2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014/07/31

猫も杓子もスマホ

職場の壮年の某人物が携帯をスマホに替えようと思うが何にしたらいいかと相談された。
その人物的に買ったとしても使いこなせるか疑問だったので、
ショップ店員に目的と予算を言って選んでもらった方がいいと答えておいた。
しかし氏までもがスマホに替えるとなると、私の班のガラケー率がまた下がるね。
今の世の中の流れに氏も巻き込まれてしまったか。
まぁ確かにあれば便利なのは間違いない。
暇つぶしにもなる。仕事中に暇つぶしされちゃ困るけど。
でも電話をかけるという目的だけなら断然ガラケーの方が使いやすい。
氏は私の見立てでは電話をかけるくらいしか使わないんじゃないかと思うんだがねぇ。
人は見かけによらず完璧に使いこなしちゃったりして。
まぁもし本当に買ったらいろいろ教えてあげるけどね。

2014/07/30

もう一度思い出そう?

お休みの本日は、まだ風邪が完全に治ってないこともあり1日家で過ごした。
こういう週中の何も予定のない休日ってありがたいよね。
特に夏場は連戦だと本当にきついから。
で、何をしていたかと言えば、録り溜めた映画を観たり、ブログの過去の記事を読んでみたり。
2008~2010年くらいのものを読んだのだけど、それは今の仕事を始めて最初の3年くらいの時期。
今と違っていろんなことに新鮮味を感じたり、いろんな思いや目標をもって仕事をしている自分の姿があった。
愚痴も書いてあったり、恋煩いに悩んでいた可愛い自分の姿も赤裸々に書いてあった。
こうしてみるとブログに日々の記録を残しておくと後で読んで楽しいね。
それにしても、つい数年前の出来事なのに、今とはだいぶ心境が違うことに驚く。
やっぱり20代だった当時とでは決定的に何かが違うんだと思う。
あの頃の気持ちを取り戻したくても、それは酷な話なのかもしれないね。

2014/07/29

復職記念に買った品だった

腕時計を購入した。
時計そのものが壊れたわけじゃなく、バンドが外れてしまったため。
それくらいならバンドだけ替えればいいと思われるかもしれないけど、これでバンドが外れるのは5度目くらい。
前回年末に直したばかりなのに、こうちょくちょく壊れてしまうようではもう限界なのだと判断した。
この時計は私が仕事を始める時に買った品で、激闘を共にしてきた。
時刻もすぐに狂うし、デザイン的にもよくあるものだし、何より5000円ほどの安物時計だけど、それなりに愛着はあった。
引退、お疲れ様した。
新しく買ったのは約1万円のGショック。
そろそろ大人っぽいものを買おうかと思ったんだけど、金属のだとバンドに腕毛が引っかかって痛いし、アクティブな場面でも壊れる恐れのないGショックが適当と思われたので。
最低5年以上の付き合いになるはず。末永く時を共にしよう。

2014/07/28

遅刻危機

今朝は久々に寝過ごしそうになった。
携帯のアラームが鳴り止めたところまでは覚えているが、そこで覚醒できずにまた落ちてしまった。
ひとえに風邪と薬の効果の影響なのだと思うが危ないところだった。
無遅刻無欠勤記録が途絶えてしまっては嫌だからね。
そんな体調の悪さとは裏腹に、今日は爽やかな天気。
気温は30℃以上あったけど、先週末あたりとはわけが違う。
湿度のあるなしって大きいんだなぁ。
こういう暑さなら大歓迎。夏は好きなんだから。

2014/07/27

北海道行きの代償

先週の今頃はニセコで温泉に浸かってたんだなぁ・・・。
1週間経つのは本当に早すぎませんか。
そしてその代償で風邪をひいている今の私。
だってこの気温差は異常すぎますって。
帰ってきて2日灼熱地獄で仕事したら一気に悪化した。
今日は1日大人しく寝ていました。
季節外れに鼻水が止まりませ~ん。

2014/07/26

無関心なのは都会だけではない

今日も尋常じゃない暑さでしたね・・・。
まさに人が死んでしまうほどの暑さ。熱中症には本当に気をつけなければ。
で、そんな熱中症なのか、はたまたただの酔っぱらいなのか、
朝の出勤時に道端にぶっ倒れている男がいた。
思わずギョッとする。
もし熱中症ならそれこそ命にかかわるし、酔っぱらいなら絡みたくないし・・・。
でも東京ならいざ知らず、こんな片田舎で道端で酔っぱらって寝てる奴なんかいるか?
最悪脳梗塞かなんかで倒れてたんだったら一大事だ。
で、そんな状況なのに朝の通勤時とはいえ、人が通り過ぎる、通り過ぎる。
一切関心を向けようとしない・・・。
よく東京では人が倒れ込んでいても誰も声をかけないなんて揶揄されたりするけど、
それは群馬でも一緒だったのか。現代人はなんてドライなんだ。
とはいえ私も忙しい出勤時。
正直どうしていいのかわからず非常に困ってしまったが、運よくオマワリサンが巡回でやってきてくれて助かった。
まかせて無事出勤できたのだった。
あの男は無事だったのかなぁ・・・。

2014/07/25

気温差にKO!

夏休み明けの憂鬱な出勤を無事終えてまいりました・・・。
いやぁ、暑かった。凄まじい暑さじゃなかったですか、今日。
そうでなくても、つい最近まで半袖じゃ震えるようなところにいたもので・・・。
たぶん気温にして10℃くらい違うんじゃないだろうか。
そんだけ気温差があるともうだめだね。
さっそく体調を崩しました。
やれやれ、明日1日頑張ればまた休みだから、どうにか頑張ってこよう。
早くこの暑さに慣れないとな・・・。

2014/07/24

視聴率壊滅らしいけど

新クールのドラマも録画分含めてようやく全ラインナップ見れた。
今回は以下。

月 HERO(フジ)
火 あすなろ三三七拍子(フジ)
   GTO(フジ)
水 若者たち2014(フジ)
木 昼顔~平日午後3時の恋人たち~(フジ)

の5本。最近では少ない方かな。
全部フジテレビというフジッ子ぶりです・・・。
夏クールに名作なしの格言通り、視聴率的には大苦戦中みたいですが・・・。
まぁ視聴者には数字は関係ないんでね。
今のところ一番面白いのは、若者たち2014かな。
多少古臭いドラマだけど、出演者にジャニタレが一人もいないのがいい。
キャスト皆芝居が上手いので安心してみてられる点も大きい。
HEROは安定しているけど新鮮味はない。
そんな中、北川景子ちゃんがいつになく素晴らしい。
あすなろ三三七拍子はギバちゃんが見てられない・・・。
いつも笑いをこらえるのに必死です。別な意味の面白さか・・・。
とりあえず全部完走は出来そうですね。

2014/07/23

カラダ激重

遠征明けの身体の重さは異常や・・・。
今日は思い切り寝ていたかったのだけど、9時前には目覚めてしまった・・・。
疲れ果てているはずなのに長時間眠れない。
それなのに日中は眠くてしょうがない。
今日が休みで本当に良かった。
そういや、北海道に行っている間に関東は梅雨明けしたみたいだね。
向こう1週間の予報と気温見るとウンザリする。
肌寒かった北海道がすでに懐かしい・・・。

今日は部屋でゆっくりと過ごしたかったけど、休みの間にやっておきたいこともたくさんある。
昨日までの顛末をブログにまとめつつ、午後からは重い体を引きずってお出かけ。
髪を切ったり、必要なものを一気に買い揃えたりした。
正直今日動いちゃったので体力も回復途上。
休みがまだ明日まであるのが本当に助かる。
明日こそは部屋から動かずに回復に努めるぞ!

2014/07/22

アドリブ北海道旅行2014その8~総括

こうして幕を閉じた今年の北海道遠征。
ほんと、毎日馬と温泉に癒され続けてきました。
まぁ4連泊しているので身体に疲労は相当溜まっているはずだけど、
温泉や美しい景色、愛する馬たちに触れあえ、いい命の洗濯ができたと思う。
溜まりまくっていたストレスは完全に解消されました。
夏の北海道に魅せられて数年。
いつ来たって新鮮な感動がある。
それが関東人にとっての北海道である。
旅が終わったばかりだけど、またすぐに来たいって思っちゃう。
きっとまた来れるだろう。夏の大地は優しく旅人を受け入れてくれるだろう。
北海道、大好きだー!


今回の旅の思い出ランキング

1位 層雲峡温泉
2位 函館競馬場でのスペシャルウィークとグラスワンダーお披露目
3位 社台スタリオンステーションでディープインパクトらと再会
4位 支笏湖の絶景温泉
5位 ニセコの混浴大露天
6位 特急北斗での4時間の列車旅
7位 地球岬で世界の広さを実感
8位 すすきの他で堪能した北海道グルメ

これらの思い出を胸に明日からも頑張っていきます。
って、夏休みはまだ2日あるけどな~(笑)。

アドリブ北海道旅行2014その7~支笏湖温泉(北海道)

馬たちに癒され社台を出た我々が最後に向かったのは、近場にある支笏湖。
ここには温泉もある。
旅の〆はやっぱり温泉で。
北海道滞在中、3か所目、4つ目の温泉です。
最後まで温泉。結局こっちに来てから馬か温泉か・・・だったね。
いいんだ、それが何よりも好きなんだから。
もっと温泉に行こう!

ってなわけで車は支笏湖へ到着。

水辺は風も強く少し肌寒い。
そんな状況ではあったけど、温泉に入る前にボートに乗り込み支笏湖クルージングを楽しむことにした。
グラスボートでもあるので、船底に入れば湖の底も見える。
かつて沖縄に行った時もこういうの体験したっけな。
湖は透明度が高く、綺麗に見渡せた。魚もいっぱいいたね。

ところが、そんな綺麗な水底を見ていたら、K氏のやつ酔ってきただって。
確かに船は相当揺れていた。
だけど大の男が簡単に酔いすぎだってーの。
私は船酔いとは無縁だったけど、甲板から風を浴びるのも良いと思い表に出てみた。

Kさん、寒ぃーっす!
この真夏にこんな寒い思いをするとは。
函館も相当涼しくて驚いたけれど、ここ支笏湖ではまさに半袖では芯から冷える思い。
まぁこれだけ冷えたなら、温泉の有難味もより感じられることだろう。

この旅の終着地は支笏湖のほとりにある丸駒温泉さん。

立ち寄り湯させてくれる場所で良さげなところなので来てみたんだけど・・・。
当たりでした。最後の最後でケチがつきましたじゃシャレにならなかったけど、
ここの露天風呂は別格の素晴らしさでした。
湖と同じ水位にあるという露天風呂。
波の音を感じながら、温くて気持ちのいいお湯につかる・・・至高の瞬間。
さっきまで酔って気持ち悪いと愚図っていたK氏も完全復活(笑)。
この看板がついていたので期待して入ったけど、まさに期待以上でしたよ。


支笏湖温泉(丸駒温泉)データ

温度:54℃
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病動脈硬化症、疲労回復など

アドリブ北海道旅行2014その6~最後までアクティブに

この遠征最後の朝を迎えた。
いつだって現実に戻る日の朝は辛い。
だけど最後の最後まで北海道を、北の大地を堪能しよう。

今日は再び社台スタリオンへ。
この日は天候が悪く、時折霧雨が降るなどして、見られるか不安だったけどちゃんと放牧されていた。
それに牧場の辺りは雨も降ってなかったしね。
2日前に行った時は放牧されていなかった馬もいて変化が楽しめた。
その馬とはシンボリクリスエス。

雄大で、漆黒で、強くて、とにかく見栄えのするカッコいいお馬さんです。

ディープインパクトも今日は展示じゃなくて終日放牧Day。
それでもやっぱり一番多くの来訪者の視線とカメラレンズが集まっていた。
毎日ご苦労様です!

これが今年のディープの見納めか。
きっと来年も再会しよう。元気でいておくれよ。必ずまた来るから!


2014/07/21

アドリブ北海道旅行2014その5~層雲峡温泉(北海道)

これからの展開を考えるうえで、温泉という選択肢が浮かんだ。
ニセコで入ってきたとはいえ、温泉好きにはそんなの関係ない。
ではどこへ行くかとなったところ、K氏がスマホで検索して層雲峡温泉という場所を発見した。
正直私はそれまで聞いたことがない温泉だった。
どこにあるのかと思えば、旭川のさらに先。網走との中間点あたりに存在するらしい。
カーナビにセットしてみると、高速を使っても3時間以上かかるとのこと。
迷ったが他に目的もなく、ここはK氏に運転を頑張ってもらうことにした。
途中休憩をはさみ、4時間近くかかって着いた層雲峡温泉。
そこは山あいの渓谷にあるそれはそれは景観の素晴らしい場所であった。

さすが北海道。まだまだこんな素晴らしい場所があったんだ。
着いた時からテンションは上がりまくり、ニセコの悪夢もすでに忘却の彼方へ。
ロープウェーがあるということで、高いところ好きの2人はまずそれに乗って黒岳に登ることにした。

大雪山脈の緑が広がる美しい眺めを堪能しながらロープウェイは登って行く。
なんかこっちに来て以来、本当に美しいものをたくさん見続けているな。
その中でもこの場所は極めつけの美しさだったよ。
5合目からの眺め。

夏の北海道の素晴らしさが集約された景色と言っても過言じゃありません。
今は緑一色だけど、紅葉シーズンとかはさぞかし色鮮やかなことだろうなぁ。
5合目からは今度はリフトが出ている。
それにも乗って今度は7合目まで向かう。

さすがに7合目まで来ると肌寒い。
半袖短パンという、山を舐めくさった出で立ちのK氏は相当浮いていた。
ここからの眺めも言葉がなかった。

ほんと、この場所を探し当ててくれて、今回ばかりはK氏のお手柄だったよ。
ここから先は山頂までは徒歩で向かうことになるが、立ち寄り湯の時間に間に合わないということで断念。
下山し、温泉に入りに向かった。
今回お世話になったのはホテル大雪さん。

さっきまで広がっていた景色を温泉に入りながら見れるという贅沢なひと時。
お湯は無色透明の単純温泉。
ロングドライブで疲れ、登山で冷えた身体に優しいお湯だった。
いやぁ、本当にいい温泉地だった。立ち寄り湯しかできないのが勿体ない。
ニセコなんかじゃなくこっちに泊まれていたら・・・(禁句)。
いっ、いや、ニセコだって十分素晴らしい景色、温泉でしたよ。
ただ旅館が・・・なだけで(汗)。

後ろ髪をひかれながら層雲峡を後にし、札幌に戻った。
いよいよ最後の夜だ。ということで札幌だけに味噌ラーメンだけは食べておきました。
まぁ、とにかく今日は層雲峡温泉に尽きるよ。ほんと最高だった!


層雲峡温泉データ

温度:57~97℃
泉質:単純温泉、硫黄泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・疲労回復など

アドリブ北海道旅行2014その4~地球は丸かった

ニセコで目覚めた我々は今日の行動を話し合った。
候補に挙がっていたのは社台にまた行ってクロフネの展示を見ること。
でも放牧か展示かはしばらくわからない。
ということでとりあえず出発して情報を確認次第方向性を決めようということになった。

車を走らす中でテレホンサービスで確認してみる。
すると今日は放牧だと言っている。放牧では遠すぎて見れないので断念。
別のプランにすることにした。
向かうは室蘭にある地球岬。

地球岬はアイヌ語でチキウ岬と呼ばれていたものが、当て字で地球岬にとなったものだが、
その由来はここからの眺めが、地球が丸いということを再確認できることから来ているに違いない。
絶景ポイント大好きな私だけに、いつかはここに来てみたいと思っていた。

着いてみれば絶景見たさに多くの人々の姿が。

ただ残念ながらこの日は薄曇りで、遠くの方は霞んでよく見えない状態。
見渡す限りの青一色・・・とは行かなかった。
それでも、展望台からの眺めは圧巻。

この写真からではわかりづらいけれど、本当に地球が丸いって思う風景が広がっていた。
360℃ぐるっと回転して眺めた。我々の住む世界はなんて広く美しいんだと思えた。

この日は海の日ということで、先にある灯台に特別に登らせてもらえることになった。
滅多にない貴重な体験とあって、行列ができていた。
我々もこの日にここに来れたのは運が良かったのかもしれない。

狭く窮屈な灯台内部に潜入。
なんかこういうところに来るとワクワクするね。秘密基地みたいで子供心を思い出す。
大人な我々にはちょっと怖い階段を上り外に出てみると・・・。
うわー、絶景かな、絶景かな!

昨日から美しい景色を立て続けに見られて、荒んだ心が浄化されていく気がした。
馬を見れなかったことは残念だったけど、ここに来れて良かったと思う。
この時点でまだ昼前。さぁこれからどうしよう。
話し合うまでもなくアッサリと結論が出た。
そうだ、温泉に行こう!

2014/07/20

アドリブ北海道旅行2014その3~ニセコ温泉郷(北海道)

社台を後にし、レンタカーでニセコへ向かった。
この日の宿泊地はニセコ温泉郷だ。
このニセコも北海道では有名な温泉地。一度行ってみたかった。
車を走らせるうちに、景色はどんどん緑一色になっていった。
そしてお出迎えしてくれたのが羊蹄山。

これぞ夏!って風景が目の前に広がっていて軽くテンションが上がった。
開放的で、牧歌的でいいところかもしれないぞ、ニセコ。

ニセコ温泉郷というだけあって、一帯にはいろいろな温泉がある。
その中でとりあえずひとつに立ち寄り湯することにした。
選んだのはニセコアンヌプリ温泉で、湯心亭さん。

温泉は無色透明で若干この季節には熱かった。
が、久々の温泉はやはり最高。
そうそう、ここで今年入った温泉は8か所目。
7月にして今年の目標の一つ達成ですな。
友人K氏、露天風呂に入ってくる時滑って盛大にこけていた(笑)。
他の入浴客、みんな見てはいけないものを見てしまった的な雰囲気に包まれてたよ。

アンヌプリを後にし宿へ向かう。
本当はニセコの景観の中でも美しいとされるさくらんぼの木とかにも行きたかったんだけど場所がわからなかった。
写真家的にはそれが残念。
宿泊するのはニセコ昆布温泉。
ニセコグランドホテルは、ニセコ最大の露天風呂があり、しかも混浴と、期待を抱かずにはいられないホテル。

が、着いてみてその外観を見た時嫌な予感がした。
ちょっとボロくないか?
チェックインしても、部屋まで案内もしてもらえないし、女将や仲居の挨拶もない。
そもそもそんなのいないのかもしれないが・・・。
部屋は部屋で昭和感丸出しの、レトロと言えば聞こえがいいが、ようするにただの古いぼろっちい和室だった。
なんたってエアコンがない。いやあるんだけど、大昔の縦置き型のものでまったく冷えない。
むしろ臭い空気を吐き出すだけで無用の長物にすぎない。
照明も、昭和の家庭にあったようなもので、薄暗い。
ここを選んでしまったことに若干後悔をし始めたのだった。

まぁいい。問題は温泉と食事だ。これがダメなら完全なる失敗だ。
その二つを楽しみにしてみたのだが・・・食事は正直しょぼかったかな。
普通に美味しいは美味しいんだけど、これっていうものがないというか。
可もなく不可もなしといった塩梅だった。なんだかなぁ。

最後の砦、温泉。これだけは温泉通として譲れないものがあった。
しかしこの温泉だけはなかなかどうして、素晴らしいものだったな。
黄銅色に濁ったお湯は温めで湯加減が良く、この時期でも長湯ができるもの。
露天は広く、3か所ほどに広がっており、昼夜朝と都合3度入ったけど、それぞれ違った風情がありたっぷり堪能できる。
ここまで散々裏切られてきただけに、ようやく報われた思いがしたよ。
これで温泉もダメだったら目も当てられない。友人になんて詫びようかと思っちゃったよ。
じゃらんねっとのレビューがほぼ温泉の良さだけで評価されていたのもうなずける。

ちなみにこの大露天は混浴だけど、女性は湯編み着が着られるので恥ずかしくはない。
実際カップルがちらほら入っていた。
それでも、女性だけではなかなか入ってきにくいんだろうね。
これだけ広くて開放的な場所を楽しめないのはちょっとかわいそうだな。
ま、韓国人女性客は堂々と入ってきていましたが(私の男の勲章を見られてしまった・・・)。

部屋の壁が薄く防音機能も皆無で、前の部屋では団体客が宴会と、
寝られる要素はまったくないかと思われたが、温泉効果で結構アッサリと眠りに落ちれて良かった。
朝食時、会場の狭さで順番待ちが発生し、図々しいおばちゃん軍団に順番を抜かされたり、
全体的には不愉快な思いもたくさんしたけれど、それでも温泉だけは最高と言わざるを得ない、そんなホテルでした。
ま、こんなのも旅の思い出の一つだよ。

ニセコアンヌプリ温泉データ

温度:56.4℃
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病など


ニセコ昆布温泉データ

温度:39~58℃
泉質:塩化物泉、炭酸水素塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復など

アドリブ北海道旅行2014その2~社台で再会に安堵

2日目の朝。
この日のスケジュールは夕べの夕食時に話し合って決めておいた。
というのも、今回の遠征は宿泊場所以外何も予定を組まずにやって来たのだ。
記事のタイトル通り、アドリブでその時の気分で行動を決めていこうというもの。
今はスマホでいろいろ調べられるので、泊まる場所さえ確保できればそれでも問題ない。
まぁ私とKさんとですから、自ずと行動パターンは絞られてくるでしょうが・・・。

そんなお馴染みの行動パターン。
まず最初に向かったのは社台スタリオンステーション。
そう、お馬さん見学です。北海道遠征時の恒例となってますね。
名馬をたくさん繁用している社台スタリオンステーションだけど、目玉はやはりディープインパクト。
展示といって、目の前で馬を見せてくれるわけだけど、たくさんの人が集まりカメラを向けられていました。
無数のシャッター音が鳴り響く鉛の空気の中、私も負けじとシャッターを切りまくる。

ここにはこの1枚のみ掲載しておきますが、ディープだけで100枚近く撮ったんじゃないかなぁ。
1年に1度の再会を楽しみにしていたんです。元気で何よりだ。

昼飯は近場のノーザンホースパークでとった。これもいつも通りの事。
ハーブ豚美味し~。
ここにも引退したお馬さんたちがたくさん繋養されていたけど、昨年までいなかった新顔もたくさん。
その中でもウインドインハーヘアが見れたのは嬉しかった。
この馬は先ほどのディープインパクトを産んだ名牝。お母さんだ。
繁殖生活からは引退し、ここで余生を過ごしているそうだ。

美女のドアップを撮影。ディープの面影はあるかな?
この母なくしてあの息子なし。ディープを産んでくれて本当にありがとう。
お母さん、お疲れ様ッス!


馬たちと触れ合えて心洗われ次の目的地へと向かった。
次に行くのは・・・当然ながら温泉なわけです。

2014/07/19

アドリブ北海道旅行2014その1~函館で名馬に興奮

早朝6:55分のフライトで羽田から函館空港へと飛び立った。
ちなみにAIR DOを初めて利用したよ。
飛行機苦手だっただけに、ANAとJAL以外は使ったことなかったけど、そろそろ飛行機搭乗も問題なくなったな。
函館には1時間ちょっとで着いた。あっという間だ。
早くて便利だけど、旅情もへったくれもない。
まぁ早く着くからには時間を有効に使いたい。

この日函館にまずやってきたのは競馬場に行くため。
と言ってもレースを楽しもうというわけでもなかった。
この日函館競馬場に出向いた唯一にして最大の目的。
それは往年の名馬スペシャルウィークとグラスワンダーがここでお披露目されるからだ。
この2頭が現役で活躍していた頃が、私が最も競馬に熱中していた時代。
だからどうしても今の2頭の姿を見てみたかった。

これがスペシャルウィーク。

そしてグラスワンダー。


名馬を前に大興奮。夢中でシャッターを切っていた。
19歳になった彼らだけど、まだ馬体は若々しく元気いっぱい。
とくにグラスワンダーはあっちの方も元気そのもので、フルボッキ状態でした(苦笑)。

函館競馬場にはこの2頭を見るためだけに立ち寄ったと言っても過言ではない。
遅れてやってくる友人と札幌で合流するべく、午後には競馬場から出た。
函館駅から悪名高き特急北斗に乗車し札幌へ向かった。
乗車時間4時間。長旅だけど乗り鉄だけになんら苦痛ではない。
むしろ車窓から見える風景を楽しんだり、録音しておいたラジオを聴いたり、
久々にどっぷりと読書にふけったり、4時間の時間を有効活用できました。
それにしても、大沼公園~森~八雲~長万部あたりを移動している時のテンションは異常(笑)。
この間の車窓からの景色が、ああ北海道にやってきたんだなと思わせてくれる至高の瞬間なのです。
できればこの景色は寝台車で観たかったんだがなぁ・・・。

札幌で友人K氏と落ち合い、すすきので夕食をとった。
あの一番大きなビルの中での夕食でしたよ。
北海道最初の夜はいきなり豪勢に行ってしまいました。
せっかくたまの楽しみなんだし、こんな時くらいはお金の心配しなくていいよね。
こうして初日は中身の濃いものとなったのです。

2014/07/18

旅の始まり

仕事を定時でキッカリ終え、東京へと向かった。
明日の早朝フライトに備えて蒲田に宿泊だ。
東京に着いたときは大丈夫だったが、蒲田駅前で夕飯を食べているうちに雨が降りだした。
傘を持ってきていなかったので、雨の降る中ホテルへ向かう。
が、なかなかホテルが見つからない。
iPhoneのマップアプリを頼りにウロウロしてみるものの、自分がどっちに進んでいるかもわからなくなってきた。
そうしている間も絶え間なく降り続ける雨。
ようやくホテルを探し当てたころには蒸し暑さも相まってびしょ濡れになっていた。
やれやれ、旅の始まりからこんなスタミナ消耗してどうすんの。
そうでなくても1週間ぶっ続けで働いて疲労困憊だというのに。
濡れてしまったし風邪をひかないか心配になった旅立ち前夜でした。

2014/07/17

初心者恐し

久々に目の前で交通事故の瞬間を目撃してしまった。
ドスンという大きく低い音。
若葉マークの車が交差点を左折しようとして、直進してきた車に激突したわけだ。
おいおい初心者、頼むよ・・・って事故だったけど、それにしてもなんのためらいもなく飛び出してたな。
おそらく左右確認なんていっさいしてなかったんだろうな。
乗っていたのはボーっとした感じの若い女。
当てられた方はおばちゃん。一悶着ありそうな感じだったな。
まぁあんな飛び出しされちゃ当てられた方はたまったもんじゃないだろうさね。
もう一度教習所に行こうか。

さて、明日の労働を終えたら束の間の夏休みに入ります。
もちろん遠征。行き先は北海道。
夏恒例の蝦夷地行きっす~。

2014/07/16

そんな時期

寝ている間に暑かったらしく、起きたらエアコンが作動していた。
今の時期、まだ明け方あたりは涼しいので、そんな状況ではむしろ寒かった。
真夏の頃は寝ている間に無意識にエアコンつけちゃうのは日常茶飯事だが、
いよいよそれくらい暑い季節になったんだな、と。
夏は基本的に好きだけど、最近の夏の暑さは時々心が折れそうになる。
週末から行く北海道は25度前後の予報。
爽やかな北の大地が待ち遠しいぜ。

2014/07/15

省エネワーク

しかし毎日暑いな。
まだ梅雨明けしてないから猛暑って言葉は聞かれないけど、それくらい暑い。
身体がまだ暑さに慣れてないから毎日辛いですわ。
今週は、週末の遠征を考慮して省エネで仕事してます。
それでも暑さでじわりじわりと体力を奪われていく。
あー、やっぱ今週もレッドブル飲んで暗示をかけてやるっきゃないかなー。

2014/07/14

住んでる世界が違う

グリーンチャンネルで放映されているセレクトセールを見ているが、
落札価格を見てるとこのセールで馬を買うには最低500万は出さないといけない・・・。
ディープインパクト産駒に至っては一番安くても2000万台から・・・。
一瞬で億を突破してしまうこともある。


世界が違過ぎる。


将来の夢は馬主な私だが、この世界に立ち入るにはどれだけ成り上がらなければならないのだろう。

2014/07/13

またアドリブかぁ!?

そういや来週は北海道遠征なのに、泊まるところ以外は向こうでの行程をまったく考えてないや。
道央あたりまでで行ってみたい場所は行きつくした感があるからな・・・。
しかも恋人とではなく、男友達と一緒となると行動範囲はさらに狭められる。
必然的に温泉とかになるんだけど・・・。
このまま何も下調べしないで行くか、ある程度絞っていくか。
まぁまだ4~5日ほど時間があるのでおいおい考えてみよう。

2014/07/12

奇策を成就させるには

昨日の巨人-阪神戦で、外野手を内野に配置させる内野5人体制なるフォーメーションをやってた。
結果はがら空きのセンターに打球を飛ばされこの作戦は大失敗。
赤っ恥になってしまったわけだが、こういうプレーってメジャーではよく見かけるよね。
打球方向がほとんど決まっている打者相手によくやってる。
だけど昨日の場合、西岡はどこにでも打てるタイプだし、一番簡単なセンター返しをさせるにお誂え向きの外角高めをピッチャーも放ってたし、徹底ができていなかったための失敗だったと思われる。
奇策を成就させるためには、自らが失敗していてはだめなのだ。
なかなか面白かったけど、ギャンブルってのは外すと目も当てられないからね。
同じギャンブラーとして嫌いではないが、そこまでギャンブルする場面だったかは微妙だったな。

2014/07/11

そんな休みの日

今日は病院休みの日。
わざわざ遅めの時間帯を予約してゆっくり起きようと思ったのに、勘違い糞上司からの電話で叩き起こされた。
もうほんといい加減にしてほしい。
台風が去ったため大気は熱を帯び、間違いなく今年一番の暑さとなった外。
病院後はずっと冷房の効いたマンガ喫茶でグータラしてました。
早く起きちゃったので眠いけど、夜寝れなくなるので昼寝をぐっと我慢して・・・。

メンズHYSの高いTシャツをまたポチっちゃった。
今シーズンはブランド物のいいTシャツを厳選して購入している。
おかげで例年より枚数は増えていかないけど、ヘビロテできるラインナップは揃った。
そろそろ新旧入れ替える時期かな。気に入って買っただけにどれも捨てがたいけどねぇ。

2014/07/10

群馬はそういう位置取り

どうやら台風は未明には通り過ぎるみたいだね。
寝ている間に接近して去って行ってくれればこんなありがたいことはない。
心配だけさせておいて、今回もたいした被害はなさそうだ。
まぁだんだん勢力が落ちていくからね。沖縄や九州とでは被害の差が違いすぎるよ。
それに私が住んでいる群馬県は、だいたい台風は夜中に通り過ぎる。
同僚も言っていた。群馬ってそういう位置取りだよねって。
そういえば、暴風雨の中で仕事した記憶とかないしな。
まぁためしに怖いもの見たさで経験してみたい気もするけど。
立ってられないほどの強風とか、想像もできないなぁ。
2003年だったかなぁ。
まだ東京に住んでいたころ結構な威力で昼間に到達したことがあったけど、あの時はさすがにすごかった気がする。
それ以来まともに台風の被害受けてないんだから有り難いと思わなきゃ。

2014/07/09

炭酸水

季節がら、ドリンクをガバガバ飲んでいます。
ミネラルウォーターが中心だけど、水ばかりでは飲みすぎると飽きてくる。
そんな時炭酸飲料を飲むんだけど、最近炭酸水なるものが流行っているようだ。
普通の水の炭酸水から、お茶、紅茶の炭酸水までよくみかける。
炭酸水って身体に良いってことなのかな。
私が子供の頃は、炭酸ばかり飲んでいると骨が溶けるなんて年寄りに言われたものだが、あれってやっぱ都市伝説だったのかね。
スポーツ系の部活の人は炭酸飲料は飲んじゃだめだとかも言われていたし。
まぁでも生の炭酸水や、お茶の炭酸とかかなり微妙な感じがするんだが・・・。
それならノーマルのままでいいよ。

2014/07/08

金欠ッス

久々に金欠状態だ。
北海道行きのために最低10万円は使えるお金を残しておきたいので、それを省くと残り1万3000円。
これで月末まで踏ん張らなければならない。
一見楽勝に思えるが、今週病院という金食い虫があるのだ・・・。
これでなんだかんだ1万円近く消費しちゃうと思うんだよねぇ。
うーん、使いたくないけどカード使うしかないのか。
北海道行きの積立金には手を出したくないしなぁ・・・。

2014/07/07

私のナニ並みにそれてください(謎)

そういや台風が発生しているんだっけ?
梅雨の雨はなんとか我慢できるけど、台風はちょっと・・・。
幸い、関東に直撃する予報の日は私は休みになっているんだけどね。
でも病院行く日なんだよなぁ・・・。
逸れないかなぁ。
そういえば沖縄でせっかくプロ野球の公式戦が行われるのに、台風で中止になっちゃったら残念だね。

2014/07/06

時代を感じる古さだけど

最近CSでウルトラマンの再放送をやっているので見たりするのだが、
改めてみるとその映像の古さや特撮のちゃっちさ、放送禁止用語連発など、時代を感じる作品だ。
今じゃ決して地上波じゃ再放送は出来まい。
でも私が子供の頃は夏休みとかによくTBSで再放送やってた。
その頃はまだ規制が緩かったんだろうな。
ウルトラマンと言えば、バルタン星人、レッドキング、ダダ星人、ゼットンなど、忘れようにも忘れようもない有名かつ個性的な怪獣、宇宙人がいるけど、その中でエピソードとともにやたら覚えているマイナーな怪獣がいる。
メガトン怪獣スカイドン。空からの贈り物ってエピソードだったかな。
体重が物凄く重たくてウルトラマンをもってしてもどうにもならなかった怪獣。
子供の頃に印象的だったものは今でも記憶の片隅に残っているもんだ。
再放送でのその回を楽しみにしよう。

2014/07/05

でかけない土曜日はつまらん

今日はこの時期としては涼しい、というか半袖では肌寒かったな。
まぁこんな日だから仕事もはかどる・・・かと思いきやまともに残業でした。
連日レッドブル飲みながら奮闘しています。
しかし土曜日は野球がデーゲームだから家帰ってもつまらないな。
競馬予想TVを見れるようになって多少は時間も潰せるようになったけど、でかけない土曜日はつまらん。
まぁリラックスは出来るけどね。

2014/07/04

屋外・ナイター

そういえば今年は屋外球場でまだナイター見てないなと思い、8月の某ナイターのチケットを取ってみた。
ビール片手にナイター生観戦なんて最高にリラックスできるシーン。
雨で中止にならないことを祈る。
そういえばこの前の降雨中止になった神宮のチケット、結局払い戻せなかったなぁ。

2014/07/03

今日は早く寝よう

改編期だけにドラマはまだ始まらないし、野球もつまんない試合ばかりしてるしで・・・。
今夜は久々に暇な夜。
そんな時ほど、今年ほとんどできていない読書でもしたいのだが、ストックがないので無理。
間が悪いこと。
ハードディスクに録画してあったものもあらかた見終わったし・・・。
ええい、やることないなら寝よう、寝よう。
疲れてるんだから9時くらいに寝たっていいじゃないか。

2014/07/02

カープ女子カワユス

昨日の広島-巨人戦は8-7決着、いわゆるルーズヴェルトゲームであったわけだが、
そんな飽きない展開の中、チラチラと画面に抜かれていたのが広島ファンの若い女の子。
通称カープ女子。
去年のCS進出あたりから目立ち始めた彼女ら。
それがTVに抜かれる子、抜かれる子が総じて可愛いんだな、これが。
試合内容そのものよりも、むしろそっちに気が行ってしまった。
TV局的にも、むしろそれを狙って映していたような気がする。
本来試合内容と関係ないところに注目が行ってはさびしいもんだが、可愛いからいいんじゃない(笑)。

2014/07/01

汗かきダイエット

今日から下半期がスタート。
7月は1年で一番輝いている季節。
だけど暑い。7月ってだけで暑さが割増な気がする。
まだアンダーシャツを半日で取り換えるほど汗をかいたりしないけど、もうすぐそんな季節が来るんだな。
先日買ったパンツが若干ウエストがきついので、この夏に思いきり汗をかいて絞ろうかな。
毎年ひと夏でだいたい3~4キロは落ちるからね。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »