2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 寒さ納め | トップページ | 腸内環境Good »

2013/04/04

桜を撮ろう2013

今日から4連休開始。
初日の今日は絶好の天候ということで、桜の撮影に出かけてきました。
ここ群馬では今が満開、ややピーク終わりといった時期で、週末再び雨が降ることを考えるとおそらく今日が撮影のラストチャンス。
今しか見れない美しさを写真に収めなくては。
撮影に向かったスポットは、前橋市にある敷島公園。
ちと遠かったけれど、県内有数の桜のスポットということで惜しまず遠征。
着けば一面の桜の木。そしてお花見をする人々。うーん、春うららだ。
さぁ、撮るぞ。

桜の撮影って、案外難しかったりする。ただ漠然と撮っていても、あとで見返してみた時首をひねる結果になることが多い。
構図やカメラの設定が重要になってくる。
まず1枚目。


α65 DT18-55mm F3.5-5.6 SAM

これは広角26㎜で撮った写真。木の全体を映すパターン。
空の青に桜の花が映える・・・といいたいところだけど、絵全体にメリハリがなくて、桜の美しさを表現しきれていない。
桜の撮影は広角だとどうもパッとしない絵になりがち。
そこで、この先は全て望遠レンズで撮影することにした。
望遠にすればいちばん綺麗な部分を切り取れるので、桜を撮るなら望遠側で。

2枚目。


α99 70-300 F4.5-5.6 G SSM

望遠レンズの望遠側で撮ると、背景が大きくボケる。
背景に何を持ってくるかでいろんなパターンの写真が生まれるので楽しい。
これは背景は菜の花畑。

3枚目。


α99 70-300 F4.5-5.6 G SSM

背景を池にして撮影。水面のきらめきが美しくアーティスティックに仕上がった。
ちなみにこれはRAW現像してみた写真だけど、あとから設定をやり直せるのはいいね。
JPEG撮って出しだと、若干露出が失敗していたので助かった。

4枚目。


α99 70-300 F4.5-5.6 G SSM

これは背景も桜の木。絵全体がピンクで包まれるように調整して撮った。
彩度を高めて撮ったものだけど、もう少しふんわり感を出しても面白かったかもしれないね。淡さを表現すべきだったかな。
ただ花の美しさをストレートに出せてはいると思う。

5枚目。


α99 70-300 F4.5-5.6 G SSM

逆にこっちは淡い感じが上手く出ている。これはたぶん種類的にはヤマザクラだと思いますが、詳しくないので違ってたらすみません(汗)。
ソメイヨシノは白っぽいので、カメラの設定をいじくってやらないとどうしても淡白な仕上がりになっちゃうけど、ヤマザクラ(推定)はもともとがピンクなので撮るのが楽だった。
本日一番お気に入りの作品。

6枚目。


α99 70-300 F4.5-5.6 G SSM

ピクチャーエフェクトを絵画調HDRにして撮影。
デジタルならではのお遊びですね。写真というよりはアート作品。
たぶん絵が上手な人が桜を描くとこうなるんでしょうね。
写真表現としては邪道かもしれないけど、面白いことは面白い。


夢中で撮っているうちに、あっという間に時が経ってしまった。
散る前に桜を愛でることができてよかったと思う。
今回の撮影で主に使用したレンズはSAL70300Gレンズ。
プラナー85㎜も持って行ったんだけど、帰ってきてパソコンで見てみると、気に入った作品はほぼGレンズで撮ったものばかりだった。
いままで、SAL70300Gレンズを使ってきて、よくレビューされているような絶賛の写りを味わえたことはなかったけれど、それは競馬撮影で使っていたからであって、静物を撮らせたらこんなにも綺麗に撮れるのかとびっくりした。
ツァイスを向こうに回しても一歩もひけを取らないSONYのGレンズ。
御見それいたしやした~。

« 寒さ納め | トップページ | 腸内環境Good »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜を撮ろう2013:

« 寒さ納め | トップページ | 腸内環境Good »