2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« もう一段のステップアップのために | トップページ | 今が、真冬です »

2014/12/14

RAW現像テスト

昨日導入したLightroomでRAW現像を試してみた。
今までメーカー物のRAW現像ソフトを使ったことがあったが、重たくてパソコンの負担が大きく常用は躊躇われた。
一方Lightroomは高いだけあってサクサク。
まぁ使いこなすまでは長い月日がかかりそうだけど、見よう見まねでいじくってみた。

部屋の窓から撮った何の変哲もない風景写真。
1枚目。これはRAW撮影して何もいじくってない生のデータ。

Sbefore_2

パッとしない曇天の冬の景色って感じ。


2枚目はLightroomを使ってホワイトバランス、色温度、露光量、コントラスト、自然な彩度を調整。
完全に自分の感覚でやったもので、目的は絵全体に青みを持たせて鮮やかにすること。

Safter_2

パッとしない写真が少しはそれらしく変身した。
たしかにJpeg撮って出しではなかなかこういう結果はでてこないだろう。
Lightroomを使うのは初めて・・・というよりまともなRAW現像はこれが初めてだったけど、
面倒くさいけど勝負写真にはこの手が必須かなと思わせてくれる結果でした。
ただよくよく見れば空と一緒に右下の屋根まで青くなっちゃってるし、不自然な点も多い。
使いこなすには時間と手間がかかりそうだ。
そんなだから性格的に撮った写真すべてを調整は出来ないんだろうな。
Jpegと場面によって使い分けていきたい。
それにLightroomはJpegの補正もできるようで、以前に撮って暗くてどうにもならなかった写真が蘇ったのには感動した。
これで失敗撮影も減ってくることだろう。
せっかく大枚はたいて(ポイントで購入だけど)買ったんだし、どうにかもっとうまく使いこなしたい。
そのためには知識をもっと身につけなきゃなぁ。
上の写真だって私の結果と精通した人の結果じゃ全然違ってくるのだろうし。

« もう一段のステップアップのために | トップページ | 今が、真冬です »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAW現像テスト:

« もう一段のステップアップのために | トップページ | 今が、真冬です »