2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の記事

2014/11/30

暗いレンズの辛さ

紅葉撮影はバッチリだった。
でも遠征の最大の目当ては豪華メンバーが集ったジャパンカップおよびその撮影。
競馬撮影こそが一番好きなジャンルなのだから。
それにEOS 7D Mark2を買ったのは、競馬で満足いく写真を撮るために他ならない。
日が浅いこの時期、毎年αでブレブレノイジーな作品しか残せず悔しい思いをした。
去年のジャパンカップの日の日記で、「来年のJCでは7D2と新100-400Lを駆って撮影できていますように。」って書いた。
100-400Ⅱ型は残念ながらまだ出てないが、7D2は無事入手完了している。
レンズは今回もTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 VC USD [Model A011]だ。
さぁ、これでどんな結果が出るのだろう。

正直7D2はまだ使いこなせてない。何もかも手探りの状態。
いろんな設定で試している。
今回はマニュアルモードで撮影。AIサーボは最も汎用性の高い基本設定だ。

ラチ沿いから600㎜でワールドスーパージョッキーズシリーズを撮影。

ピン甘かなぁ。おまけにちょっとノイジー。
600㎜は寄れるけど使いこなすのが大変だね。概算960㎜だもんねぇ。

そこで予約済みの100-400Ⅱ型購入を前に、400㎜、概算640㎜の世界を体感。

あ、これはなかなかうまく行ったじゃん。
このくらいの焦点距離はいいかもな。
ただしスタンドからだと、位置によっては400(640)㎜じゃ短い場合もあるから難しいんだけど。

さて、問題は薄暗くなってからの撮影だ。
ジャパンカップ発走は15:55分。JRAさん、何もそんなに遅くしなくていいでしょうに。
もう日没間近でんがな。馬場内にも照明ともり始めてますがな。
そうでなくても薄曇りの天候なのに・・・。
写真撮りには辛い時間帯なんだよねぇ。αで壊滅的な撮影結果を連発してきたのも仕方ないんだよ。
さぁ7D2よ、その能力の片りんを見せておくれ。

うん、いいんじゃない、これ。
確かに暗いけど、ほぼピントもあっているし、しっかりと解像もしてくれている。
しかもゴールインの瞬間も問題なくバッファが持っている。
昨年までの結果とは雲泥の差だ。やっとこういう写真が撮れたよ・・・。
それでも連写で撮ったうち、成功と言える枚数は少なかった。
シャッタースピードは1/1250設定だったけど、ぶれて使い物にならないモノや、ノイズ満載のモノも量産。
ただこれはカメラというよりはレンズの問題も大きいと思うんだ。
600㎜。開放F値は6.3。これはやっぱりこの時間帯には厳しいんだよね。
せめて5.6、できれば4.0くらいで撮りたい。2.8なら言うことなし。
ヨンニッパ、ゴーヨン・・・どうしても欲しくなっちゃうねぇ・・・。さすがに簡単には手が届かんけど。
ま、今は持てる資産で腕を磨こう。
7D2でのひと月ぶりの競馬撮影は本当に楽しかったのだから、とりあえずは満足だな。

ちなみに馬券は散々で満足からは程遠いのだった。ほっとけ。

2014/11/29

7D2で紅葉狩り

明けて今日は紅葉の写真を撮りに出かけた。
向かったのは六義園。昨年の同じころ、夜のライトアップされた紅葉を撮りに行った場所。
今年は昼間に、モミジの赤を感じに向かった。
なお今回撮影に使ったカメラはEOS 7D Mark2で、レンズはキットのEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS。
動体にめっぽう強いと評判の7D2だけど、静物撮りにはどうなんだ?って思う人も多いと思うので、
今年はαじゃなく、先月買ったもののなかなか撮影機会がなく、出番を待ち続けていた7D2の画質調査。


入園料300円を支払いさっそく入場。
土曜日だけあって多くの人が出向いていた。
そしてやはりというか、一眼レフを首にさげた人が本当に多いことに気づく。
スマホやコンデジでは紅葉の美しさってなかなか再現できないと思うし、今は安くて性能のいいものが多いからね。


距離:18.00mm 絞り:F7.1 SS:1/100 iso:100 WB:オート

さすがに11月の最終日という晩秋だけあり木々の葉は赤一色。
ただ、桜と一緒で、こういうのって広角側で撮ってもなかなか美しさは伝えづらい。
やはり望遠側で接写してボケ味を生かした撮影方法の方が様になる。

これがそんな1枚。


距離:104.00mm 絞り:F7.1 SS:1/160 iso:640 WB:オート

赤が強調されていていい感じに撮れたかな。

場内を散策していると、やっぱり年配の人の方が多いんだけど、
中にはカメラ女子も結構いて、高そうな三脚担いで歩いている子がいたのには驚いた。
手持ちじゃ気合が足らないってか!?


距離:135.00mm 絞り:F5.6 SS:1/100 iso:400 WB:オート

今日はあいにくの空模様で自然光は期待できなかった。
内蔵ストロボを炊いてSSを稼いで低感度で手持ち撮影。腕プルプル。


距離:135.00mm 絞り:F5.6 SS:1/25 iso:400 WB:オート

これが今回のベストショットです。
シャッタースピード1/25か、よくブレなかったな。
優秀なISのお陰様ですかい。


距離:135.00mm 絞り:F5.6 SS:1/30 iso:400 WB:オート

モミジの赤いボケを強調させるために緑の葉っぱを狙った。
ちょっと赤がうるさくなりすぎたかな。もうちょい淡い方がいいのかもな。


夢中で撮ってたらあっという間に時間が過ぎた。
雨も降りだしてきたので昼前に撮影終了。
7D2での静物撮りの結果は、なかなか満足いくものになったんじゃないでしょうか。
低感度で撮る分には画質は申し分ない。
別に動体専門機じゃないんだってことが分かっただけでも今日は収穫でした。
でも久々に撮影できて楽しかったなぁ。
この後は競馬撮影も頑張ろう。

2014/11/28

暖房効かせ過ぎ

久しぶりに仕事終わりに池袋へ向かった。
今日は超絶仕事の量が多い日だったが、ブクロナイトを楽しむため死ぬ気で働いて定時退社。
まさに酸欠状態で電車に乗り込んだ。
そんな火照った体で迎えた池袋の夜。
いつものコースを巡回したわけだが、まぁどこもかしこも暖房が強烈に効いていて暑いったらもう。
そうでなくてもクールダウンが必要なほど、肉体は紅潮し毛穴がひらいちゃってるから汗が止まらない。
ヒートテックがむしろ邪魔になったくらいだ。
うーん、そこまで寒くないのに暖房の温度を上げすぎなんだよな。
これじゃあゆっくりと店内を見て回ったりする気になれない。
今年は暖冬だとされているし、もうちょっと電気代節約しようよ。
夏はあれだけ節電、節電とか言って28℃設定とかしてたくせに。
そんなアツイブクロナイトでした。
明日は紅葉を撮りに行こう。

2014/11/27

やばいぞ風邪気味

うー、昨日一昨日の雨に打たれたことが原因か、どうも風邪っぽい。
鼻水とクシャミと咳が・・・。
今週末は遠征だっていうのになんてこったい。
しかも仕事もずっと大変な日が続くし・・・。
体調を崩すにしたって最悪のタイミングだな、まったく。
今夜は薬飲んでさっさと寝よう。
明日は仕事終わりに東京へ行く予定。
それがダメにならないように、回復を願う。

それはそうと、今日は会社でインフルエンザの予防接種をした。
風邪ひいてる時って注射しちゃだめなんじゃなかったっけ?

2014/11/26

納得できることの方が少ない世界

納得いかなくても、業務命令なら従わざるを得ないのが社会人

どんな利理不尽でも、上司の命令は絶対

甘やかしが過ぎる嫌いがあっても、出来る人間は動かなければならない


・・・社会で働くって本当に大変だ。

2014/11/25

今はたくさん働く時期

やっぱり連休明けは仕事が多い。
今回も大きな残業になった。
今月はそうでなくとも残業が多い。
身体はきついが、見返りは大きいはずだ。
そして来月はもっともっと残業が増えるに違いない。
稼げるときに稼ぐ。身体が動かなくなってからでは遅いんだ。
そう自分に言い聞かせ、明日も鞭打って頑張ってきます。
ちょい風邪気味・・・。

2014/11/24

先を見据えて

せっかくの連休、しかも絶好の天気だったのに、2日ともずっとグリーンチャンネルを垂れ流した部屋でゴロゴロ。
来週末は東京遠征だし、そもそも来週の仕事がきつそうだし、
そして遠征が終われば繁忙期の12月。
思う存分身体を休めるのはいいことかもな。
先述したとおり、年末~年始に地獄の連戦仕事が待ってることだし。
先を見据えたこうした休息が必要な、そんな年頃なんです。
しかしま、勿体ないは勿体なかったな(笑)。


連休で見た映画

曲がれ!スプーン
霧島、部活やめるってよ

2014/11/23

少し伸ばすか

そういえばしばらく髪切りに行ってないな。
前回行ったのは北海道へ行く前だから8月か?
耳が隠れるほどまで伸びたのは3年ぶりかなぁ。
もう昔と違って肩までなんてことはできないけど、寒いししばらくは放置してみようか?
まぁ長いとシャンプーやら乾かすのやら寝癖やらで面倒なんで、年内に切っちゃうと思うけど。

2014/11/22

今年も有馬は行ける・・・が

今年の有馬記念は12月28日という押し迫った時期に行われるだけに、
仕事の書き入れ時とモロ被りなため参戦できるか心配だったが、交渉の末休みを勝ち得た。
ただし・・・。
この日に休んで中山へ行ってしまうことで、その後にずっと連戦が続きそうな予感。
遠征したら当然疲れるわけで、精神的はともかく、肉体的な休息がないまま15日くらい連続で動き回らなきゃかも。
大丈夫か・・・俺。絶対体調崩すよな・・・。
まさに有馬参戦は諸刃の剣として己に降りかかってくる愚行かもしれない。
好きで行くんだから仕方ない面もあるんだけどねぇ。

2014/11/21

とりあえず預金しました

給料日♪
ってことで、今後の遠征費などを算出し、それを除いた額は全て預金に回しておきました。
ボーナスが出るからっていきなり使うのも節操ない。
沸いて沸いて仕方のない物欲を抑制するためにもね。
今年失われた(使ってしまった)マネーを、来年の上半期終わりまでに戻してやる。
そう決意したんですよ。

2014/11/20

沼に引きずり込まれないように

週明けが祝日の関係で、早くも給料明細を頂いた。
今度の給料は、ベースアップが反映されて初めてのもの。
その支給額は・・・大変満足なものとなりました。
ようやく遊びと預金にゆとりを持てるぐらいの額になりましたよ。
しかし下手に多く貰っちゃうと、あれも欲しいこれも欲しい病が発症しがち。
とくにカメラを趣味としていると、際限なく物欲は沸き起こる。
しかも何もかもが高いから困っちゃう。
そういった泥沼に引きずり込まれないように、じっくり検討して買い物しなきゃな。
ま、あともう数日後にはボーナスも出るから、今が一番財布のひもが緩みやすい時期なんですが。
うーん、やっぱ何か買っちゃいそうだな(笑)。

2014/11/19

今のシーズンの暇つぶし方

ここ数日で立て続けに見た日本映画。

県庁の星
県庁おもてなし課
東京島
奇跡のリンゴ
愛の渦

日本映画専門チャンネルやiTunesダウンロードで視聴。
2時間前後で終わる映画は、仕事が早く終われた日で、ドラマが始まる時間前に見るのにちょうどいい。
次々に見て行かないとハードディスクの容量がどんどんなくなっていくので、半ば強制的な視聴だった。
さすがにちょっと食傷気味かなぁ・・・。
2時間前後で物語を完結させる映画は、撮る人や書く人のセンスが問われる。
だから駄作は本当に駄作で、良作はいつまでも心に残る。
こういう、劇場に行ってじゃなく録画したもので、最後まで見続けられる映画って意外に少ないのだ。
ボタン一つで簡単に再生は止められちゃうからね。
幸い、上記5作品は全て見ることができた。
暇つぶしの野球のシーズンが終わった今の暇つぶし手段が映画な近頃なんです。

2014/11/18

寒さ対策を講じる

あんまり寒いんで、仕事の帰りにユニクロへ立ち寄ってダウンジャケット、暖パン、ネックウォーマーを買ってきた。
黒系で統一。
これで長い長い寒い季節を乗り切っていきたい。
そうこれから競馬でジャパンカップ、有馬記念大一番が続くけど、それの開門待ちは凄まじく寒い。
もう傍から見ればなんでそんなに苦労してるの?って不思議に思えるんだろうけど、明け方の寒さは尋常じゃない。
今日買ったものだけではまだ完全防備とは言えないな・・・。
かといって着ぶくれになると陽が昇った後に暑くなるからな・・・。
そうか!脂肪をもっとつければ・・・ってそれじゃ本末転倒やないかい!

2014/11/17

温泉恋しや

ここ最近の冷え込みはもはや秋じゃないね。
こりゃもう冬だ。
で、冬になると恋しくなるのが温泉。
10月の頭に新潟の咲花温泉に行った頃はまだ少し動けば汗ばむ時期。
今の季節はより有難味が増す。
毎年12月に冬のボーナスで温泉旅館に泊まるのが恒例になっているけど今年はどうしよう。
テーマは雪と秘湯。
また東北のどこかかな。いろいろリサーチしてみよう。

2014/11/16

四半世紀ぶりの味

近所にある大衆中華料理屋に超久々に行ってみた。
どれくらい久しぶりかと言うと、小学生時代以来だからざっと25年ぶりになる。
なんでそんな長い間行ってなかったかと言えば、それは単純。
味がたいしたことがないからである。
でも近所だし、出前もやっていたことから、子供の頃はよく昼飯とかで出前を取っていた。
腹を空かせて期待して待っていれば伸びきった味の薄いラーメンが届き、ちょっとガッカリする、そんな子供時代の記憶がある。
で、今日本当に久しぶりにその店のラーメンを食してみたんだけど、
驚いたことに、たいしたことないなりにあの頃のままの味を保っていたのだ。
25年近く経っていても思い出せたあの味。
そんな四半世紀ぶりに味わうたいしたことないラーメンにやけに感動したのであった。

2014/11/15

姉さん、事件です

ちょっとした悲しい、いや寂しい、いや憤り収まらない、そんな複雑な事件があった。
職場には共用の冷蔵庫がある。
各自飲み物やら昼飯やらをそこに入れて利用している。
各自の持ち物に名前を書くことは推奨されているが、そこは信用っていうか、
まさか他人のものに手を出すなんて誰も思わないから書く人は少ない。
ところがだ。昨日私が入れておいた栄養ドリンクが今朝来てみたらなくなっていた。
一瞬目を疑った。あれ、入れなかったっけ?勘違いだったかな?
いや、そんなことはない。よーく思い出しても間違いなく入れておいた。
誰かに飲まれたのだ。
自分のと間違えた?いやいや、今までその冷蔵庫の中にそのドリンクが他に入っているのを見たことがない。
間違えて飲むとは思えないのだ。
ということは、人の物だとわかっていながら飲んだ輩がいるということ。
これは小さなことかもしれないけど、決して見過ごしていいことじゃないと思うんだ。
立派な窃盗罪でしょう。犯罪です。
そんな犯罪者が普通に存在する会社で働くかと思うと、耐えがたい吐き気が襲ってきた。
本気で警察に通報しようかとも考えた。
部長に宥められてやめたが、こんな情けないことがあっていいのか。
小学生だって、いや幼稚園児だって人の物に手を出しちゃダメだってわかるだろうに。
くそったれが。

2014/11/14

年内に届けばいいな

EF 100-400mm F/4.5-5.6L IS II USM、ビックカメラ.comでポチっちゃいました(汗)。
あー、またしてもカメラ機材に高額投資してもうた~。
もちろん、これは目先にあるボーナスちゃんというものの存在を見越しての事なんですがね。
それにしても浪費しすぎた。
今年の高いお買い物はこれで打ち止め。
減らした分はしっかり稼いで預金額を戻さなきゃ。
ところでこのレンズ、内外から、プロアマから、相当需要の高いレンズだとされている。
勿論この望遠域を良く使う人は待ちに待ったリニューアルであり、多くの人が買い求めることが想定される。
また品薄で入荷未定とかになるんだろうか。
発売がアナウンスされたのが11日で、予約したのが3日後の今日14日。
これでちゃんと発売日に届くものだがちと不安である。
どうせなら有馬記念には7D2にこのレンズを装着して臨みたいからねぇ。

2014/11/13

カラダを売る

今週は休みの日を返上して労働。
日曜まで連続出勤。
体力的にはきついが、休日返上するとその分多めにお金をもらえるから開き直れば美味しい。
ようはカラダを売って稼ぐか、休みはキッチリいただくか、だ。
今回は体調も悪くないので、必要と乞われたならお金のために働きましょってことだ。
そうでなくても高いカメラやレンズを買い、さらに年内にもう一つ高い望遠レンズを買おうと画策してるだけに、稼げるときは大いに稼がなくては。
今週まだ2日も残っていて辛いけど、レッドブル飲んで乗り切りましょーか。
あ、金のためならエーンヤコーラ♪

2014/11/12

縦グリ届いた♪

帰宅したら小包が届いていた。
何かと思えばキヤノンからの贈り物。
そう、7D Mark2の早期購入者先着2万名にバッテリーグリップが当たるという、GET BG キャンペーンの品。

ううむ・・・高額カメラを買ったことを家族に内緒の人はヒヤヒヤものの包装ですな。
まぁこれだけじゃ興味のない人には中身は推し量れないだろうけど・・・。

さっそく開封。

太っ腹なキャンペーンにこっちが感謝したいくらい。
これを手に入れるために、応募を速達や書留、特定記録なんかで送った人もいるらしい。
私は普通郵便で送ったけど、それでも1日遅れくらいで無事配達されましたよ。
7D2はバカ売れみたいだけど、どの店でも品薄だし、きっと今から購入しても間に合うはず。

中身はこんな感じ。

へぇ、意外とズッシリとしてるんだな。
まぁそりゃそうか。質感がカメラとあまりにも違ったら違和感ありまくりだろうしな。
さっそく装着してみる。

はい、なんちゃって1D Xのできあがり(笑)。
見た目はまんま超高級カメラのそれに早変わり。
なるほどねぇ、こんな感じなんだねぇ。確かに重量級レンズを装着した時のホールド感は良さげだねぇ。

カメラに興味のない人が見たらきっと引いてしまうような、大袈裟なナリ。
でもバッテリーグリップ、通称縦グリというだけに、縦の写真を撮る時は重宝しそうだ。
私の撮影スタイルでは、バッテリーグリップを使うほどバッテリーは消費しないと思うのでね。
だからせっかくこんないいの貰ったんだけど、予備のバッテリーを買い増す予定は今のところないのでした。

2014/11/11

冬のボーナスの使い道

キヤノン:大幅に画質が向上した超望遠ズームレンズ“EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM”を発売

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-11/pr-ef100-400-f45-56l-is-ii.html

おー、やっぱり出るんだ。
このレンズも7D同様、ずっとリニューアルの噂が絶えず、待望論が出続けていたもの。
7D2が発売された直後に間髪入れず発売が決定したことは、ずっと待ち続けてきたファンは相当嬉しいことだろう。
EOS初心者の私だけど、白レンズ、Lレンズで買うなら100-400の後継と思っていたのでぜひ欲しい。
12月下旬発売なら有馬記念は7D2+このレンズを装着した完全武装かね。
問題はお値段・・・。30万円か・・・。
冬のボーナスの使い道が早くも決まっちゃったね(苦笑)。
こうして沼に沈んでいく・・・。

2014/11/10

手放す?

あー、せっかく7D2買ったのに全然撮影する機会がね~。
動体撮影に特化したカメラだけに静物撮ったって仕方ないしなぁ。
競馬に行く時までしばらくおあずけか・・・。
ところで今現在私が所有する一眼カメラは4台ある。
7D2の他はすべてSONYのαで、α99、α65、α55というラインナップ。
で、このうち7D2購入の煽りを最も受けるのはα65だと思われる。
7D2と同じAPS-Cの高速連写機という同じ特徴を持ちながら、画素数以外で7D2に勝るものが一つもないα65。
α99にはフルサイズ機という唯一無二の存在意義が、
α55には小型軽量、おまけに16MPという好バランスの恩恵で画質も良いというアドバンテージがある。
α65には、7D2を手に入れた今、何一つこれを使おうという売りがないのだ。
キャラが被ってしまった以上、性能で劣るものは使う頻度がガタ落ちになるのは明白。
で、ちょっと調べてみたところ、α65は今でも2万円前後で売却できることがわかった。
どうせ使わないのなら防湿庫の中に眠らせておくよりは、売ってしまってお金にして誰かに使ってもらった方がいいのだろうか。
そしてSONY機で競馬撮影をする機会が激減する以上、タムロンの古い望遠レンズも売却すべきじゃないのか?
ちょっと考えてみよう。

2014/11/09

映画チャンネル

本日も部屋でゴロゴロ映画視聴。
今日見たのは、あしたのジョーライフオブパイ
先月のスカパーファーストイヤーサービスの時にせっせと録り溜めた映画も、この2本で全て視聴。
ハードディスクの整理もできてよかった。
映画専門のチャンネルは、日本映画専門チャンネルを契約しているけど、
他にもたくさんチャンネルがあるのでいろいろ契約しておけば次から次へと映画を楽しめる。
地上波と違って余計なCMもないからいいしね。
ドラゴンボールの再放送が終わったらアニマックス解除してなんか他の映画チャンネル契約しようかな。
ま、映画は劇場の大スクリーンで見るのが一番いいんですけどね。

2014/11/08

今一番の心配どころ

1週間の労働を終えようやくのリラックスタイム・・・。
明日は天気も悪そうだしゆっくり寝ていよう。
そろそろ会社でも年末の繁忙期に向けての話題が出始めている。
それを思うと大変憂鬱だが、こういうのは案外突入してしまえば乗り切れたりするものである。
そんなことより今一番気になるのは、一番の繁忙シーズンである12月28日に行われる有馬記念。
その日に休ませてもらえるか否かだったりして。
それこそ総決算だからね。是が非でも参加したいんだけど・・・。
今年はちょっと時期が悪すぎだよなぁ。クリスマスくらいがちょうどいいのに。
一縷の望みを持って、とりあえず指定席ハガキ抽選だけはエントリーしておかないと。

2014/11/07

来年は預金の年に

久しぶりに通帳記帳してきたんだが、残高ずいぶん減っちゃったね・・・。
まぁこれはもちろん7D2とレンズを買っちゃったからなんだけどさ。
それ以外でもいろいろ遠征が多かったからな。
一番多かった時から、ざっと60万近く減っちゃってる。
せっかくいい感じに溜まっていたのに。
若くて身体が動くうちにたくさん稼いでおくのは基本。
とりあえずもう今年中に欲しいものはすべて買ってしまって、来年は預金の年にしようかね。
なくなったぶんを取り戻すにはたくさんの時間と労力がかかりそうだ。
こうなってくると給料のベースアップは本当に良かったな。

2014/11/06

今年は買い替えの年

私はダウンジャケットを2年に1回の割合で買い替えている。
去年の冬まで来ていたものが2年間使用した。
だから今年は新調する年。
色もそのたび替えている。
ネイビー、パープルと来ているから今年はブラックか。
それともイメージチェンジで明るい色いっちゃう?
冬場はずっとお世話になるのだから失敗しないように選びたい。
ま、と言っても最高気温が15℃以下になる日が続くようにならなきゃダウンはまだいらないけどね。

2014/11/05

映画三昧

今日は朝からハードディスクの容量整理も兼ねて、
録り溜まっていた映画を3本見た。
ちなみに、テッド、キャリー、天然コケッコーの3本です。
さすがに少々食傷気味・・・。
キャリーのクロエちゃん超可愛いね。
まだ見れてないものもあり、録画予約も続々ある。
ハードディスク容量がやっぱり足りないな。

2014/11/04

さぁ稼がなきゃ

今日は久々のスーパー残業デー。
ああ疲れたな。
ま、ここの所散々散財しちゃったから少し稼がなきゃだからな。
身体に鞭打って働くか。
明日は計画的有給だから気は楽だし

2014/11/03

恥ずかしい思い出を処分

3連休最終日はお部屋のお掃除。
特に収納の中を徹底的にやった。
というのも、カメラ機材が増えたので新しく防湿ボックスを買ってきたのだけど置く場所がなく、
だったら物が詰まりに詰まっている収納の整理を行うしかないってわけ。
いらないものや埃を被ったものはどんどん処分。
明日ゴミの日だからね。
でも困るのが大量の古本類。
何かなとダンボールを開けたら大学の時の教科書や参考書や六法全書など。
うわぁ、こりゃゴミ袋にぽいってわけにはいかないよ。
まいったな・・・。
そんな書物の中にいくつかノート類もあった。
そう、大学の講義の時に書いていたノートだ。
懐かしく思いパラパラめくってみるものの、どれも3分の1程度しか埋まってない。
ハハハ、あんまり勉強してなかったのね、俺。
って、そんな昔の記憶じゃないわい。そうさ、大学なんてほとんど行かなかったじゃないか。
で、そんな惨状の中、もっと恥ずかしいのは時折書かれている落書き。
こんなの残していたら末代までの恥になるってものもあったりして、こりゃあいかんと処分。
青春の残り香をすべて捨て去り、だいぶすっきりしたところでカメラ用品を収納。
改めて冷静に見れば、総額で軽く100万円を超えている品々。
趣味に100万以上つぎ込めるようになった。あのノートに落書きをしていたころは本当にお金がなくて・・・。
そう思えば隔世の感がある。下らない仕事でも、続ければゆとりが出るってことだね。
ニート諸君。人生を楽しみたければとりあえず働こう。

2014/11/02

レンズはあと2本買う!?

土日の競馬撮影は天候が良くなく、正直7D Mark2の性能の半分も知りえなかった。
そこで絶好の天候となった日に改めて試写。
被写体は新しくカメラを買った時のテストを毎回努めてきた我が家のぬこ。
カメラ嫌いだけあって動いてくれず、動体撮影とは行きませんでしたが・・・。
7D2で静止画撮ってどうすんじゃいって突っ込みもありそうだけど、静止画はどんな感じで撮れるのかのテストも兼ねて。
レンズはキットのEF-S18-135mm F3.5-5.6 ISを使用。
競馬では糞重たいTAMRON A011で撮っていたので、なんら重さを感じず快適そのもの。


85mm 1/800 F5.6 iso:100

スポット1点AFで撮影。
ジャスピン決まってきりっとした描写。
これが純正レンズかぁ。


85mm 1/500 F5.6 iso:100

競馬ではISO2500以上の高感度撮影しかできなかったけど、絶好コンディションだとこうまで綺麗か。
これはカメラの性能なのか、キットレンズとはいえ純正レンズの力なのか。
まぁほんと撮っていて楽しいですわ。


基本的に7D2は動体撮影の時、資産豊富なαは静止画の時に使用って棲み分けをするつもりだったけど、
軽いキットレンズ(しかも高倍率)でこれだけ撮れるなら、しばらくはどこへ行くにも7D2の出番が続きそうです。
で、そうなってくるともっと違うレンズが欲しくなってくる悪い病気が発症してしまう。
いわゆるレンズ沼ってやつです。
だから今後買い足すならあれもこれもじゃなくて、これだと決めたものだけにしなければいくらお金があっても足りない。

その候補は、一つはシグマの50㎜。これはサードパーティだけど描写力はお墨付き。
女性撮りに単焦点の標準レンズは欲しいところ。
もう一つは、この週末のような悪条件になった時の競馬撮影用に明るい純正レンズが欲しい。
となると近々出ると噂の100-400の後継機かサンニッパのいずれかか。
明るさを考えたらサンニッパにエクステンダーだけど、リニューアルされた100-400がどんななのかも興味ある。
いずれもお高いので冬のボーナス+レンズ預金を今から始めなきゃだな。
はー、つくづくお金のかかる趣味。だから道楽と呼ぶのだな。

2014/11/01

EOS 7D Mark II × TAMRON A011 実写編

今日から3連休ということで、買ったまま実写のできていなかった7D Mark2と、望遠レンズのTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011) を担ぎ東京へと向かった。
まずは池袋のビックカメラ館に行き、地元では見つからなかったA011のフィルターを購入。
さすがは東京の専門店。95㎜なんてフィルターでもゴロゴロおいてあった。
それからキットレンズのEF-S18-135mm F3.5-5.6 ISにはレンズフードが付属してなかったのでこれも購入。
ちなみにA011を買った時のポイントで入手したのでさらなる出費はせずに済んでます。
しかしこれだけの荷物を入れたカバンは凄まじく重量級。
亀仙流の修行じゃないんだからさ・・・。

そんな重い、重い荷物をしょって東京競馬場へと向かった。
さぁいよいよこれから新しい機材の実写だ。
ちなみにこの週末、土曜は1日雨、日曜も薄日が時々程度と、全体的に撮影には悪コンディション。
いきなり高感度性能が試されることとなった。
ちなみに今回の撮影では、結果そのものよりもキヤノンのカメラおよびこの組み合わせの重量に慣れることが最大の課題であり、失敗を前提としたものなので気は楽で、撮影そのものを大いに楽しむことが出来ました。

今回の撮影では、撮影モードをTv(シャッタースピード優先)、SSは土曜日は2000、日曜日は1600で固定。
iso感度は100-6400縛りのオート、ホワイトバランスもオート。
オートフォーカスはAIサーボのCace3の急に現れた被写体に素早くピントを合わせたい時を選択。
測距エリアは65点自動選択AF。絞りは全て開放で撮影しています。

まず最初の1枚。スタンドから600㎜の超望遠撮影。


焦点距離:600㎜ SS:1/2000 F6.3 ISO:6400

とりあえず連写性能にまずご満悦です。
αではできなかった狙いを定めてからゴールインまでの連写。
これならよほどのことがない限り決定的なミスは起こさないで済みそうです。
肝心の画質は、さすがにこの日の極悪コンディションではISO6400ではノイズだらけとなってしまいました。
リサイズすれば十分鑑賞に堪えるので、ブログ掲載にはなんら問題はなさげです。


続いてはこちら。


焦点距離:600㎜ SS:1/2000 F6.3 ISO:6400

今度はコース寄りに行って、ほぼ正面からゴールに向かってくる馬を撮ってみました。
この角度からだと、正直どの馬が勝ったのかわかりません。
だけどAFがよく食いついてくれて勝ち馬をしっかり捉えてくれました。
これはもっとも近い被写体にピントを合わせに行くCace3のAIサーボが優秀だからでしょう。


3枚目。


焦点距離:600㎜ SS:1/2000 F6.3 ISO:6400

夕刻が近づき辺りはさらに薄暗くなった。
馬場内にも照明がともされたものの、撮影条件はかなり厳しいことに。
こうなってくるとISO6400では苦しい。もっと上げたいところだったけど、テストも兼ねてそのまま撮影。
写真はまっくらだけど、ピンは外してません。


この日はこれで撮影終了。
初日の感想としては、さすがにしょっぱなにこの悪条件での撮影になったことは残念だったかな、と。
いくら性能がアップした7D2とはいえ、完全に力を発揮できたとは到底思えなかった。


明けて2日目。雨は止んでも薄曇りの1日。
それでも明るいだけ昨日よりは全然マシだ。

この日の1枚目。


焦点距離:600㎜ SS:1/1600 F6.3 ISO:2500

綺麗に写せている。
条件が好転したことでオートにしたISO感度は2500に。
2500なら何ら問題がない。積極的に使っていける数値だ。


2枚目。


焦点距離:600㎜ SS:1/1600 F6.3 ISO:6400

撮影条件さえよければ、芝コースからさらに離れたダートコースでもこんなによく撮れる。
それまで正直ダートのレースは撮影する気になれずにいたけど、今後は積極的に行けそうだ。
この写真はISO感度6400。十分に陽が当たる条件なら6400は実用範囲だと考えてよさげ。
ここまでがおそらく満足できるモノから妥協へと向かう境界線だと思われます。


2日間の撮影を終えての総括は、何より先に撮っていて本当に楽しかったということです。
久しぶりに写真を撮っていてワクワクしましたもん。
7D2の性能の一端は感じ取ることが出来ました。
冬の澄んだ空気感の晴れた日中ならどんな絵を叩き出してくれるのか。
その日を楽しみに待ちたい。
それからレンズのA011。
これも時代の進歩なのかA08と比べれば格段によくなっています。
AFの食いつきもなかなか優秀。描写力もさすがはタムロン。
問題の重さも、手持ち撮影していて持て余すような場面はありませんでした。
まぁ撮っている時は楽しいからそうだったのであって、持ち運びながらの移動は重くてたまらなかったけど・・・。

以上、写真をリサイズしている都合上あまり参考にならないかもしれないけど、取り急ぎのリポートでした。
ようはキヤノン初心者でもこんな感じで撮れますよってことだけでも示せたのならいいんじゃないかと。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »