2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 行きつくところまで行くしかないのか? | トップページ | 松川温泉(岩手県)その1 »

2014/12/19

CANON EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM 開封編

ビックカメラ.comから無事に届きました、待望の白レンズ!

憧れて、憧れて、憧れ続けた白レンズオーナーについに私もなりました!
・・・まぁこのくらいではまだいわゆるバズーカ大砲レンズとは呼べないんでしょうけどね。
お値段は29万円超。どっひゃー!
ボーナスのほとんどが消え去ったのは言うまでもありません。
ちなみにこのお値段は、今まで買ったすべての機材の中でもトップです・・・。

さっそく箱を開けて中身を取りだします。

キャリーバックが付属していたことがまず嬉しかった。
前回買ったタムロンの150-600にはついていなかったからね・・・。

レンズを手に持つと伝わるズシリとした重み・・・。
毎度ですが幸せの重みってやつ。

テレ端まで伸ばすとこんな感じ。
多少不恰好だけど、SONYのレンズもこうだったのでもう慣れっこです。
仮性包茎みたい・・・

フードを装着。
材質は外側はプラスチックで安っぽいけど、内側は植毛が施されている。
SONYのツァイスレンズと同様でこの辺は高級感がある。

フードにある小穴は開閉式のフィルター操作窓。
フードをしたままでPLフィルターなどの回転操作が可能だそうだ。

さっそく愛機EOS 7D Mark2に装着してみる。

やっぱキヤノン機には白レンズがとてもよく似合う。
ただでさえカッコいい7D2がより見栄え良く見える。
所有感を満たしてくれるフォルムについウットリ・・・。

100-400Ⅱ型と7D2との組み合わせはまさにベストマッチ。
両方ともずっとずっとリニューアルが望まれていた品。
それがまさか同一年に同時にリニューアルされて、その両方とも発売日に入手が叶うとは!
もうほんと、買っただけで満足感でいっぱいなのでした。

気になる重量だけど、三脚座付きで1,640gって話だけど、持ってみてなんら問題はなく思えた。
普通に手持ちで、たいして疲れもせずにぶん回せそうだ。
少なくともタムロン150-600よりは全然扱いやすい。

ということでさっそく試し撮り・・・と思いきや、被写体のネコ(カメラ嫌い)は何かを感づいて姿を現さないし、肝心の7D2のバッテリーがしばらく放置していたら完全にあがってしまっていたので、本日の撮影はかなわなかった。
まぁ狭い室内で使うもんでもないしいいだろう。
有馬記念までには試写を済ませておきたいけどね。

最後に、大事なレンズが汚れないようにMCプロテクタを装着。

Kenkoのフィルターです。フィルター径は77㎜。

以上、ざっと開封レポートでした。

« 行きつくところまで行くしかないのか? | トップページ | 松川温泉(岩手県)その1 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CANON EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM 開封編:

« 行きつくところまで行くしかないのか? | トップページ | 松川温泉(岩手県)その1 »