2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010/07/31

三者択一

さて、

地デジ対応テレビ

新しいパソコン

スクーター

この中からひとつ買うとしたらどれだろう。
いや、これ今欲しいものリストね。
どれもなくても我慢できるけど、あったら嬉しいものだ。

2010/07/30

オバサン

中学生の時の同級生(部活も同じ)だった女性と偶然すれ違ったのだが、これがまた見事にオバサン化していて軽くショック。
中学生当時から地味で目立たないタイプではあったが、私と同級と言うことはまだ29~30歳のはずなのにね。
一方で、某ボウリング場で受付をしている同級生(人妻)は、今でも若々しく可愛い。
ちなみに同業の妹はそれに輪をかけて可愛い。
年の取り方は人それぞれなんだろうけど、やっぱ私生活での環境が大きく左右されるような気がする。
きっとボウリング場の彼女は幸せな家庭なんだろうね。

2010/07/29

7月最後のお楽しみ

貴志祐介先生の新作「悪の教典」購入しました。
上下巻に分かれ、1冊もとても分厚いけれど、さっそく読み始め、すでに2章まで読み終えた。
重厚な内容だった前作と比べると読みやすい印象。
今のところまだ青春学園もの的なムード(エロゲ的とも言う?)が漂うけれど、それで終わらないのが貴志作品。
きっとこれから展開が目まぐるしく動くんだろうなぁ。
何しろまだ1と4分の3冊分物語は残っているのだから。
一気に読んじゃいたいけど、なんだかそれも勿体無いなんて、そんなジレンマを感じながら一気に読んじゃうのだろう。

いつだったか日記に書いた7月のお楽しみ。
いろいろあったけどこれが最後のプレジャーですから。

2010/07/28

あん時のマジック

B'zのAin't No MAGICのDVDを見て。
やっぱTAKのトーンは最高だなぁ。
今回は特にそう思った。
そしてFreedom Trainのカッコよさは異常だなぁ。
しかし映像も本当に綺麗になったものだね。
客席の映像とかも映るんだけど、一人一人の表情がよく見えて、それが映る人映る人みんなが本当に楽しそうな顔していて。
私もきっとあんな顔していたのだろうなぁ。
きっと米粒ほどのサイズではどこかで映ってるはずだ(笑)。
ついこの間行ったばかりと思ってたこのライヴ。
映像として残ってくれて嬉しい。
明日休みだからもう1回見直そう。爆音で

2010/07/27

残っていた運

仕事上の重大なミスを、事が発覚する前になんとかうまく収拾することができた。まだ私にも運が残っていたと言うことか。
ミスに厳しい今日この頃だからなぁ。
でも、それが私自身が本当にやったミスなのかがいまいち定かじゃないってのがややこしいところなんだけど。
容疑者の一人って感じで。
いずれにせよ面倒なことになる前にカタがついたのは幸い。
しかし薄氷を踏む思いで仕事をしていますな。
運を使い果たした時が怖い。

2010/07/26

超・ゲリラ豪雨

いやぁ今日のゲリラ豪雨凄まじかったですなぁ。
もうただのゲリラ豪雨じゃない。
超絶のゲリラ豪雨でしたわ。
日本も亜熱帯並みになってきたねぇ。
んで雨の後は気温が5℃以上落ちたんだってさ。
やれやれ、この時期は夕立が怖くて、怖くて。
すっかり朝勃ちしないのもこわ(ry

2010/07/25

真似乞食

久々に何もしない休日らしい休日。
PMまで寝ていました。
競馬を見ようと思いきやフジテレビでは26時間TV。
毎年恒例の競馬中継を潰してくれちゃう迷惑番組だ。
それでも日テレの24時間よりは幾分かマシだが。
でも、フジってほんとに企画にオリジナリティがないよね。
他局の二番煎じばかりじゃん。

2010/07/24

これこそ名勝負

昨日今日と行われていたプロ野球オールスターの中継内で、選手が選ぶオールスター名シーンみたいなコーナーがあって、1位は新庄のホームスチールと言う結果だった。
私が選ぶならば、90年代前半、いつだったかな、当時中日の4番だった落合と、近鉄の大エース野茂、この対決以外は思いつかない。当時小学生。TVで見ていて緊張感に手に汗握ったもの。
見事野茂のストレートを打ち返した落合に戦慄した。
ああいう真のプロどうしみたいな対決は、昨今のオールスターではちょっと見られない。そんなことを思った今年の球宴でした。

2010/07/23

ひとつの目標ではあった

給料日
今回の入金で、預金額が区切りっぽい数字になった。
これは当初目標にしていた額でもある。
ここまで来るのに予定より時間がかかった。
お金って溜めるのは大変だ。
ひとつの目標は達成したが、これからもコツコツ行こう。
ちなみに額はないしょ。勝手に想像してちょー。

2010/07/22

月9のこれからに期待

今期のドラマも第1話はだいたい放送したね。
初回を見たのは以下。

月 夏の恋は虹色に輝く(フジ)

火 ジョーカー~許されざる捜査官~(フジ)
   逃亡弁護士(フジ)

木 GOLD(フジ)


これだけです。少ない。そして全部フジか・・・。
まぁ夏クールのドラマは例年小粒だからこんなものか。
今期もご多分に漏れず、あまり嵌りそうなものはない。
そんな中ちょっと期待したいのが月9の今後。初回を見た感じでは悪くない。月のなんちゃら~よりはよかった。

2010/07/21

銘菓中の銘菓

全国各地のお土産で、銘菓と呼ばれるものは数多くある。
だけどその中でも、やっぱ白い恋人は断然美味い。
自分用の土産で買ったものは1日で食べてしまったよ。
仙台の萩の月は名声ほど感激はしなかったけど、白い恋人は評判に違わない。北海道行ったらこれ買っときゃまず間違いない。

2010/07/20

北海道グルメまとめ

昨日までいた世界との気温差が実に13℃。
暑くて死ぬかと思った。北海道の快適さが懐かしい・・・。
そんな北海道の旅行記で、旅の楽しみと言うべきグルメについて一気にまとめてみようと思います。
題して、北海道で食べたグルメランキング!


第1位 ノーザンホースパークのレストラン「NorthernTaste」の真狩村印南ファームの『ハーブ豚』ソテー


これは本当に美味しい。
豚肉でここまで感動できるのは珍しい。


第2位 湯の川温泉プリンスホテル松風苑の夕食懐石料理


設備面でやや物足りない印象を持つこの宿の最大のウリは料理のよさにつきる。部屋でゆっくり食べられるのもいい。


第3位 函館ラッキーピエロのチーズバーガー


さすがはご当地料理ランキング全国1位の品だ。
マックやモスのハンバーガーとはちょっと違う。


第4位 花畑牧場の生キャラメル


お土産屋で売っていたものを買ってみた。
ブームは過ぎたみたいだけど、初体験の味はなかなかGood。


第5位 函館朝市きくよ食堂の3食丼


3色の中身は選べる。チョイスしたのはいくら、しゃけ、かに。
起きたてで胃がもたれてなかったらもっと上位だったかも。


第6位 ススキノ赤れんがラーメンのバターコーンらーめん


普段はラーメンはしょうゆかとんこつ、もしくは塩までしか食べないけど、久々に食べた味噌ラーメンはなかなか美味かった。


第7位 函館競馬場ラーメンあじさいの極塩ラーメン

画像なし。極塩とは、ふつうの塩ラーメンよりコッテリさが増しているもの。結果的にふつうの塩にしときゃ良かった。


ちなみにワーストは断トツでジンギスカンである。
もう一度言う。二度と食わない。
あと残念なのは、北海道で長い間静かなブームが続いているスープカレーを食べる機会に恵まれなかったことだね。
次行ったら是非食べたい。

2010/07/19

気まま北海道旅行その7

4日目の朝。現実に戻る朝。
旅の帰りはいつだって気が重い。
明日からの仕事のことを考えると憂鬱。
また、こっちへ来ている間に関東は梅雨があけ、灼熱地獄になっているというニュースも見たりしてたので余計に。

札幌から新千歳空港に向かう列車で、上ってくるトワイライトエクスプレスとすれ違った。
今の私がもっとも乗りたいと思ってる列車。
不意の遭遇だったけど思わず興奮。今回は寝台車には縁のない旅だったけど、憧れは常に持ち続けてるのです。

今回の旅の唯一の誤算はジンギスカンだったけど、もうひとつ痛恨のミスが最後に起きてしまいました。
札幌から空港までの切符をなくしてしまったのです。
1040円もしたのに・・・。
ここまでの旅で15万近く使ってきただけに、残り少ない残金から無駄な出費を出してしまったことが悔しいです。

飛行機はあっと言う間に現実に連れ戻してくれた。
暑い暑い関東地方。家に着く頃には全身汗だく。
明日からまた辛い日々が続くのであろう。
でもたまにやってくる気休め、それが旅。
また次の旅までに、資金を貯めるべくコツコツ働こうじゃないか。

2010/07/18

気まま北海道旅行その6

登別を後にし、今度は宿泊のため札幌に向かった。
札幌でレンタカーを乗り捨て、電車で今日泊まるホテルのある中島公園に向かった。隣がすすきのの好立地だ。
駅を出てすぐの場所にあるキリンビール園で夕食をとることにした。食べるのは初チャレンジの北海道名物ジンギスカンだ。
羊の肉だって事は知っていたけど、それがどんな味なのかは未知の世界。よく聞く話だと臭みがどうもダメという人が多い。
そしてその話の通り、確かにその肉は独特の味だった。
空腹だった初めの頃こそバクバク食っていたけれど、だんだんとそのしつこい味にウンザリしだした我々。
しまいにゃ食べ放題プランだったにも関わらず、途中で食べるのを放棄してしまった。
あの大食漢のK氏ですらギブアップ。
我々にはジンギスカンは向かなかったようです。
きっと生涯で二度と進んで食べようとは思わないことでしょう。
ここまで順調だった旅に、初めてケチがついた瞬間でした。

ホテルにチェックインし、龍馬伝を見て、夜のススキノに繰り出した後は、旅の最後をしめるべく、また不完全燃焼に終わった夕食の取りなおしで札幌ラーメンを食べる。
赤れんがラーメン南4条店。有名なような、あんまり有名じゃないような、そんな有名人のサインがズラリと並ぶ結構有名っぽい店でした(何言ってるんだかサッパリわからない?)。

「ボリュームもすっごいおいしかったです by里田まい」
言いたいことはわかるんだけれど、微妙に日本語が変。
テレビで見るとおりとんちんかんな人みたいですね。
ちなみにその隣のサインはファイターズの糸井選手のです。

普段はあまり味噌ラーメンは食べないのだけど、まぁ結構美味かったんじゃない?っていうか、その前に食ったモノが最低すぎたから美味く感じたのかもしれないね。

こうして今回の北海道旅行最後の夜は終わりを迎えたのでした。

気まま北海道旅行その5~登別温泉(北海道)

登別温泉で日帰り入浴をしようとレンタカーで向かった。
ついさっき電車で過ぎてきた場所に引き返すかたちだけど、こういうアドリブさも旅の醍醐味なのである。
千歳から小一時間でついた。
いろいろ旅館やホテルがある中、第一滝本館というところが広そうだったのでここを選んだ。そしてその選択は正しかった。
日帰り入浴可能なんて、どうせ申し訳程度の湯船なんでしょ?なんて想像を見事打ち砕く、全7種類も湯船のある広い浴場。
それぞれ効能や温度が微妙に違うお湯は想像していたよりもはるかに心地よく素晴らしかった。
ほんと、ここを選んで良かったと感じた。

ゆっくりとお湯に浸かった後は、せっかくだからこの付近を散策してみることにした。登別温泉と言えば地獄谷が有名。
さっそく向かう。

テレビなんかでよく見た気がするね。
でも歩くなら温泉に入る前にしときゃよかったかもね。
せっかくサッパリしたのに、またまた汗をかいちゃったのでした。
でも温泉地特有の、あの卵の腐ったような匂いは、雰囲気があって好きですね。ボコボコ沸いて出る温泉も見ていて飽きない。

そんな登別温泉は今まで行った温泉の中でもTOP3に入ると思います。今回は日帰り入浴だったけど、次は宿泊もありかな?
またいつか機会があったらね。


登別温泉データ

温度:68.6 ℃
泉質:食塩泉・硫黄泉・重曹泉・酸性泉・明礬泉・緑礬泉・石膏泉 ・芒硝泉・鉄泉
効能:神経痛、リウマチ、創傷、慢性胃炎、肝臓疾患、高血圧、湿疹、便秘、婦人病、運動器障害など

気まま北海道旅行その4

3日目。今日は時間の許す限りいろいろ回りたい。
早朝から活動。函館名物の朝市を見学するのだ。
函館に来て3日目だけど、函館って意外に何にもないのね、人少ないのね、なんて感じることが多かったんだけど、函館山とこの朝市だけは人がたくさん集まっていた。
早朝から賑わうから夜とか人が少ないのかな?

朝市での目的は海産物のお土産を買うことではなく、海鮮丼を食すこと。朝からいろんな店が客の呼び込みをしていた。
その中から、きくよ食堂という店をチョイス。
3食丼を食べた。早朝からボリュームある丼は結構きつかった。

食うもの食ったら即移動。
特急北斗に乗車し、一気に道央の南千歳へ向かう。
道南から道央までの移動は、地図の上では近く見えるけど、これが実際移動するとなるとかなり時間がかかる。
交通費も嵩む。だから最初は経費節減でこっちへの移動は見合わせる方向だったのだ。
それでも早朝から行動しているので10時半頃には着いてレンタカーに乗っていた。
レンタカーを駆り牧場見学。社台スタリオンでディープインパクトと2年ぶりの再会。ノーザンホースパークで昼食。
大好きなお馬さん達と接する心地良い時間帯だった。

その後余った時間で何しようか話し合い、カーナビでいろいろ調べているうち、またまた温泉に行こうという流れになった。
場所的に登別温泉か洞爺湖温泉の2択。
そしてより近い登別温泉を目指すことにしたのだった。

2010/07/17

気まま北海道旅行その3

競馬場前駅から市電に乗り、五稜郭公園前で降りる。函館の観光は、この市電に乗ってりゃたいてい行きたい場所が近くにあるので便利だ。市電と言っても、まぁバスみたいなもんだね。

五稜郭を目指し歩いていると大きなタワーが見えてきた。

五稜郭タワーだ。これまでの旅で幾度となくこういう場所に登って来た我々。今回も当然登ります。

最上階まで来てビックリ。なんと高いことか!
下を覗くと思わずクラリと来てしまう。
でも眺めは最高。そう、菱形の五稜郭跡は素晴らしかった。

五稜郭の薀蓄はそれぞれで調べてもらうこととして、とりあえず思い浮かぶのはここで戦死した新撰組副長の土方歳三。

中学生の頃読んだ燃えよ剣の記憶はなくなってしまったよ。

せっかくだから五稜郭跡地を散歩してみたのだけど、この場所も行く前に持っていた印象ほど面白くないと言う点では、札幌の時計台や高知のはりまや橋に通ずるものがあるんじゃない?

五稜郭を後にし、本日泊まるホテルにチェックインする。
昨日は温泉旅館でのんびりだったけど、今日はただのボロいビジネスホテル。少しでも金は節約しないと・・・。
ここで夕方まで休憩して、今度は函館山を目指す。
そう、ここ函館の最大の目玉ポイントはやっぱ函館山だ。
100万ドルの景色と呼ばれる夜景はどんななのだろうか。
今まで夜景は、札幌の藻岩山や、大阪の空中庭園などから見てきたけど、それらとは比べ物にならないのかな。

途中赤レンガ倉庫なんかにも立ち寄りながら、ロープウェイ乗り場に着く頃には、空もだいぶ暗くなってきた。
だけど混んでるなぁ、ロープウェイ。
上まで登ればさらにビックリ。人、人、人・・・。
さすが名所中の名所、函館山。
だけどそれにしても多すぎないか?
せっかく夜景を眺めようにも、いいポイントはすでに場所取りされており、後ろの方の負け組は他人の頭しか見えない。
ロマンティックもヘッタクレもない。これじゃ恋人達が雰囲気に浸ることも難しいんじゃないの。へっ。
そうでなくてもコンデジでは夜景を撮影しようとするとブレてしまうので、この混雑ようでは撮るのが非常に難しい。
しかしこれでもカメラを趣味にしている者として、ブレブレ画像しか撮れないのは沽券に関わる。
強引に少しずつ、少しずつ前の方に移動して行き、ついには最前列まで到達できた。
そこはロマンティックからは遠くかけ離れた、場所取りに殺気走った人々の鉛の空気に満ちていた・・・。

最前列なので手すりを利用して手ブレを最小限に食い止められる。それでも苦心して何枚か撮った結果、ようやくそこそこ満足行くものが撮れた。

日没10数分後くらいの様子だ。写真ではなかなか伝わりづらいが、確かに壮観な景色だった。
朴念仁のK氏は、「綺麗に見せようと思って町の人たちがわざと光らせてるんじゃない?」などと、それを言っちゃお終いだろ的発言をしていたが、あまり気にしないことにする。

見るものは見て、函館観光はこれにてお終い(まだ明朝に朝市にもいくんだけどさ)。
明日は道央まで足を伸ばす予定だ。

気まま北海道旅行その2

2日目。昨日早く寝てしまったので朝も早く目覚めた。
夕べは入ろうにも意思が働かず入れなかった松風苑の風呂に入ることにする。朝早くから入る温泉もオツなものだよね。
ここの浴場は、露天風呂なんかもあるんだけど、昨日入った渚亭に比べると、かなりショボイ。
まぁ趣はあるかもしれんが・・・。
宿泊費からして本館の半額くらいだからまぁ仕方ないんだろうね。これはこれで気持ちよかったけど。

朝食後、チェックアウトを済ませ市電に乗り競馬に出撃。
リニューアルされた函館競馬場を体験することは今回の旅のメインテーマのひとつだった。綺麗なところでしたよ。
で、この競馬場で競馬をやりながら、Kさんとこの後の予定を話していたのだけど、当初は次の日に帰る予定だったのを、もう1日延ばしてもいいんじゃないかという方向で話がまとまった。
やっぱね、最初は経費節約なんて言っていても、いざ来ちゃうと帰るのが惜しくなるんですよ。滅多にこれない所だし。
月曜日も休みなので日程的には何の問題もない。
あるのは帰りの交通手段と明日の宿泊場所だ。
携帯をいじくり、国内線ドットコムを見たら、航空便に空きがあった。飛行機嫌いのK氏の了承を得、晴れて旅の延長が決まった。泊まるところも札幌ならホテルがいっぱいあった。
そうと決まれば今日中に函館は完全に味わいつくさなきゃだぞ。
競馬は16時までで打ち止めにし、函館で回っておきたい場所を回ることにする。とりあえずここから近い五稜郭だな。

2010/07/16

気まま北海道旅行その1~湯の川温泉(北海道)

いよいよ函館へ旅立つ。
高崎駅で同行者Kさんと落ち合い、そのまま新幹線を乗り継いで一気に八戸まで向かった。
八戸では特急に乗り換える。しかし八戸あたりは本当になんにもなくてつまんなそうなところだね。
もしこんなところに転勤になったら退屈でどうしようもないんじゃない?って、住人に失礼か(笑)。

特急、北斗に乗って道入り。
青函トンネルを抜けた瞬間、そこは北海道の大地だ。
この瞬間のちょっとした感動が好きだなぁ・・・。

数時間後函館についた。ここに降り立つのは初めて。
どんな街なのかな。まぁおいおい歩いてみよう。
気温はちょうどいいくらいで天候も持ちそうでなによりだよ。
函館では市電と言う名の路面電車が走っており市民の足となっている。我々もこれに乗って初日の宿泊先、湯の川温泉を目指した。

今日泊まるのは湯の川プリンスホテル松風苑。
よく言えば趣がある、悪く言えば古臭い、そんな旅館。
食事が美味いらしい。グルメの2人向きと言えよう。

さっそくひと風呂浴びることにする。
ここでは系列の渚亭という、本館のホテルがあるのだが、そこの大浴場は無料で入ることが出来るのだ。
まずはそっちに入ってみることにした。

もうね、露天風呂に出た瞬間、感嘆の声が出ちゃいましたよ。
そう、見渡す限り海、海、海。
ハーバービューホットスプリングだね。
来てよかった、本当によかった・・・。
最高の眺めに最高の湯。日頃の苦労はこういう時のためにしてるんだなぁ。人生の醍醐味はこの瞬間にあるようなものさ。

風呂を堪能し、松風苑に戻り少し休憩したら食事になった。
ここでは朝晩とも部屋食。
味はよく、量もちょうどいい感じで2人共全て平らげてしまった。

晩酌もやったので、食べた後は強烈な睡魔が襲ってきた。
寝る前にもう1回、今度はこっちの風呂に入ろうと思っていたのだが身体が、いや脳細胞が言うことをきかない。
21時半ごろ、2人して落ちてしまった。
こうして初日は深けていったのだった。


湯の川温泉データ

温度:40-45 ℃
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効能:冷え性、リュウマチ、打ち身、腰痛、神経痛、胃腸病など

2010/07/15

行くぞ函館

明日早朝より函館に旅立ちます。
天候も日曜日以外は晴れマークがついていて良い感じ。
これが北だったからよかったものの、もし九州方面だったとしたら計画白紙も余儀なくされたことでしょう。
っていうか九州そのうち水没するんじゃない!?
去年行っておいてよかったです。
そんじゃま、行ってきますわ。

2010/07/14

HOLIDAYS IN THE SUN

YUI 「Holidays in the sun」、一通り聴いてみたけど、シンプルだけど爽やかでちょっと切なくて、とてもいいアルバムでした。
新曲で特に気に入ったのは「es.car」「Please Stay With Me」「Driving Happy Life」あたり。
Please Stay With Meは超絶名曲の部類じゃないですか。
さすが天才。
でもイントロがどこか神田川を思い起こさせる...。
あとシングル曲では、やっぱSummer Songが断トツで好きですわ。こんな爽やかな曲は滅多に聴けない。
7月のヘビロテ盤ですなぁ。

これからDVD見よっと。

2010/07/13

癒したーいむ

あー、今日の仕事はキツかったなぁ。
今日の、じゃなくて、今日も、の間違いか。
やれやれ。
少数人員で多くの仕事を回すってほんとキツイっすよ。

フラゲしたYUIのHOLIDAYS IN THE SUN聴いて癒されるとするか。

2010/07/12

話題の中心

ワールドカップはスペインの優勝で幕を閉じたと言う。
私は1試合しか見てないので、全体的にどんな大会だったかはよく知らないが、話題の中心がマラドーナとタコだったことくらいは知っている。って、どっちも選手じゃないやんけ!
あのタコには我が馬券を占ってもらいたいものだが・・・。

2010/07/11

先生、野球が見たいです

去年は甲子園出場を十数年ぶりに果たして、大いに話題を提供してくれた我が母校だけど、今年は県予選のチーム初戦で早くも姿を消したみたい。確変は1年こっきりだったようだ。
やっぱ甲子園に応援に行くとしたら去年だったね。
九州ツアーが控えていて自重したんだけど。
この先母校の応援を甲子園で出来るチャンスなんて、次は一体何十年後なのかな。千載一遇の機会だったのかもな。

野球と言えば最近ぜんぜん見てないなぁ。
TV中継はまったくやってないし、たまにやってもデーゲームで競馬とぶつかるし。球場にも今年は春先に行った甲子園の1回しか足を運べていない。今、どういう状況なのか、いまいち把握しきれていない。
そろそろ球場に行きたくなってきたよ。
屋外の球場でナイターが見たい、見たいなぁ。

2010/07/10

北海道には梅雨がない

来週の今頃には函館に行ってるんだよなぁ。
函館ってどんなところなんだろう。
今まで2度ほど通過はしたことあるけど(駅で一瞬だけ降り立ったこともある)、表には出たことがないからイメージがない。
同じ北海道でも札幌とはまた違うんだろうね。
今心配なのは天候だけど、たしか北海道って梅雨がなかったはずだから、関東みたいにいつまでもぐずついていないとは思うけど。
そこは天下御免の雨男さんと一緒だからどうなるかわからんね。

2010/07/09

次は何年後かな

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』を見てきた。公開間もないので、核心につながるネタバレがないように、ざっと感想を書いてみたい。箇条書きで行こうかね。

・平日の昼間だったけど結構入ってたね
・前の席のオバちゃん軍団が五月蝿くて閉口
・マナーを守れない客は入れるな
・今作もシリアスとコメディのバランスが絶妙
・青島もさすがに老けたなぁ
・すみれさんがなんかやたら綺麗だった
・内田有紀も年齢のわりにまだまだ可愛いね
・新キャラもすんなりとけ込んでいた
・しかし続々とキャラが増えてるせいで、せっかく魅力的な人が多いのに、逆に相殺されてしまってる気がする
・個人的に好きな木島が出てくれて嬉しかった
・すぐいなくなっちゃったけど
・室井さんの出番少ないなぁ
・青島との絡みも少なっ!
・今回のサブキャラの主役はオグリ君と伊藤君ですね・・・
・まぁ一番面白かったのは王(ワン)さんで決まりだろう
・稲垣メンバー(笑)
・音楽がなんか違うと感じたんだけどやっぱ担当替わってたのね
・メインテーマがかかって青島がコートを翻して駆け出すシーンはなんともカッコいい
・でももっとクライマックスのシーンでかかったほうが盛り上がった気がする
・室井のテーマ曲はなかった・・・
・ギバちゃん・・・
・真下の扱いが酷かったけどまさか最後でああなるとは
・あのシーンの冒頭ってやっぱアドリブなのかな?
・っていうかスリーアミーゴスって今回で見納めだったり!?
・やっぱこのシリーズに和久さんがいないと寂しいですねぇ
・前2作は和久さんで泣かされただけに
・今回は泣かなかったよ
・さて、8つあった事件とやらを全て思い出せるだろうか(笑)
・過去の2作と比べるとインパクトは薄くややパンチ不足の感はあった。興行収入の更新はちと厳しいか
・それでも水準の面白さを保ってるのはさすが


次作はいつ見れるのかな。

2010/07/08

へぇ効果あるんだ

昨日、最近は栄養ドリンクを飲んでいると書いたけど、これが効かないようでちょっとは効いている気がするから面白い。
子供の頃はリポビタンDをジュース代わりに飲んでたりすると子供には毒だからやめなさいと怒られたものだが、おっさんになってみると、こんなものにもすがりたくなる状況に追い詰められるんだから、年月の残酷さを思い知るよ。
あ、ちなみに今好んで飲んでるのはリポビタンじゃなくてアスパラドリンクだけどね。
これを飲み始めて数日。今日あたりは多少元気が戻ってきた。
常飲はしたくないから残す6本で完全復調といきたい。

2010/07/07

気持ちは3年目のルーキーです

今日は久々に定時退社できた。
といっても、上司は残業させたそうだったけど
休みなしでぶっ続けで働きどおしなんだから、定時で帰れそうな時ぐらいは帰してくださいよ・・・。
重い身体に鞭打って、ついには栄養ドリンク剤まで飲むようになりながらも頑張ってるんです、最近は。
そんな私も今日で病気から復職して3年目。
まだまだ気持ちは萎えてない。向上心は忘れない。
さ、明日1日を乗り切ればようやく休みだぞ。
そして来週には夏休みが待ってる

2010/07/06

1コ目です

この前当選した優駿が届きました。

懸賞応募を始めてから最初の戦利品です。
余ったハガキはまだ30枚ほどある。
残りのハガキを出す間に、もう2回くらい当てたいね。

2010/07/05

休みが欲しいです!

実は昨日は、競馬中継を見ていたら会社から電話があって急遽呼び出された。とっても大変な事態ということで。
日曜日は休日なのに、まさか休日出勤するハメになるとは。
疲れも溜まっていたし、1日グダグダする予定だったのに。
なによりメインレース直前に呼び出されたのが腹立たしい。
まぁ休日出勤手当て頂いたので、疲労は残ったけどよしとしよう。・・・いや、よくないな。今日も残業だったし。
身体の具合がちょっとおかしい気がする。
若干貧血気味だし眩暈もする。腹の具合も芳しくない。
身体が悲鳴をあげているのだろうか。
そう言えば不眠気味でもある。
倒れやしないだろうな、私。
本当に何にも考えず休める日が欲しい。
次は金曜休みだけど病院があるから出かけなきゃだ。
日曜日がとにかく待ち遠しいよ。乗り切れるかな!?

2010/07/04

当たりました

以前、ハガキが大量に余っているので懸賞に応募しまくる・・・って記事を書いたと思うけど、およそ1ヶ月経った本日、とある応募に当たったのでご報告申し上げます。
日曜日だし、いつものように何気なく中央競馬ワイド中継(独立U局)を見ていたら、なんか私の本名が出ているじゃないか。
なんじゃい?と思ったら、先週のプレゼントの当選者発表だった。あれ以来毎週応募してたんだよね。
TVの画面の中に自分の名前があるってなんか不思議(笑)。
ちなみに当たったのは、『優駿』7月号だ。
でも一度当たっちゃうと、もうしばらくは無理かもね。
もうちょっとプレミア感のある商品まで当選しなくてもよかったかも(笑)。まぁとりあえず結果が出てよかった。

2010/07/03

狙いは平日昼間

今日から踊る大走査線THE MOVIE3が公開されましたねぇ。
シリーズのファンとして必ず見に行きたいと思う。
で、いつ行こうかな。
ん?明日?
日曜日は混みそうだからパスだね。ガキどもが多いと嫌だ。
もっと最悪なのが見ながら騒ぐバカップルがいた時。
金返せって思っちゃう。

平日昼間の映画館って結構好きなんだ。
来てるのは平日休みの人か、年配の人か、暇人の人か。
そういう人たちは比較的静かだから映画に没頭できる。
次の非番日は金曜日か・・・。
病院行く日だけど、終わったら行ってみるかな。

2010/07/02

ドツボに嵌る

身体は死ぬほど疲れきっているのに、頭だけがいやに冴えちゃって、夜なかなか眠れないってことは結構あると思う。
昨夜がまさにそうだった。
超残業でクタクタに疲れ果てた身体でベッドに倒れこみ電気を消したのが22時。
そして眠りにつけたのがなんとAM2時半ぐらい。
なんなの、これ。
普段から決して寝つきがいいほうではない。
だけどこんなにくたびれているのに、5時間近くも眠りの世界に落ちれなかったって尋常じゃない。
脳内から何か分泌されて興奮してたのかな。
完全にドツボに嵌ってましたわ・・・。
おかげで今日は寝不足で大変だったよ。
しかもまた超残業だったし。今日はすぐ眠れるといいな。
あー、日曜日が待ち遠しい。

2010/07/01

カミナリ怖い

仕事が終わり、ちょうど帰る頃に夕立がピーク状態になった。
雷鳴がとどろき、豪雨で視界が見えなくなるほど。
さすがにこの状態では帰るに帰れない。
疲れているし、腹も減っているので、すぐにでも帰宅したいのだが、30分ばかり休憩室で様子を見るハメに。
だけど雨の勢いはなかなか衰えない。
諦めて飛び出しましたよ、豪雨の中を。
いやぁ、濡れた濡れた。
結局家までは一息で戻れず、途中のラーメン屋に避難。
食い終る頃にはようやく雨の勢いも収まっていた。
それにしてもカミナリってなんであんなに怖いのかね。
やっぱ動物の本能が怯えさせるのかな。
ふぅ・・・はやく梅雨明けてよ。雨なんて大嫌いだよ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »