2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の記事

2010/11/30

ノート型かデスクトップか

一眼レフを買ったばかりだが、来るボーナスをゲットした後買う予定のパソコンを物色にヤマダ電気によってきた。
SONY信者としてはもちろん買うのはVAIOなんだけど、ノートパソコン以外は考えてなかった私に、急にデスクトップが魅力的に思えてきた。どちらにもメリットデメリットがある。例えば、

ノートパソコン
メリット:持ち運べる、コンパクトに全てを収納している
デメリット:高い、容量でデスクトップに負ける

デスクトップ
メリット:スペックでノート型を上回りかつ安い
デメリット:置き場所に困る、スペースを取る、持ち出し不可能

このメリット、デメリットを踏まえてどちらにするか悩みごろだ。
ただ、デスクトップ型だと、そのままテレビとしても使えそうなのだ。ノートでも見れることは見えるけど、据え置きのデスクトップの方がよりテレビ的に使えるし、地デジ対応テレビも買わなくて済んで一石二鳥。ブルーレイもついてるし三鳥!?そんなわけで、デスクトップの方に心は傾きつつある。
そっちの方が安く済んで余ったお金でスペックをさらに向上させることもできるしね。どうしよっかな。

2010/11/29

龍馬が夢見た世

はぁ、龍馬伝、とうとう終わっちゃったね~。
最終回は、やっぱり泣いた。
泣くまい、泣くまいと決めていたのに、自然と流れ落ちる涙を抑えることは出来なかった。
ちくしょう、なんで龍馬が殺されなくちゃならないんだよ。
暗殺シーンといえば、軍鶏鍋と「ほたえな!」だけど、峰吉に軍鶏を買いに行かせたあたりから震えてしまったよ・・・。

暗殺への経緯にはいろんな説があっていつも議論の的だけど、今回の龍馬伝がとったのは、大政奉還により、武士の世の中が終焉をむかえるに当たって自分の存在意義が無くなってしまう無念さを怒りとして見廻り組がぶつけた・・・といったもの。これはこれでありだ。

ただ問題だったのが、その最大のクライマックスである暗殺シーンに速報が流れてしまったこと。
一瞬、えっ?って思った。
そしてNHK空気読めよバカヤロー!って。
そのテロップのせいで急に現実的な気分になってしまったのは否めない。NHKに抗議が殺到したのも頷ける。
だけどよくよく考えてみたら、その速報は選挙速報。
誰々が当選しましたよ~ってアレだ。
選挙といえば、龍馬が夢見たのは選挙によって身分の壁を越えて志しあるものがリーダーシップを取れる世の中。
そう考えると最悪のタイミングにして最良のタイミングでもあったと無理矢理納得する理由はできる。
が、今の世に本当に志を持って選挙に挑んでいる人がいるかとなると、それはまた別のお話なのが切ないところだ。

2010/11/28

趣味にいくらお金をかけられるか

土日の競馬観戦でα55を使ってたくさんの写真を撮った。
が、なかなか満足行く出来栄えのものは少なかった。
これはカメラが悪いわけではなく、撮る人間の問題だということはよーくわかっている。わかっているつもりではあるが・・・。
正直、まわりを見渡せば、すごいカメラを構えている人はたくさんいた。
競馬場の柵の向こうにいるプロのカメラマンが持っている機材やレンズはそりゃプロ用っていう物々しいそれ。
しかし柵のこっち側にいるはずの素人のファンまでがプロ顔負けの凄まじいレンズを使用している。
一眼レフを買う上でいろいろ勉強したから知ってるのだ。
そういったレンズが一体いくらぐらいするのかを。
10万とか20万とかじゃない。恐らく50万前後、あるいは100万近くするレンズを使用している人がなんと多いことか。
素人で、だよ。私の使用した、キット用のレンズのなんとちゃっちぃことか(笑)。そんな猛者に囲まれていい意味でも悪い意味でも大いに刺激を受けたのだった。
だけど自分にもあんなレンズは買えるのだろうか。
私は写真で飯を食うプロじゃない。プロでもない人間が、趣味のために何十万もするレンズを買えるのか。
趣味につぎ込める金額ってどこまで?
せいぜい月収の半分が限度じゃないの?
少しずつ貯めたとしても、果たして買っちゃうだけの勇気が出せるかね。小心者の考えかもしれんが、ちょっとでも躊躇するようなら手を出すな。それは趣味の範疇じゃないってことなんじゃなかろうか。
今は身の丈にあったレンズでいい写真を撮れるように修行する時期だ。もし自分の技術にレンズが追いつかなくなったら、その時は・・・。その時が来るように精進しよう。

2010/11/27

実戦の時

久しぶりの土日連休で東京にやってきた。
当初は同行するK氏とどこかへ行こうかとも考えていたのだが、氏が研修があるからと夜までこれないことに。
一人でぶらついても仕方ないので、まっすぐ競馬場まで向かう。
といってもこの日は馬券を買うのが目的じゃない。
先日買った一眼レフのα55での撮影だ。
すでに家で猫は撮ったけれど、いわば今日が初めての実戦。
果たしてデジカメ時代と違った写真が取れるのだろうか。

まず200mmの最大望遠にしてみる。
が、思ったほど遠くの被写体に迫れない。
デジカメの何倍ズームとかに慣れきっている身としては、こういうレンズの何mmがどれくらいの距離を捉えられるのかとかがよくわかってないのだ。感覚としてはデジカメで言うところの15倍ズーム前後ぐらいの望遠なのかな。

望遠面では満足の行く結果は得られなかったが、その他では、例えば動く馬を捕らえてもブレなくなったとか、連写機能の性能の違いだとか、何より一眼レフを持っているという気持ちの面で大きく違った。
競馬場の最前列の方には高性能カメラを構えた人がたくさんいるが、なんとなく視線を感じたりもしたしね。

土曜日、日曜日を通しての今回のベストショットはこれ。
たいしたものではないけど、一眼レフ初心者の初実戦ということで温かい目で見てやってください。
これから少しずつでも腕を上げていくぞ。

2010/11/26

やっぱ今年は暖冬だって

この冬は全体的に平年より気温が高いみたいだ。
寒いのは本当に嫌だと思う今日この頃。
夏はいくら暑くたって結構耐えられるもの。
だけど冬は無理。絶対無理。
そんなわけで暖冬大歓迎。
スキー場に雪が降らなくたって知ったこっちゃない。
地球温暖化万歳!

そんな暖かい天候に恵まれそうな今週末は東京遠征です。

2010/11/25

いい写真を撮りたい

α55でさっそく試写。
もうシャッター押したときから感動。
デジカメとはわけが違う。
そして画像の鮮明さも雲泥の差。
やっぱ高いだけあるわ。
でも必ずしもいいカメラがあればいい写真が撮れるというわけでもない。宝の持ち腐れにならないようにしっかり使いこなさないと。
これだけの機材を揃えたのだから、こいつで会心の写真ってやつを撮ってみたいものだね。

試写した家の猫。慣れるまではオートモードでだけど、いつかマニュアルで撮れるようになりたいなぁ。

2010/11/24

コンデジ卒業!?

というわけでデジタル一眼レフカメラを買ってきました。
SONYのα55というカメラです。
一眼レフといえば、いろんなメーカー、いろんな値段、いろんな種類があるわけですが、これにした決め手は、ズームレンズが2つ付属していて10万円切るということと、最高約10コマ/秒連写という謳い文句です。
主な使用状況が競馬場なわけで、今までのデジタルカメラではなかなか動きの速い馬をカメラに収めることが困難でした。
この連写機能ならそれを解決してくれるでしょう。
5年保障つけて10万3000円なり。
ついたポイントでいろいろアクセサリーも揃えましたよん。

帰ってきてさっそく試し撮りでもしたかったのですが、モデルの猫が見当たらないので明日にします。
今までデジカメでSONYのH50をメインに使ってきたわけですが、α55でH50でやれることは全て遥かに上回るので、H50は本日をもって引退ですね。あとで引退撮影でもしてあげるか。
コンパクトで嵩張らないやつはW270があるので、こっちはまだまだ現役が続きます。こっちは買ってそんなに経ってないしね。
憧れだった一眼レフユーザーについになれる。
今週末に行く競馬場での撮影が楽しみだ。

http://www.sony.jp/dslr/products/SLT-A55VY/

2010/11/23

給料の使い道

昇給してから初めての給料明細を眺めて、あんまり変わってないような気がして、先月のと見比べてみた。
すると確かに微増している。でも期待したほどでもない。
まぁこんなもんか。
お小遣いがちょっと増えるって感覚だわな。
で、これを使って欲しい物を買っちゃおうと思う。
目標にしていたバイク、パソコン、一眼レフカメラのうち、一番気持ちが傾いているのが一眼レフカメラ。
ネットでいろいろ調べたら、レンズ付属で10万ほどで買えそうなモデルがあった。当初は20万かけるつもりだったので、この値段ならもう即決しちゃっていいんじゃないかと思ったのだ。
バイクからは遠のいちゃうけれど、まぁ今は外は寒いし、もう少し暖かくなってからでもいいかもしれない。
カメラ→パソコン→バイクの順番かな。
パソコンは来月のボーナスが出たら買おう。
っていうか、年内に遠征がたぶん3回ぐらいあるからその分はちゃんと残しておかなければならんね。
そういう意味では昨日のような残業も踏ん張るしかない。

2010/11/22

無能人間の逆ギレ

月曜から残業が酷すぎ・・・。
というのも、仕事の滅茶苦茶遅い某氏の尻拭いをさせられたからだ。別にそんなのほったらかしにしてさっさと帰っちゃえばいいのだが、その人物が次の日から休暇を取っているので、どの道自分に被害が回ってくるのが目に見えているからだ。
その日の仕事はその日のうちにやってしまいたい。
だから仕方なく手伝っていたわけさ。
それなのに、その人物は自分の異常な仕事の遅さを棚に上げて逆ギレ状態。何者なんだコイツは。
こんなのが普通に存在してるってことが恐ろしい。
社会人として常軌を逸している。クスリでもやって精神が崩壊してるんじゃないか?とさえ思わず思ってしまうのであった。
あー、疲れた。
せめてもの救いは明日は私も休みってことだね。

2010/11/21

12時間寝ました

疲弊した肉体を回復させるべく、今日はとことん眠った。
昨日も10時には起きてられなくなりベッドイン。
途中一度トイレに起きたものの、完全に目覚めたのは朝の10時半だった。実に12時間は眠れた。
これだけ寝たから、身体はだいぶ軽くなった。
明日からまた頑張れる。

2010/11/20

疲労が溜まってきた

今週はガチで疲れたっす・・・。
べつにとんでもなく忙しかったわけではないんだけど、蓄積疲労なのかしらね。夜とか9時ぐらいになると眠くてどうしようもない。
身体が休息を必要としている。
これから年末に向けて忙しくなるし、休める時は休んどかないと厳しいね。明日は思いっきり寝よう。
寒いし温泉にでも入りたいものだね。
疲労回復に効くいい場所が近場にないものかね。

2010/11/19

クソまみれの英雄達

出勤してトイレに入り朝の行事。
携帯でニュースをチェックしながら用を足す。
そして携帯をポケットに入れようとしたその時。

スルッ


ガチャ!
ポチャン・・・
ぎゃああああああ!


そう、携帯を便器に落としたのだ。
よく携帯の故障の要因になるといわれるトイレでの水難事故。
そんなアホなと今まで思ってきたけど、まさか自分がその当事者になってしまうとは。
そのまま流してしまいたい衝動にかられたが、ローンまだ残ってるし詰まったら事だしということで、泣く泣く手を突っ込んで回収した。朝から屈辱的な出来事でブルー。
防水携帯でよかったよ・・・ってそういう問題じゃないわ!
家に帰ってからアルコール消毒したのは言うまでもない。

2010/11/18

足掛け8年

私のお小遣い用口座であるみずほ銀行の通帳がついに繰り越しになった。なんとこれが初めての繰り越しである。
新規で開いたのが平成14年の9月だっていうから、足掛け8年間もかかっての繰り越しというわけだ。
お小遣い用通帳だから、入れては出して、入れては出しての繰り返しで、大金が入っていたためしがないという。
でもこれも我が歴史のイチブだよ。東京時代の記録を見ると、サバイバル生活やってたんだなぁと思い出します(笑)。
次は何年かかるかな。

2010/11/17

若者が無闇に腹立たしくなったら

近所に安くて美味いうどん屋がある。
だけどそこはT経大という3流大学が近くにあるので、昼時に行くと学生どもで埋まっている。
一般人はちょっと浮いてしまう店だ。
でも安さに負けていってしまうわけだが、やっぱり居心地は悪いのよね。そんなもの気にしなきゃいいんだけど、学生ってのは静かに出来ない年頃だから、まるで学食のなかで食べているような感覚になるのだ。
三十路を過ぎてその雰囲気はやっぱり居心地が悪い。
しかし、学生に限らず、エネルギッシュな若者を見ると無闇に腹立たしく思えてしまうのは、自分がオヤジ化していることを自覚せずにはいられない、ちょっと切ない瞬間でもあるのだ。
ま、たぬきうどん美味かったからよしとしよう。

2010/11/16

大きなお世話

競馬の三浦も、野球のマーも、本当にそれでいいのかって感じですね。って、本当に大きなお世話なんでしょーが。
しかしダルとサセコサエコだって別れるの別れないのって言ってるみたいだし、あんまり若すぎる時に結婚しちゃうってのもダメなのかなぁなんて思ったりするのでした。
って、この2組は交際を公表しただけですぐ結婚というわけでもないみたいですが。
それより自分のことを鑑みなさいって話ですかね。

2010/11/15

泣くよ絶対

はぁ、龍馬伝もあと2回か・・・。
来週が大政奉還で、再来週が暗殺。
その時は近づいている。正直あの福山龍馬が殺されるところなんて想像できないし、したくもない。
史実であり、過去の出来事であり、もう結末はわかりきっているのに、ここ数回切なくてたまらない気持ちで見ている。
きっと最終回は泣くだろうな・・・。もし一人暮らしでまわりにだれもいなかったら声あげて泣くだろうな(笑)。
そして今日11月15日はリアル命日。
軍鶏鍋でも食って偲ぼう。そして今の平和を感謝しよう。

2010/11/14

群れるな

しかし中坊ってのは何で群れでコンビニにやってくるんだろうね。特に女子。おかげで店内大混雑。
一人がまとめて会計してくれればいいものを、一人一人買っていくから滅茶苦茶時間がかかる。
この辺がガキたる所以だな。
今日なんて、5~6人いて、それぞれが別々会計、しかもその全員が中華マン購入だから目も当てられない。
しかもずっとくっちゃべりっぱなしで五月蝿いことこの上ない。
喰っちまうぞクルアァ。

2010/11/13

睡魔よ!

きっと疲れが溜まっていたんだろうね。夕べは本を読んでいたら、21時半頃にいつのまにか意識を失っていた。
ハッと気づいたときは10時半。
またSPEC見逃しちゃったよ・・・。
途中から見る気にもなれず、そのまま本寝入り。
それなのに今日の朝も10分寝坊した。
一体どれだけ睡眠不足だったんだよ・・・。
でも近年これだけ強い睡魔に襲われたことはなかった。
人間、眠気には勝てないんですよ、どうあがいても。
居眠りによる事故が絶えないのもある意味仕方がない。
こういうとき思い出すのは、睡魔を吸い取ったり、注入したりして睡眠をコントロールできるドラえもんの秘密道具。
何て名前だったっけなぁ。

2010/11/12

老人にはシンプルなシステムを

今日は病院の日。
相変わらず繁盛していて3時間からかかる。
診察を待つ時間も長かったが、今日は会計の時間もやけにかかった。・・・かかりすぎている。
いくらなんでも30分待ちは酷くないか。
係りに問い合わせてみたら、コンピュータのトラブルでとっくに会計は済んでいたのに表示だけされなかったという。
ここの病院では自動会計システム。
自分の番号が画面上に表示されたら診察券を機械に挿入することでお金を支払う。
だけどこれってなかなか年寄りには理解されづらいらしい。
今日も車椅子を押した老夫婦がわからずにマゴマゴしながら警備員に尋ねていたが、警備員は面倒くさそうに応えていた。
警備員に聞くのも違うのだろうけれど、老人にすれば何もかもわからないことだらけなのだから仕方がない。
病院なんて老人ばかりなんだから(偏見)もっとアナログでいいとおもうんだがなぁ。時間がかかるのは人でも機械でも結局同じなんだしね。

2010/11/11

暖冬の可能性

朝は寒いけど日中はやけにポカポカと暖かいねぇ。
仕事中に眠くなりそうだったよ。
今年は暖冬の気配?
これからグッと冷え込むのかな。まだ11月上旬だしね。
この頃つくづく思う。寒いのは嫌いだと。
朝起きるのが夏と冬とでは明らかに冬が辛い。
糞暑いのも嫌だけど、寒いのはそれ以上に嫌だ。
できることなら暖冬であって欲しい。

2010/11/10

バッドデー

あー、なんか今日は1日最悪な日だったなぁ。
仕事のミスでお客様に叱られるし、それがどうにか穏便に収まったと思いきや、別件だけど上のミスでまたまたお客様のところに謝罪に出向くハメになるし・・・。人に頭を下げることに慣れてしまったら、もう立派なサラリーマンじゃあないか。
そんな絵に描いたような仕事人間になっていっちゃうのかね。昔の俺はもっと輝いていたぜ・・・。なんてな。

2010/11/09

実験

仕事において、実験的に行ったとあることがあるのだが、どうやらそれは失敗だったらしいと気づいた。
奇を衒わず着実に堅実にやっていくほうが断然よかった。
まぁ今回は試験的な面もあるので、授業料を払ったと思えばいい。これからの糧になるから。
とりあえず後始末だけはしておかないとな。

2010/11/08

ドブに捨ててきたの?

なかなかお金が貯まらない今日この頃だけど、今まで競馬で負けてきた金額はどれくらいなのかとふと思う。
馬券を買うようになったのは2001年くらいからだと思う。そして生涯回収率は今のところたぶんマイナスのはずだ。
あまり高い金額を張るわけではないけど、塵も積もればなんとやら。10万とかじゃないな。20万は行ったかな。
いや30万か。そこまでは行かないかな。
今までドブに捨ててきたようなそのお金。
金は天下のまわり物とかいうけど、再び私の元に戻ってきてくれることはあるのだろうか。堅実に行こうね。

2010/11/07

連日の死闘の果てに

祝・千葉ロッテマリーンズ日本一


いやぁ、連日連夜の延長戦。
今日もピンチの連続で見ていて心臓に悪くて本当に疲れた。
しかしそれを乗り越えた果てに待っていたのは歓喜。
シーズン3位のチームが史上初めて日本一に輝いた。
史上最大の下克上。
これは素晴らしい事件だ。
2005年の日本一の時は病院のベッドで号泣しながら見ていた。
今回はあの時とはまた違う、安堵感にも似た感動がある。
あの中日をナゴヤドームでひとつしか勝たせなかったことは快挙。胸を晴れる日本一だ。バンザイ。

2010/11/06

すごい試合だったねぇ

延長15回引き分け。試合終了時刻が23時55分。
なんて試合なんだ。日本シリーズでこんな死闘を演じるとは。
延長に入ってからはずっと中日が押していたように見えたけど、よく凌ぎきったよなぁ。
でもこの反動で明日はグダグダの展開になりそうな予感。

そういえば20数年の私の野球ファン暦の中で、これだけ長い試合は初めてだろうなぁ。
メジャーとかではよく日付をまたぐことがあるけど、日本球界ではほとんどありえないはずだしねぇ。
さ、明日なんとか決めちゃってくれ、マリーンズ。

2010/11/05

高額欲しい物リスト

20万円以上する欲しい物リストに、一眼レフカメラを加えたい。
順番で行くと、バイク買って、パソコン買って、カメラかな。
っていうか、それ全部揃えるのを待ってたら、いつまで経っても引越しできないやん!
100万馬券取れば完璧に解決する問題なんだけど・・・。

2010/11/04

世の中いい娘はたくさんいる

Sさんへの恋心が敗れて舌の根も乾かない今日この頃だが、最近少し気になる女性がいるわけで・・・。
営業先の受付の人なんだけど、礼儀正しくて優しくて、ちょっと可愛いという、そんな人。
受付にいるぐらいだから、その辺キッチリと教育されてるからなんだろうけど、今時若いのにあんなにしっかりしたお嬢さんも少ない。自分の中で高感度が高いんだよねぇ。
SさんというS級の女には手が届かなかったけれど、世の中まだまだいい女は多いってことだな。
でもまだまだ忘れられんね。

2010/11/03

行かなくて良かったのか

日本シリーズ長い試合になったなぁ。
点が入りそうで入らない。
絶対サヨナラになると思ったらゲッツー。
その裏にアッサリ点を取られるという最悪パターン。
球場まで見に行く予定もあったこの日。
もし行ってたらいろんな意味で疲労が残ったであろう。
家でTV中継見てるのが一番だったか。
久しぶりにこんなに長く野球見てるしね。

2010/11/02

対中日

おっ、今日もロッテ勝ってるな。
ようやくTV中継があるというのに残業であまり見れず。
地味なカードだけど、これが今年の最高峰には違わないんだから、全試合見たいんだけどね。
しかしロッテの戦い方を見ていると、対中日はこうすれば勝てるんだよというのがわかる気がする。
やっぱ個人技じゃこのチームには勝てない。
組織として、チームとして崩していかなきゃ。
セリーグの中日に苦杯を舐めたチーム(ほとんど全部か)はロッテの戦い様をよく見ておくべきだ。

2010/11/01

知らないうちに辞めてた人

自分が気づかない間に職場を辞めてる人って結構いる。
社内に全部で何人いるかは定かじゃないが(恐らく常勤非常勤すべてあわせて300~400人くらいだろうか)、もちろん全部の人を知っているわけじゃないので、そう言えば最近あの人見かけないなぁと思っても、実は辞めてた事など気づかないわけだ。
課が同じなら挨拶とかもあるのだろうけど、そうじゃなければ知らないうちに消えてしまったなぁと思うしかない。
最近もそんな人がいた。
2年前に入社したばかりの人だったと思うのに、そんなにアッサリ辞めるだなんて羨ましいような、無謀なような。
転職かな。接点がなければ何もわからない。
同じ会社とは言え薄いつながりだね、所詮は。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »