2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« EOS 7D Mark II × TAMRON A011 実写編 | トップページ | 恥ずかしい思い出を処分 »

2014/11/02

レンズはあと2本買う!?

土日の競馬撮影は天候が良くなく、正直7D Mark2の性能の半分も知りえなかった。
そこで絶好の天候となった日に改めて試写。
被写体は新しくカメラを買った時のテストを毎回努めてきた我が家のぬこ。
カメラ嫌いだけあって動いてくれず、動体撮影とは行きませんでしたが・・・。
7D2で静止画撮ってどうすんじゃいって突っ込みもありそうだけど、静止画はどんな感じで撮れるのかのテストも兼ねて。
レンズはキットのEF-S18-135mm F3.5-5.6 ISを使用。
競馬では糞重たいTAMRON A011で撮っていたので、なんら重さを感じず快適そのもの。


85mm 1/800 F5.6 iso:100

スポット1点AFで撮影。
ジャスピン決まってきりっとした描写。
これが純正レンズかぁ。


85mm 1/500 F5.6 iso:100

競馬ではISO2500以上の高感度撮影しかできなかったけど、絶好コンディションだとこうまで綺麗か。
これはカメラの性能なのか、キットレンズとはいえ純正レンズの力なのか。
まぁほんと撮っていて楽しいですわ。


基本的に7D2は動体撮影の時、資産豊富なαは静止画の時に使用って棲み分けをするつもりだったけど、
軽いキットレンズ(しかも高倍率)でこれだけ撮れるなら、しばらくはどこへ行くにも7D2の出番が続きそうです。
で、そうなってくるともっと違うレンズが欲しくなってくる悪い病気が発症してしまう。
いわゆるレンズ沼ってやつです。
だから今後買い足すならあれもこれもじゃなくて、これだと決めたものだけにしなければいくらお金があっても足りない。

その候補は、一つはシグマの50㎜。これはサードパーティだけど描写力はお墨付き。
女性撮りに単焦点の標準レンズは欲しいところ。
もう一つは、この週末のような悪条件になった時の競馬撮影用に明るい純正レンズが欲しい。
となると近々出ると噂の100-400の後継機かサンニッパのいずれかか。
明るさを考えたらサンニッパにエクステンダーだけど、リニューアルされた100-400がどんななのかも興味ある。
いずれもお高いので冬のボーナス+レンズ預金を今から始めなきゃだな。
はー、つくづくお金のかかる趣味。だから道楽と呼ぶのだな。

« EOS 7D Mark II × TAMRON A011 実写編 | トップページ | 恥ずかしい思い出を処分 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンズはあと2本買う!?:

« EOS 7D Mark II × TAMRON A011 実写編 | トップページ | 恥ずかしい思い出を処分 »