2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014/10/31

EOS 7D Mark II 連写能力検証

今までずっとSONYのデジタル一眼使っていてその操作感が染み付いているため、
なかなかキヤノン機の動かし方に慣れず戸惑っています・・・。
何しろ一眼「レフ」は初めてなものだから、大きな感動があったりします。


これがOVFか・・・確かにこれはいいものだ。

シャッター音かっこいいなぁ。

おお、これがミラーショックってやつなんだな!


こんな具合に何もかもが新鮮なんです(苦笑)。

7D2を購入して2日目。
本日もまさかの残業で、実写を試すというわけにも行きませんでした。
冒頭に書いたようにそれ以前の問題であって・・・。
まだカスタマイズどころか、基本的な操作方法すら四苦八苦です。
まぁこの辺は実戦を重ねて慣れていくしかないのでしょう。

ただ7D2最大の魅力ともいうべき、秒間10コマの連写。
これだけはぜひ試したかった。
というのも、これが買い替えの最大にして唯一の理由だから。
それまでのソニーデジタル一眼でも秒間10コマ連写を謳ったカメラはあった。
がしかし、それはまさにその10コマぶんほどで終わってしまう貧弱な連写であった。
競馬の撮影をする場合、馬を引きつけて、引きつけて、いよいよゴールの瞬間!って時に満を持してシャッターを切る。
タイミングを逃せば決定的瞬間に馬は写ってないなんてことも・・・。
またソニーの場合ファインダーがEVFなので、連写をするといわゆるカクカク動画になってしまいすぐに馬を見失う。
この欠点だけはどうにもならなかったので7D2を買ったのだった。

さっそく連写モードでシャッターを切ってみた。
・・・快感。
なにこれ、すげー!
今までが今までだけに、この連写性能の凄まじさには度肝を抜かれた。
そりゃこれだけ歴然とした差があればみんなキヤノン機を使うよなぁ・・・。
そんなソニーαと、キヤノン7D2の連写性能を比較した動画を勢いで作ってみました。



ね、全然違うでしょ?
さぁ明日明後日の競馬で7D2がどんな活躍を見せてくれるのか。
期待通りなのか、それともそうじゃないのか。
使いこなせるのか、大失敗に終わるのか。
答えは遠征後に出ます・・・。

昨日買った7D2に、一昨日買ったレンズのTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USDを装着してみた。

うぉぉぉ、凄まじく重量級。
これを首から下げて、手持ちで撮影できるのか・・・。
でも使いこなしたらカッコいいだろうなぁ。
我が腕よ、もってくれ。

2014/10/30

EOS 7D Mark II購入&開封編

一日千秋の思いで待っていたキヤノンデジタル一眼レフEOS 7D Mark II。
このほど無事手に入れました。
レンズキットで26万円のお買いもの。札束差し出す時の優越感がたまらない。
カメラ愛好歴は長いけど、これが初めてのキヤノン機になります。
そして本当の意味での一眼“レフ”はこれが初めて。
いろいろ遠回りしたけど、やっと落ち着くべき場所にたどり着いた感じかな。



新しいカメラを買った時のワクワク感は、レンズの時のそれの比ではない。
あまりに興奮して火照ってしまったので、冷えピタ貼ってこのブログ書いてます(笑)。
さっそく開封・・・。



中身は、左上からUSBケーブル、カメラストラップ、CDロム、取説、バッテリー、バッテリーチャージャー。
そして左下からキットレンズとカメラ本体。

実はね・・・このキヤノンの赤いストラップ、憧れだったんです(ボソッ)。



さっそくカメラ本体を取りだす。
掌にズシリと来る重み、皮膚に感じる質感・・・高級機そのものですよ。
APS-Cとはいえ、間違いなく今まで保持してきたカメラの中で一番の高級感。
まだ撮影前だというのに早くも幸せが充満します。



このロゴ。どんな場面にでも持ち出して見せびらかせる。


キットレンズを取り付けてみた。



しっくりくるね。見た目もカッコいい。
ちなみにキットレンズは、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM



広角から中望遠までこれ1本で事足る。
私の場合、超望遠が主な使用状況だから標準ズームレンズは買い足す必要はもうないかな。


買うもの買ったし、はやく実写・・・と行きたいところだけど、夜も遅いし明日も仕事。
本格的な撮影は週末まで持ち越しだな。
それまで設定やらなんやらいろいろいじくってみよう。
何より噂の連写能力がどれほどのものなのか。
今まで使ってきたメイン機α65、α99のソニーEVF機との違い、いろいろ楽しみだ。
とりあえず今日は、忘れないように今からBGキャンペーンの応募に専念することにします。

あー、幸せ。

2014/10/29

TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)開封編

明日は待ちに待ったEOS 7D Mark IIの発売日。
と言うことで、この時のために貯めておいた7D2預金を全額引きおろし、仕事帰りにビックカメラへ。
と言ってもカメラを買いに行ったわけではない。
前日の本日はまず望遠レンズの方を買うのだ。
買ったのはタムロンの超望遠レンズ、TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)
超望遠域の600㎜を10万円そこそこの値段で体感できるお買い得望遠レンズ。
競馬場のスタンドから馬場を狙い撃ちするのにピッタリの長さだ。
ちなみに保険とかつけて12万円ほどでした・・・。

帰ってきてさっそく開封。



この瞬間のワクワク感ったらないなぁ。
新しくレンズを購入するのはおよそ1年ぶり。久々に味わう高揚感だ。



中身はこんな感じ。



シンプルにレンズ本体とレンズフードのみで、同じタムロンの200-500mmに付属していたキャリーバッグなどはない。
使いまわすか自分で用意しろってか。
ちょっとだけサービス悪くなったのかな(爆)。



タムロンレンズ特有の金色の輪は見当たらない。
オールブラックで見た目は至極シンプル。目立たないけどこっちの方が物々しくて好き。



前玉。
そういえばこのレンズのフィルター経は95㎜。
そんな馬鹿でかいフィルター、さすがに田舎のビックカメラには在庫がなかった。
仕方ないから次東京行った時池袋のカメラ館で探すか。



フードを装着してみた。
200-500mmのものほど大げさな感じじゃないのでホッとする。
あれは本当に無駄にでかく見えちゃうからね。



テレ端まで伸ばしてもこんなもん。
バランス的には良くなったと思うなぁ。


新しいレンズの性能をすぐにでも試したいんだけど、まだカメラ本体がないので明日まで我慢。
このレンズ、重量が三脚座込みで1,951gと結構な重量。
それまで保有していた一番重いレンズが200-500の1,291g。
660gほどさらに重たくなるので心配していたけど、持ってみた感じなんとか許容範囲で手持ち撮影もできそう。
間違いなく長時間持ってたら筋肉疲労起こすだろうけどね(苦笑)。
鉄アレイで鍛えなきゃだな。



あすはいよいよカメラ本体だ。

2014/10/28

とりあえず良かったのかな?

キヤノンの新型一眼レフEOS 7D Mark II。
その発売日がメーカーから発表されてはや数日。
初回生産分の供給が間に合わないほどの盛況を見せているようで、
予約をしたのに発売日には手に入らない!などという書き込みがネットには溢れてた。
私の場合9月27日に予約したわけだが、そういう書き込みを見ているともっと前に予約した人が、発売日には入荷しないと店に言われたなどという書き込みも多く、自分の場合はいったいどうなのかずっと心配だった。
予約した店からは入荷日が決まったら連絡をくれると言われていたものの、発売を2日後に控えても音沙汰なし。

業を煮やして、今しがた入荷日がいつになるか問い合わせの電話をしてみた。
するとかなり長く待たされたあと、無事発売日である30日に手に入る旨を伝えられた。
とりあえず良かったのかな?
だけど2日前になってもなんも連絡してこないってのもちょっと酷いんじゃないかい?
そんな当日いきなり言われてお金用意するのも大変じゃないっすか。
でも電話した際の待たされ具合からも、こういった問い合わせは相当多いんだと推察できるね。
店員さんも大変なんだろうってことでここは大目に見ておく。
無事手に入るんだからね。これで天皇賞に間に合うぞ~。

おっと、ちなみにBGプレゼントキャンペーンは、応募してもしばらくは手元に届かないと思っていてくださいと言われた。
まぁこっちは気長に待ちましょかね。

2014/10/27

これは大いなるトラウマだ

CSで再放送されていたウルトラマンが最終回を迎えた。
最終回の敵の名はゼットン。
ウルトラマン好きなら知らない人はいないとされる有名な怪獣。
そして当時の、再放送時の、見ていた子供たちを大いに震え上がらせた最強の敵。
何しろウルトラマンがまったく歯が立たず倒されてしまうのだから。
私が初めてウルトラマンを見たのはいつだったかな。
幼稚園か、小学校低学年か、いずれにしてもまだお化けや怪獣が怖い年頃。
そんな時にこの最終話のエピソードを見れば恐ろしいやら、ウルトラマンがやられて悲しいやらでトラウマになって不思議じゃない。
オジさんになった今見てもうすら寒さを覚えてしまうのだから相当だろう。
最終話は冒頭からそれまでの38話とは雰囲気が違う。
ウルトラマンが変身してゼットンに挑むシーンでもBGMは一切流れない。
そんな中聞こえるゼットンのあの独特の電子音がとても怖い。
のっけから普段はしない戦法で戦い始めるものの通用せず、八つ裂き後輪を砕かれ、肉弾戦でも歯が立たず、そして苦し紛れで放ったスペシウム光線を吸収され跳ね返されてカラータイマーが破壊され倒れるウルトラマン。
あの倒れるシーンは20年以上見てなくても覚えていた。
その後科学特捜隊の兵器であっさりゼットンは爆死するが、それが腑に落ちないほどウルトラマンとの闘いは圧倒的だった。
初めてクリリンが殺された時と並ぶ、子供時代の私のトラウマとしていつまでも忘れないに違いない。

2014/10/26

こんな遠征もたまにあっていいじゃん

今日は早朝から京都競馬場へ出向いて競馬を楽しんだ。
昨日以上の暑さにダラダラ汗を流しながら奮闘し、見事馬券で勝利。
菊花賞もバッチリ。写真もバッチリ。

いやね、これから新しいカメラだの望遠レンズだの買う予定なのに、
京都遠征なんてしちゃっていいのかよという自問自答はあったんです。
でも結果的に馬券で勝って散財は最小限に食い止められました。
夕べ贅沢をしておいてあまり痛手を負わなかった。
大きいですよ、実に大きい。
遠征を楽しみ、自分に贅をつくし、かつお金を減らさない。
これぞ理想的なお出かけと言えるんじゃないでしょうか。
1年に1度あればいいくらいの滅多にない幸運でしたがね。

2014/10/25

今年もモミジには早かった

今日から3連休のためおでかけ。
行き先は京都。毎年恒例の秋の京都だ。
今年は相方の都合で一人で旅だった。
最大の目的は競馬の菊花賞。
この日は季節的に紅葉狩りでもしようかなと考えた。
だが、去年似たような時期に行った時は木々はまだ青々。
今年の京都方面の気候とかわからなかったので期待はしてみたんだけどね。

今回足を運んだのは東福寺。
この名前は競馬ファンならお馴染みのはず。
何しろ京都競馬場に行くにはこの駅で乗り換える人も多いはずだからだ。
私も名前だけは何度も見たり聞いたり、そして通過したりもしたが、
修学旅行含め、今までの京都行きで東福寺に行ったことはなかった。
ここも紅葉の名所の一つらしいが・・・。
まぁね、そこまでの道中でこりゃ無理だろと悟ったわけですよ。
だって暑いんだもの。
11月の声をもうすぐ聞く時期だけに厚めのスウェットにパーカ羽織ってきたんだけど、
これが大失敗と思えるほど気温は高い。
あとで知ったんだけど25度前後だったって。
そんなんで木々が色づくはずもないじゃないか。

東福寺についたけどやっぱり。

場所によって多少色づき始めてるかな?という程度。
ほぼ緑一色と言っても過言ではなかった。
東福寺と言うお寺。なかなか広大で散策には事欠かない場所だった。
もしここが朱色に染まったらそりゃあ綺麗なんだろうなと想像つく。
でもいかんせん今はこんな有様。

夏かと。
青々としたモミジ。やっぱり今年もまた早かった。
だいたい秋の京都行きは10月頃が多いんだけど、やっぱり11月下旬なんだよね、見ごろは。
それでもこのブログのためにどうにかして探し出した秋の気配。
これが一番きれいなモミジでした。

重い、重い名機プラナー下げてきて何も収穫ありませんでしたじゃ悲しいからね。


他にも行ってみようかなと思いもしたけど、どこも同じだろうなと他にはどこにもいかなかった。
紅葉狩りとしての収穫はなかったに等しいけど、
四条、烏丸、河原町のあたりの地理に少し慣れた夜は収穫ありだったかな。
行きつけなのに毎回たどり着くのに苦労する美濃吉。
もう2か所とも完璧ですぜ。
この店で秋の味覚の王様松茸尽くしを堪能。たまにある自分へのご褒美に酔いしれた。

2014/10/24

一生涯の後悔

先日の鉄道の日に放送された、新・みんなの鉄道の一挙9時間、寝台特急特集。
少しずつだけど、ようやく全部見ることができた。
見終わった今、改めて寝台列車と言う宝がこの国から消えようとしている現実に胸が痛む。
あけぼのもそうだけど、やっぱりトワイライトエクスプレス。
これがなくなってしまうのが一番悲しい。
今年の夏、乗車を夢見てチケット獲得に奔走したけど、結局叶わなかった夢。
トワイライトに乗れなかったことは、この先の人生でずっと悔やみ続けることになるのだろう。
超豪華クルーズ列車のななつ星もいいだろうさ。
だけど移動の手段としての、庶民の足としての寝台車、頼むから一つくらいは残しておくれよ。

2014/10/23

無理なのかもな

おかしいなぁ、どこからもドラフト指名の電話がかかってこなかったぞ・・・。

・・・冗談はさておき、待っていた電話はヤマダ電機さんからのもの。
もちろんEOS 7D Mark2の入荷に関する連絡だ。
もし発売日の30日に手に入れることができるのならもう電話が来てもいいはず。
それがないということは無理だってことなのかな。
実際ネットの書き込みでは、予約の時点で初回生産分に間に合わなかったら、
次回入荷は11月7日以降って話みたいだし。
30日になるのか、7日以降になっちゃうのか。
使いたい予定がある人にとってはヤキモキするなぁ。
ってか普通発売日が公表された時点で、現時点での見通しぐらい連絡してきたっていいだろうに。
所詮はその程度の仕事しかできないってことなんだな。

2014/10/22

発売日決定!

キヤノン渾身の新型一眼レフEOS 7D Mark2の発売日が10月30日に決定した。
当初アナウンスされていた11月上旬から前倒しされた格好だ。
そして縦位置グリッププレゼントキャンペーンも1万名から2万名に増加。
どちらも狙っている人にとっては嬉しいニュースだね。
30日ってことは、天皇賞には間に合うんだな。こりゃ楽しみだ。
おっと、その前に望遠レンズも買っておかないと。
うーむ、こりゃ一気に40万近く飛んでいっちゃうかもしれんな。
まぁこんな時のための積立預金さ。
ところでキヤノンのHPでは、7D2の供給不足がアナウンスされている。
発売してもなかなか手に入りませんよってことなのか。
私は9月中に予約しておいたんだけど大丈夫かな。
発売日が決まったらお電話しますとか言ってたけど、今日はかかってこなかったな。
まさか入荷未定なんてことは・・・。
それだったら白けるなぁ。無事30日に手に入りますように。
週末までに連絡来なかったらこっちから電話してみるかな。

2014/10/21

いつもと違う感じ

新クールのドラマの初回は見る予定のものは全て見たかな。
ラインナップはこちら。


月 信長協奏曲(フジ)
火 すべてがFになる(フジ)
木 ディア・シスター(フジ)
金 Nのために(TBS)
日 ごめんね青春!(TBS)


この5本。
いつもと様相が違うのは、フジテレビの火10、水10を見てないこと。
10時台のドラマは眠くなってしまうので、肌に合わないと思ったら敬遠することにしたのだ。
だから見ることに決めた木10と、TBS金曜ドラマは面白いということ。
今のところ、ごめんね青春が一番面白いかなぁ。
阿部あまりん可愛すぎだってばさ。

2014/10/20

今日は降っても軽くじゃなかったのか

最近残業が続くなぁ。
珍しいことです。稼げるのはいいんだけど、身体は悲鳴。
月曜から疲れていては話になりません。
それに今日の天気はなんなの?
雨は降っても一時的とか言ってたのに、ほぼ午後はずっと降っていたじゃないか。
しかも天から落ちてきたのは雨だけじゃなく、鳥の糞まで・・・。
どれだけついてないんだって話ですね。
あー、今週は長くなりそう・・・。

閑話休題。
森川葵ちゃんってめっちゃ可愛いね。
っていうか凄まじく可愛いね。あれぞドストライク。

2014/10/19

PATした1日

今日は朝から録り溜めたドラマやらを見つつ、競馬を垂れ流してダラダラ過ごした。
と、そのままだったらいつもの冴えないパッとしない日曜日。
パッとしたのは競馬。
PAT口座の残高が1万円を切る中、その有り金全てをかけた勝負をした。
そして見事的中し、潤いが戻った。
家にいて馬券が買えるとなると、ついいろいろ手を出してしまいがちだが、それでは負ける確率が高い。
ここぞテッパンと言うレースに大きく張ってこそ稼げるんじゃ。
なんてそううまく行かないのも現実。
うまく行った現実が今日だっただけだ。
さぁこのお金でまたネットショッピングでもしようかな。

2014/10/18

野球は戦略

シーズン優勝チームがスイープされてるようじゃしゃーないわな。
レギュラーシーズン最終戦で広島相手に能天気に勝っていた時点でこうなるのは見えていたのかもしれない。
東京ドームでの戦いを想定した場合、圧倒的にカープ相手の方が戦いやすかったはず。
まずはファーストステージの舞台を広島にすることを考えるべきだった。
消化試合にも戦略は必要だという、いい教訓になったのでは。
それにしてもタイガースの勢いは凄いな。
9月にチーム力が最悪まで落ちて、レギュラーシーズンの終わりごろに再び上昇し、CSで軌道に乗った感じかな。
日本シリーズでもいい戦いができるのでは。
相手はどっちだろう。
もし日ハムが進んじゃったら、史上初の優勝チームなしの日本シリーズになるけど・・・。

2014/10/17

たまらないいい女

あああああ!俺の倉科カナたんがあああああ
朝からショーック!
まぁしかし相手が竹野内なら仕方ないと諦めるしかないな。
どこぞの糞ジャニタレに喰われたとかだったら諦めきれんが。
はぁ、倉科カナ・・・たまらんいい女だよなぁ。
ちくそー。

2014/10/16

寒い季節始まったな

最近明け方寒いっすなぁ。
つい最近まで汗だくで仕事をしていたというのに。
季節の移ろいはいつも正確かつ突然だ。
寒い季節って長いよね。10月~3月くらいまででしょ。
寒いの大嫌いな身からしたら、これから先が憂鬱で憂鬱で。
そんな私を温めてくれる女子モトム。
結局行きつくのはそこですかい。

2014/10/15

マニア垂涎

昨日10月14日は鉄道の日。
ということで、CSフジテレビONEでは、新・みんなの鉄道でスペシャルな放送があった。
そのラインナップは。

ラストラン・あけぼの
ラストラン・日本海
トワイライトエクスプレス
ななつ星

何この神編成・・・。
全部大好きな寝台列車じゃないか。
すでに運行を終えているあけぼの、日本海に、終わりの近いトワイライト。
そして今が旬の新しい豪華寝台ななつ星。
まさに永久保存版だ。
こういうのを見るためにCSを契約しているようなもんさ。
もっとも、しばらく野球のポストシーズンやら遠征やらで、なかなか録画の番組見る暇がないのだが・・・。

2014/10/14

予測外れる

今日はやたら仕事が少なかった。
連休明けだし残業必至かなとなかば覚悟していったので拍子抜け。
そのわけは台風の影響を考慮してとのことだったらしいが。
完全に読み違えたわけね。
台風に踊らされてるようじゃだめだわ。
しわ寄せは明日にやってくるのは間違いない。
明日からCSファイナルステージ始まるし、明日こそ早く帰りたいのだが。

2014/10/13

理想通り

どうやら台風は寝ている間にピークを迎えて、明け方には去ってしまいそうだね。
理想通りに事が進んで何よりだ。
台風の中の出勤ほど憂鬱なことはないからなぁ。
それにしてもこの2日、ほぼ家から出なかった。
今日など10時間寝たのに昼寝まで2時間もしちゃったし・・・。
身体が軽くなるどころか、むしろなまってしまった気がする。
台風関係なく、明日から1週間きつい労働になりそうだな。

2014/10/12

台風はやく行っちまえ

日曜のこの時間帯にゆったりした気分でいられるのが嬉しい。
そう明日は祝日。
台風だからまたのんびりしよう。
でもすでに気持ちは火曜日に向きつつある。
だって台風の動きがノロくて、関東への影響は火曜日まで残るというじゃない。
休みの日に行っちゃってくれればいいのによ・・・。
それはともかく来週は火曜から5連チャンのお仕事。
仕事の量も多い予感だ。やっぱ休める時に休んでおかないとな。

2014/10/11

大人しくしてます

連休のはざまの土曜出勤はダルいを通り過ごして苦痛だなぁ・・・。
で、結局明日明後日の連休は大人しくしていることにしました。
今後の遠征の予定を考えたり、録画した番組を観たり、本を読んだり、競馬見たり・・・。
暇はいかなる方法でも潰せる。
台風が休みの日に来るってのも考えてみればちょうどいいしな。

2014/10/10

総額でどれだけかかるんだか

来る7DMK2発売に向けて、少しずつカメラ周りを揃えていく。
一気に買うとなると大変だからね。
本日はCFカードを購入した。
CFカードはコンパクトフラッシュカード。
今まではSDカードを使用していたが、よりプロ機に近づく7D2のためにはCFが欲しかった。
転送速度が違います。
SanDiskの32GBのを買ったんだけど、これで4万円弱するんだから恐れ入る。
記録メディアで4万近くかかってしまう。改めて大変な趣味だわ。
着々と7D2を迎える準備は整いつつある。
次は大砲レンズかな?それは本体を買ってから・・・次の次の給料日後でも十分か?
うーん、揃えたいもの全部揃えたらいくらになるんだろう。

2014/10/09

馬と一緒だな

まーた台風が来るんけ。
19号は史上最強の勢力云々って・・・。
なんか今シーズン最強だの、観測史上最悪だの、毎回そんなこと言ってる気がするのは気のせいだろうか。
18号だって散々煽られて実際はさほどでもなかったし。
去年もそんなことあったような気がするなぁ。
そのうちどの台風が史上最強かで論争が起きたりして。
それこそ最強馬を決めるみたいに(笑)。

2014/10/08

いざとなるとあまりない

スカパーから何やらハガキが届いていた。
ファーストイヤーサービスということで契約から6か月経ったことで、
契約していないチャンネルをサービスで16日間無料視聴ができるという。
ということで電話してさっそく申し込んだ。
で、今番組表で何を録画しておくか探しているんだけど、いざとなるとなかなか見たいと思う番組がない。
タイミングが悪かったかな。
まぁとりあえず暇な時用に映画は面白そうなのは片っ端から予約しておくことにする。

2014/10/07

体力次第

うーん、5連続勤務の後の遠征帰りのまま突入した今週、案の定早くも息切れ状態。
疲れが取れません。
今朝などアラームが鳴ったのを確かに認識したのに、またもういいやって感じで眠りの世界に戻ってしまってさぁ大変。
仕事があるのは意識の中ではっきりわかっていたのに、それでももういいやってなってしまうとは・・・。
よほど眠りに執着が強かったのだろう。
昨日は22時には寝たんだがなぁ。
ところで週末は日月でまた連休になっている。
ぶらっと府中競馬もいいんだけど、この分だと疲労回復を優先させなきゃかな。

2014/10/06

9年前を思い出したよ

今回新潟で泊まったホテルはドーミーイン新潟。
そう、9年前に免許合宿で2週間滞在した思い出のホテルだ。
屋上の天然温泉が素晴らしいんだ。
昼間には咲花温泉に入ったというのに、夜はこの風呂を満喫。
9年前のあの頃を思い出しながら湯につかっていた。
あの頃、病魔を抱えたまま過ごした新潟の街。
あの経験があったからこそ言える、新潟は我が第4の故郷。
確かな足跡がこの場所にはあるのだ。

2014/10/05

散々お馬Day

今日は新潟で12年ぶりに競馬のGIレースが開催される日。
今回の新潟行きの最大の目的が今日のスプリンターズSなのだ。
朝も5時台から行動し、万全の構えを見せたんだけど・・・。
馬券は当たらないわ、写真撮影は失敗するわでいいことなし。
昨日の温泉で癒した身体にまた疲れが・・・。
まぁ久々に競馬場の雰囲気を感じられただけでも良かったとするか。
新潟にもなんだかんだで毎年来ているし、来れなかったら来れなかったできっと後悔したろうから。

余韻に浸る間もなく、終わったらすぐ帰宅。
夜は海の向こうフランスで凱旋門賞が行われるからだ。
本当は新潟じゃなくてこっちに行きたかったのは言うまでもない。
目標であり夢ですね。
そして日本の競馬関係者にとっての目標であり夢であるのが凱旋門賞。
今年は有力馬が3頭も出て今年こそ悲願達成かと思ったんだが・・・。
結果は無残。疲れて眠くてしょうがない中我慢して遅くまで起きた甲斐はなかった。
扉はなかなか開きませんね。

2014/10/04

咲花温泉(新潟県)

台風が接近する中新潟へ旅立った。
目的は競馬だけどそれは日曜日。
今日は温泉地新潟へ来たからには久々に温泉に入りたい。
といっても新潟(下越近辺)の主要な温泉地にはだいたい行った。
どこかないかと調べていたら、新潟駅からわりと近い場所に咲花温泉というところを発見。
立地場所的に田舎の鄙びた温泉地っぽく、のんびりしたいしちょうどいい。

咲花へは磐越西線というローカル線に揺られて1時間弱で着く。
ローカル線にコトコト揺られて山地へ行くのもオツなものと思っていたのだが、
接続時間に失敗してしまって時間が大幅にあいてしまった。
他にすることも思い浮かばず、時間がもったいないので鉄道での移動は断念。
レンタカーを借りて咲花を目指すこととした。

道中雨も降ってきて参ったなと思ったものの、咲花温泉はちょうど雨雲が抜けていて濡れずに済んだ。

うん、ド田舎だね。山間部の静かな温泉地だ。
咲花駅があったので、乗れなかったし見ておくことにした。

こういう単線、好きだなぁ。電車で来れなかったことが残念だ。
散策してみるものの特に見る場所もなく、店もないに等しい。
中型の温泉ホテルは点在するものの、それ以外は本当になにもない。
人っ子一人みかけない。人間よりもネコの方が多く出会う始末。
鄙びた温泉地と言えば聞こえはいいが、ここもよくある時代から取り残された昭和の遺産か。
でも歓楽色が皆無で、素朴さ満点なだけ、まだ田舎の知る人ぞ知る温泉地として存在価値はある。
ホテルの人とかもあまり集客に関心があるようでもなく、立ち寄り湯を申し出たところ勝手にどうぞ的雰囲気で、代金を徴収するとすぐに奥に引っ込んだ。
どこまでものんびりとした場所だ。

ところでこんなものが立っていたんだけど、一体何なの?

明らかに男根を強調してるよね・・・。よくある男根を祭った信仰が関係してるのか?

何はともあれ入浴。場所は佐取館さん。

咲花温泉は、沸き出る温泉の湯の花が咲き誇っているように見えることから名づけられた。
そんなお湯は空気に触れるとエメラルドグリーンに変色し、バスクリンのような色合いのお湯になる。
しかしこれが入浴剤じゃない証拠に、辺りに漂うのは温泉特有の硫黄の香り。
私の好きな硫黄泉だね。
適温のお湯はどこまでも気持ちよく、疲れ切った肉体を癒してくれた。
人が全然いないし、メジャー系も良いけど田舎の名もなき温泉もやっぱりいいね。


咲花温泉データ

温度:54℃
泉質:硫黄泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、疲労回復など

2014/10/03

ここからは上がるのみ?

ホークス優勝おめっとさん。
最終戦で決められたのはよかったんじゃないでしょうか。
それにしても今シーズンのパリーグの優勝争いは酷かった。
まさか上位2チームが揃ってシーズン最終盤で調子を落とすとはね。
普通優勝するチームってのは目に見える勢いがあって、時に考えられないような劇的な勝利を収めたりするもの。
それが今年に関しては最後までグダグダのまま進んだ。
そんな2チームでも対戦すれば勝者と敗者が生まれる。
そしてそんな勝者にホークスはなった。
まだCSでひと波乱ありかねない状況で最後まで予断は許さないかもしれないね。
もっとも落ちに落ちた調子は、あとは上がっていくのみかな?

2014/10/02

Nothing but...

キヤノンEOS 7Dmk2のキャンペーンの一つである縦グリプレゼントキャンペーン。
購入予定があるので、発表とともに申し込んでおいた。
そのキャンペーン申込者の先着3000名にオリジナルステッカーが当たる。
あっという間に定員に達したみたいだけど、私は無事手に入れることができたみたいで本日届きました。

NOTHING BUT 7D

「7Dしかない」とでも訳すのでしょうか。カッコいいじゃないですか。
今回のキャッチフレーズはこれなんですね。
てっきり前機種のものを引き継いでイメージモンスター2とかだと思ってたんですが。
7D2に関しては、先日発売された完全ガイドも購入しイメージを膨らませています。
とにかく手に入れる時が楽しみで仕方ない。

2014/10/01

せっかくの接点が

今日は、あの子と仕事でちょっとした絡みがあった。
それ自体は嬉しかったのだが、私ってば肝心なことを忘れてしまう。
名前聞くの忘れた~。知る絶好のチャンスだったのに何やってんだ~。
っていうか未だに名前すら知らない子を気になっているってヤバくないっすか。
千載一遇の機会だったのになぁ。次いつあるかわからんよ・・・。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »