2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« アドリブ北海道旅行2014その4~地球は丸かった | トップページ | アドリブ北海道旅行2014その6~最後までアクティブに »

2014/07/21

アドリブ北海道旅行2014その5~層雲峡温泉(北海道)

これからの展開を考えるうえで、温泉という選択肢が浮かんだ。
ニセコで入ってきたとはいえ、温泉好きにはそんなの関係ない。
ではどこへ行くかとなったところ、K氏がスマホで検索して層雲峡温泉という場所を発見した。
正直私はそれまで聞いたことがない温泉だった。
どこにあるのかと思えば、旭川のさらに先。網走との中間点あたりに存在するらしい。
カーナビにセットしてみると、高速を使っても3時間以上かかるとのこと。
迷ったが他に目的もなく、ここはK氏に運転を頑張ってもらうことにした。
途中休憩をはさみ、4時間近くかかって着いた層雲峡温泉。
そこは山あいの渓谷にあるそれはそれは景観の素晴らしい場所であった。

さすが北海道。まだまだこんな素晴らしい場所があったんだ。
着いた時からテンションは上がりまくり、ニセコの悪夢もすでに忘却の彼方へ。
ロープウェーがあるということで、高いところ好きの2人はまずそれに乗って黒岳に登ることにした。

大雪山脈の緑が広がる美しい眺めを堪能しながらロープウェイは登って行く。
なんかこっちに来て以来、本当に美しいものをたくさん見続けているな。
その中でもこの場所は極めつけの美しさだったよ。
5合目からの眺め。

夏の北海道の素晴らしさが集約された景色と言っても過言じゃありません。
今は緑一色だけど、紅葉シーズンとかはさぞかし色鮮やかなことだろうなぁ。
5合目からは今度はリフトが出ている。
それにも乗って今度は7合目まで向かう。

さすがに7合目まで来ると肌寒い。
半袖短パンという、山を舐めくさった出で立ちのK氏は相当浮いていた。
ここからの眺めも言葉がなかった。

ほんと、この場所を探し当ててくれて、今回ばかりはK氏のお手柄だったよ。
ここから先は山頂までは徒歩で向かうことになるが、立ち寄り湯の時間に間に合わないということで断念。
下山し、温泉に入りに向かった。
今回お世話になったのはホテル大雪さん。

さっきまで広がっていた景色を温泉に入りながら見れるという贅沢なひと時。
お湯は無色透明の単純温泉。
ロングドライブで疲れ、登山で冷えた身体に優しいお湯だった。
いやぁ、本当にいい温泉地だった。立ち寄り湯しかできないのが勿体ない。
ニセコなんかじゃなくこっちに泊まれていたら・・・(禁句)。
いっ、いや、ニセコだって十分素晴らしい景色、温泉でしたよ。
ただ旅館が・・・なだけで(汗)。

後ろ髪をひかれながら層雲峡を後にし、札幌に戻った。
いよいよ最後の夜だ。ということで札幌だけに味噌ラーメンだけは食べておきました。
まぁ、とにかく今日は層雲峡温泉に尽きるよ。ほんと最高だった!


層雲峡温泉データ

温度:57~97℃
泉質:単純温泉、硫黄泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・疲労回復など

« アドリブ北海道旅行2014その4~地球は丸かった | トップページ | アドリブ北海道旅行2014その6~最後までアクティブに »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アドリブ北海道旅行2014その5~層雲峡温泉(北海道):

« アドリブ北海道旅行2014その4~地球は丸かった | トップページ | アドリブ北海道旅行2014その6~最後までアクティブに »