2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 明日は貴重な、貴重な休日 | トップページ | 10-12月期ドラマアワード »

2014/12/23

マイクロアジャストメント

今日はカメラのピントチェックをしてみた。
どんなにいい機材が揃っていても、ピントがずれていてはいい写真は撮れない。
中にはカメラとレンズの相性や初期不良でピントがずれているものもあるという。
そんな確認作業および修正作業をAFマイクロアジャストメントという。
このページを参照にして、7D2とその交換レンズで調べてみた。


EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM

まずはキットレンズのこの高倍率ズームレンズから。

正直、わかりにくかったけど違和感もまったく感じないのでズレはなしと判断できる。
さすがにキットのレンズだけあって、思い切りピントのずれたものが付属しているわけないか・・・。


EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

先日買ったばかりの最新Lレンズ。

これはよくわかる。中心点にピタリ。
30万弱するレンズに不良がなくてホッとする。
これで安心して使い倒せるね。


TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 VC USD

一番疑心暗鬼だったのがサードパーティー社製のこのレンズだが・・・。

ちょっと角度がずれちゃったけど、これもほとんど問題なしなんじゃないかな。


結果は3本すべてのレンズが大丈夫だったということが判明した。
ちょっと拍子抜けだけど、ダメならダメで問題なのでよしとする。
もちろん素人判断なので専門家が見たら違うのかもしれないし、そもそも測定方法が間違えてるかもしれない。
それでも不安を抱えたまま撮影ってことにはならないだけ精神衛生上もいい。


安心したところで、100-400Ⅱ型を使っての試写第2段。
家の中でのネコ撮りを試してみた。



100mm
鼻にピントを狙った。



400mm
右目にピントを狙った。



400mm
鼻にピントを狙った。


やっぱり気持ちいくらいの爆速AF。開放での撮影でも美しい描写。
間違いなく良いレンズだな。競馬での実践がまた楽しみになった。

« 明日は貴重な、貴重な休日 | トップページ | 10-12月期ドラマアワード »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイクロアジャストメント:

« 明日は貴重な、貴重な休日 | トップページ | 10-12月期ドラマアワード »