« 三者択一 | トップページ | カープ♪カープ♪カープ♪広島♪広島カープ♪ »

2010/08/01

一気読み

悪の教典読了。上下巻のぶっとい本だったけど、あっと言う間に読んじゃったなぁ。
サイコホラーっていうので「黒い家」系を想像していたんだけど、あれよりも更に死人が続出(笑)。
なんかのマネするなら、「今度の貴志祐介は悪いぞ~」って感じでしょうかね。
今までと微妙に作風が違った。貴志さんというより大石圭の本を読んでいるような気がしたもの。

黒い家もそうだけど、世の中で一番怖いのはオバケや幽霊なんかじゃなく、常軌を逸した人間だってこと。
その中でも感情のない人間の空恐ろしさ。
そんな戦慄を味わえる作品です。
良いキャラがたくさんいたけど、その中でも異彩を放っていたのが猫山教諭。途中から出てこなくなったけど、彼は事件の顛末を知ったらどんな感想を抱くんでしょうかね。生徒の死体で標本を作りたいとはさすがに思わないでしょうが(笑)。もしそう思うのだったら一番怖いのはこの人だって(笑)。

そんなわけで、はやいとこダーク・ゾーンも刊行しちゃってくださいよ、貴志せんせ。

« 三者択一 | トップページ | カープ♪カープ♪カープ♪広島♪広島カープ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一気読み:

« 三者択一 | トップページ | カープ♪カープ♪カープ♪広島♪広島カープ♪ »