2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« マイクロアジャストメント | トップページ | ありゃま記念 »

2014/12/24

10-12月期ドラマアワード

今年最後のドラマも全て見終わったので各部門賞を発表します。


主演男優賞
小栗旬(信長協奏曲)

主演女優賞
石原さとみ(ディア・シスター)

助演男優賞
向井理(信長協奏曲)

助演女優賞
満島ひかり(ごめんね青春)

可愛かったで賞
森川葵(ごめんね青春)

最優秀主題歌賞
家入レオ「Silly」(Nのために)

最優秀作品賞
Nのために


ということで、今回のクールでのめり込んで見ていたのは、信長とNのために。
これは文句なしに面白かった。
がしかし、信長協奏曲の終わり方にはいささか納得いかないので(何が映画化だよふざけんな完結させろや)、最優秀作品はNのためにとしました。
出演者も、脚本も、主題歌もすべて良かったと思うし、一番ドラマとして完成度が高かった。
何気に徳井義実がよかったよねぇ。
あとは、ごめんね青春もかなり面白かったけど、最後まで勢いが続かなかったかな。
可愛い子はたくさん出ていたのでそれは満足ですが(森川葵ちゃんタマラン)。
今クールも、視聴率と面白さとがまったく結びつかない結果となりましたね。
もう視聴率なんて意味のない時代になっていると言えるんだけどね。

« マイクロアジャストメント | トップページ | ありゃま記念 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10-12月期ドラマアワード:

« マイクロアジャストメント | トップページ | ありゃま記念 »