2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 一生涯の後悔 | トップページ | こんな遠征もたまにあっていいじゃん »

2014/10/25

今年もモミジには早かった

今日から3連休のためおでかけ。
行き先は京都。毎年恒例の秋の京都だ。
今年は相方の都合で一人で旅だった。
最大の目的は競馬の菊花賞。
この日は季節的に紅葉狩りでもしようかなと考えた。
だが、去年似たような時期に行った時は木々はまだ青々。
今年の京都方面の気候とかわからなかったので期待はしてみたんだけどね。

今回足を運んだのは東福寺。
この名前は競馬ファンならお馴染みのはず。
何しろ京都競馬場に行くにはこの駅で乗り換える人も多いはずだからだ。
私も名前だけは何度も見たり聞いたり、そして通過したりもしたが、
修学旅行含め、今までの京都行きで東福寺に行ったことはなかった。
ここも紅葉の名所の一つらしいが・・・。
まぁね、そこまでの道中でこりゃ無理だろと悟ったわけですよ。
だって暑いんだもの。
11月の声をもうすぐ聞く時期だけに厚めのスウェットにパーカ羽織ってきたんだけど、
これが大失敗と思えるほど気温は高い。
あとで知ったんだけど25度前後だったって。
そんなんで木々が色づくはずもないじゃないか。

東福寺についたけどやっぱり。

場所によって多少色づき始めてるかな?という程度。
ほぼ緑一色と言っても過言ではなかった。
東福寺と言うお寺。なかなか広大で散策には事欠かない場所だった。
もしここが朱色に染まったらそりゃあ綺麗なんだろうなと想像つく。
でもいかんせん今はこんな有様。

夏かと。
青々としたモミジ。やっぱり今年もまた早かった。
だいたい秋の京都行きは10月頃が多いんだけど、やっぱり11月下旬なんだよね、見ごろは。
それでもこのブログのためにどうにかして探し出した秋の気配。
これが一番きれいなモミジでした。

重い、重い名機プラナー下げてきて何も収穫ありませんでしたじゃ悲しいからね。


他にも行ってみようかなと思いもしたけど、どこも同じだろうなと他にはどこにもいかなかった。
紅葉狩りとしての収穫はなかったに等しいけど、
四条、烏丸、河原町のあたりの地理に少し慣れた夜は収穫ありだったかな。
行きつけなのに毎回たどり着くのに苦労する美濃吉。
もう2か所とも完璧ですぜ。
この店で秋の味覚の王様松茸尽くしを堪能。たまにある自分へのご褒美に酔いしれた。

« 一生涯の後悔 | トップページ | こんな遠征もたまにあっていいじゃん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もモミジには早かった:

« 一生涯の後悔 | トップページ | こんな遠征もたまにあっていいじゃん »