2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013/12/31

2013年も無事に乗り切れました

今年の仕事納めを無事に終えてきました。
と言っても明日がもう仕事始め。しかも早朝出勤なので紅白も見ずに早々に寝ます。
その前に、今年の年初に掲げた目標は達成できたのか見て行き、2013年の振り返りを締めたいと思います。
今年掲げた目標は・・・。

一、温泉に8か所以上行く
一、映画館で映画を5本以上見る
一、マツダスタジアムかほっともっと神戸で野球を見る
一、EOS 7D Mark IIを購入
一、競馬のWIN5を当てる
一、もう一段階の昇給を狙う

の6つでした。このうち複数を達成するのが目標でした。
結果はどうだったのか。順番に、
温泉8か所→クリア
映画館で5本→クリア
マツダスタジアム→クリア
EOS 7D→発売されず未達成
WIN5→すみません一度も買いませんでした(笑)
昇給→無念の不達成
ということで、見事3つもクリアすることが出来ました。
公約達成で罰ゲームはなしです。

そんなわけで2013年も気持ちよく終えられそうです。
また2014年にお会いしましょう。では、おやすみ。

2013/12/30

2013年総まくり

1月 年明け恒例一人旅、今年は熊本~大分で黒川温泉と湯布院温泉

2月 パシフィコ横浜でCP+2013に参加
   当ブログ生誕10周年を迎える
   河口湖温泉で世界遺産の富士山を眺める

3月 ピーコJAPANに一喜一憂

4月 中山競馬場で芝コース開放のイベントに参加
    京都は湯の花温泉、るり渓温泉で疲れを癒す

5月 日本ダービー、キズナの勝利に感動

6月 念願のマツダスタジアムでのプロ野球観戦
   原爆ドームで平和の尊さを実感する

7月 北斗星に乗って北海道遠征し、定山渓温泉、富良野、種牡馬見学など堪能

8月 新潟で瀬波温泉に浸かる
   地元群馬県勢、前橋育英がまさかの甲子園優勝
    B'z LIVE-GYM Pleasure 2013、ナゴヤドーム公演に参戦

9月 恒例、QVCマリン~東京ドームのダブルヘッダー敢行
    読売巨人軍の胴上げを目撃する

10月 西武ドームでCSを観戦、その足で京都遠征し、競馬と嵐山温泉を楽しむ

11月 寒冷じんましんに苦しむ

12月 ボーナスで銀山温泉へ
    有馬記念で無念の惨敗を喫する
    12年間利用してきたADSLをようやくの卒業


今年もいろいろ楽しみましたね。
毎年同じこと書いているけど、趣味に生きた1年だったと言えるでしょう。
温泉と野球と競馬さえあればいいのか、俺は
来年もいろいろ動いて行くつもりです。
もちろん年明け恒例の温泉慰安一人旅も行きますよ!

2013/12/29

ベストショット2013

今日は趣味の中から写真の部門での振り返り。
今年撮った写真の中からお気に入りのものを何枚か選んでみました。
時系列に合わせて掲載してみます。


その1 タイトル「由布岳です」



モデル:α99
レンズ:24-70 F2.8 ZA SSM
レンズ焦点距離:24.0 mm
露出モード:絞り優先
絞り:F8.0
シャッタースピード:1/320
ISO:100
WB:太陽光

1月に九州を一人旅した時に立ち寄った湯布院での1枚。
この山こそが湯布院の象徴であり、撮影ポイント。
湯布院の素朴感と、冬の澄んだ空気感が伝わるよう努力して撮った1枚でした。


その2 タイトル「はい、ポーズ」



モデル:α99
レンズ:85mm F1.4 ZA
レンズ焦点距離:85.0 mm
露出モード:絞り優先
絞り:F1.7
シャッタースピード:1/320
ISO:100
WB:オート

2月に行われたカメラのイベントCP+で初めて挑戦した女性ポートレート。
まずモデルさんにポーズをとってもらうのが大変でした。
そして多くの人でにぎわった会場は熱気ムンムンで、もみくちゃにされ、撮影には大変な労力と根気が必要でした。
だから綺麗なお姉さんを綺麗に撮れたら大満足なわけです。


その3 タイトル「水の糸」



モデル:α99
レンズ:24-70 F2.8 ZA SSM
レンズ焦点距離:35.0 mm
露出モード:シャッタースピード優先
絞り:F16.0
シャッタースピード:1.0
ISO:100
WB:蛍光灯

7月に定山渓にて撮影。
今年はスローシャッターに勤しんだ年でもありました。
これは三脚を使わずに手持ちで撮影したもの。
まったくブレずに撮れたことがちょっと誇らしかったので選びました。
スローシャッターで水の流れを撮ると糸を引いているようで美しいですよね。


その4 タイトル「絵本の世界」



モデル:α99
レンズ:24-70 F2.8 ZA SSM
レンズ焦点距離:70.0 mm
露出モード:絞り優先
絞り:F10.0
シャッタースピード:1/80
ISO:100
WB:太陽光

7月の北海道旅行で行った富良野のラベンダー畑で撮影。
ピクチャーエフェクトを絵画に設定することで、芸術作品的要素を求めた1枚。
絵本の中に出てくるお花畑をイメージしてみたのです。


その5 タイトル「タイムスリップ」



モデル:α99
レンズ:50mm F1.4 ZA SSM
レンズ焦点距離:50.0 mm
露出モード:絞り優先
絞り:F7.1
シャッタースピード:1/25
ISO:6400
WB:オート

記憶に新しい今月の温泉旅行の銀山温泉にて。
大正ロマンが売りのこの温泉街で、モノクロで撮影すると、まさにタイムスリップしたかのような錯覚を得ます。
ここの雰囲気はいつまでも残してほしいと思わせてくれる1枚。


その6 タイトル「躍動」



モデル:α99
レンズ:70-300mm F4.5-5.6 G SSM
レンズ焦点距離:300.0 mm
露出モード:自動
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/1000
ISO:400
WB:太陽光

先週の有馬記念の最後の直線。
引退レースとなったオルフェーヴルの放つ躍動感が満ち溢れている作品。
全身の筋肉を震わせ、ゴールに向かって疾走する姿は、まさに無人の野を行くが如し。
引退が勿体ないぐらいでした。


以上、厳選の6枚でした。
見てみると、レンズこそいろいろ替えているけれど、カメラは一貫してα99を使ってましたね。55や65も使ってはいたけれど、勝負時はやっぱり99でした。なんせ清水の舞台から飛び降りて買ったお宝フルサイズ機。
来年もまだまだ使い倒していきたいと考えています。
そしてさらにいい作品を残せるよう精進するのみです。

2013/12/28

多趣味の泣き所

そろそろ1年を振り返っていきたい。
まずは恒例の、今年の読書まとめ。
今年読んだ本の数は計20冊。
前年比-3冊でした。まぁ学生じゃないからこの数も致し方ないかな。
ただ2年前と比べると-45冊だったりする。
これはひとえに、趣味が多すぎて、ひとつひとつにかける時間が少なくなっているからだと思う。どんどん増える興味。
時間は限られているのです・・・。

そんな少ない中でのランキング。
まずは面白かった本TOP5の発表。

1 オー!ファーザー 伊坂幸太郎
2 ドンナビアンカ 誉田哲也
3 祈りの幕が下りる時 東野圭吾
4 死神の浮力 伊坂幸太郎
5 雀蜂 貴志祐介

作家的にはほぼ例年と変わらない面子。
当然作家別ランキングでも・・・。

1 伊坂幸太郎 5冊
2 吉村達也 4冊
3 東野圭吾 3冊

であり、伊坂、東野はほぼ毎年のランクインとなっています。
去年1位の誉田哲也は今年は作品発表や文庫落ちが少なかったからかランク外。
吉村達也は遺作の温泉シリーズが次々文庫落ちしているので読んでいました。
多趣味ゆえ読書に避ける時間は少ないですが、来年も最低20冊のラインはキープしたいですね。

2013/12/27

ようやくの進化

というわけで、niftyから無事Wimax機器が届き、今設定を終えたところです。
無事に接続できて安心。
試しにYoutubeで1080pHDの動画を再生してみたところ、ADSL時代ではすぐに止まってしまった再生がスムースに流れてくれました。
大成功と言ってよいでしょう。
繋がることが確認できたので、さっそくプロバイダのADSLコースは解約。
あとはNTTの方に解約の申し込みをしなきゃだな。
年末で忙しいけれど、無駄な料金を払ってやる必要はないから早々に済ませないと。

2013/12/26

そろそろ進化も必要です

今日も大きな残業。
体力と気力が摩耗し、家に帰ったら即落ちてすぐ朝が来る感じです。
でもまだ連続10日勤務の3日目。先は長いんです・・・。

気分転換に、我が家のネット環境を少し変えてみようと思い、空いている時間に動いてます。具体的にはそろそろADSLを卒業しようかと(笑)。
そう、まだADSLだったんですよ
大きな動画とか落とさないし、ネットゲームとかもしないんで、あまり速度とかは気にならなかった。つながればいいんだと。
でも最近つながりにくくなってきているので、10年以上利用してそろそろモデムが限界なのかなとも思ったり、どうせなら外でも使えればと考え、申し込んだのはWimax。
光回線ほどの速度は出ないけど、当然ADSLより上だしモバイルでも使える。
ニーズに合っていると思うんです。
今は申し込んだ機器が届くのを待っているところ。
なんとキャンペーン中で、タブレットも無料でついてくるみたいなんで楽しみにしてます。

2013/12/25

10-12月期ドラマアワード

冬ドラマもすべて見終わったので各部門賞の発表と行きましょう。


主演男優賞
堺雅人(リーガルハイ)

主演女優賞
堀北真希(ミス・パイロット)

助演男優賞
伊藤英明(独身貴族)

助演女優賞
北川景子(独身貴族)

可愛かったで賞
本田翼(安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~)

最優秀主題歌賞
家入レオ「太陽の女神」(海の上の診療所)

最優秀作品賞
ミス・パイロット


主演男優賞と、可愛かったで賞は異例の2クール連続の選出。
だって仕方ないじゃない。堺さんの演技は神だし、本田翼ちゃんはありえないほど可愛いし。
このクールは個人的に女優勢が良かったと思う。
北川景子、武井咲、堀北真希・・・などなど、久々にいい役柄やってるなぁと思ったものだ。ガッキーは言わずもがなで可愛い
そんな中、難しかったのが最優秀作品。
素直にリーガルハイと思いきや、連続ドラマとして綺麗にまとまって終わったと思うので、今回はミス・パイロットを選びたい。

2013/12/24

まだ初日

お仕事10連戦の初日をつつがなく終えた。
最後まで持つように、最初から飛ばし過ぎずできるだけ省エネでいきたい。
まぁとか言いながら明日からはきっともっと大変なんだろうけれど。
年末年始のTVとかは見れないなぁ。見たいのは全て録画か。
幸い連続ドラマだけは今日で全部見終わるので、続きが気になったまま年明け・・・なんてことはなくてよかった。

2013/12/23

貴重な貴重な1日

3連休最終日は、激闘の疲れを癒すべくじっくり休んだ。
部屋からもほとんど出ず、ひたすら体力の回復に努めた。
なんせ明日から仕事が連戦地獄である。
年内の休みはもうなく、次に休めるのは年明け3日。
体力と精神力を大量に消費し、過酷な10日間となる。
本当は休みがもう1日あるのだから大好きな東京で過ごしたかった。
でも、休める時には休むのも大切。
明日から10日、やり切るしかない。

2013/12/22

男の子は泣いてはいけない

昨日の悪酔いも嘘のように、朝4時にすっきり目覚めた。
むしろ早々に眠れたことで睡眠時間をたっぷりとれてよかったかもしれない。
中山競馬場にタクシーで着いてみればすでに長蛇の列ができていたことにはゲンナリさせられたけれど・・・。
それでも何とかスタンドに席を確保できて、1日競馬を楽しめた。
・・・本当はそれどころではなく、内情火の車だったのですが。
そう、当らないのです、馬券が。
並々ならぬ覚悟でこの日に備えたというのに、気合は空回り。
安い配当をひとつ取ったのみで、有馬記念になってしまった。
そして渾身の思いを込めて本命にしたゴールドシップは、栗毛の化け物にあっという間に飲み込まれ、中途半端な3着。
全ての思いをかけて臨んだ1日で完敗を喫してしまった。
最終レースもゴール直前に本命馬が差される有様で、師走の寒空の下ふて寝したくなった。
終わった。何もかも。2013年を美しく締めたかったのに。
でも競馬ファンの宿命は、こういった大敗をいつまでも引きずらず前を向かなければならない。そしてすぐに立ち直れる精神力が必須。
そうやって15年以上やってきたんだから。
そうそう、馬券は散々だったけど、レースは凄かった。堪能できた。
ブラボー、オルフェーヴル。

2013/12/21

ちゃんこは部屋で食うものです

明日の有馬記念を控えて東京入り。
今日も競馬場に行ったんだけど、寒さだけが身に染みる結果に・・・。
明日は何とか巻き返したい。
冷えた身体をあたため、脳細胞を活性化させるために、鍋を食うことにしました。
行ったのはちゃんこ江戸沢東京江戸川店。
去年、予約なしで両国の本店に行ったら門前払いを食らった名店で、だったら場末の瑞枝なら大丈夫だろうと踏んだのです。
一応予約の電話はしておきましたけどね。混むんですね、こんな場末でも。
頼んだのは横綱ちゃんこ鍋。
牛、豚、鳥の各種肉が入った、まさしく横綱級のボリューム。

腹が減った状態で行ったのに、〆のうどんを啜ることろには満腹を通り越してしまった。
そしてわずか2杯のアルコールで酔っぱらってしまい、膨満感もあって気持ち悪くなる始末。脳の活性化どころか、最悪の体調でホテルに戻り、競馬の検討をする間もなくあっという間に落ちてしまったのだった。
明日が思いやられます。

2013/12/20

勝ちたいんや!

今週の重労働を終え、いよいよ本格的に有馬記念モードだ。
今年は仕事で行き詰ったり、いろいろ悔しい思いもした。
そんな2013年、有馬良ければ全て良し・・・となれれば、いっきに倍返しだ。
だから絶対に当てたい。
いや違うな、当てるんじゃない。獲るんだ。明確な信念を持って有馬を獲るのだ。
全身全霊をかけた今年最後の大勝負のため、明日から東京入りです。
勝つ、勝つ、勝ーつ!

2013/12/19

師走の雨の厳しさよ

はぁ、今日はしんどい1日だった。
久々にこれだけ大きな残業になってしまったワイ。
師走の寒さと、そぼ降る雨が冷たすぎた・・・。
先週末に温泉に行っておいてよかったと思う。
その効果があってか、今週はずっと身体が軽くて動くもん。
たとえそれが気の持ちようだとしても、実際体調がいいんだからそれでいいじゃないか。
さ、明日1日頑張って、本業の有馬記念予想に突入するぞ。

2013/12/18

タイミングはバッチリ

雨だか雪だか知らないけど、金曜までならいくら降ってもいいさ。
土日だけは晴れておくれ。
雨や雪の中で徹夜を敢行しようものなら、本当に凍死の危機だからな。
そんな私の気持ちに天は味方したのか、週間予報だといい感じ。
天候が崩れるタイミングとしては、週中はバッチリ。
何のことかって、有馬記念ですよ。
おぼろげながら買いたい馬券が頭の中に描かれている今日この頃なんです。
オラ、ワクワクすっぞ。

2013/12/17

自称○○

よく犯罪報道とかで、××市在住の職業自称○○の△△容疑者が捕まりました・・・みたいな言われ方をすることがあると思う。
要するに無職なのに、自分では○○な職業ですよと主張するパターンだ。
自称占い師、自称経営者、自称ジャーナリスト・・・。
実態が伴ってないのに、言ったもん勝ちで怪しさこの上ない。
そこで考えてみる。私が勝手に職業を自称するとしたらなんだろう。
もちろん今現在従事ている正規の職はこれに入らない。

たとえば、

自称・馬券師
自称・カリスマプランナー
自称・温泉ジャーナリスト
自称・野球評論家

こんなところか。
もし何らかの罪で捕まった場合、どれを名乗ればカッコいいだろうか(笑)。

2013/12/16

嵐の前の静けさ

今日で師走も折り返し地点。
温泉効果が表れたのか、今日はやけにアッサリと仕事が終わって拍子抜けしている。
でもまぁまだ半分なのが現実。
ここからが本当の繁忙期なのだ。
今日などはさしずめ嵐の前の静けさといった感じで、余計怖かったりするし。
楽な時は省エネでやるのも賢い選択と言えよう。
そうでなくとも本業の競馬で中山遠征のある今週は長い1週間なのだから。

2013/12/15

銀山温泉を堪能できました

銀山温泉で迎える朝。
今朝も吹雪はやんでいなかった。
そんな中、早朝から入る温泉の幸せ感ったらない。
ほんと、この瞬間のために普段頑張っているようなものなのだ。
朝ごはんもガツガツ食ってしまい、チェックアウトまで間があったので、再び温泉街に散歩に出かけた。昼の街並みも見たかったのだ。

水墨画の世界が広がっていた。
やはり冬はこういうところで温泉に入りたい。
ここ3年、冬のボーナスで温泉にきているが、白骨温泉、乳頭温泉、そして銀山温泉と、漏れなく雪見温泉だった。
夏はメジャー系、冬は秘湯系って棲み分けがいいかもしれない。
雰囲気が相乗効果を生むってあると思うのだ。

水墨画の世界をあえてモノクロで撮影。
これはこれでいい感じだ。
セピア風にも撮ってみたけど、大正ロマンの街にはモノクロが似合う気がする。

ちなみに当然ながら、冷えた身体を再び宿に戻って温泉で温めたのは言うまでもない。
これでもかってほど銀山温泉を堪能し、駆け足だったけどいい休日になったと思う。
今年も残りわずか。英気を養えたのでラストスパートで頑張れそうです。

2013/12/14

今年は山形の秘湯に・・・銀山温泉(山形県)

東北に向けて出発。
大宮から山形新幹線に乗り込み、大石田駅を目指す。
当初は市バスにに乗って銀山温泉を目指す予定だったが、新幹線がトラブルで途中止まってしまい、時間的に難しくなった。
仕方がないので宿に送迎を頼み迎えに来てもらうことにした。
旅にアクシデントはつきものだが、おかげで温泉街に着く時間が遅くなってしまった。

今晩宿泊する宿は、銀山温泉仙峡の宿「銀山荘」さん。
直前の予約となってしまったが、最後の一部屋空いていた宿だ。

銀山温泉の宿は、全体的に大正ロマンを売りにした古き良き日本の建物そのものって感じの宿が9割。
その中で銀山荘は異色ともいえるモダンで大きな旅館。
HPで見た露天風呂が綺麗だったのでここに決めたのだが、本当の銀山温泉を堪能したければ大正ロマンな宿を探すべきかも。

チェックイン早々、吹雪が吹き荒れる中温泉街に向かった。
宿で長靴やロングコートを貸してくれるので大雪でも安心だ。
徒歩5分弱で温泉街にたどり着く。

なるほど聞いていた通りレトロな街並み。
雪とランプの明かりとの調和が何とも言えない雰囲気を醸し出していた。
私は歓楽温泉街よりも、こういう落ち着いた雰囲気の温泉街が好きだな。

この温泉街の中、この時間帯(17時過ぎ)でも開いている唯一の日帰り入浴施設が、町営の共同浴場「大湯」さん。
共同浴場だが源泉かけ流しでれっきとした温泉。
とりあえず入ってみるのが温泉好きの定め。

さすがに源泉かけ流しは熱い。水で薄めなければとてもじゃないが浸かってられない。
とはいえ吹雪の中冷えた身体は一瞬にして温もり、その有り難さが増す。
うー、気持ちいいわい。

湯冷めしてはいけないので、その後は早々に宿に戻った。
夕食の前に再び入浴。
銀山荘の大浴場は内湯があって、観音開きのドアを開くと露天風呂に行ける仕組み。
そしてその露天風呂がライトアップされていて美しいのだ。
このキラキラ輝くお湯の中での雪見露天は格別としかいいようがない。
女性にはたまらない雰囲気だと思います。

こうして夜は更けていった。
夕食の時、従業員の気配りが不足していたことだけが残念だったが、それでも私、銀山温泉の雰囲気が気に入りました。

銀山温泉データ

温度:60℃
泉質:含硫黄・ナトリウム・塩化物・硫酸塩温泉
効能:胃腸病・神経痛・創傷・皮膚症・婦人科疾患・痔疾・リウマチ

2013/12/13

どれだけ癒えるか

今日から3連休。
この時期に3連休なんて、申し訳ないというか、運がいいというか、勿体ないというか、いろいろ複雑ではあるが、助かるのは事実。
初日の今日は病院行きだったんだけど・・・。
明日は束の間の休息を求めて山形の銀山温泉に旅立ちます。
雪見温泉で疲れた身体を癒したい。
なんだか雪がすごそうな予感ですが・・・。
果たして疲労は癒えるのか、それとも余計疲れちゃうのか。
温泉マジックに期待しましょう。

2013/12/12

今年の自分

今年を表す漢字一文字は、だそうな。
五輪決定だからか、安直な。
個人的にはどうだろう。
なかなか思い浮かばないが、強いて言えば今年の私は、

かな。
今年はなんかイライラすることが多かった。
対人関係だったり、自分自身へのもどかしさからくるそれだったり。
ストレスが溜まっているなぁと感じることの多い1年でした。
そういう年は辛いね。
来年は、激おこぷんぷん丸でムカ着火ファイヤーなこととは無縁でいたい。

2013/12/11

稼ぐって大変だ

今日は一人で二人分の労働をしてきた。
さすがに疲労困憊。
今年の師走は、去年みたいに極端に遅くまでの残業はないが、毎日定時であがれる日はなく、それなりの負担は身体にきている。
まだ師走も中日。
このまま年末年始に突入するかと思うと、少し不安でもある。
でもまぁ、それくらい働かなきゃ稼げませんからね・・・。
身体に鞭打って働かなきゃならない時期もあるってことですな。

そんな心身を労わりに今週末温泉旅行のプランが持ち上がりました。
山形の山奥に宿を確保。
友人の都合が悪くならなければ、命の洗濯ができそうです。

2013/12/10

皮算用開始

ボーナスゲットぉぉぉぉ!!
イィィィヤッホゥゥゥイ!!

正直、この瞬間のためだけにやっているお仕事♪
さぁこのボーナスを有馬記念で最低10倍にするぞ。
その日まで日々研究じゃ!

2013/12/09

モチベーションができた!

年明けに楽しみすぎる予定ができた。
これを糧にこの先の年末年始の仕事をやり遂げたい。
やっぱ人間、先に楽しみがあると多少の苦労はへっちゃらなんですよ。
モチベーションって大切だなぁ。
そうそう、それ以外にも、明日はボーナス支給という最大のモチベーションがあるわけです。
やっぱ人間、金ですよマネー。ぐへへ。

2013/12/08

なかなかうまく事は進まない

えー、有馬記念キズナ回避なのー!?
楽しみが半減じゃないか。
JRA的にも、売上、入場ともに大きく左右するだろうし痛いだろうなぁ。
まぁ客的には混んでない方が身動き取れていいんだけどね。
でもどうせなら豪華フルメンバーで見たかったぜ。

2013/12/07

自分の前に立ちはだかる男

人生において、要所要所で自分の前に立ちはだかってくれちゃう邪魔な人っている。
職場にそんなのがいたら最悪だ。
その人物がいるせいで、少しずつ少しずつ自分の人生が狂っていくのだ。
東野圭吾の「殺人の門」という小説を思い出す。
あれは本当に救いのない内容だった。
自分はそうならないように気をつけないと。
人は人、自分は自分、マイペースで。
決して流されるな、決して惑わされるな。

2013/12/06

SPECも見終わっちゃった

病院休みの今日は、映画館に『SPEC~結~ 爻ノ篇』を見に行った。
長らく続いてきたSPECシリーズもこれで最後。
TVシリーズを見ていたころは、最後にこんな派手な展開になるとは思いもしなかったな。
歴代SPECホルダーたちも総出演して、まさに集大成って感じの作品でした。
そして、もう続編はないんだろうなという終わり方で、これで本当に結(クローズ)なんだと、少しさびしく思えた。
主演の戸田ちゃんはもともと好きな女優さんだったけど、この作品でさらに好きになった。
若手女優の中では不動の存在です。
あと何気に大島優子ちゃんもよかったね。
正直、AKBにいるよりもよほど良く思えたので、はやく女優専念してほしいもんだ。

2013/12/05

もう一皮むけたい

多忙な師走。
だからこそ実感する自分の力のなさ。
あそこがああできていれば・・・ということが多い。
そういう時は不甲斐なさに気落ちする。
自分に必要なのはもう一段界のレベルアップ。
このままでは中途半端で成長が止まってしまう。
実は課題は明確に見えているんだ。
来年の仕事面の目標は、その課題に向けてもう一皮むけることだな。
来年の師走は最強の戦力でいたい。

2013/12/04

住む世界が違う

プロ野球選手の契約更改のニュースを見ていると、改めて住んでいる世界が違うなと思う今日この頃です。
だって1年間試合を見ていて、ろくに働いてないと思うような選手でさえ普通に1000万以上貰っている。
下手すりゃベンチでお茶飲んでいるだけで数百万貰ってるんじゃないか。
私がチマチマ残業して稼いだところで到底届かない数字。
それで年俸が下がっただなんだとごねているのを見ると、お前さんたちは本当は恵まれているんだよ、一般社会を見なさいと言ってやりたい。
数ある選ばれた人間たちとはいえ、この格差に無常を感じる。

2013/12/03

ノープライベートタイム

さすがは師走で毎日残業。
それは望むところなんだけれど、当然帰ってきてから寝るまでのプライベートタイムが短い。
21時からのドラマは見たいので、それ以外に取れる時間がメシ風呂を除くと40分くらいしかない(笑)。いろいろしたいことはあるんだけど・・・。
次の日またフルで働けるように睡眠もタップリとりたいし、こりゃ12月はプライベートタイムを捨てるつもりでいなきゃダメかもな。

2013/12/02

無念じゃあああ

あー、今年も有馬記念の指定席ハガキ抽選は外したのね・・・。
11月30日発送だから今日届かなきゃ無理でしょ・・・。
じぇじぇじぇ!
JRAさんから、お・も・て・な・しは受けられなかったか。
こうなったら馬券で倍返しと行きたい。
勝負師の炎はメラメラだ。いつ燃えるか?今でしょ!

・・・無理矢理、今年の流行語大賞を織り交ぜてみました。
にしても極寒地獄へ崖っぷち。あとは友のJRAカード予約頼みだ。
あーあ、ため息ばっかり!

2013/12/01

毎年12月は忙しい

今年もいよいよあとひと月となりました。
去年の12月に書いた記事を読み返して、え、あれってもうそんな前だったの?って驚きます。1年は早い。
明日から仕事は繁忙期に入り、体力的にも心配。
今日は外の空気に一切触れることもなく部屋に引きこもって体力温存しておきました。
泣いても笑ってもあとひと月、頑張るしかない。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »