2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« いつも雨だった | トップページ | スタットコール »

2010/03/04

B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic”リポ

行ってきました久々のLIVE。
仕事を定時で終えれるように必死に頑張って。
おかげさまでボロボロに疲れ果てましたが、チャイムと同時に退社でき、予定通りの時刻の新幹線に乗れました。
東京ドームに着いたのは開演40分前。
十分でしょう。
とりあえずグッズ売り場でツアーTシャツ1枚と、ツアートラックのミニカーを購入。そして足早に入場。
始まるまでの緊張感とワクワク感がたまりませんねぇ。

以下ネタバレ御免。

開演前にも客を飽きさせない演出あり、入場者に配布されるミニファンクラブ会報ありで、高揚感を煽ってくれます。
そして定刻の19時を12分ほど過ぎたあたりで客電が落ちました。LIVEスタートです。


まずはギターの松本孝弘さんが登場。
そしていきなり美しいトーンのギターソロで魅了してくれます。なだれ込むようにIntroductionに入り、そして1曲目がド派手に始まりました。

01.DIVE
せーのでDIVE!
1曲目で盛り上げるには最適の曲でしょう。

02.Time Flies
アルバム曲。
ボーカルの稲葉浩志さんの調子もGOODです。

曲終わりに、恒例の「B'zのLIVE-GYMにようこそ」
今回もまた凝ったネタで笑わせてもらいました。

03.MY LONELY TOWN
シングル最新曲。サマソニの時よりだいぶ完成度が高いようでした。

04.今夜月の見える丘に
ここから立て続けに聴かせる曲が始まります。
この曲のギターソロ大好き。

05.PRAY
アルバム曲。好きな曲。
ほとばしるこの想い (誰かのために~)
客席に大合唱を煽ります。ここぞとばかりに熱唱。

06.TIME
かつてのLIVE定番曲。
私のLIVE参戦暦では久々に聴いたかな?
ちょうど最近またこの曲が好きになっていたところなので嬉しかった。

07.TINY DROPS
アルバム曲。しっとり系が続くので若干のダレ気味感が漂う。
この曲はLIVE向けじゃないかもしれませんね。良い曲だけどね。

08.OCEAN
最近のLIVEの新しい定番曲。
この曲も熱心なファンには食傷気味かな。
でも私は大好き。こんな綺麗なメロディなかなかないって。
ラストのキーボードの増田さんのソロとか鳥肌モノ。

09.LOVE PHANTOM
ここまでの静寂を突き破るかのような歓声がイントロと同時に上がります。
やっぱ人気があるなぁ、この曲。
さすがB'z史上もっとも完成度の高い曲(推定)。

10.MAGIC
アルバム曲。
ギターソロがかっこよすぎてチビりそうです。

ここで今回のLIVEの最大の演出、動くステージが稼動。
センターステージ(バックスクリーン側にあったもの)が、ホームベース側まで移動・・・と書けば野球を知ってる人ならわかるかな。

11.Mayday!
アルバム曲。初めて聴いた時、LIVEでは盛り上がりそうだなと思っていたけど、まさかこれほどとは・・・。
最高の気分になれます!

12.love me, I love you
古さを感じないいつ聴いても良い曲ですねぇ。

13.ultra soul
LIVE超定番曲を演りながらステージはもとの位置に戻っていきます。
汗を飛ばしながらジャンプ。ウルトラソウル!ハイ!

14.LOVE IS DEAD
今回のシブ選曲。
難易度の高いギターソロをちゃんと弾いてくれたのが嬉しい。

15.IT'S SHOWTIME!!
おお、これは久々。この曲って絶対LIVE向けだと思うんです。
もっとやってもいいぐらい。
僕に足りないのは~ (想像力!) YES! ・・・はガチ。

16.Freedom Train
アルバム曲。
この曲超かっけー。やばい。

17.だれにも言えねぇ
アルバム曲。
この曲超最高。泣きそうになる。

演出:だれにも言えねぇ井戸(ようするに王様の耳はロバの耳みたいな感じに、井戸に向かって秘密を喋るコーナー)
ネタ「キーボードの増田さんは8年ぐらい前からエアロビに通っている。しかも週4回」

18.MOVE
2003年ツアー以来に聴きました。
あまりにも爆音すぎて、ドームの音響では音程が聴き取り辛いくらい。

19.愛のバクダン
この曲の盛り上がり方は半端じゃない。
この日1番と言ってもいいぐらい客席は燃え上がった。

20.long time no see
アルバム曲。
本編最後を飾るのはこのノリの良い曲。
たっぷり余韻を残して、一旦メンバーは下がります。

アンコール待ちの間これまでを振り返って、まだあの曲が出てないな、アンコール1発目かな、それともやらないのかな、などと考えていました。あの曲とは2009年の年間チャート6位になったあの曲ですね。

Encore
21.愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
これは意外な選曲。メンバー自身がLIVE向けじゃないって言ってたので、Pleasureツアーならともかく、アルバムツアーで持ってくるとは思わなかった。絶対イチブトゼンブが来ると思ってたのである意味肩透かし。

22.イチブトゼンブ-Ballad Version-
ここで来ました。しかもバラードバージョン。
稲葉さんが歌い始めた瞬間、客席からおお~とどよめきが。
バラードバージョンで来るとはこれまたたまげたなぁ。

23.イチブトゼンブ
と思いきや、やっぱりオリジナルバージョンも来ました。
やっぱLIVEのトリにするならこっちじゃなきゃですね。
バラード→オリジナルの流れはドラマでよく聴いた展開でしたね。


こうして幕を閉じた今回のLIVE。
仕事でヘトヘトに疲れていたのに、始まったら不思議なことにどんどん力が沸いてくるんですよね。
これが本当のB'zのLIVEマジックってやつなんでしょうか。
明日への糧を得ることが出来ました。
毎回、ほんとメンバーには助けられます。

そして、今年はこれで終わりじゃない。
いままで同一公演を複数回行ったことはなかったけど、今回はまた日曜日にもファイナル公演に参戦します。
今度は開演が1時間早い18時なので、今日みたいな忙しない思いをして岐路に着かねばならぬ心配もありません。
2回目なので、今度は余裕も生まれることでしょう。
今日とはまた別の視点から楽しんで来たいですね。

しかしやっぱ最高だった。ほんとありがとうございます。

« いつも雨だった | トップページ | スタットコール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic”リポ:

« いつも雨だった | トップページ | スタットコール »