2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« プラナーで紅葉その1 | トップページ | じぇじぇじぇ! »

2013/11/23

プラナーで紅葉その2

夕べは六義園でライトアップされた紅葉を楽しんだが、今日は朝から出かけ、陽のあたる場所でモミジの赤を堪能しに行きました。
向かったのは代々木公園。
何気に原宿で下車したのは人生初だなぁ(苦笑)。

初めてきた代々木公園だけど、さすがは若者の街らしく、大学のサークルだったり、カップルのデートだったり、多くの若者が訪れていました。
ダンスの練習をしたり、楽器の演奏をしたりする若人を尻目に、おっさんは黙々と紅葉撮影。いいんです、あんな時代は私にもあったはずなんですから。



絞り:F1.4 SS:1/1250 ISO:100 WB:太陽光

絞り開放。開放からでも十分いける写りだと思います。
朱色・・・ヴァーミリアンって感じの色のりですね。

次は今回のベストショット。



絞り:F1.4 SS:1/1000 ISO:100 WB:太陽光

プラナーのとろけるぼけ味とはよく言ったものです。
ピントがあった場所はきりっとして、メリハリのある写真が撮れるのは楽しい。

場所を東京競馬場に移りました。
競馬場だけど、場内には日本庭園があり紅葉も見ごろ。
競馬場だけに、穴場なスポットかもしれませんよ(なんてな)。
事実、お馬さんそっちのけでモミジをバシャバシャ撮っていたカメラ女子を発見。
しかも使用していた機材がソニーだったのが個人的に嬉しかったです(笑)。



絞り:F2.8 SS:1/200 ISO:100 WB:太陽光


この2日間SAL50F14Zを使ってみての感想としては、描写は文句なし。
ただし重さは腕にきます・・・。
少しでもいい写真を撮りたいという欲求があれば苦にはならないでしょう。
そしてこのレンズならばきっと苦労に見合う満足する結果が得られると思います。
しばらくは旅行時のメインレンズとして使っていきたい。

« プラナーで紅葉その1 | トップページ | じぇじぇじぇ! »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラナーで紅葉その2:

« プラナーで紅葉その1 | トップページ | じぇじぇじぇ! »