2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 去年を上回るペース | トップページ | ついにフラグシップを手に入れた »

2012/12/13

失敗のできない買い物

冬のボーナスはまだ手つかずである。
だけど、使い道はほぼ決めた。
今年はフルサイズセンサー搭載のカメラを買いたい。
今使っているα65および、α55はAPS-Cサイズのカメラ。
フルサイズはまさに憧れの存在。それだけに高価で、ボーナス直後でもなければとてもじゃないけど手が出ない。
だから憧れを手に入れるなら今しかないのだ。

で、問題は何を買うか。
普通に考えればレンズ資産のあるα99だ。
ボディのみを買えばすぐさま使えるので、出費が最小限に抑えられる。
だけど、α99は画質こそα史上最高を謳っているだけに良いらしいけど、それ以外で不満も多い機種だと聞く。
高い買い物だけに、失敗ができないので、二の足を踏んでいるのだ。
もしα99が万人に認められるような機種だったら、なんのためらいもなく買えるだけに実に惜しい。ソニーさんも、もっと煮詰めてから発売すればよかったのにと思う。
最大の不満は、バッファメモリの貧弱さ。連写が使い物にならないという話。今使用のα65最大の不満がまさにそこだけにね。

で、もしα99じゃなければどれにするかという話。
α99のライバル機種とされる老舗2社のカメラだと、ニコンのD800が断然の存在だと聞く。だが、あれはちょっとアマチュアには敷居が高いんだよね。価格は手ごろだけど、画素数の多さとか、いかにも持て余しそうなんだよ。
それに連写面で、5コマ/秒は私の用途からはちょっと物足りない。
ではキヤノンのEOS 5D Mark IIIはどうか。
正直、今最も気持ちが傾いているのがこの機種だったりする。
だけど、これは高い。完全に予算オーバー。
レンズキットだと中古車が買えちゃうもん。
そう、ソニーから乗り換える場合、レンズも必要になってくるから大変だ。
一眼レフの場合、カメラ本体よりレンズの方がはるかに高いからね。
特にキヤノンの高性能レンズの値段の高さは有名だ。
きっとボディを買えば確実にレンズ沼に嵌ってしまうだろう・・・。

そんなわけで欲しくてたまらないフルサイズ機だけど、決め手がなくてなかなか決断できずにいるのである。
やっぱ無難にα99かなぁ。静物撮影専門と割り切って。

« 去年を上回るペース | トップページ | ついにフラグシップを手に入れた »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗のできない買い物:

« 去年を上回るペース | トップページ | ついにフラグシップを手に入れた »