2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山陰一人旅~その2 | トップページ | 山陰一人旅~その4 玉造温泉(島根県) »

2014/01/10

山陰一人旅~その3 松江しんじ湖温泉(島根県)

出雲大社を後にし、一畑電車を乗り継いで目指したのは松江しんじ湖温泉。
宍道湖のほとりにある温泉街だ。イメージ的には去年行った河口湖温泉みたいな感じかな。
大社あたりは晴天だっが、電車が松江に近づくにつれどんどん空が曇って行き、雪も目立つようになってきた。
駅を降りたって、その寒さに身が縮こまった。
これはシャレにならない。
早ところ温泉に入りたい・・・。

松江しんじ湖温泉は立ち寄り湯客には冷たく、ホテルや旅館では受け付けてくれるところがほとんどない。
そんな人達のためにあるのがSKプラザという場所。

ここは町民の公共の場所だね。
公民館みたいな場所に入浴施設がついていると思えばいい。
そんな場所でも温泉は温泉だ。冷えた身体を温めるのには十分だ。
500円を支払いザブーン。ンギモッチイイ!

一瞬にして温もる身体。外の寒さとのギャップがまた堪らない。
生きていて良かった・・・。
公共入浴施設程度でそう思えるのだから、やはり温泉は偉大だ。

風呂から上がり、よせばいいのに温泉街を散策してみた。
街の奥地に行くとお地蔵さんが佇んでいた。
その名もお湯かけ地蔵。

身の幸せ、子孫繁栄、健康などに御利益があるらしい。
お湯をおかけしてお参りしておく。

今度は宍道湖沿いを歩いてみる。
・・・とんでもなく寒い。当たり前だけど、寒い。
せっかく温もった身体はすぐにカチンコチンになった。
また湖から吹き寄せる風が冷たいんだ。そんな場所だから人っ子一人歩いていない。
そんな物好きは私だけだった・・・。
まぁおかげでこんな、寒さを象徴するような写真が撮れましたが。

このままだと凍えてしまいそうなので、もう退散することにした。
はやく暖かい場所に行きたい。時間もいい具合なので泊まるところを目指すことにした。


松江しんじ湖温泉データ

温度:77℃
泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・冷え性・慢性婦人病・動脈硬化症等

« 山陰一人旅~その2 | トップページ | 山陰一人旅~その4 玉造温泉(島根県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/58937314

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰一人旅~その3 松江しんじ湖温泉(島根県):

« 山陰一人旅~その2 | トップページ | 山陰一人旅~その4 玉造温泉(島根県) »