった資金がまったく減らなかったのが大きい。
これで仕事が一段落したら、のんびりまた温泉にでも行けそうです。
でも今日のところはもう何もする力は残ってない。
支離滅裂気味な文章を書いているかもしれないがカンベンしてちょ。
次の休みまで残り8日。乗り切るためにも寝ます、おやすみ~。

2009/12/26

このフットワークの軽さよ

仕事は今日も21時まで残業。
そしてそのまま家に帰ることなく電車に飛び乗った。
さすがに鈍行は辛いので新幹線でね。
もうすでにクタクタで、東京についてから飯を食いに行く気力もなさそうだったので駅弁を購入して食べながら行った。
こんなにせわしない思いをしてでも行きたいのよ、有馬記念。
でもこのフットワークの軽さはいつまでも持ち続けたいね。

2009/12/25

それでも私は行かねばならない

メリークリトリスぐへへ~

・・・疲れてます。
超残業を終えて今帰ってきて一息ついたところだよ。
明日もきっとこんな感じだろうなぁ。師走は忙しい!
そんな忙しい中、明日は仕事終わりにそのまま東京遠征。
だいたいこの時間には電車に乗ってることになる。
かなり強行スケジュールだよね。日曜日に休みをもらえたからなんだけど、よく見てみれば日曜休みは私だけだったりする。
なんだか申し訳ない気がしないでもない。
それでも私は行かねばならない。有馬記念は1年の総決算。
何を投げ打っても駆けつけなければならないのだ!

2009/12/24

目標があれば

給料日♪
今回の預金で、一人暮らしのために定めた貯金目標額まであとわずかと迫った。1月の給料で確実に達成できるだろう。
ようやくここまでたどり着いた。

今日はクリスマス・イブ。世間じゃ明日の本番より大事な日。
私は仕事。
愛しのSさんはお休み(涙)。
このやり場のない悔しさ、やるせなさはすべて仕事にぶつけよう。
俺は必ずもう一段レベルアップしてみせる。さらに殻を破るんだ。
そして来年こそは絶対にあの人に相応しい男になってみせる!

何事にも目標があれば人は頑張れるというお話でした。

2009/12/23

12連戦を前に

今日はお休み。何もしない1日だ。大掃除をするのもいいかと思ったが、今日はひたすら休養に努めることにした。
と言うのも今日を最後にしばらく休みがない。
今週日曜も仕事は休みなのだが、有馬記念に強行参戦のため東京遠征する予定なので、ゆっくりできるのは今日だけ。
年明け5日まで休みはない。クリスマスも正月もない。
因果な商売だが仕方がない。有馬記念があるだけ今年はマシ。
恐怖の12連戦。なんとか乗り切るためにも体力温存だ。


今年の65冊目

2009/12/22

信じられるのは己の力のみ

民主党の化けの皮がはがれて来ている今日この頃ですが、かと言って自民のままで良かったかと言えば決してそうでもなく、結局どの政党が政権をとってもこの国はダメなんだなぁと思う次第であります。
でもこれだけマニフェストを守れないのはほとんど詐欺だろ。
やっぱ信じられるのは自分の力だけだよな。
自分の力で生き抜いていくしかないんだ・・・。
誰にも期待しちゃいけないんだ・・・。

2009/12/21

スタミナ不足

酒は次の日に残さなくても、
疲れは引きずっちゃう私なのでした。。。
やっぱ土曜仕事終わり→日付が変わるまで飲み→早朝起床→競馬ってパターンは肉体に辛いのかな。
年のせいなのか、たんにスタミナ不足なのか。
後者かなぁ・・・後者であって欲しい!

2009/12/20

それ二日酔いだよ

昨日はらーめんを食った後、居酒屋へ梯子して軽く一杯引っ掛けるつもりが、痛飲する事態に。
なんだかとことん酔っ払いたい気分だったので。
で、ビールだのサワーだのカクテルだのいろいろ試しているうちに、自分のリミットを越えてしまった。
こうなるとまともに歩けない。
なんとかホテルに戻ったら戻ったで、気持ち悪くてたまらない。
倒れるようにベッドに横たわり、即落ちたわけだが、今度は猛烈な喉の渇きで3時ごろ目覚めてしまう始末。
弱いんだからアルコールはほどほどにしなきゃ・・・。

でも、そんな私でも誇れるのは二日酔いにはならないこと。
前日の酒は寝れば消えちゃうのだ。
んで、一晩明けて元気な私を尻目に、相棒のK氏はどこかダルそう。
朝食のバイキングでも、大食漢の氏が一切手をつけない。
本人は風邪ひいた風邪ひいたと唸っていたが、頭痛と吐き気という症状を聞くに、それってまんま二日酔いの症状じゃん!と突っ込まずにはいられなかった。実際時間がたつにつれ具合は改善。
やっぱ二日酔いだったのね。

2009/12/19

みっともない

Sさんが隣に来るだけで顔が赤くなる。
Sさんが近くに来るだけで体温が上昇する。
Sさんの気配を感じるだけで心拍数が激増する。
Sさんを意識するだけで汗が止まらない。
うろたえてばっかで、落ち着きがなく相当みっともなかったな、今日の私。情けなくて自己嫌悪で涙が出そうだよ。


仕事を終えた足で東京へ向かった。
目的は中山競馬と、らーめん勝だ。
Sさんにも教えてあげたい。ここのらーめんの美味さを。


今年の64冊目

2009/12/18

コンビニの定義

本日、長年その場所にあったセブンイレブンが場所を変えてリニューアルオープンしたので行ってみた。
パン類が30円引きだったのでいくつか購入。
前の店舗のすぐ目の前に新しく作ったのだけど、あまり意図の伝わらない移転ではある。広くはなったけどね。

ところで、私の家の近くで他にも近々コンビニがオープン予定の場所がある。でもそんなにコンビニだらけにしてどうするのか。
競争に敗れた店は消えていくのだろうけどね。
小学生の頃仲の良かった友達の父親が店長だったローソンが潰れて、転校を余儀なくされた時は悲しかったなぁ。
この辺も結構激戦区なのかもしれんね。

まぁコンビニだらけになるわけだけど、私がコンビニだと認めるのは、15時過ぎになれば東スポが揃えてある所だけだがね。
コンビニの定義は、「おやつの時間に東スポ」、これである。
その条件を満たさないところはただの駄菓子屋だ。

2009/12/17

ベンチがアホ

「ベンチがアホやから野球がでけへん」とはプロ野球史上に残る名言暴言であるが、我々一般の会社でも時に同じような事が言えよう。
どうしようもなく無能な上司や役職達。
そんなのにこき使われる下っ端は悲惨だ。
先日読んだ、とある本に良い言葉が出てきたので紹介してみる。

「上司がするべき(しなければならない)仕事は次の二つである。すなわち、決断をすることと、責任を取ることだ」

まさにいい得て妙。決断力がなく、責任から逃げまくるくせに、自分の考えだけは押し通す。いるんだよね。まさに最悪。

「責任を取る。それが私の仕事だ」
某映画でギバちゃんが言ったセリフ。こんなこと言ってくれる上司がいたらさぞかしいいことだろうね。

2009/12/16

今年は大掃除しなきゃな

今日はお休み。久々の週中の休日を満喫した。
と言ってもダラダラ寝たり本読んだりしてただけだが。
しかし今日は事のほか冷え込みましたな。
暖冬かなと思いかけてたけど、やっぱ冬は寒いっす。

寒さを理由にダラダラ過ごしたわけだけど、あまり綺麗とはいえない部屋を見渡して思う。
今年は大掃除しなきゃな、と。
前回大掃除なる年末恒例の行事を行ったのは2007年。
去年は仕事の忙しさにかまけてやらなかった。
今年も忙しいことに変わりはないけど、そろそろ部屋もゴチャゴチャしてきたし、本棚の本達も埃をかぶりまくってるのを見て、やっぱやらなきゃかなと思うのだった。
チャンス的には来週の祝日なんだけどね。それを逃したら今年もやる機会はない。
思うだけでなく、行動に移せるか・・・それが最大の問題である。


今年の63冊目

2009/12/15

ようこそアナハイムへ

松井とうとうヤンキースと決別したかぁ。
まぁワールドシリーズVでしかもMVPと一応やりきった感はあるしねぇ。いらないって言うなら無理に残ることもないか。
移籍先が私の好きなエンゼルスってのがいいじゃないか。
エンゼルスは強いぞ~。ヤンキースにだって全然見劣らないくらい。
ワールドシリーズにだってまた出られるさ。

しかしメジャーの試合も一度は見に行ってみたいんだよね。
日本に来たときじゃなくて、現地で。
なかなかそんなチャンスはないんだろうけどさ。

2009/12/14

ストレスを感じずに生きる

今、日々を暮らしていく上で苦痛に感じることはあまりない。
一日のおよそ半分の割合を占める仕事も、特に問題はない。
人間関係でも、苦手な人はいても、嫌いな人はいない。嫌いな人がいないと言うことは、ストレスを溜めない上で非常に大事。
もし職場に嫌いな人がいたら、きっと毎日が何かと憂鬱であろう。
むしろ好きな人に会える楽しみの方がでかいしね(笑)。
まぁもういい大人なので、中高生の頃のように人の好き嫌いで振り回されているようではダメだね。
苦手な人はいても、この年になれば処世術のひとつやふたつ身についている。問題にはならない。
でもストレスは健康に悪いので、これはいいことだよ。
私がかつて病気になったのも、原因は間違いなくストレスだから。
仕事で溜まるストレスが知れたものである私は、幸せなのだろうね。
師走の忙しい今日この頃に、ふと思ったのでした。

2009/12/13

お金は大事だよ~

先日ボーナスで買いたいものは特にないと書いたが、よくよく考えると欲しい物は結構あったりする。

・地デジ対応テレビ
・1000万画素以上のコンデジ
・デジタル一眼レフ
・パソコン
・バイク
・革ジャン

ちょと考えただけでもこんなに挙がった。もちろんこれを全てそろえるのは不可能。買うならどれか一つであろう。
でも今の私はそれら物欲以上に、貯金に対する気持ちの方が強いのも事実だ。
こんな不透明な世の中、ものを言うのはやっぱお金。
お金はいくら持っていても足りないくらいだ。
貯金は大事。若いうちに必死で貯めなきゃきっと後悔する。
通帳を見て、毎月少しずつ増えていく数字にニンマリとする瞬間が、実は物欲を満たすよりも至福の瞬間なのだ。


今年の62冊目

2009/12/12

来年の予定が見えるのが・・・

私のカレンダーは、毎年競馬雑誌サラブレのおまけについている競馬カレンダーである。今年も買ってきた。
重賞レースの年間予定が乗っていて便利だ。
これに仕事の休みの日をチェック入れたりしている。
でも何よりも重宝しているのはやっぱ競馬の日程だ。
カレンダーを見ていると、すでに来年の自分がいつどこで何をしているのかが、想像できて怖い(笑)。
30歳の誕生日は京都競馬場で迎えているのかな。
たぶんそうだろうな・・・。

2009/12/11

もう今年を振り返る時期ですか

今年の世相を表す漢字一文字は「新」だそうだ。
てっきり、「菌」だとか「流」が来ると思ったんだがなぁ。
新ってなんだよ・・・新政権か?
ああそうか、「新」型インフルエンザってことなのか。

では私自身の今年を漢字一文字で表現すると何だろう。
去年は「恋」だった。そして来年は「愛」に変わればいいと書いた。
しかし、今年の私の1年は、「想」、もしくは「旅」かな。
「想」は当然、未だにSさんに片「想」い・・・から来ている。
「旅」は、今年は本当にあちこちいろいろ飛び回ったなと。
まぁ前向きな漢字(感じ)でいいんじゃないっすかね。

来年はどんな1年になるのかな。ほんと、「愛」な1年にしたい・・・。

2009/12/10

ボーナスの使い道

冬のボーナスが支給されました(^^)
頑張ってきたカイがあるというものです。
まぁ額はそうたいしたことはないけれど、この不況のさなか、ちゃんと夏、冬と貰えるだけでどれだけありがたいか。
世間の企業じゃボーナスカットや削減が当たり前なのがこの冬の現状なのだという話を新聞なんかで目にするしね。
ところで調べてみたら、やっぱ夏よりも冬のボーナスの方がちょっとだけ多いみたいだね。
12月は物入りの時期だけにありがたいんじゃ。
でもその物入りの季節ですが、私はとくにボーナスの使い道が思い浮かびませんでした。無理して買いたいものはない。
だから全額貯金に回しておいたのです。なんて堅実なんでしょう。
また遠征費で必要な時が来るだろう。その時のためにね。


今年の61冊目

2009/12/09

巨乳になりたい

風呂上りに鏡に自分の裸体を映し見て思う。
引き締まったいい肉体じゃないか・・・(ウホッ)。
年の割には腹も出てないし、筋肉も適度についている。
一時期はくびれまであった。
でも不満な部分もある。それは胸だ。
大胸筋がちょっと寂しい。胸が薄いと貧弱に見えてしまう。
ここの部分に重点を置いてトレーニングすれば、さらに理想的な肉体になるはずだ。
2010年はTylor巨乳化計画をたてようか。
でも大胸筋をつけるのに適したトレーニングって何でしょうねぇ。
ダンベルか?

2009/12/08

お前誰だよ

最近本社の方からお偉いさんが来ていて、職場に目を光らせている。社員の勤務態度やコンプライアンス違反がないかと。
仕事ぶりをチェックし、課長相手に、ああだこうだと指摘する。
課長であっても叱責の的になったりする。
朝礼の時も偉そうに訓示を垂れるわけだが、全社員の前で課長にダメ出ししたりもして、下っ端としては見てられない。
煩い役職陣にまた一人加わった形で空気は重い。
だけど我々下っ端からすれば、突然やってきていつの間にか定着しているけど、おまえ一体誰だよって感じなのです。
そういや名前すら知らないし(笑)。
所詮現場の苦労は現場にしかわからないのだ。
逆に言えば経営陣の苦労も現場にはわからないんだけどね。
まぁあまり関わりあいになりたくない人物なので、本社に帰るまで目立たないようにジッとしていよう。
その他大勢に紛れ込むのは得意ですから(笑)。

2009/12/07

サービスはしません

やはり師走は忙しい。
それゆえどうしても残業が増える。
だけどそれを好ましく思わないものもいる。
経営陣だ。
まぁ彼らにも彼らの立場がある。
だからと言って、仕事をほっぽらかして定時で帰っていいというものでもないから、なかなか難しい問題だ。
テキパキ早く終わらせることが出来ればそれにこしたことはないんだけどね。だけどサービス残業、これだけはNG。
世間様はどうかわからんが、ウチではサービス残業だけは絶対するなという風潮がある。
それだけはウチの会社の数少ない美徳だと思う。
12月は稼ぎ時だ。

2009/12/06

どうやら私は多趣味らしい

よく他人に公言できる趣味がないって人がいるけど、私の場合もちょっと前まではそんな感じだった。
だけど、ここ数年で、なんだか結構人生を楽しんでいる気がして、自分の趣味と言えるものがいつくあるか考えてみた。
すると、なんとこんなにいっぱいあったではないか。

・競馬
・野球
・読書(主にミステリ)
・温泉
・ブログ
・旅行
・ラーメン
・鉄道(時刻表含む)
・映画
・ドラマ
・カメラ
・ROCK
・LIVE
・メジャーリーググッズ集め
・観光地の小物集め
・猫


これだけ多ければ、大抵の人と話題が合うはずなんだけどねぇ。まぁ、オヤジ趣味やマニアックなのが多いのは気のせいだとして・・・。
今後このリストに加えたいものとしては、バイクが挙げられる。
最近ちょっと興味持ち始めてきたんですよねぇ・・・。
年が明けたら普免取りにいってみようかなぁ。


今年の60冊目

2009/12/05

切ねえぜ

ああ、Sさん、Sさん、Sさん!
今日は顔をあわせる機会がやたら多かったですね。でもいざ2人っきりになっても何を喋っていいかわかんないんですよ!
とっかかりが難しい。
これが朝なら、おはようございます。帰りなら、お疲れ様でした。
って自然に会話がスタート出来そうなんだけどね。
それにしても気のせいか、目の合う回数が多いなぁ。
それって私がSさんばっかり見てるからかもしれませんが(笑)。
可愛すぎるよ。切なすぎるよ。もう、たまりましぇーん。
しっかしねぇ・・・今年も残りわずかだというのに、去年から何も変わってないじゃないっすか・・・。

2009/12/04

私の流行語

今年の流行語大賞は、政権交代だったらしい。
そういえば選挙があったのって今年だったっけねぇ。
なんだか遠い昔のような気がするけど・・・。
よく聞いた言葉ではありました。
でも実際自分が使っていたかと言えば、それはまったくない。

では今年は自分ではどんな言葉をよく使っていたかというと。
それは小倉智昭のモノマネをする人のモノマネで、
「おはようございま~す、ジーコジャパンやりました~」
朝に親しい人間に電話する時の第一声はまずこれだった(笑)。
ちょっとずれてますね、私・・・。

2009/12/03

以心伝心

次の勤務表の仮バージョンを盗み見したのだが、どうしても休みたかった日が非番になっていて驚いた。
それは競馬の有馬記念が行われる日なのだが、私の仕事は(まぁどこもそうでしょうが)年末は忙しく日曜日もなにもなしで働きどおしになるので、去年は涙をのんで、有馬記念は休憩室でテレビ観戦になってしまった。
今年もどうせ無理だろうなと半ば諦めていただけに、まさかまさかの休みをもらえて嬉しい誤算だ。
ま、と言っても、その勤務表は仮のものであり、これから微調整が行われるはずで、まだどうなるかはわからない。
だけど仮とは言えよくこの日を休みに入れてくれたよな。
私が競馬狂だってことは勤務表を作る課長代理のTさんには言ってなかったのに。これぞ以心伝心か!?
これくらい心が通わなきゃいい仕事はできないってか(笑)。

2009/12/02

敗北者

ヤフーオークションで某商品を落札しようと狙っていたのだが、寸前に自分を上回る入札をされ、取り逃してしまった。
久々のオークション利用だったので駆け引きとか忘れてたよ。
あれって時間終了直前に入札されると、残り時間が若干延びるんだったねぇ・・・。まさに直前に値上げされてしまった。
しかもいつの間にか、フリーの最高入札額が5000円までになっている。それ以上はYahoo! BB会員じゃないと出来ないのね。
競った相手の最高入札額が5000円を超えてしまったので、その時点で私の敗北は決定した。
最後にヤフオク利用したのって2003年だから、何もかも使い勝手をわかってなかったってことになるね。
それじゃ歴戦のユーザーには歯が立たないよ。
私も6年前は終了1分前に一挙数千円値上げを敢行して見事落札したことがあったのに、まぁ今回は完敗ですわ。
結構欲しかった商品なので、また出品されたら狙ってみよう。
今度は5000円以上の闘いにならないことを願って。
私の会社の某主任がオークションマニアなので、今度必勝法をレクチャーしてもらおうかな。

2009/12/01

勝負月間スタート

ゆっくりと12月のあかりが灯りはじめ~♪

ってことで師走です。忙しい、忙しいひと月が始まりました。
去年のことを思い出すと、ゲンナリするほど忙しかった記憶がよみがえります。去年の12月は5日くらいしか休みなかったなぁ。
今年は人並みに休みは貰えそうですが、おそらく毎日残業必至となることでしょう。
年が明けるまで一息もつけないので、年末のイベント(クリスマス、忘年会、有馬記念etc...)はどれも不参加になるでしょう。
因果な商売だよ・・・。人々が楽しんでる時働くのか。
まぁ逆に言えば1年で1番の稼ぎ時なのだけどね。

ところで昨日発覚したミス。今日は特に何もなかったなぁ。
心なしか課長の視線が鋭く突き刺さっていたような気はしたけど。
このまま忘れてくれればいいんだけど・・・。
世の中そう甘くないか。嫌なことは仕事に没頭して忘れるしかない。


今年の59冊目

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »