« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010/04/30

飛び飛びGWの悲しさ

明日からの京都行きに備えて東京入り。
すっかりお馴染みとなった神田宿泊。
焼き鳥屋で軽くやってすぐに寝た。
明後日にはもう帰ってくる弾丸日程。
もっとゆっくり楽しみたいんだけど、そこは仕事持ちの悲しさ。
ゴールデンウィークたって、連休は望めないのだ。
だから極力体力は温存して旅行に臨みたいんだ。
そんじゃおやすみ。

2010/04/29

ゴールデンなウィーク

今年のゴールデンウィークは大型連休。
そんなニュースを目にするけど、私の場合は明日と、来週の月曜日が仕事。つまり飛び飛びな休み。
ゆえに、明日は仕事を終えた足で京都遠征に旅立ち、日曜日にはもう戻ってこなきゃなのです。
せっかく京都まで行くのにゆっくりできないのは痛い。
みんなが休んで遊んでいる時にする仕事は辛い・・・。

2010/04/28

課題

明日の休みで、今ひいている鼻風邪を治すべし。
遠征に鼻グズグズで行くのは辛い。
それにしても天候不順、いい加減にして欲しい。
もう4月も終わりでっせ。

2010/04/27

6月のあたまに3連休が・・・

勤務指定によると、6月の最初の週末に3連休が組み込まれている。いわゆる無駄な連休だ。
有給は出来るだけ溜めたい私にとって、こんないらんところで使いたくないというのが正直な気持ち。
まぁ会社からすればどんどん消化させないと困るんだろうけど。その3連休はどうしようかなぁ。
日曜日は競馬の安田記念があるなぁ。
でもその前の2日は・・・。
うーむ、温泉か?またどこか温泉行くか?
思えば1月に石和に行って以来、温泉から遠ざかっている。そろそろ疲れも溜まっているし、ゆっくりとお湯に浸かりたい気もする。
関東近辺で良さげな温泉地ってどこかがあるかな。
伊豆方面は個人的に方角が悪いので避けたいのだけど。
まぁその前にダービーで資金が底をついてないことが大前提なんだけどね。ちょっと考えてみよう。

2010/04/26

もし目覚ましが知らないうちに壊れたら・・・

なんと、今朝は携帯のアラームのセットを忘れてしまい、寝坊してしまった。幸い大事には至らなかったが、もしそのまま爆睡していたらと思うと恐ろしい。でも考えてみれば機械に頼りっきりと言うのも怖い話だ。
だっていつ壊れてもおかしくないじゃん。
それに依存しきっている我々は、常に遅刻のリスクを背負って生きていると言うことか・・・。
ああ、毎朝優しく起こしてくれる可愛い奥さんが欲しい。
っていうかSさんに起こして欲しい(望)。

2010/04/25

今度の京都はどこへ行こう

来週は京都行き。私は京都が大好き。
そう、2006年に中学生の修学旅行以来に京都に行って以来、ほぼ毎年1度は京都に行っている。
もうだいぶ名所と呼ばれる場所は回ったであろう。
でもそんなに簡単にはコンプリートできないのが京都の奥の深さ。今回はどこへ行こう。
それを考えてる時が一番楽しいときなのだ。

2010/04/24

やりすぎかもね(笑)

日本ダービーの指定席抽選に当選した。
これでめんどくさい開門待ちから開放されるぞ、やっほー。
しかしそりゃね、ハガキ150枚も出しゃ当たるわよね。
建て前上は複数応募は無効とされてるけど、実際はこの通りだから、たくさん出した者勝ちなのだ。
だけどさすがに150枚はやりすぎか(笑)。
年賀ハガキいっぱい余ってたのよ・・・。

2010/04/23

残業不可欠

給料日♪
明細見て・・・少なっ
そうか、2月、3月は残業一切しなかったもんなぁ。
潤いある生活のためには、嫌でも残業しなきゃか。
でもほんとは疲れるから毎日定時で帰りたいんだ。
ようするに、金のためと我慢できるか否かってことだね。
今月は結構頑張ってるから、次の給料日を楽しみにしよう。
それまでしのげるかな?これから遠征多いんだぞ~。

2010/04/22

とっても今更なんだけど

最近、戸田恵梨香が好き。二十歳前後の女優の中では、抜群に演じられる役の幅が広いと思う。
昔はあんまり好きじゃなかったのに、見るドラマ、見るドラマによく出演していて、だんだん気に入ってきたみたいだ。
ちなみに好きな役どころベスト3は、

1位 ライアーゲームの「ナオちゃん」
2位 流星の絆の「しー」
3位 コードブルーの「緋山先生」

かな。
今クールは何も出てないのか~。

2010/04/21

GOLD LISENCE

お休みだった今日は、風が強くて出かけるのが嫌だったけど、免許証の更新に総合交通センターまで行ってきました。
これで3度目の更新。
交付されたのは金色の、通称ゴールド免許。過去5年間無事故無違反だった者に与えられる、優良運転者の証だ。
もっとも、運転する機会が極端に少ない者ならば、簡単に手に入ってしまうというカラクリも存在するわけだが・・・。
しかし、この優良運転者の認定を受けた人は、長ったらしい講習もうけずに済む(それでも30分はあったが)。
見た目も緑→青→金とステップアップした感じでいい。
そうそう、なんか今回の更新で、保有する免許の名称表記が、普通から中型に変わったね。中型自動車、中型免許ってカテゴリが新設されたみたいだ。ただし中型車は8tに限る・・・らしい。

ところで免許更新で毎回問題になるのは写真撮影。
これが毎回失敗して後悔するんだ。
だいたい撮影する人がわざと失敗させようとしてるんじゃって疑惑が・・・。だって撮る時、アゴあげてくださいって言うんだもん。これで毎回不自然にアゴがあがった状態でパシャリと撮られちゃう。まぁ今回の撮影は許容範囲ですんでホッとしたけど。

次回更新は平成27年。5年後だ。
ゴールド免許は有効期間も長いのだ。

2010/04/20

時期をずらすのやめて欲しい

今クールのドラマで初回を見た(見る予定)のは以下。

月 月の恋人〜Moon Lovers〜(フジ)
火 絶対零度~未解決事件特命捜査~(フジ)
   チーム・バチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋(フジ)
木 素直になれなくて(フジ)
日 新参者(TBS)


数的には普通ですね。
久々にTBSの日曜劇場を見ている感じ。
東野圭吾原作モノだから大いに期待してたんだけど、初回を見る限りはイマイチ!?
他の作品も、可もなく不可もなしと言ったところ。
今のところ一番面白いのはジェネラル。
まぁ続編モノだからある程度の期待には応えていると思う。
後は月9がどうなるか。そうそう、ドラマのスタート時期をずらすのっていい加減やめて欲しい。
せっかく火9が元に戻ったのに。今の時代、変に策を練ったところで視聴率なんか劇的に伸びやしないんだから、余計な計算を働かないで欲しいよ。始まる時期が遅いと、話数が少なくなったりで、終盤の展開がぐだぐだになるし。

2010/04/19

龍馬と勝

昨日の龍馬伝は、坂本龍馬と勝海舟の出会いだった。
もともとスケールの大きな人物だった龍馬が、海舟と出会うことで更に大きな人物になるわけで、時代がこの2人を出会わせたことはまさに奇跡。いや、出会うべくして出会ったと考えた方がいいのかもね。

ところで、この龍馬と勝の出会い。
エピソードのひとつとして、最初は龍馬が千葉重太郎と共に、奸族勝を斬りに行ったはずなのに、逆に勝の人柄に触れて、弟子入りしてしまうと言う、そんな話もあったわけで、そっちの方が好きだったんだけど、大河では違う解釈を取ったみたいだね。
しかし海舟役の武田鉄矢、なんともノリノリである。
よほど嬉しいんだろうね(笑)。
でも全部金八が喋っているように聞こえるのがなんとも・・・(苦笑)。

2010/04/18

眠気には勝てないんだよ

今日は競馬の皐月賞があった日。
当然遠征しているものだろうと思っていたけど、最近の体調の悪さや疲れから、見送ることにした。
朝7時ごろ、馬友K氏から電話があったみたいだが、睡眠の世界から抜け出すことが出来ずに、無意識の中これを断った。
しかし7時に電話してくるかね~。
これが昨日の夜なら、準備も出来て、また違う決断を下していたかもしれないのに。まぁ1日のんびりTV観戦して、来週は調子を取り戻して仕事に取り組むことが出来るだろう。
どうせ再来週はまた京都に行くんだし。

2010/04/17

4月の雪

まさか4月に雪が降るとは思わなかった。
異常気象止めたってちょ!
この分だと今年の夏も涼しいのかな。
それとも逆に灼熱地獄になったりして。
この星も長くないかも知れんな・・・。

2010/04/16

我の眠りを妨げるのは誰だ

休みの日に会社からの電話で叩き起こされることほどむかつくことはない。しかもくっだらない用事で。
おめーら俺がいなけりゃ何もできないんかい。
せっかく今日は12時間は寝てようと思ったのに。
この寒さと雨じゃ外に出る気も起きないし、暇な時間を部屋に引き篭もって過ごしたのだった。
腹はまだ痛い。

2010/04/15

集団感染

ああ、今日の残業はキツかったなぁ。
まだ体調が戻りきっていないのにこんなに働きたくないわ。
そう、私のお腹はまだゴロゴロ言い続けている。
すると、なぜか今日は同僚にもお腹をゴロゴロ言わせている人がいた。と思ったらもう一人・・・。
なにみんなしてゴロゴロ言わせてるんだよ、まったく。
ん?まさかノロウイルス!?思えば月曜日は吐き気もあったわけだし、あながち冗談ではないかも。感染源は私かい。
もしそうだったとしたらすまんね、みんな。
さ、明日は待望の休みだ。ぐっすり寝て完璧に治そう。

2010/04/14

駅弁ってやっぱ身体によくないのかな

水曜日。次の休みまであと2日。長いなぁ。
風邪の諸症状はなくなった。
しかしまだお腹の具合がよろしくない。
何かに中ったと考えるべきかもな。
思いつくのは、旅行の帰りの新幹線の中で食べた、鯛弁当。
なんかあの鯛は食感が微妙に硬かったような気がしないでもない。もしかして傷んでいた?
そう言えば以前にも駅弁を食べた後お腹を壊したことがあった。
やっぱ駅弁とかって、あんまり身体にはよくないのだろうね。
お弁当はやっぱ作りたてじゃないとね。
オリジン弁当食べたいなぁ・・・って、腹壊してるのに考えつくのがやっぱ食べることってのもたいがいだが。

2010/04/13

おおtylorよ、死んでしまうとは情けない

昨日あれだけ辛かったのに、だいぶ無理をしたから、こりゃ絶対高熱が出るなと覚悟していたのだが、意外にもその後熱は37.2℃までしか上がらず、明けた朝にはだいぶすっきりとしていたのだった。
そしてそれに加えて、会社でSさんと一度目があっただけで、一気に元気が沸いて出たのだから、やはり私は単純である。
あのオメメに見つめられただけで、体温が2℃は上昇するんだけどな(笑)。
恋の病>>>熱病(笑)

Sと目があった!tylorのヒットポイントが100回復した!
tykorはラブビーム(消費MP10)を放った!
Sにはきかなかった(泣)!
tylorは逃げ出した!Sは回り込んでくれなかった!

HP:120/150 MP:0/50 LEVEL:29


はああ、やっぱまだ疲れてるな、俺。

2010/04/12

なにかと疲れが出たのか

旅行後の仕事ほど辛いものはない。
一晩寝ただけじゃ体力は回復できない世代。
雨と言うこともあって、またSさんが休みということも重なり、朝から憂鬱で憂鬱でたまらなかった。
あれ、なんだか気分が滅入ってると身体の具合まで悪い気がしてくるぞ・・・いや、それは気じゃなく、本気で具合が悪いのだった。朝礼の時眩暈がしたかと思えば、作業開始の頃には軽い吐き気と腹痛。
そして次にやってきたのはどうしようもない悪寒。
完全に風邪の症状です。
肉体的疲労と、気を使ったことによる精神的ダメージが蓄積して、風邪という症状となって現れたのだった。
早退したいにも、人手が足らない現状ではそんな空気じゃなく、1日我慢しとおすしかないのだった。
次の日の休みを変わってもらおうと、某先輩にお願いしたのだが、これも冷たく断られてしまい、今週の残り、私死ぬかもしれません(笑)。早く帰って少しでも多く睡眠をとりたいのに、こんな日に限って残業が酷いこと(笑)。

2010/04/11

競馬場でお花見!?

一夜明け、早朝5時起きで阪神競馬場へ向かった。
今日は桜花賞だ。
昨日の不機嫌さを引きずらないためにもいっぱい当てるぞ。

競馬場に着いてみればいるわいるわ朝から人間の屑熱心な競馬ファン達が。
しかし中には、あんたら何しに来てるんだって人たちまで。
それは、大きなゴザと、特上寿司を持参のおっさん達。
彼らは絶対競馬じゃなくて、花見で宴会するのが目的だろ(笑)。
造園課の人たちの努力で、桜花賞の頃でも桜は見ごろ。

なるほど、競馬場でお花見ってのも意外と妙案かもしれない。
ここなら、スタンドやパドックの場所取りはあっても、桜の木の下の場所取りはないからね。考えてみれば穴場スポットだ。
お花見して、酒飲んで、騒いで、ついでにギャンブルまで楽しめちゃう。良い道楽だわな。

結局私の馬券の成績は散々に終わってしまったけど、K氏は目的の馬が勝って機嫌を取り戻してくれたのでやれやれだった。
折角の旅なんだから、最後まで面白おかしく行きたいものですね。
次回は5月に京都に行く予定。その時私はまさに30歳になってるし、もっと大人な心になっていたいものです。

2010/04/10

不機嫌な夜

甲子園での試合を見終わった後、一旦ホテルに戻りちょっと休み、おもむろに夜の大阪の街へ繰り出した。
目的地はやっぱ道頓堀なわけだが、その前にちょっくら十三に立ち寄って、去年のリベンジを・・・と思ったのだが、いざ十三に着いてみればリベンジどころか、不戦勝って形になってしまい、なんだか拍子抜け。
って、何言ってるかさっぱりわからない人ばかりだと思うけど、去年私はこの十三の街のとある店でちょっと嫌な思い出を作っていたのである。今年はその記憶を消し去るべく、もう一度その店に行ってみようと思ったら、近年の繁華街浄化計画の波に、この街も飲み込まれていたようで、条例によりその店は消滅していたのだ。
これに怒りだしたのはK氏。
その後はずっと不機嫌で、テンションががた落ちに。

道頓堀に着いてもまだ下を俯いて歩いている。
これが関西遠征の目的のひとつとも言える、おなじみたこ焼き本家のたこ焼きを食べてもニコリともしない。
お好み焼き「どむす」でも会話ははずまない。
最初は必死に氏の機嫌を和らげるべく気を使っていた私であったが、だんだん鬱陶しくなってきて、最終的には取り繕うのを放棄した。最初はどむすの後、もう一軒行く予定だったが、それも却下してさっさとホテルに戻ることにした。
たこ焼きとお好み焼き1枚だけで遠征の疲れで減った腹が満たされるわけもなく、結局コンビニでサンドイッチを買うという寂しい結末になってしまうのだった。あーあ、これなら出かけずホテルでわが家の歴史見るか、最初から別行動でも取ってりゃ良かったかもな。なんだか去年の中洲の夜を思い出したのだった。
不機嫌な夜は、旅の疲れが強制的な眠りを誘ってくれたおかげで、もんもんとすることなく深けて行ってくれた。


次来た時はもっと楽しめるといいな。
ところでこの本家で働いていた女の子、去年はいなかったと思うけど、元気でとっても可愛いかったな。

初・聖地

もう何度になるのかな。またまたやってきました関西。
今日はまず甲子園球場でプロ野球観戦だ。
初めての甲子園球場。野球の聖地とも言われる球場。
広いグラウンドに、日本一の客席数を誇るスタンド。
そして狂信的熱狂的なファン。
それらはいったいどんな感じなのだろう。

その名も阪神線に乗って甲子園駅についた。
すぐ先には、車の中から何度か見てきた甲子園。
うーん、いよいよか。

しかし甲子園でもっとも有名と思われるこの外観に茂っていたツタは今は見られない。改修の時に撤去されちゃったんだね。
あれがなんともいえない雰囲気をかもし出していたと思うのに、見られなくてちょっと残念だ。

さてチケットはレフト側外野席。どのあたりかと思えば、いわゆる一番上の方だった。
どんな大打者でも(全盛期のカブレラが飛ぶボールで打てばあるいは?)ここまでは飛ばせまいと言う位置。
「甲子園は清原のためにあるのか~!」の当たりでも、せいぜい中段後方ってあたり。やはり甲子園はとてつもなく広い。

この場所に陣取り、まずは昼食を食べる。
球場で売ってる選手の名をつけた弁当だ。
本当はアニキ金本弁当が食いたかったんだけど残念ながら売り切れ。やっぱ人気あるの?仕方ないから男桜井豪快弁当を。阪神ファンじゃないので、桜井がどんな選手かはあまりしらないが、いわゆる若手のホープなのかな。

弁当を食べているうちに試合が始まった。
相手はヤクルトスワローズ。開幕から調子がいいし、今日は由規が先発なので、ヤクルト優勢かなと予想していたけど、いきなり城島の満塁アーチが飛び出すなど、いきなり序盤から阪神ペースに。
そりゃ阪神ファンは狂喜乱舞。これが噂の甲子園劇場か。
友人K氏はこの雰囲気にすっかり溶け込んで、六甲おろしを熱唱してました(笑)。

その後試合は由規が立ち直り、阪神先発の上園ものらりくらりで膠着しつつも、結局そのまま阪神が逃げ切った。
試合と言うよりは、阪神ファン、甲子園劇場の方が面白かったのは言うまでもない。なかでもやっぱこれ。

ラッキーセブンの時の名物ジェット風船。神宮球場とかでは見たことあるけど、聖地でのそれは凄まじいの一言。
我々も風船を購入してやってみたのだけど、これが楽しみで球場に通う人もいるんじゃないかな。

帰りは4万6000人を飲み込むファンが一気に帰るだけに、甲子園駅はものすごい混雑に。
ちょっと駅が小さすぎるんだよね。阪神ファンはこれを毎回味わってるのかな。これはだいぶ苦痛だよ。
電車に座れたのは奇跡というしかあるまい。

さて、これで未踏のプロ野球フランチャイズは残すところ、札幌ドーム、スカイマーク、マツダスタジアム、の3つになりました。
今年潰せる可能性があるとしたら、マツダかな!?

2010/04/09

わが家の歴史見たいんだけど・・・

仕事を終えた足で東京は神田へ向かった。
明日からの関西遠征に備えての早めの東京入りだ。
神田には昨年いいホテルを見つけたので、これからも西方面へ遠征するときには度々利用することになりそうだ。
同行する友人K氏とは仕事を終えた後で、別々に東京入りすることになっていたので、遅くに終わるK氏を待つことに。
腹は減っていたけど、ちょうど見たいTVがあったから苦にならない。
その見たいTVとは「わが家の歴史」のことなのだが。
ちょうど遠征期に重なっちゃうとは残念だ。
今録画できるものがなにもないからね。
で、これを見つつK氏を待っていたのだが、このドラマがまた結構面白くて、のめりこみ始めちゃった時、K氏からの電話が鳴ってしまったのだ。泣く泣くTVを消して迎えに出向く。
縁がなかったと諦めるしかない。そのうちDVD出るだろうから、その時レンタルして改めて見ればいいさ。
そんな神田の夜は、焼き鳥屋で深けていった。

2010/04/08

キズモノ

ああ、携帯落っことした・・・。
ただでさえ買って損をしたと思ってるのに、2年もローンがあるというのに、早くも傷がついてしまった・・・。
はああ、欝だ。
だいたいこのSH002はムダに重量が重いんだよ。
落ちた時の衝撃もそれだけ大きい。
壊れなかっただけよしとするべきなのかい?

2010/04/07

路上で喧嘩するな

真昼間の路上で喧嘩をする男達。
一体何があったというのか。
どうも、車をどっちが擦ったか、ぶつけたかで揉めているようだ。
信号待ちのさなか、後ろの車に乗っていた男が車を降りて、前の自動車に詰め寄りドアを開けて怒鳴りあいをしているのだ。
いい年したオッサン2人が、顔を真っ赤にして怒号を挙げている。
その間その2台の車の後続車のドライバー達は、何やってんだかと欠伸をかみ殺していた。
そして信号が青に変わり、前の車が走り去っていった。
後ろの車の人は慌てて自分の車に戻り追いかけだした。
2人がその後どうなったかは誰も知らないと言う。

教訓。大の大人の喧嘩ほどみっともないものはない。

2010/04/06

もう冬物しまっていい?

今日は外に出ていると暑いくらいの陽気だった。
もう完全に春ですなぁ。気持ちよくてネムイネムイ...。
そろそろ厚手のコートとか冬物しまってもよさげな感じ。
だけど近年の異常気象的に、しまったらしまったで急に寒い日が来そうで怖い。一旦しまっちゃえば諦めもつくさと、会社の某氏が言っていたけど・・・。冬物と言えば、私の職場には異常な寒がりがいて、社内にいる時も上下の防寒着を着込んでいる。まわりからは仙人と呼ばれている(笑)。彼ならあと1ヶ月は冬物をしまう心配はしなくていいんだろうな。

2010/04/05

いつまで続くのその意気込み

新年度新体制が始まって何日か経ったけど、新しい管理職たちの顔もようやく覚え・・・いや、さっぱり覚えておりません(笑)。
でもなんか一人やたら元気のいい人がいて、毎朝大きな声を響かせている。時々、支店の回りのゴミ掃除をする姿まで目撃したり・・・。ちょっとした松岡修造タイプ!?でもその意気込みがどこまで続くのかね。すぐに他の課長さんたちと同じになるんだろうなぁ。ならなきゃならないでちょっと鬱陶しいけど(笑)。

2010/04/04

もうすぐこの僕も30才~

気づけば30まで残り1ヶ月を切っていた。
そんな最近思い浮かぶのは、長渕剛の「僕のギターにはいつもHeavy Gauge」という曲だ。
この曲の詞の中には、記事タイトルの「もうすぐこの僕も30才」という歌詞があるのだが、初めてこの曲を知ったのが20歳そこそこぐらいだったので、隔世の感があるなぁとしみじみと思うのである。
当時この曲が好きだったのでよく聴いていたのだけど、30才という年齢がいずれくることはわかっていても、それは遠い遠い未来の話であり、全然実感などわかずにいた。
それを今、30を目前としたこの時期に、改めてこの曲とこの詞を噛み締めてみると、あの頃とは違った感情が沸いてくる。
自分にもいよいよその時が来るんだなと。
残り少ない20代を悔いなく生きなきゃ。
そして今は30才など想像も出来ない若者達よ、「知恵をつけなさい、人を蹴落とすために」(笑)。

2010/04/03

セールストーク

仕事の帰りに電気屋へ寄ってプリンタを買ってきた。
なんか今プリンタと言ってもいろいろあるのね。
それこそ高いものから安いものまで。
どれも一緒に思えるし、それなら安い方がいいよな・・・と悩んでいたら、おもむろに店員が近寄ってきていろいろ説明してくれた。若いのに、その巧みなセールストークには感心するものがあった。

その営業力、私にわけてくれ。
苦手だからなぁ、自社の製品を他人に勧めるのって。
ちなみに前年度の最終営業成績、私はSさんの2つ下の順位でしたとさ。並んでいた時期もあったのに、結局差し切られてしまったのです。あの子は序盤は伸び悩むけど、最終的に巻き返すタイプだなぁ。
って、他人の営業能力を分析してないで、自分の実力をつけることを考えろってか!?

2010/04/02

気持ちの盛り上がりがない

プロ野球セパが開幕してしばらく経ったけど、まだ季節的にいまいち自分の中で盛り上がりがない。
数少ないTV中継があっても見なかったり。
実は開幕直後ってのは、1年間波に乗れるかがかかっている大事な時期なんだけど、見てる側はそうじゃないんだよね。
これがもう少し暑くなって、おおよその大勢が決まってくるとだんだん面白くなって来るんだ。
でもその時期になるとTV中継はもうない。
なんだかね~。ま、ナイターが気持ちいい時期になったらどんどん球場に行くからいいけど。

野球と言えば巨人のキムタクこと木村拓也コーチ心配ですね。

2010/04/01

すぐに現実にぶち当たるのよ

新年度。新入社員は3人入ったねぇ。
男2の女1か。どれも初々しくも緊張して、しかしこれからの始まりに目をキラキラさせていた。
私などがとうになくしてしまったモノ。
でもね、最初から張り切りすぎると持たないよ~。
これからすぐに現実は理想どおりに進まないってことにぶち当たるのだから。すぐにそのキラキラした目も、死んだ魚の目になるから・・・って、新しい門出を迎えた若者にケチをつけてどうする、年寄り(笑)。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »