« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014/01/31

備えあれば嬉しいね

社内でインフルエンザ大流行中。
このままじゃ業務が回らなくなるぞ。
しかしみんな予防、しないものかねぇ。
こうなってくると、昨年末高い金払って予防接種受けておいたことが大きくなってくるな。
少しは気も楽でしょう。
でもうがいとマスク着用は徹底しないと。
この前ひいた私の風邪も治りそうで治ってないし・・・。
そういうこともあって、今日は仕事の帰りに加湿器を購入してきました。
本当は愛用のカメラ関係には湿度は大敵なんだけど、背に腹は代えられない。
実際、朝起きると暖房で乾燥しすぎて喉カラカラになってるしね。
体調を整えることも社会人の義務でっせ。

2014/01/30

あの夏を思い出す

お休みの今日は、タイミングよく届いたB'zのLIVEブルーレイを見て過ごした。
去年行われたENDLESS SUMMERツアーの映像化。
最近はツアーごとにほぼ映像化作品を出してくれるようになって、記念に残る。
収録されているのは日産スタジアムで行われた最終日の模様。
どんなにプレオーダーやらに応募しても、どうしても取れなかった日産公演。
映像ではあるけど、見られて良かったよ。
私が行ったのはナゴヤドームだったけど、LIVEはやはり野外だよな。
でもこういうの見るとまたLIVEに行きたくなるね。
今年の活動はどうなんだろう。ソロなのかな。
シングルも久しく出てないし、アルバムだってそろそろ期待したい。
B'zとしての活動もENDLESSであって欲しい。

2014/01/29

まぁ普通にないでしょう

笑っていいともの最終回の特番に歴代レギュラー集結かぁ。
まぁ本当に出てほしい人は出ないんだろうけどさ。
例えば、ダウンタウンととんねるずと爆笑問題の奇跡の共演とかね。
それを取り持つのが明石屋さんま。
もし実現したらとんでもない伝説となるけど、まぁ普通にないでしょうね。
でも国民的長寿番組の最後なんだから、それくらいの奇跡を期待したっていいじゃないか。
あと、最終週のテレフォンゲストの人選をどうしてくるか、今のテレビ局の手腕の見どころだ。
しょうもない人選だったら、この局にはもう全然期待が持てなくなりそう。
あと、2か月の話か・・・。

2014/01/28

ザ・声優

波平役の永井一郎さん死去のニュースは驚きとともに残念でした。
私はゲゲゲの鬼太郎のこなき爺とかドラゴンボールのカリン様とか、らんまの八宝斎とかが記憶に残っている。
でも何と言っても波平。波平の声は永井さん以外はダメでしょう。
当然アニメを終わらすわけないから代役立てるんだろうけど、代役の人も辛いわな。
個性的で、一発でそれとわかる声。
癖のある老人役をやらせたら日本一だったと言っても過言じゃないだろう。
昨今の、何の特徴もないセリフ棒読みに近い声優とはわけが違う、本物のプロだった。
合唱。

2014/01/27

連続記録ストップか!?

月9ドラマ失恋ショコラティエがあまりにも糞過ぎて、そろそろ見るのが辛くなってきた。
フジテレビの月9枠と言えば、名だたる名作が過去にはたくさんあったけど、最近は低迷が目立つ。
でも、それにしても今期のは酷い。
なんだかんだでずっと見続けてるんですから、月9枠は。
で気になったので、いつから連続で見続けてるのか、Wikipediaで調べてみた。

プロポーズ大作戦
ファースト・キス
ガリレオ(第1シリーズ)
薔薇のない花屋
CHANGE
太陽と海の教室
イノセント・ラヴ
ヴォイス〜命なき者の声〜
婚カツ!
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
東京DOGS
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season
月の恋人〜Moon Lovers〜
夏の恋は虹色に輝く
流れ星
大切なことはすべて君が教えてくれた
幸せになろうよ
全開ガール
私が恋愛できない理由
ラッキーセブン
鍵のかかった部屋
リッチマン、プアウーマン
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜
ビブリア古書堂の事件手帖
ガリレオ(第2シリーズ)
SUMMER NUDE
海の上の診療所
失恋ショコラティエ

始まりは2007年のプロポーズ大作戦からだった。
ちなみにその前の3クールは連続で見てなかった。
失恋ショコラティエがもし完走できなければ、足かけ8年に渡る連続視聴記録が途切れてしまう。
しかしこうしてリストを眺めてみると、何となくだが内容は覚えているもんだ。
私は90年代から連続ドラマを見始めているけど、月9は明らかに2000年代になって劣化しちゃったね。
月9=恋愛モノのイメージだけど、恋愛モノもそろそろパターン出尽くした感があるからね。
だったらサスペンスだったりミステリだったりにしてくれた方がまだ面白い作品が生まれる余地はあると思う。
少なくとも、今期みたいな何もかもが中途半端な糞ドラマは勘弁してほしい。

2014/01/26

一歩踏み出すまでが

今日は、前々から考えていた新しいことに挑戦しようと思っていたんだけど、起きてから外の寒々しさと強風に萎えて、結局何もしなかった。
私ってこういうところがダメなんですよね。
基本、守りに入っちゃう。
なんたって座右の銘が、「現状維持」ですから。
どんな時も、一歩踏み出すのが遅い。
それで今まで幾度のチャンスを逃してきたのか・・・。
まぁいずれ必ずやってみようと考えていることなんだけど、今日はその日じゃなかったか・・・。
もっと積極的な人間になりたい。臆することのない男でありたい。

2014/01/25

結局ワーキングプア

今月の給料は、さすがに12月に頑張っただけあって多かった。
これの使い道は・・・有意義にいきたいね。
ところが、今日の帰りに服やら本やら買ってしまったので、あっという間に諭吉が1枚旅立った。
うーん、給料日直後に使いすぎる癖があるんだよな。
いくら多くても、無駄遣いはダメだ。
いやまぁ、多いたってワーキングプアに属される部類なんですよ、おそらく。
ちなみに私、給料日の日に全額降ろして全額使っちゃったこともあります。
両津勘吉かよ・・・って話ですよね。
今年は昨年以上に遠征も増やしていく予定なので、あまり預金にまわせないかもなぁ。
そんなことでは困るんですが!

2014/01/24

消耗品すぎる

最近ウォークマンの電池切れが早くなった気がする。
1週間もたないって・・・。
聴くのは基本的に通勤の時。
往復で60分弱なのに、1週間もたないってどういうこと。
ちょっと前までは10日前後はもっていたのになぁ。
もうバッテリーの寿命がきちゃったのかな?早すぎじゃないですか。
いつ買ったんだっけって、ブログの記事で探してみると、購入したのは2012年10月19日らしい。
つまりまだ買ってから1年3か月ほど。
これで寿命って言われても納得できないなぁ。
で、いろいろ調べてみたら、リチウムイオン電池ってのは通常、1~3年以内に寿命が来るんだとか。
それなら最近の消耗激早も仕方ないのか・・・。
近いうちにバッテリーの交換か、完全に新しいウォークマンを買うことになるかもな。
だいたい私はウォークマンの買い替えは電池消耗が早くなった時にしているのでね。
でも1年3か月しか使ってないのに買い替えるのは勿体ない。
そして何より新しいのを買って曲を入れ直すのが面倒くさい!

2014/01/23

ホームページを作るって大変

先日乗車したサンライズ出雲の記録をホームページにまとめてみました。

サンライズ出雲乗車記

よろしかったらどうぞ。
一人でも多く寝台車の魅力に気づいてもらえれば・・・と思います。

ところで久々にホームページを作ってみて思ったけど、ブログやFacebookを更新するのとはわけが違う。
とにかく時間がかかって大変だ。
これを作成するのに3時間半ほどかかった。
ブログならちょちょいのちょいで1時間もかからずにまとめられるだろう。
それだけ苦労して生み出したホームページは我が子も同然。
今は個人のホームページなんて流行らないけれど、消されない限りは残していきたいし、ごくたまにだけど更新していきたい。

2014/01/22

実はウハウハだったりして

連日、TVドラマ「明日、ママがいない」問題が報道されておりますが。
これだけ話題が大きくなってくると、逆にいい宣伝になって視聴率が跳ね上がるんじゃないか?
炎上商法ってのが流行りだけど、近いものがある気がする。
実はクレーム入れられている日テレは内心ウハウハとみた。
今夜は注目の第2話。果たしてどれだけ数字をあげてくるのか楽しみですね。
っていうか、たかだかドラマのことにいちいちクレーム入れるのもどうかと思う。
近ごろの子供ってそんなやわじゃないと思いまっせ。
そんなことより芦田女史の神演技の方に注目してやりなよ。

もっとも私は裏のフジドラマを見ているんだけどね

2014/01/21

決断の時迫る

これから春に向けて、大きく変わらなきゃならないことがあります。
そろそろ決断する時が来たのかもしれません。
正直不安も多いですが、やらなければ次のステージには進めそうもありません。
この年になって無理な挑戦はしたくないけれど、できる挑戦はしていくべきですよね。
気は重いけれどやるしかないんだろう。

2014/01/20

1日で回復

風邪は一晩寝たら治った。
薬が効いたのだろう。
ひ弱な肉体ではあるが、治りも早いのはいいこと。
正直持病のデパートだから、風邪なんかひいてらんないんだよね。
さ、これでいったん風邪ひいておいたし、また1年間は大丈夫だな。

2014/01/19

情けなや

あゔ~、風邪ひいてしまったぁ。
熱が38℃近くある。
なんか昨日あたりから嫌な寒気や身体の疲れがあったんだよなぁ。
会社ではマスクしているし、帰ってきてからもイソジン欠かさずやってるし、予防はしてきたんだがなぁ。
どうしても1年に1回は風邪をひいてしまう。
どうせうつされたんだろうな。
会社で口臭オヤジがゲホゲホやってたもんな。
普通風邪ひいてたらマスクつけるだろうに。
周りに迷惑かけるのは勘弁してくれ。
幸いだったのが今日が日曜でお休みだったこと。
薬飲んで静養してタップリ寝れば明日にはかなり回復するんじゃなかろうか。
それにしても、ひ弱な身体が情けなくて・・・。

2014/01/18

想像したくない10年後

某ドラマを見ていたら、就きたい仕事の理想度みたいな会話があった。
曰く、一番の理想は自分が好きなことをやって高い給料をもらえる仕事。
まぁこれは当然のお話。
次に、甲乙つけがたいのが、嫌いだけど金になる仕事、好きだけど金にならない仕事。
これらも割り切り一つで一生出来る仕事なんだと思う。
最悪なのが、嫌いでしかも金にならない仕事。
毎日がきっと辛いと思います。
で、よくよく考えてみたら自分の場合は、限りなく嫌いで金にならない仕事にカテゴライズされてしまうんじゃないかってこと。
確かに10年後も今と同じ仕事をしている自分は想像できないし、想像したくもない。
現実問題、ほとんどの人が同じなんだと思う。
自分だけじゃないんだぞと言い聞かせて、気持ちをごまかしごまかしやっていくしかないのか。

2014/01/17

抜け殻

年末年始の繁忙期を終えて、年明け恒例の一人旅もして、目標がなくなってしまっている今日この頃。
そうなると必然的に仕事にも身が入らず、抜け殻状態。
やはり人間、何かしら目標や楽しみがないと頑張れないみたいだ。
だからそんな時は、ああしたい、こうしたい、などの願望を思い浮かべてみる。
そしてそれに向かう自分を想像してみる。
すると少しはやる気も湧いてきたりするから単純だ。
さぁ、次の目標はアレかな。
今年もいろいろ動いて行くぞ。

2014/01/16

フジの本気マダー?

今期見る予定のドラマは以下。


月 失恋ショコラティエ(フジ)
火 福家警部補の挨拶(フジ)
   チーム・バチスタ4螺鈿迷宮(フジ)
水 僕のいた時間(フジ)
木 医龍4~Team Medical Dragon~(フジ)
日 S−最後の警官−(TBS)


の計6本。
初回を見終えて一番面白かったのは、S−最後の警官−かな。
今後も一番期待が持てそうだ。
始まる前に一番楽しみにしていたのは医龍4だが、さすがに続編も4まで来るとネタ切れ?
個人的にはキャラは好きだけど、脚本にマンネリ感が否めないのが何とも。
まぁ水準以上の面白さは保っているんでいいけど。
キャラと言えば、チームドラゴンになんで里原ミキがいないんだよ。
水川あさみ、なんで月9に獲られてるんだよ・・・って感じですね。
しかもその月9があまりにも酷くて参った。
おいおい、ドラマのフジがこの体たらくで大丈夫なのかい?
本当に近頃フジテレビ、本気でやばいんじゃないの。

2014/01/15

今が一番寒い時期

強烈な寒さですね・・・。
正直、あの雪の宍道湖で体感した寒さを上回っているような・・・。
夏は異様に暑いし、冬は糞寒いんですか、この県は。
そんな寒い中、髪を切ってくるという
無駄に襟足とか刈り込んじゃって、こりゃ明日から当面ネックウォーマーが必需品ですな。
しかしこれだけ寒いと、散々入ったはずの温泉が早くも恋しいよ。
今月はさすがに無理だけど、2月になったらまたどこかに温もりに行こうかな。

2014/01/14

意外だった事実

これ最近初めて知ったんだけど、ビデオテープって燃えるゴミの日に出せるんだねぇ。
形状的に粗大ゴミか、燃えないゴミに分類されるのかと思ってた。
どうやら燃えないゴミとかで出すと、テープの部分が絡まったりするからダメなんだとか。
まぁ基本的にプラスチックだから燃えるっちゃー燃えるんだろうけど、有害物質は大丈夫なのか?
先日の大掃除でも片づけられなかったのが、大量にあるビデオカセットだった。
もはや再生できるビデオデッキを持ってないので、無用の長物とかした大量のカセット。
燃えるゴミで出せるのならようやく処分ができるじゃないか。
中学生~大学ぐらいまでの間にいろいろ録り溜めたドラマや競馬の記録を捨てちゃうのは勿体ないけど、踏ん切りつけなきゃいつまでも片付かないからね。さすがに一気には出せないので、ひと月ふた月かけてゆっくり処分していこう。

2014/01/13

早くも次の目標が出来た!?

連休最終日は自宅でゆっくり旅の疲れを癒した。
といっても、旅の顛末をブログにまとめていたらあっという間に夕方になっちゃったけど・・・。
今回の旅、いろんな温泉を満喫してきたけど、一番思い出深いのはやはりサンライズ出雲乗車。
もう行きが全てでしたね。
やっぱ私は寝台車が大好きだ。
この夏の目標はトワイライトエクスプレス乗車。
北海道方面に行く寝台車はもうあと何回乗れるかわからない。
永遠に失ってしまう前になんとしても乗りたいのだ。
あと、サンライズ出雲に乗ったことだし、ついでに瀬戸も乗らなきゃかな?
となると来年の一人旅はサンライズ瀬戸で四国?道後温泉?
早くも目標が出来て、辛い仕事にも立ち向かっていけそうな気がするよ。

そうそう、サンライズ出雲乗車記はまた時間を見つけて別ページでまとめたいと思います。

2014/01/12

山陰一人旅~その7

現実に帰る朝がやってきた。
いつだって旅の終わりの朝は気が重い。
しかし身体は連日の温泉効果、そして昨日のマッサージで軽く、疲れもほとんどない。
最終日もギリギリまで動きたい。

向かうのは境港。
この街はゲゲゲの鬼太郎の水木しげる氏のご当地とあって、ゲゲゲで溢れている。
ここに向かう電車からしてこれだ。

車内もゲゲゲ。

また、この境港線は、駅名もそれぞれ妖怪の相性がつけられている。
ちなみに始発の米子がねずみ男駅で、終点の境港が鬼太郎駅だ。
境港につけば、そこはゲゲゲの世界一色。

子供の頃、鬼太郎好きだったんだよね。
毎週楽しみに見ていた。私は3期世代。親は1期世代だったらしい。
駅から続く水木しげるロードには数多くの妖怪のオブジェが展示されている。
そんな妖怪の中で私が一番好きだったのがこれ、牛鬼。

アニメのこの回はトラウマだったなぁ。
牛鬼は退治しても、魂が退治した相手に乗り移ってしまう。
そして鬼太郎が牛鬼に・・・。その変化する姿が子供心に怖くてトラウマになるほどだった。

そんな思い出が頭にかすめながら歩く。
うん、泥田坊とかも懐かしい。「田を返せ~」だよな。
そんな妖怪の街だけに、街全体を挙げて盛り上げていっている。
こんなユーモアある看板もあったりして。

まぁね、こんな鬼太郎っていう売りでもなかったら、こんな片田舎の港町にわざわざ観光になんてこないもんな。

子供心を思い出して、この旅は全行程を終えた。
帰りは米子鬼太郎空港から航空機。
行きと比べてあっという間に現実世界に連れ戻されちゃった。
実に味気ない。

温泉三昧で過ごした今年の一人旅は幕を閉じた。
結局温泉地は4か所か。今年の目標のすでに半分に到達(笑)。
いろんな効能がブレンドされちゃって、むしろ身体に毒かもしれない
ま、いい山陰の旅でしたよ。

2014/01/11

山陰一人旅~その6 皆生温泉(鳥取県)

米子駅からバスに揺られ皆生温泉にやってきた。
この旅最後の宿泊地である。

皆生温泉という名はたぶん誰でも一度は聞いたことがあると思う。
そんな有名温泉地が人口が一番少ない鳥取県にあることはあまり知られていないとも思う。
ここはどんな温泉地なのだろう。
宿へ向かう道すがら、温泉街の雰囲気を見て回ったのだが、すぐにここの特徴はわかった。
皆生温泉は歓楽温泉だった。

なんか、醸し出す雰囲気がそれっぽいと一発でわかる背広姿がやたら目についたのでそうなのかなと思ったが、やはり。

こんなお店がそこかしこに。
っていうか、この辺ソープランドだらけじゃないか!
変なところに迷い込んでしまったわい。
さらにはこんな店も目に飛び込んできて・・・。

もはや下品の部類。
昨日の玉造などとは180度趣の違う温泉街だ。
そんなエロ温泉街だけに、女性客の姿はあまり見られない。
まぁオヤジの慰安旅行にはぴったりの場所なんだろうけどねぇ。

そんな皆生温泉だが、海岸沿いに行けば雰囲気が一変する。
地元住民がランニングしていたり、親子連れが浜辺で遊んでいたり、さっきまでの街並みが街並みだっただけに、ホッとする。

今晩宿泊する、皆生シーサイドホテルはそんな海岸の目の前に立地していた。

昨日の玉造は旅館だったが、ここは洋風のホテル。
部屋もリゾートホテルのそれで、オーシャンビューなのがうれしい。
外の歓楽色とは無縁に、暮れゆく日本海を眺めながらラストナイトを楽しみたい気分だ。

ただしこのホテル、温泉施設にはあまり期待しない方がいい。
正直、狭くて窮屈なのだ。
内風呂は細長い分まだいいのだが、露天は大人の男が3人入れば窮屈、4人だとギュウギュウ詰め、それ以上だと肌と肌を密着させてアッー!となること必至。長湯はあまりできそうもない。
ただ温泉そのものはやはり気持ちがよく、潮の味がするお湯は肌にもよさそうだ。

最後の夜なので贅沢を惜しまず、夕食後はマッサージを受け全身の疲れをほぐしてもらい、リアル潮騒のメモリーを聴きながら眠りについた。
普段の我慢はたまにあるこういう時間のためにある。
毎回ながら、そんなことを思わずにいられなかった。


皆生温泉データ

温度:27~83℃
泉質:塩化物泉
効能:神経痛、リウマチ、慢性皮膚病、慢性婦人病など

山陰一人旅~その5 三朝温泉(鳥取県)

玉造で迎えた朝。心地よい疲労の中ぐっすりと眠り体調はすこぶるいい。
さぁ今日はどこへ行こう。
というのも、ここから先は宿泊地以外は何も決まっていない。
当日の天候や気分でアドリブで決めていこうという考えだった。
で、当初はせっかく山陰まで来たのだから鳥取砂丘は行っておきたいと思っていた。
が、ツイッターで情報を探してみると、どうやら砂丘は雪で埋もれているらしい。
イメージにあるあの景観が楽しめないのなら行っても意味がないかも。
そこで他にも探してみる。
こういう時、スマホとタブレットとWimaxがあると心強いね。
結局白羽の矢を立てたのは三朝温泉。やっぱり温泉かぁ。
三朝温泉も山陰を代表する温泉地。おそらく鳥取なんてもう来る機会がないだろうし、あとで後悔するならここに行っておこうと。
そんなわけで、玉造から倉吉駅に向かった。
倉吉からはバスに乗り換え、山あいに。
さすがに山に入ると雪がちらついていたが、温泉で温まるのだから別にいい。
そんな街から少し離れた場所にひなびた温泉街が存在していました。

三朝温泉は開湯850年の歴史を誇る由緒正しい温泉地らしい。
しかし、そこは昨今の温泉地事情。ここもご多分に漏れず、時代から取り残された昭和の哀しい温泉街でした。
哀愁漂う看板・・・・

他にも射的とか、いかにもな店が点在していたけど、どれも閉まっていた。
日本の温泉地の行く末を案じます。

散策していると、河原沿いでギョッとするものが目に飛び込んできた。
スッポンポンで汚いものをぶら下げたオヤジの姿である。
こんな寒空の下でヘンタイオヤジか?と思いきや、公共の野天風呂があるらしい。
その名も「河原風呂」。

この簀子の向こうに湯船がある・・・が、少し位置をずらすと掲載不能なものが写りこんでしまうので自重。
旅の恥はかき捨てというし、入ってみたい気もしたが、常連客と思しき人たちで独占されていたので断念。
こういうところで気軽に地元の人と触れ合えるような性格だったらね・・・。
なお、ここは一応混浴らしいけれど、ごらんの通り外から丸見えな上、タオル等もお湯にはつけられないそうなので、大変厳しい、というかまず入るような酔狂な女はいないであろう。
まぁネット検索してみれば、中にはツワモノもいるみたいですけどね。

私はちゃんとした旅館でお湯に入ることにした。
お邪魔したのは三朝館。このあたりではおそらく一番大きな旅館だ。

ここ三朝温泉は世界有数の放射能泉であり、温泉療法のメッカとして知られている。
湯治客が多いので、むしろこのくらいの寂れ具合は都合がいいかもしれないね。
帰りのバス待ちのバス停で、常連らしいおばあちゃんがいろいろ話しかけてきた。
さすが地元の人らしく、この後米子へ向かうと言ったら、「皆生温泉かね」とズバリ当てられた。
そうです、今日の宿泊先は皆生温泉。最後まで温泉三昧で行こうってことですね。


三朝温泉データ

温度:56~80℃
泉質:含放射能/塩化物泉、単純温泉
効能:抗がん、慢性リウマチ、関節痛、肩こり、腰痛、高血圧症、痛風、糖尿病、肺疾患、アトピー、消化器疾患、疲労回復等

2014/01/10

山陰一人旅~その4 玉造温泉(島根県)

凍てつく宍道湖から逃げ出すように、バスと電車を乗り継ぎ宿泊先を目指した。
今夜泊まるのは玉造温泉。ここは行きたかった温泉地の一つだった。

駅から15分程度歩いた場所に温泉街が広がっている。
静かで落ち着くいい温泉街だった。
決して寂れているというわけではなく、上品な静けさと言った形容が合う場所だ。
ゆっくりするならこういう温泉街がいい。
まずは冷え切っていた身体を復活させるべく立ち寄り湯。
お邪魔したのは白石家という旅館。

夕方で忙しい時間だろうに歓迎してもらえた。
お湯も素晴らしく、気持ちよく過ごさせていただいた。
こういうのが本当の、お・も・て・な・しというのだろう。
何はともあれ生き返った・・・。

おかげで温泉街を散策する意欲がわいてきた。
この街一番の見どころらしい宮橋に向かう。
別名、恋叶橋。この橋の写真を、バックに鳥居が写り込むように撮影すると恋が叶うらしい。
そんな後付けの設定で女性客を取り込もうという戦略が見え隠れするが、恋とかじゃなく、写真野郎として1枚押さえておく。

鳥居の先の温泉神社には願い石という神石があった。
この石に願うと思いが叶うらしい。
恋叶橋といい、なかなか都合のいい神様が揃っている場所だなや。

とりあえず嫌な奴の左遷を願っておきました(笑)。邪やねぇ

そうこうしているうちにあたりは暗くなりつつあったので、宿を目指した。
今晩お世話になるのは湯之助の宿・長楽園。

この長楽園こそが、長らくあこがれ続けてきた温泉宿。
なんと言っても売りは、120坪はあるという混浴の大露天風呂。
そのスケールは今までいろいろ行った温泉の中でも圧倒的に随一で、圧巻のもの。
また、いままで混浴とは名ばかりで、ほぼ男性に占拠されていた他の混浴温泉と違い、ここには普通に女性客も入っている。
それもそのはずで、女性客は色のついたバスタオルを巻けるからだ。
そうなるとむしろ居心地悪く肩身が狭くなるのは男の方。
事実、男性専用の浴場の方が混雑していた。
とはいえ、この宿に泊まるからには混浴露天に入らねば意味がない。
滞在中4度入浴したけど、そのうち3回は混浴露天に入った。
男性は普段タオルを湯につける習慣がないので混浴だと困るけど、これだけ外が寒いともうもうと湯けむりが上がって少し先は見えない。だから男女とも、あまり周りの事は気にせず入浴が楽しめると思いますよ。
もっとも、カップルがいちゃつきはじめるとさすがに気になりますが・・・。

夕食は蟹づくしのお料理で大変おいしく頂けた。
温泉最高、料理最高で言うことない。幸せな気分でぐっすりと眠りについた。
しかし、この日1日で温泉に都合5回も入ったので、さすがに疲労困憊になりました(笑)。


玉造温泉データ

温度:42 ℃
泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、痔疾、冷え性、慢性皮膚病、肥満症、美肌等

山陰一人旅~その3 松江しんじ湖温泉(島根県)

出雲大社を後にし、一畑電車を乗り継いで目指したのは松江しんじ湖温泉。
宍道湖のほとりにある温泉街だ。イメージ的には去年行った河口湖温泉みたいな感じかな。
大社あたりは晴天だっが、電車が松江に近づくにつれどんどん空が曇って行き、雪も目立つようになってきた。
駅を降りたって、その寒さに身が縮こまった。
これはシャレにならない。
早ところ温泉に入りたい・・・。

松江しんじ湖温泉は立ち寄り湯客には冷たく、ホテルや旅館では受け付けてくれるところがほとんどない。
そんな人達のためにあるのがSKプラザという場所。

ここは町民の公共の場所だね。
公民館みたいな場所に入浴施設がついていると思えばいい。
そんな場所でも温泉は温泉だ。冷えた身体を温めるのには十分だ。
500円を支払いザブーン。ンギモッチイイ!

一瞬にして温もる身体。外の寒さとのギャップがまた堪らない。
生きていて良かった・・・。
公共入浴施設程度でそう思えるのだから、やはり温泉は偉大だ。

風呂から上がり、よせばいいのに温泉街を散策してみた。
街の奥地に行くとお地蔵さんが佇んでいた。
その名もお湯かけ地蔵。

身の幸せ、子孫繁栄、健康などに御利益があるらしい。
お湯をおかけしてお参りしておく。

今度は宍道湖沿いを歩いてみる。
・・・とんでもなく寒い。当たり前だけど、寒い。
せっかく温もった身体はすぐにカチンコチンになった。
また湖から吹き寄せる風が冷たいんだ。そんな場所だから人っ子一人歩いていない。
そんな物好きは私だけだった・・・。
まぁおかげでこんな、寒さを象徴するような写真が撮れましたが。

このままだと凍えてしまいそうなので、もう退散することにした。
はやく暖かい場所に行きたい。時間もいい具合なので泊まるところを目指すことにした。


松江しんじ湖温泉データ

温度:77℃
泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・冷え性・慢性婦人病・動脈硬化症等

山陰一人旅~その2

朝6時過ぎに車内アナウンスで目が覚めた。夕べは早めに眠りについたのだが、結局なかなか眠れず、落ちては目覚め、落ちては目覚めしているうちに朝を迎えてしまった感じだ。
岡山駅で、連結されているサンライズ出雲と瀬戸は切り離される。
その瞬間を見学するのも、この寝台車に乗ったものにつきもののイベントだ。
素早く覚醒し、準備に入った。

朝から撮り鉄さんたちは元気いっぱいだった。
ちなみにこの岡山の停車時間は切り離し作業含めておよそ4分。
売店で朝食を買おうとすればこのチャンスしかない。
私は昨日のうちに購入しておいたので写真撮影に専念できた。
写真を撮ってラウンジで朝食を食べ、部屋に戻ると再び睡魔が・・・。
まだしばらく乗車は続くので、もう少し身体を休めるべくウトウトした。
・・・目が覚めるとそこは雪国だった。

岡山あたりまでは晴天だったのに。この先の行程に少し不安を覚えた。
そんなこんなで電車は進み、とうとう出雲市に着いてしまった。
北斗星の時もそうなんだけど、乗車中の一瞬、一瞬が愛しくてたまらなかったよ。
正直、温泉もいいけど、最大の楽しみはこのサンライズ出雲乗車だったからなぁ。
ありがとう、ここまでご苦労さん、出雲。

幸い雪は積もってはいるものの、降ってはいなかったので傘は必要なかった。
まず目指すのはここまで来たのだから当然出雲大社。
一畑電車というローカル線に乗り換えて向かった。
この電車、観光用にアテンダントのお姉さんが乗務してる。なかなか可愛らしい子でした。

出雲大社に着きさっそくお参り。

この神社は縁結びで名高いようで、参拝客の多くは若い女性だった。
そんな中一人旅のおっさんはやや浮いている気がしたけど、構わず進んだ。

ちゃんとお願いしておきましたよ、御縁を。
・・・穴馬とのね。なんか根本的に考え方が違うよなぁ。

とはいえ、遅ればせながらこれが初詣。っていうか、初にして最後詣かな(笑)。
おみくじもひいてみた。
ところがそこには第十三番と書いてあるだけで、大吉だの大凶だのの表記はない。
どうやら出雲大社ではそういうものらしい。数字が小さいほどいいものなのかな。
書いてある内容から察するに、おそらく末吉程度だと思われた。

お参りを済ませて腹も減ったので、名物出雲そばを食しに向かう。

この5段重ねはなかなかボリュームがあって、そばなのに腹いっぱいになった。
たいへん、美味しかったです。
さて、やるべきことはやったし、ここからは温泉三昧と行くぞ~。

2014/01/09

山陰一人旅~その1

待ちに待った旅立ちの日がやってきた。
仕事をきっかり定時で終え退社。本当は定時じゃなくても十分間に合ったが、はやる心を抑えられなかった。
まずは池袋まで行ってジュンク堂で本を買ったり、夕食をとったり、旅の準備を整えた。そして東京駅へ。
去年は飛行機で一気に博多まで飛んだが、今年の目的地は山陰。
となればもう、移動手段はこれしかないでしょう。そうです、サンライズ出雲です!

今からひと月前、仕事の休憩時間に抜け出して獲得しておいたこの寝台車の切符。
取れた時からこの日を心待ちにしてきました。
私はかつて寝台車では北斗星に乗ったことはあったが、その他にある寝台車は未経験だった。
北斗星のあの素晴らしさを思えば、他に存在する寝台車にも乗ってみたいと思うのが人情。
また、東京駅から発車する寝台車はもうこのサンライズ出雲しかなく、貴重な乗車となる。
時代はいつ完全に寝台車を抹殺してしまうかわからないからだ。

東京駅に入線してくるサンライズ出雲。興奮が最高に高まる。

寝台車に乗るときの優越感はたまらない。通勤電車とはわけが違う。
これから旅が始まるんだな、という気分にさせてくれる。
今回取れた座席はシングルツイン。上下段とも一人で使える豪華空間だ。

サンライズ出雲のA寝台やB寝台はオール個室の超プライベート空間。
ドアを閉めてしまえば完全に一人の世界に籠れる。
木目調の車内はモダンで落ち着く。北斗星よりも清潔感がはるかに上だ。
また出発が午後10時と遅いので、乗客はすぐに睡眠態勢に入るため、騒がしさとは無縁。
一人旅にはぴったりの電車だ。
とはいえ、こっちとら仕事終わりの身体。シャワーは浴びたい。
車掌が回って来た時にシャワーカードを購入し、混む前に向かった。
すぐ眠りたい人は、とにかく早めに行動することをお勧めする。

シャワー室はこんな感じ。

北斗星のものと比べて全体的に新しく使いやすい。
また、シャンプーとボディソープは備え付けられているのでわざわざ買う必要はない。
気持ちよく仕事の汗を流せた。

シャワーを浴びてしまえばあとはもう寝るだけ。
寝台車の最大のメリットは寝ている間に目的地に近づけること。
明日の行動を思えば少しでも睡眠はとりたいところ。
車内探索もほどほどに、眠りの態勢に入ったのだった。
まぁ結局、なかなかあの揺れの中では熟睡は難しいんだけどね・・・。

2014/01/08

不安なのは天候

今日も定時退社。すっかり平和な日常ですね。
あの激務の日々が早くも懐かしい。
しかし、その代償で肉体、精神ともに抜け殻状態。
リフレッシュが必要なんです。
そこで毎年恒例にしている、年明け温泉一人旅。
明日の仕事終わりに旅立ちます。去年も仕事終わりに一気に博多まで飛んだっけな。
今年の行き先は山陰方面。
強い寒気がなだれ込んでいるとかで天候が心配ですが・・・。
そうなんだよ、なんでこの時期によりによって山陰選んじゃったかなぁ。
そんなの雪降ってるに決まってるやん・・・。
まぁ目的は温泉なんで、雪見温泉は好きだからいいんだけどね。
一人旅なので誰に気兼ねもなく、のんびり疲れを癒してきます。

2014/01/07

年明けに大掃除

急遽の休みの今日は、時間を有効活用しようと重い腰を動かした。
部屋の徹底掃除である。
毎年年末年始が忙しいので、大掃除というものをしてこなかった。
そしてその結果、長い年月をかけて積もりに積もった埃が部屋の隅に充満していた。
ベッドの下など見向きもしなかった場所がすごいことになっていた。
“開かずの間”状態になっていた場所にも手を付けた。
やり始めると徹底的にやりたくなる性分。
埃一つ落ちてない部屋が完成するころには夕方になっていた。
部屋がきれいだと気分もいい。
これで旅から帰ってきた後も快適に疲れを癒せるだろう。

2014/01/06

お休みゲット

なんと明日、急遽休めることになった。
大掃除してないので部屋を少し片づけたいし、録り溜めた番組の視聴、週末のお出かけのリサーチ・・・。
やっておきたいことはたくさんあるのだ。
何より寝坊したい!
この時期の朝の目覚めほど辛いものはないからなぁ。
イレギュラーではありますが、正直助かります。
有効活用しよう。

2014/01/05

本業始業も

今週もまた日曜出勤なり~。
おかげで金杯に参加できず。まぁ結果オーライだったみたいだけど
副業が忙しくて本業をおろそかにしてしまうのが辛い。
競馬場復帰は2月の府中開催になってからかな・・・。
さ、週末も日曜も何も関係なしに明日からもまだまだお仕事続きますよ。
でもあと4日。あと4日踏ん張れば自分へのご褒美です。

2014/01/04

正月とは無縁

今日は定時退社できた。おそらく11月以来であろう。
ようやく繁忙期も終わりを迎えつつある。
平和な日常は退屈極まりないが、いつまでも忙しくてはたまったもんじゃない。
しかし明日は先週に続いて日曜出勤。
もはや曜日感覚もなくなっているが、もっとなくなっているのは正月の感覚。
正月って、どんなことしてたんだっけなぁ。
どんな雰囲気だったのかもう思い出せないや。
不定休万歳。

2014/01/03

スリーピングマシーン

新年最初の、そして11日ぶりの休日でした。
寝ました。思いっきり。
昨日寝たのは23時ごろ。
そして今日は途中トイレで起きたものの、完全に目覚めたのは11時半。
およそ12時間は寝たことになります。
年を取ってから深い睡眠が困難になる中、久々にぐっすり眠れた。
よほど疲れていたんだなぁ。これでもまだ寝たりないほどだ。
今日の休日はそのままずっと部屋に籠ってました。
年末年始の間いっさいTV見れなかったので、録画で溜まっていたものを3つ視聴。
この時期、スペシャルドラマが多いからいいね。
バラエティは下らないけど。
さ、今日貴重なお休みをいただいて、明日から再び6連戦。
そしてそれが終わればいよいよ慰安一人旅だ。

2014/01/02

健康第一を実感する

やり遂げました、お仕事10連戦。
さすがに疲労困憊です。人間、集中力を持ちつづけると異常に疲弊します。
それは8時間程度の睡眠では回復しない。
明日は最低10時間以上眠りたいと思います。
ただ、そうは言うものの、まだ限界といわけではない。
多少なりとも余力を残せているのは、きっと今が健康面になんの不安もないからであろう。
ちょっとでもどこか悪ければ疲れは倍増、回復量も減少。
ほんと、お金よりも何よりも、人間は健康こそが一番大切なんだなと実感します。

明日は好きなだけ寝て、年末年始に録り溜めた番組を見よう。

2014/01/01

走り出せ2014

新年あけましておめでとうございます。
無事仕事始めを務めてまいりました。
連続勤務もようやく明日で終わり。正直、身体は相当まいってますがもうひと踏ん張りしてきます。
新年はじめということでブログのデザインもすっきりと一新して、また新しい気持ちで取り組んでいきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ではさっそく恒例の今年の目標設定。

一つ、温泉8か所に行く
一つ、トワイライトエクスプレスに乗車する
一つ、普通自動二輪免許を取得する
一つ、苦手の中山競馬場で万馬券を当てる
一つ、昇給

この5つとします。
当然全部といいたいところですが、とりあえず複数達成できるように頑張ります。
どれも達成したいものばかりなので、あえて文字にすることで自分に良いプレッシャーもかけられ日々が充実するはず。
ま、2014年もとりあえず楽しんでいきたいですね。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »