2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)開封編 | トップページ | EOS 7D Mark II 連写能力検証 »

2014/10/30

EOS 7D Mark II購入&開封編

一日千秋の思いで待っていたキヤノンデジタル一眼レフEOS 7D Mark II。
このほど無事手に入れました。
レンズキットで26万円のお買いもの。札束差し出す時の優越感がたまらない。
カメラ愛好歴は長いけど、これが初めてのキヤノン機になります。
そして本当の意味での一眼“レフ”はこれが初めて。
いろいろ遠回りしたけど、やっと落ち着くべき場所にたどり着いた感じかな。



新しいカメラを買った時のワクワク感は、レンズの時のそれの比ではない。
あまりに興奮して火照ってしまったので、冷えピタ貼ってこのブログ書いてます(笑)。
さっそく開封・・・。



中身は、左上からUSBケーブル、カメラストラップ、CDロム、取説、バッテリー、バッテリーチャージャー。
そして左下からキットレンズとカメラ本体。

実はね・・・このキヤノンの赤いストラップ、憧れだったんです(ボソッ)。



さっそくカメラ本体を取りだす。
掌にズシリと来る重み、皮膚に感じる質感・・・高級機そのものですよ。
APS-Cとはいえ、間違いなく今まで保持してきたカメラの中で一番の高級感。
まだ撮影前だというのに早くも幸せが充満します。



このロゴ。どんな場面にでも持ち出して見せびらかせる。


キットレンズを取り付けてみた。



しっくりくるね。見た目もカッコいい。
ちなみにキットレンズは、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM



広角から中望遠までこれ1本で事足る。
私の場合、超望遠が主な使用状況だから標準ズームレンズは買い足す必要はもうないかな。


買うもの買ったし、はやく実写・・・と行きたいところだけど、夜も遅いし明日も仕事。
本格的な撮影は週末まで持ち越しだな。
それまで設定やらなんやらいろいろいじくってみよう。
何より噂の連写能力がどれほどのものなのか。
今まで使ってきたメイン機α65、α99のソニーEVF機との違い、いろいろ楽しみだ。
とりあえず今日は、忘れないように今からBGキャンペーンの応募に専念することにします。

あー、幸せ。

« TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)開封編 | トップページ | EOS 7D Mark II 連写能力検証 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS 7D Mark II購入&開封編:

« TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)開封編 | トップページ | EOS 7D Mark II 連写能力検証 »