2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 7D2で紅葉狩り | トップページ | 勝負月間始まる »

2014/11/30

暗いレンズの辛さ

紅葉撮影はバッチリだった。
でも遠征の最大の目当ては豪華メンバーが集ったジャパンカップおよびその撮影。
競馬撮影こそが一番好きなジャンルなのだから。
それにEOS 7D Mark2を買ったのは、競馬で満足いく写真を撮るために他ならない。
日が浅いこの時期、毎年αでブレブレノイジーな作品しか残せず悔しい思いをした。
去年のジャパンカップの日の日記で、「来年のJCでは7D2と新100-400Lを駆って撮影できていますように。」って書いた。
100-400Ⅱ型は残念ながらまだ出てないが、7D2は無事入手完了している。
レンズは今回もTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 VC USD [Model A011]だ。
さぁ、これでどんな結果が出るのだろう。

正直7D2はまだ使いこなせてない。何もかも手探りの状態。
いろんな設定で試している。
今回はマニュアルモードで撮影。AIサーボは最も汎用性の高い基本設定だ。

ラチ沿いから600㎜でワールドスーパージョッキーズシリーズを撮影。

ピン甘かなぁ。おまけにちょっとノイジー。
600㎜は寄れるけど使いこなすのが大変だね。概算960㎜だもんねぇ。

そこで予約済みの100-400Ⅱ型購入を前に、400㎜、概算640㎜の世界を体感。

あ、これはなかなかうまく行ったじゃん。
このくらいの焦点距離はいいかもな。
ただしスタンドからだと、位置によっては400(640)㎜じゃ短い場合もあるから難しいんだけど。

さて、問題は薄暗くなってからの撮影だ。
ジャパンカップ発走は15:55分。JRAさん、何もそんなに遅くしなくていいでしょうに。
もう日没間近でんがな。馬場内にも照明ともり始めてますがな。
そうでなくても薄曇りの天候なのに・・・。
写真撮りには辛い時間帯なんだよねぇ。αで壊滅的な撮影結果を連発してきたのも仕方ないんだよ。
さぁ7D2よ、その能力の片りんを見せておくれ。

うん、いいんじゃない、これ。
確かに暗いけど、ほぼピントもあっているし、しっかりと解像もしてくれている。
しかもゴールインの瞬間も問題なくバッファが持っている。
昨年までの結果とは雲泥の差だ。やっとこういう写真が撮れたよ・・・。
それでも連写で撮ったうち、成功と言える枚数は少なかった。
シャッタースピードは1/1250設定だったけど、ぶれて使い物にならないモノや、ノイズ満載のモノも量産。
ただこれはカメラというよりはレンズの問題も大きいと思うんだ。
600㎜。開放F値は6.3。これはやっぱりこの時間帯には厳しいんだよね。
せめて5.6、できれば4.0くらいで撮りたい。2.8なら言うことなし。
ヨンニッパ、ゴーヨン・・・どうしても欲しくなっちゃうねぇ・・・。さすがに簡単には手が届かんけど。
ま、今は持てる資産で腕を磨こう。
7D2でのひと月ぶりの競馬撮影は本当に楽しかったのだから、とりあえずは満足だな。

ちなみに馬券は散々で満足からは程遠いのだった。ほっとけ。

« 7D2で紅葉狩り | トップページ | 勝負月間始まる »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗いレンズの辛さ:

« 7D2で紅葉狩り | トップページ | 勝負月間始まる »