2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011/02/28

時間がない

いろいろブログ更新とかやりたいことがあったのだが、そういう時に限って残業がきつくて全然時間がない。
家に帰ってきてからメシ食って風呂入ってドラマが始まるまでの数十分じゃ何もできやしない。
ドラマが終わる時間には眠くてどうしようもないし。
こうして時間に追われて人は老いていくのだね・・・。

2011/02/27

すさまじい迫力

中山競馬場へ。
馬券では負け続けたけど、一眼レフでの写真撮影は楽しかった。
だけど、周りを見渡せばみんなすごいレンズ使ってるよなぁ。
ざっとみて数十万規模のレンズを使ってた人が3人。
100万以上は確実だろって大砲を装着してた人が1人。
素人でだよ?よくもまぁお金が出せるもんだよね。
100万円以上すると思われるレンズの、その迫力の凄まじさと言ったらない。いったいあれで何キロあるんだって話だ。
私の55-200㎜なんてまるでおもちゃだよ・・・。

2011/02/26

飲兵衛

仕事を終えた後に東京入り。
宿泊は瑞江。
ということで、いつもどおり、らーめん勝→居酒屋→カラオケのコース。久々にたらふく飲んでしまったので、千鳥足状態。
ここのところだいぶアルコールにも耐性が出来てきたと思っていたのだが、4杯以上いくとダメみたいだね。
飲んでいる途中、職場の人から電話があった。
これまた飲みの誘い。
どこもかしこも飲兵衛ばかりだ。
東京から行けるわけないっつーの
のんで~のんで~のまれて~のんで~♪

2011/02/25

春一番

今日はやけに暖かかった・・・いやむしろ暑かったですな。
厚手のコートとか脱ぎ捨てましたもん。
20℃を超えた地域も多かったみたいで。
午後になったら強風が吹き荒れて・・・。
って、今日のこの強風こそが春一番だったみたいです。
春一番が吹くと気温は上昇するけど、翌日は一転して西高東低の冬型の気圧配置になって寒さが戻るパターンが多いという。なるほど、明日の予想最高気温は今日と比べると-12℃とか出てるわ。
週末は東京行きだけど、厚着の必要はないかなと思っていたけどやっぱまだ今しばらく春は遠いようです。

2011/02/24

給料より高い買い物はできません

給料日
残業過多の月だけに結構多かった。ってことで、ためしに欲しいカメラレンズを探しにビックカメラに寄ってみた。
が、目的のレンズは大砲のように大きく、そして値段も予想よりもだいぶ高かった。
私のひと月分の給料よりも高いでやんの。
さすがに趣味のために給料よりも高いものは買えない。
ヘタレな私は結局預金に回したのであった・・・。

2011/02/23

ミニストップはレベルが高い

コンビニは全国にいろいろあるけど、バイトの女の子のルックスのレベルでいえばミニストップが段違いで高いと思う今日この頃。
あそこって採用の基準に絶対容姿が入ってるでしょ。
そうじゃなきゃあそこまで可愛い子が揃えられるわけもない。
逆にレベルが低いと思うのはサンクスかな。
ガングロ茶髪でニコリともしないで「らっしゃいませー、あざーしたぁ~」ってのもよくいるからね・・・。
その中間で味もそっけもないのがセブンイレブンかな。
ま、すべて私の主観ですが。

2011/02/22

パンダってそんなに好き?

上野動物園にパンダが来たってことが大きくニュースで取り上げられていたけど、今の世の中でもパンダってそんな珍しいかね?
その昔日本に初めてパンダが来たときは、動物園に長蛇の列ができたと聞く。その当時は未知な動物だったろう。
しかしその姿がよく知られている現代でも、やっぱ珍獣扱いで好かれてるんだなぁ。
でもパンダってよく見ると可愛いというより、気味悪い生き物だと思うぞ。目つきもなんか怖いし。
そんな私は生でパンダを見たことがあるんだっけ。
たぶんなかったと思うな・・・。

2011/02/21

食わず嫌い

私は主にミステリを読むのが好きだ。
ミステリと言っても古今東西、広義、狭義でいろんなジャンルがある。
そして作家もいろいろだ。
そんなミステリ作家の中で今まで食わず嫌いというか、手を出さずにいたのが有栖川有栖。
この人も現代の代表的な推理作家のひとりと言えるのだろう。
本格ミステリに分類される作家なのだろうか。
ミステリ好きとしては意外にも今回初めて彼の作品を買ってみた。「女王国」の城って作品だ。
果たして、有栖川有栖氏は私のお気に入り作家に加わってくれるのだろうか。

2011/02/20

今年はどこに行けるかな

もうプロ野球はオープン戦が始まってるんだねぇ。
そのうちあっという間に開幕を迎えるんだろう。
今年もいくつか球場まで試合を見に行けるといいね。
行ったことのない球場は残すところ、札幌ドーム、マツダスタジアム、ほっともっとフィールド神戸(酷すぎだろこの名前・・・)の3つだけである。神戸は準本拠地だから、実質2つか。どこも立地的に行く機会がなかなかない。
今年はどれかをつぶせるだろうか。

2011/02/19

でも欲しいんだよ

20万円近くするカメラのレンズを買うってやっぱ正気の沙汰じゃないかなぁ・・・。いいのがあるんだよね。
今使っているものは、カメラ本体を買った時にセットでついていたキットレンズ。当然描写力もそれ相応。
競馬場での写真撮影という目的にたいしては、やや弱いレンズと言わざるを得ない。
そんなもの撮る人の技量次第なのかもしれないが、望遠が200㎜じゃつらいんだよね。せめて400㎜くらいは欲しい。
でもそうなっちゃうと、趣味の域を超えた金額になってしまうんだよな。300㎜なら10万以下であるんだけど、どうせ高い買い物するなら良いものを買っちまった方が後悔しないんじゃないかと思ってね。
ひと月分の給料のほとんどがすっ飛ぶようなお買い物にはさすがに二の足を踏んじゃうのよね・・・。

2011/02/18

アンタも大変だねェ

我の強い部下が多いと、上司もいろいろ気を回さなくて大変だねぇ・・・って思う今日この頃です。
折り合いをつけるのが難しい。
あっちをたてればこっちがたたず。
本来、どんなに上が無能だとしても、下っ端は命令されたことをやらなければならないわけであり、そこに文句を出せる筋合いはない。正しいことをしたければ偉くなれってどこかのジジイが言ってたよね。
そもそも社会で暮らしていくなら思い通りに行くことなど少ない。
我慢が出来なければ社会人ではないのだ。
ガキは早く卒業しよう。

2011/02/17

お気に入りの服が・・・

昨日買ったLIVEブルーレイを見たり、ダークゾーンを読了したりして過ごした休日。穏やかな1日だった。
しかし心中穏やかじゃない出来事が起きた。
私の今現在もっとも長く来ているトレードマークとも言っていい服があるのだが、なんとそれに漂白剤がかかってしまい、すっかり色落ちしてしまったのだ。しかも斑に落ちてしまっているので目立つことこの上ない。
もはやこれを着て外に出歩けることはできなくなった。
これを買ったのはおそらく99年のこと。
上京する前に地元の駅ビルのデパートで買ったんだったと思う。
10年以上着続けた年代物を失った代償は大きい。
自分でも似合う服だったと思っているだけにショックがでかいなぁ。

2011/02/16

タイミングよく明日休み

Koshi Inaba LIVE 2010 ~enⅡ~のブルーレイを買ってきた。
タイミングのいいことに明日はお休み。
爆音で見ようっと

その後いつもの書店に立ち寄ったら、古い映画のDVDが安価でたたき売られていたので、数枚ピックアップして買ってきた。
明日は雨も降るみたいだし、引きこもりモード全開ですな。

2011/02/15

職場の天敵

職場に天敵って言えるような存在の人何人います?
私は約2名の人物がどうも苦手です・・・。
彼らは役職についており、確かに仕事が忙しいのでしょう。
でも自分の時だけこっちの状況は考えずに用事を言いつける癖に、いざこっちが話を聞いてもらおうと思えば、忙しいから後にしろ・・・みたいな態度に出てくる人たちなんです。
何も忙しいのは役職者だけじゃないんです。ヒラだって忙しいんです。でもちゃんと聞いて差し上げるじゃないですか。
せめて言い方ぐらいはもう少し柔らかにできないものでしょうか。
そんな人とはできるだけ関わり合いになりたくないというのが正直なところなんですが、どうしても彼らしかいないって時もあるので、その時は本当に困ってしまうのです。

2011/02/14

快挙ッス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000676-bark-musi
松本孝弘、「明日からまた新たな音楽創りに精進していきたい」

松本さんおめでとー
すっごいなぁ。今までコツコツと頑張ってきたことが認められるって本当にうれしいことだよね。
きっと四六時中ギターのことを考えて、1日たりともギターに触れない日はない・・・そんな人だから受賞できたんだろうね。
好きこそものの上手なれを体現してくれている。
彼のギターは聞いただけでこの人だってわかる、オンリーワンの音がある。それが最大最強の武器。
今年もB'zとして存分にその音色を響かせてくれるだろう。
期待してるよ


2011/02/13

実り少なき3連休

東京競馬場へ行ってきた。
1日晴天でスタンドはポカポカ気持ちいい陽気。
これで馬券も当ればハッピーな気分で3連休をしめられるのだけど、なかなかそうもいかなくて。
結果的には、東京競馬場まで日向ぼっこだけをしに行ったようなものだった・・・。この3連休っていったい何だったのだろう。
東京きても雨で動けず、競馬に行っても一つも当らず。
とても有意義な人生とは言えないな~。
Sさんのいない寂しさを紛らわすどころか、余計空しくなってしまうのだった。明日からまた仕事頑張らなきゃ・・・。
雪予報がうざいねぇ。

2011/02/12

将棋もチェスも麻雀も

昼過ぎに東京へ。
駅で貴志祐介先生の新作本のダークゾーンを買おうとしたのだが、まだ入荷してないだって・・・。
これだから糞田舎は嫌なんだよな
本は池袋のジュンク堂で無事ゲット。
宿泊先の立川まで移動したが、群馬は陽がさす時間もあったのに、東京に来てからはずっと小雨。
あまり動き回る気分にもなれなかったので、いつもの食堂で夕食を済ませた後はホテルでずっと本を読んでいた。
これじゃ東京まで来た意味があまりないような・・・。

ところでダークゾーン。まだ序盤だけどやっぱ面白いね。
ネタバレ避けるために具体的には書かないけど、今のところ将棋の世界をモチーフにしたSFっぽい内容?
ただ将棋を知らない人でも楽しめると思う。
何しろ私が将棋を知らない人ですから。
将棋知らなくても普通にハチワンダイバー楽しんでたし、ダークゾーンも問題なく最後まで楽しめそうだ。

っていうか、私って将棋とか囲碁とかチェスとか、全然知らないんだよね。そういえば麻雀も知らないや。
こういうの知ってれば世界も広がってくるのになぁ。
今さらルールを覚える気力がないのが悲しいところだ。

2011/02/11

3大作家と唯一神

3連休初日は起きたら雪だったこともあり、1日部屋で本を読んだりDVDを見たりしていました。
でも一気に読みすぎちゃって、結局雪の中新しい本を物色に出かけなければならなかったのだけど・・・。
それにしても今年に入って読んだ本の作家。
伊坂、東野、東野、誉田、伊坂、東野、東野、伊坂、誉田、誉田・・・ですからね(その他1)。
どうやらこの3人が今の私の3大作家みたいです。
彼らの新作が出たら即買いだし、旧作も少しずつ読み漁ってる次第です。どの作家も~ワールドっていうか、独特の世界観を持ってるのが特徴であり、その安定感が売れる要因でもあるのでしょう。
ただこの3大作家の上に君臨しているのが、私にとっての唯一神とも言うべき貴志祐介であり、氏の新作、ダーク・ゾーンが発売間近(今日買えるかと思ったけど入荷してなかった)ということで、これまた非常に楽しみにしてるんですねぇ。

2011/02/10

働きまくった週

ああ、今週も終わったなぁ。
今週はずいぶんと頑張っちゃったなぁ。
今日とか帰りにフラフラで倒れそうだったもん(笑)。
明日から3連休だけど、前半2日はゆっくり寝て休んで、土曜の午後から東京に気分転換に行くつもり。
雪予報が出てるのが心配なので、遠出は避けることにしたのだ。

2011/02/09

戻っちまったか

小向美奈子にまた覚せい剤所持の容疑か。
田代神もそうだけど、一度嵌っちゃうと、いくら頑張ろうとまた元の世界に戻って行っちゃうんだろうね。
ストリッパーとして話題を集めて、そのうちAV女優に転向するんじゃないかなんて噂もまことしやかに流れていたし、一時は魔の世界から脱却しそうに思えてたんだがねぇ(ストリップやAVも十分魔の世界だが)。
幻のスライム乳を拝む機会は二度とないんだろうなぁ。
そういえば私はストリップって一度も見たことがないんだけど、イメージ的にはどっか田舎の温泉街で、怪物的な容姿の女性がやってる絵が浮かぶんだけど、実際はどんな感じなんだろうか。

2011/02/08

仕事に溺れる

今私は、生まれて初めて「仕事に溺れる」って状態だ。
辛い辛いSさんとの離別の悲しみを打ち消すには、倒れるほど仕事に没頭するしかない。悲壮感あふれるほどに。
同僚も目を丸くしている。
そんなだから肉体的にはだいぶきてしまっている。
そろそろ本当にぶっ倒れるかもしれない。

2011/02/07

迷惑をかけないように

職場でもインフルエンザが蔓延している。
うちの課でも数人がその餌食に・・・。
罹ってしまったら、むしろ出社してもらっては困るというスタンスで強制的に休まされることになる。
だから同じ課で罹った人が出ちゃうと、その分の仕事をフォローしなきゃだからものすごく大変。
今週は久々に残業ウィークになるかもな。
まぁ木曜まで踏ん張れば3連休が待ってるし、ここはひとつ恩を売っておく意味でも頑張ろうじゃないか。
でも逆の立場で自分が迷惑をかけるようなことには絶対ならないようにしないとね。
すでに花粉の症状の出ている私は1日マスクをしているので、予防対策はバッチリなのだ。

2011/02/06

八百長

大相撲の八百長発覚問題が大変な騒ぎになっているけど、人間がやっている以上どんな競技にも、疑い出せば必ず出てくる問題だよなぁ。ことにそれがお金が動くギャンブル(競輪、競馬など)ならなおさらそんな勘繰りをされても仕方がない。
私だって普段楽しんでいる競馬が、事前に仕組まれた出来レースだったりしたら、ものすごくガッカリするであろう。
でも相手が馬である競馬の場合、八百長で負けられる技術があるなら、それを勝たせる方に活かせよって思うんだがね。
不自然じゃないように馬を押さえつけて負けるってのも相当技術がいることだろうしね。
そういえば中央競馬の八百長疑惑でもっとも有名なサルノキング事件は、見るからに異常なレース内容だったみたいだね。
興味ある人はググってくださいな。

2011/02/05

人は人、自分は自分

なんかやたらと私に対抗してこようとする人が職場にいて閉口している。自分が目立たないとむくれるタイプだ。
よくいるでしょ。いい年こいて精神がガキなやつ。
子供の頃親から言われなかったのかね、人は人、自分は自分だって。私は言われてきた。
だから我慢もできるし協調性も出せる。
それが普通の社会人なんじゃないのかなぁ。自分が、自分が、ってのを隠そうともしない人種って苦手だわ。
っていうかそもそも他人の仕事になんか興味ないしね。

2011/02/04

生きた教材

今日はお休みなのに病院へ行く日。
相変わらずの大繁盛だ。
ちなみに婆さんが死んだのもこの病院でなんだよな。
それはそうと、今日は診察室に入るといつもの先生の他に若いもう一人の白衣を着た男がいた。
主治医の先生が、私との問診の間にその人物にいちいち説明を加えている。察するに医学部の学生かな。
その後その若い学生が私を診察。
確かに我が珍病は学生にとっては生きた教材だろうからなぁ。
思わぬ形で若い人間に経験を積ませてしまった。これが少しでもいい素材となり、いい医者になってくれれば言うことはないがね。
あー、それにしても薬代たけー。

2011/02/03

俺も異動してえ

出社しても、そこにはもうSさんはいない、二度と会えないという事実がいまだに受け止められない今日この頃。
とても寂しいですわ・・・。ぽっかりと大きな穴が開いた感じです。
人事も何考えてるんだろうね。正直こんな異動いらないだろうに。
みんなそう言ってるよ、まったく。

と、Sさんの異動については否定的な私だが、自分自身のことを言えば、元来私は異動いつでもウエルカム派なのである。
一つの場所に長期間いるのが苦手な私は、いつだって変化を求めている。
だって今まで生きてきて、小学校~中学校~高校~大学~社会人・・・と生活、環境、場所の変化は定期的に必ずあった。
だが就職した今、もはや変化が訪れるとしたら異動か転職しかないのである。下手すりゃこのまま年を取って働けなくなるまで今の場所にいることだって十分考えられる。そしてそういう人もきっと多いはずだ。
この先何十年も同じところで同じことを繰り返すのかと思うと心底うんざりしません?
まぁまだもうちょっとはいいけど、どこかで変化があるといいなぁなんて思ってるんです。

2011/02/02

今日はDVD見るよ~

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツラを解放せよ!」のブルーレイと、「係長 青島俊作」のDVDを買ってきた。
映画の方は劇場でも見たけど、係長~の方はドコモ動画では見れなかったので、むしろこっちが見たい。
あ、ちなみにブルーレイディスクって、買うのも見るのも初めてなんで、それもどんな感じなのか楽しみだったりします。
映画パート3は世間ではあまり評判よくなかったみたいだけど、改めて見てどう感じるでしょーか。
今夜は見るドラマがない日なのでさっそく見よう。

2011/02/01

大好きでした

人事異動が発表され、Sさんは異動していった。
風の噂で聞いていて、ある程度覚悟していたとはいえ、やはり大きなショックを受けた。
懸命に涙をこらえ最後の挨拶をしている彼女を見ていたら、私の方が涙腺を緩めてしまった。
こんな日が来るなんて思いもよらなかった。

初めて彼女を見た時、体中に電撃が走ったこと。
あっという間に恋に落ちたこと。
初めて会話をした時のこと。
甘い香りにふれた時のこと。
休日に街中で偶然出会った時のこと。
彼氏の存在を知り、恋が破れた日のこと。
だけど忘れられなかったその笑顔。

そんなことを思い出したら、どうしようもなく切なくなってしまった。
彼女が支えだった。おおげさじゃなく生きる糧だった。
彼女の存在を励みに仕事も頑張れた。
こんなに大きな喪失感は生まれて初めて味わうよ・・・。
私は明日から何を支えに生きていけばいいんだろう。

人生は長いとはいえ、おそらく二度と人生で交われないと思う。
7年ぶりに人を好きになれた奇跡。
この数年どんな想いを抱いて生きてきたか。それだけは絶対忘れちゃいけない。忘れたくない。
一方的な恋だったけど、今まで本当にありがとう。
結局想いは伝えられなかったけど、大好きでした。
どうかお元気で・・・。そして幸せになってください。
今はもう、それしか言えねえ。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »